ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 797344 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

誕生日の甲斐駒登山

日程 2016年01月12日(火) 〜 2016年01月13日(水)
メンバー ichita, その他メンバー1人
天候初日は曇り、2日目快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白川渓谷駐車場に停めます。車の台数は冬場ガラガラ。夏場そこそこ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間39分
休憩
23分
合計
7時間2分
S尾白川渓谷駐車場07:5808:10竹宇駒ヶ岳神社10:06笹の平分岐10:1012:07刃渡り12:1512:39刀利天狗12:4513:39五合目小屋跡13:4013:51屏風小屋跡13:5515:00七丈小屋
2日目
山行
7時間41分
休憩
2時間14分
合計
9時間55分
七丈小屋06:1507:30八合目御来迎場08:46甲斐駒ヶ岳09:1509:45八合目御来迎場10:45七丈小屋12:0012:40屏風小屋跡12:4512:50五合目小屋跡12:5513:31刀利天狗13:3513:49刃渡り13:5215:57竹宇駒ヶ岳神社16:1016:10尾白川渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
刃渡り付近より雪あり。登りはアイゼン不要。小屋付近はさらに雪がついていますが、キックステップで登ります。小屋から先は要アイゼン。雪が固まって氷になったりしていました。岩場もあり気が抜けません。足の置き場に困りました。スリリングなコースです。
その他周辺情報むかわの湯でゆっくり汗を流しました。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

何かあったのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何かあったのかな?
まだ先は長い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ先は長い
雪が無いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が無いです。
雪が出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が出てきました。
よく持ってこられました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく持ってこられました。
下りで登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りで登山道
ここまで、どうやって持ってきたのだろうか?
2016年01月12日 13:51撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで、どうやって持ってきたのだろうか?
1
登りの下山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りの下山道
1
長ーいはしご。ここからスリリングな登山道となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長ーいはしご。ここからスリリングな登山道となります。
黒戸山付近の登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒戸山付近の登山道
1
小屋到着です。途中の鎖場怖かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋到着です。途中の鎖場怖かった
1
トワイライト
2016年01月12日 16:57撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トワイライト
ハッピーバースディ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハッピーバースディ。
日の出
2016年01月13日 06:32撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出
1
ご来光
2016年01月13日 06:55撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光
すばらしい
2016年01月13日 07:06撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すばらしい
見とれてしまいます。
2016年01月13日 07:06撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見とれてしまいます。
近づいてきました。
2016年01月13日 07:22撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づいてきました。
核心部かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部かな?
おやまがたくさん
2016年01月13日 08:59撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おやまがたくさん
神社。埋もれてます。かなり新しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社。埋もれてます。かなり新しいです。
見納め、さらば!
2016年01月13日 09:14撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見納め、さらば!
2
小屋到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋到着です。
刃利天狗
2016年01月13日 13:30撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃利天狗
ちょこっと雪着いてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょこっと雪着いてます。
鳳凰三山と富士山
2016年01月13日 13:47撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山と富士山
1
登山終了です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山終了です。

感想/記録
by ichita

念願だった甲斐駒ケ岳を登る事が出来ました。最初は北沢峠より駒津峰まで行きましたが、時間がなく引き返しました。2回目は残雪の黒戸尾根(小屋から先に雪が残っていました。)ですが、小屋から先の雪に敗退。で、3度目の正直と言う事で、何とか登り切りました。小屋近くの鎖場(小屋手前の最後の難関!)で足の置き場に困り、本当に落っこちるのかとビビりました。小屋までもう少しと言うところで、小屋番さんに遭遇。用事があって下りるとのこと。誰も居ないけど、気にしないで下さいと言っていただきました。(前回来た時は必要なことだけを話ししていたのに、会話が出来て良かったと思いました。)小屋に到着素泊まり寝具付は4600円と言う事で料金箱に投入。まったりと過ごしました。今回は水が昔のビニールに入っていたのではなくしっかりとしたタンクに入ってました。グレードアップしたなって思いました。黄色の傘もありました。たぶん居場所を知らせる道具になるものだと思いました。小屋からの鳳凰三山の眺めは最高でした。この日は自分の誕生日だったので、コンビニで買ったミニケーキとちょっとしたお酒を楽しみました。夜になってから、風が強まって来て、夜中には暴風が吹き荒れていました。マイナス10度の中で、毛布1枚は限界だったので毛布+500円で追加しました。毛布2枚は本当に変わりました。ぬくぬくです。相変わらず外では風が唸りをあげていました。2日目早朝に出発しました。昨晩の暴風が嘘みたいに無風状態でした。雲もなく快晴。テント場の上の方で日が昇り始めました。みるみる赤く染まる山々。モルゲンロートを久々に堪能し、8合目、頂上へ向かって登りました。途中、鎖場と岩場があり、アイゼンでの歩行が本当に大変でした。足を滑らせたら絶対に滑落する!と言う身の危険も感じるところがありました。本当に怖かったです。ほどなくして、山頂手前のお社、そして山頂へ。もうこの辺にくると斜度も緩く安心して登れました。山頂からの眺めは日本の標高トップ3が堂々といました。仙丈ケ岳もとても綺麗でした。遠くには北アルプスも見えました。八ヶ岳の方は全く雪がついていませんでした。しばし、景色を堪能し、小屋に向かって下山開始。下りは驚くほど楽でした。あっという間に小屋に到着。デポしたものを整理し、下山開始。小屋辺りは雪がついていたので、アイゼンを付けました。五号目あたりで外しましたが、まだまだ、登山道に凍っている所もあり、ひやひやモノでした。刃渡りの所は少しだけ雪がついていましたが、アイゼンは全く不要でした。分岐から先はふかふかの落ち葉の道となっており、とても歩きやすかったです。しかし、油断すると、木の根や石に足を取られます。もうこのころになると足がじんじん体中もジンジンしてきました。無事、神社に到着。お礼をして、駐車場に戻り、むかわの湯と言う温泉館で汗を流してきました。
石碑や石像が大量に山中にあり、おまけに剣も刺さってました。どーやって持ってきたのかとても不思議です。あんな重いものを担いだとしか思えないのですが、相当苦労したのかなって思いました。あと、山頂手前にある2本の剣もまずどうやって上ったのかと言う事と、そこからどうやって刺したのかととても疑問だらけでした。小屋番さんに聞こうと思いましたが、あまり話し好きではないと思って(そう感じました)聞けませんでした。石像や、石碑が尋常じゃないぐらい多いので、昔何かがあったのかなって思いました。
信仰の山として崇められている山に登る事が出来てとてもよかったです。
しかし、黒戸尾根はやっぱり距離が長いなぁって思いました。それを日帰りでなんかこなしてしまうなんて、はっきり言って気が知れないです(本当にそう思いました。すごい人がいるものだなって。)おわり。
訪問者数:475人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ