ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 797292 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

古賀志山(またまたザイルが・・・!)

日程 2016年01月11日(月) [日帰り]
メンバー ahiru-papakamisantyokorin, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
15分
合計
5時間45分
Sスタート地点09:2009:30古賀志山・北コース登山口11:15496P(496m)11:35富士見峠12:10熊尾根取付11:2512:45お昼休憩13:0013:00稜線13:50古賀志山・北コース登山口14:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

中尾根の三番岩を攀じる
2016年01月11日 09:43撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾根の三番岩を攀じる
1
チョットした展望台に出る
2016年01月11日 09:52撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョットした展望台に出る
通称「軍艦岩」
2016年01月11日 10:09撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通称「軍艦岩」
軍艦岩のところから赤川ダムを望む
2016年01月11日 10:10撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軍艦岩のところから赤川ダムを望む
1
中尾根の最後の登り
2016年01月11日 11:10撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾根の最後の登り
1
熊尾根の取り付きのロープは、外されてしまっていた。
安全のため、持参の8mmロープを張って確保した。
2016年01月11日 12:14撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊尾根の取り付きのロープは、外されてしまっていた。
安全のため、持参の8mmロープを張って確保した。
2
熊尾根の中間点で昼食とする。
弁天岩が良く見える。
2016年01月11日 12:57撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊尾根の中間点で昼食とする。
弁天岩が良く見える。
ヒカゲツツジの残り葉は、真赤で燃えているよう。
2016年01月11日 13:09撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒカゲツツジの残り葉は、真赤で燃えているよう。
1
熊尾根の最後の大岩峰
2016年01月11日 13:14撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊尾根の最後の大岩峰
北コースの沢の岩はピカピカに磨かれていた。
2016年01月11日 13:52撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北コースの沢の岩はピカピカに磨かれていた。

感想/記録

 今回は、古賀志山経験者と初心者混在のチームでの山行。
 経験者さんも一般ルートのみの経験とかなので、少しバリルートを回ることにする。
 取り敢えず、中尾根3番岩からスタート。中尾根をクリアし、富士見峠へ。峠から下降し、大岩から熊尾根に向かう。
 「あれっ! 取付点のロープが見当たらない(汗!)」
 上下に動いて探すも、取付点の間違いではなく、ロープが外されてしまったようだ。
 最近、古賀志山のあちこちで設置されていたロープが外されたり、切られたりしているらしい。
 岩場や、岩稜の危険個所に張られたロープを利用する場合、安全性の保障はなく、利用する人の自己責任だとは思うが、張られたロープを勝手に外したり、切ってしまうのは如何なものだろうか?
 中には、フリーでトレースすべきだと主張したくての行為かもしれないが、フリーでトレースしたいなら、ロープや人工物に触れないように登れば良いので、他の人が安全のために一時的に頼るかも知れないロープを勝手に外すのはどうなのだろう。余程、安全性に難のあるロープやクサリは、外しても仕方ないが、その後のフォローをするのは、ある意味、山のマナーではないだろうか。
訪問者数:102人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

山行 ザイル クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ