ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 796869 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

八方尾根BC:全くBCになっていない・・スキーハイク?

日程 2016年01月13日(水) [日帰り]
メンバー bumpkin
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
何時ものように従業員駐車場の対面に
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間46分
休憩
7分
合計
2時間53分
Sスタート地点08:2509:12八方池山荘09:1909:51八方山11:10八方池山荘11:18うさぎ平テラスG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<註>()内は予定、BC&スキー外、標高、準備時間
( 6:20 自宅 )
( 7:18 ゴンドラ下にスキーデポ
( 7:30-8:15(8:00) ゴンドラ下 強風で遅れる)
8:26(8:15) アルペンクワッド下 
   兎平を4(1)回滑走 リーゼングラード、強風で稼働遅れる
   最高速度:63.7km/h
9:12-20(8:40-50) 八方池山荘(1,840m) 登山届を出し、シール付けハイクアップ
10:07-19(12")(9:40-50) 2,080(2,115)mP 八方沢に向かってドロップイン
      滑り初めで雪面見えず転ぶ。更に
10:21-22(1") 2,035mPで転び、スキー板1本を流す
10:33-36(3")(10:00-10) 2,000(1,980)mP 流したスキーを回収。
       今日のBCは中止。斜滑降で帰り支度
10:41-50(9") 1,945mP ハイクアップ
( 10:50-11:00 2,080mP(稜線) ドロップイン )
( 11:05-15 1,950mP ハイクアップ )
( 11:50-12:00 2,080mP ドロップイン )
( 12:05-15 1,930mP ハイクアップ )
10:58-11:04(6")(12:35-45) 1,975(1,980)mP ドロップイン
   ( 八方山、八方池山荘の南をトラバースしリーゼングラードに )
11:10 八方池山荘
11:18-20(13:00-05) ゴンドラ上(1,400m)
BC:1'58"(4'10") 延標高差:980(2,110)m 速度:452(506)m/h 
    準備時間:31"(1'00")
スキー滑降込:2'52" リフト5回(ゴンドラ2回)
( 11:36-38(13:20-25) 駐車場 )
( 12:38(14:30) 自宅 )
Door to Door:6'18"(8'10")
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト:BCをするかどうか迷っていたので、八方池山荘で登山届を提出
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖インナー(厚手) スマートウール
ミッドウエア マムート
ハードシェル(紺) マムート
タイツ(厚手) スマートウール
アウター(下)(黒) OR
靴下(ロング) 1対 スマートウール
グローブ(薄手) 1対 スマートウール
アウター手袋(3つ指)(2重)(黒) 1対 ブラックダイヤモンド
予備手袋 1対 マウンテンハードウェア
防寒着(ダウン)(赤) マムート
ネックウォーマー(黒) スクリーマー
バラクラバ(予備) マウンテンハードウェア
毛帽子 南米産
ブーツ(山スキー用) 1対 ガーモント
ザック(エアーバック付)(27L) bca
ビーコン ピープス
スコップ ブラックダイヤモンド
ゾンデ ブラックダイヤモンド
地図(地形図) 各種
コンパス ジルボ
個人装備品
数量
備考
計画書 1通提出用
ヘッドランプ ブラックダイヤモンド
予備電池 各種
GPS ガーミン
筆記用具 ボールペン
ファーストエイドキット ドイター
針金 1巻
ガムテープ 1巻
マイナスドライバー
保険証
携帯 au
サングラス ジルボ
手拭
ツェルト(オレンジ色) ヘリテイジ
ストック(2段伸縮) 1対 ブラックダイヤモンド
カメラ ペンタックス
ビンディング 1対 デアミール
スキー板 1対 ソロモン
シール 1対 ブラックダイヤモンド
ゴーグル ジール

写真

ゴンドラ始動30分前でわずかの人しかいない。
今朝も強風で15分遅れる
2016年01月13日 07:29撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラ始動30分前でわずかの人しかいない。
今朝も強風で15分遅れる
1
兎平のコブ:硬くはないので挑戦しようと思ったが、結局できず
2016年01月13日 08:27撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎平のコブ:硬くはないので挑戦しようと思ったが、結局できず
2
リーゼングラード:まだリフトは強風で稼働していない
2016年01月13日 08:33撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リーゼングラード:まだリフトは強風で稼働していない
1
いつもの光景
2016年01月13日 08:33撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの光景
1
八方池山荘前:ハイクアップの準備で賑わっている
2016年01月13日 09:12撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方池山荘前:ハイクアップの準備で賑わっている
2
八方山に向かう時は何時も滑りたいなぁと。まだ雪が少ない
2016年01月13日 09:30撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方山に向かう時は何時も滑りたいなぁと。まだ雪が少ない
沢下はもっと雪が少なく滑れる状態になさそう
2016年01月13日 09:30撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢下はもっと雪が少なく滑れる状態になさそう
八方山ケルン:今日は景色が見えないのでケルンを撮る
見える2人は外人
2016年01月13日 09:38撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方山ケルン:今日は景色が見えないのでケルンを撮る
見える2人は外人
第2ケルン、八方ケルン、下の樺は何とか見える
2016年01月13日 09:45撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2ケルン、八方ケルン、下の樺は何とか見える
第2ケルン:ここも外人・・5,6人で八方池の北側に向かう。やはり今日は北側を滑るべきだったか
2016年01月13日 09:50撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2ケルン:ここも外人・・5,6人で八方池の北側に向かう。やはり今日は北側を滑るべきだったか
1
八方ケルン:この時が一番太陽が見えそうになった
2016年01月13日 09:58撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方ケルン:この時が一番太陽が見えそうになった
1
リーゼングラードに戻りアルペンクワッドの降り口が見えてきた
2016年01月13日 11:10撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リーゼングラードに戻りアルペンクワッドの降り口が見えてきた
ゴンドラに乗ると、雨飾が見えてきた。
2016年01月13日 11:22撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラに乗ると、雨飾が見えてきた。
1
同様に浅間山、四阿山も
2016年01月13日 11:23撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同様に浅間山、四阿山も
2
撮影機材:

感想/記録

BCを止めたくなる。
スキー板が1本流れる(標高差35m、距離70m程)。
谷、沢であったらとゾォーとする。
雪面は薄くクラストしており、ストッパーが全く効かない。
地形から何処かで止まるだろうと思ったが、そこまでスキー板1本で下らなくてはいけない。
昔、オリンピックで金メタルを取った「トニーザイラー」主演の「白銀は招くよ」で片足スキーでガンガン滑っているのを思い出すが、両足でも転んでいるのでとても滑っては下りれない。
階段登行ではなく階段下降。全くみじめ。
わずかにクラストしただけでも雪面が見えないと全く滑れない。
意気消沈して帰ることに。
矢張り、南斜面は難しい。
また、余りにもビンディングが外れやすいので締めなくてはならない。
(ビンディングの間隔を狭めると履きにくくなるのでこれが限度?)
滑り止めも考えなくてはいけない。(前、購入したことがあったが使用していない。最近はもっと良いのがあるかな?)
BCは確実に晴れる日以外はいかないことにしよう。
(今日もゲレンデスキーにしようか迷ったが・・これも経験、生かさなくては)
訪問者数:700人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ケルン リフト 登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ