ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 797400 全員に公開 ハイキング奥秩父

1626mピーク・米背負峠・大谷ケ丸・コンドウ丸(登り下りともVルート)

日程 2016年01月15日(金) [日帰り]
メンバー hachi
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
富士急山梨バス JR大月ーハマイバ線
http://www.yamanashibus.com/pdf/rosen/otsuki-imaiba.pdf

駐車場:
真木小金沢林道の冬季通行止めゲート横に駐車場があります。
景徳院入口バス停横に駐車場があります。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

ハマイバ前バス停7:25―真木小金沢林道冬季通行止めゲート8:05―林道桑西線ゲート8:10―尾根取り付き8:20―1626mピーク11:30/11:45―米背負峠12:00―大谷ヶ丸12:20/12:25―コンドウ丸(金洞丸)13:15―尾根降下地点13:30/13:35―林道終点(曲り沢/コタカンス沢出合い)15:20―下ノ平バス停15:45―景徳院入口バス停15:55―JR甲斐大和駅16:25
コース状況/
危険箇所等
危険個所:
登りと下りのVルートは共にそれほどの危険個所はありません。。しかし急斜面がどちらも数か所ありますので慎重に歩く必要があります

不明個所:
登りと下りのVルートは共に下山時は不明な地形があります。

道の様子:
“根取り付きから1626mピークまで:
Vルートですが薄い踏み跡があります。二か所ほどかなりの急坂があり大げさに言えば四つん這い状態で登りました。
途中でやせ尾根が数か所ありますが、大したことはありません。また岩場もありますがその横を巻けます。
この尾根を下る場合は二か所枝尾根に引き込まれそうなところがありますので国土地理院1/25000地図とコンパス持参は必須です。

1626mピークから尾根降下地点まで:
一般登山道ですので特に問題ありません。しかし落ち葉でふみ跡が薄いところがあります。

H根降下地点から林道終点(曲り沢/コタカンス沢出合い)まで:
ここもVルートですがこの尾根を初めて下りるのはかなり分かりにくいです。私は昨年5月8日にこの尾根の途中から上を登ったことがあるのですがそれのも関わらずどちらへ進むか迷ったところがあります。
また昨年は歩いていない尾根の下部で国土地理院1/25000の地図では現れない尾根の分岐があり引き返して歩いたところもあります。したがってこの尾根を始めて歩くのは登りで歩くべきです。

装備

個人装備 軍手 防寒着 雨具 保温シート ゲイター マフラー 毛帽子 コンパス ヘッドランプ 小型ライト 予備電池 GPS 筆記用具 地図(地形図) ガイド地図 ファーストエイドキット 保険証 ラジオ 携帯 時計 サングラス ストック カメラ 大型ビニール袋 ロープ 酒類 非常食 熊鈴 呼子
備考 水は1.5リットル持参し0.8リットル消費。

写真

JR大月駅からの一番バスでハマイバ前バス停に到着。
2016年01月14日 07:24撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR大月駅からの一番バスでハマイバ前バス停に到着。
3
真木小金沢林道の冬季通行止めゲートに向かう道。
雪が薄く凍ったところが4か所程ありましたので、車で来なくて良かったです。
2016年01月14日 07:25撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木小金沢林道の冬季通行止めゲートに向かう道。
雪が薄く凍ったところが4か所程ありましたので、車で来なくて良かったです。
1
林道途中の道祖神。
2016年01月14日 07:31撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道途中の道祖神。
2
林道途中の大山津見神。
2016年01月14日 07:42撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道途中の大山津見神。
2
右は破魔射場丸で左がこれから向かう1626mピーク。
2016年01月14日 07:52撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は破魔射場丸で左がこれから向かう1626mピーク。
2
前方は真木小金沢林道の冬季通行止めゲート。ここまで冬でも車で入れますが夏タイヤで今日は無理。
駐車場はこの左。
2016年01月14日 08:04撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方は真木小金沢林道の冬季通行止めゲート。ここまで冬でも車で入れますが夏タイヤで今日は無理。
駐車場はこの左。
真木小金沢林道の冬季通行止めゲートで左折して100mほどで真木川を渡りますが、橋の先は雪で真っ白。
2016年01月14日 08:07撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木小金沢林道の冬季通行止めゲートで左折して100mほどで真木川を渡りますが、橋の先は雪で真っ白。
橋の先で更に左折し林道桑西線のゲートを通過。
2016年01月14日 08:09撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の先で更に左折し林道桑西線のゲートを通過。
1
ゲートから5分ほどで林道が分岐しますが、今日は左の林道桑西線へ進みます。
因みに右は昨年12月29日に歩いたジョーロザス沢へ向かう道。
2016年01月14日 08:11撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートから5分ほどで林道が分岐しますが、今日は左の林道桑西線へ進みます。
因みに右は昨年12月29日に歩いたジョーロザス沢へ向かう道。
1
林道分岐から5分で道は鋭く右へ曲るところに着きますが、今日はこここから尾根に取り付来ました。
この尾根はジョーロザス沢と大ゴ沢の間にあります。
2016年01月14日 08:19撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道分岐から5分で道は鋭く右へ曲るところに着きますが、今日はこここから尾根に取り付来ました。
この尾根はジョーロザス沢と大ゴ沢の間にあります。
1
尾根の真ん中は刈り払いされていて楽に歩けます。
写真手前の木だけは泥が80僂曚匹旅發気泙任弔い討い泙垢泥浴びした獣が擦り付けたのでしょう。
2016年01月14日 08:29撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の真ん中は刈り払いされていて楽に歩けます。
写真手前の木だけは泥が80僂曚匹旅發気泙任弔い討い泙垢泥浴びした獣が擦り付けたのでしょう。
1
Vルートなのに快適すぎます。
2016年01月14日 08:53撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Vルートなのに快適すぎます。
3
尾根から南を眺めると小沢ドウミと思われる窪みが見えます。
2016年01月14日 09:07撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から南を眺めると小沢ドウミと思われる窪みが見えます。
ここは標高1200m付近の急坂ですが乾いた土で足元が安定せず、伐採された灌木は掴むとひっこ抜けて手がかりがありません。したがって四つん這いで登る羽目になりました。
2016年01月14日 09:08撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは標高1200m付近の急坂ですが乾いた土で足元が安定せず、伐採された灌木は掴むとひっこ抜けて手がかりがありません。したがって四つん這いで登る羽目になりました。
1
ピンクテープがありました。
2016年01月14日 09:34撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクテープがありました。
ここは標高1290m付近ですが前方は地図に現れない痩せ尾根のドウミ(窪み)。
この尾根を下りてきた場合このピークで進む方向が分からなくなると思いましたので要注意ポイントです。
2016年01月14日 09:37撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは標高1290m付近ですが前方は地図に現れない痩せ尾根のドウミ(窪み)。
この尾根を下りてきた場合このピークで進む方向が分からなくなると思いましたので要注意ポイントです。
1
ドウミの先は尾根にでかい岩があるので左側に巻いて通過しました。
2016年01月14日 09:48撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドウミの先は尾根にでかい岩があるので左側に巻いて通過しました。
1
ここは標高1350m付近ですが前方の太い木にトラロープがあります。
歩くところが狭いので左斜面への滑落防止のようです。
2016年01月14日 09:51撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは標高1350m付近ですが前方の太い木にトラロープがあります。
歩くところが狭いので左斜面への滑落防止のようです。
2
トラロープの先にまた痩せ尾根のドウミ。
2016年01月14日 10:04撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープの先にまた痩せ尾根のドウミ。
1
自然林の尾根。
2016年01月14日 10:10撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然林の尾根。
1
この尾根の上部はかなり大きな岩が点在してます。
2016年01月14日 10:26撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根の上部はかなり大きな岩が点在してます。
2
ここは標高1470m付近ですが南側の枝尾根からふみ跡が尾根を越えていました。この写真は尾根の北側へ続く踏み跡。向こうの山は破魔射場丸。
2016年01月14日 10:44撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは標高1470m付近ですが南側の枝尾根からふみ跡が尾根を越えていました。この写真は尾根の北側へ続く踏み跡。向こうの山は破魔射場丸。
またでかい岩。
2016年01月14日 10:54撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またでかい岩。
もうすぐ稜線。
2016年01月14日 11:26撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ稜線。
1
前方に何やら白い標識。
2016年01月14日 11:29撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方に何やら白い標識。
1
その白い標識の表側です。ここが1626mピークでVルートは終了し一般登山道に合流しました。
2016年01月14日 11:30撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その白い標識の表側です。ここが1626mピークでVルートは終了し一般登山道に合流しました。
2
破魔射場丸方面の道。
2016年01月14日 11:35撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破魔射場丸方面の道。
1626mピークから今登ってきた尾根の方向の様子。木に赤と黄色のテープがありましたが二色のテープは分岐を示すものと思われます。
2016年01月14日 11:43撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1626mピークから今登ってきた尾根の方向の様子。木に赤と黄色のテープがありましたが二色のテープは分岐を示すものと思われます。
1
1626mピークからは一般登山道で大谷ヶ丸方向に進みます。
前方左が大谷ヶ丸、右が大谷ヶ丸北峰。
2016年01月14日 11:45撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1626mピークからは一般登山道で大谷ヶ丸方向に進みます。
前方左が大谷ヶ丸、右が大谷ヶ丸北峰。
1
一般登山道は楽だな〜〜。
2016年01月14日 11:51撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般登山道は楽だな〜〜。
2
1626mピークを振り返る。
小枝に赤テープがついていますが右の太い木の向こう側にも青い紐の目印が隠れています。ここは米背峠の50mほど手前です。
2016年01月14日 11:53撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1626mピークを振り返る。
小枝に赤テープがついていますが右の太い木の向こう側にも青い紐の目印が隠れています。ここは米背峠の50mほど手前です。
1
また二色のテープもありますが・・・
2016年01月14日 11:55撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また二色のテープもありますが・・・
テープのところから僅かで米背峠です。
2016年01月14日 11:56撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープのところから僅かで米背峠です。
米背峠到着。この峠の北西方向には大蔵沢林道に下る道がありますが、東側の真木側に下る道は見当たりません。いつも不思議に思っていましたが、先ほどのテープがあるところがら真木側に下る道があったと思われます。
2016年01月14日 11:56撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米背峠到着。この峠の北西方向には大蔵沢林道に下る道がありますが、東側の真木側に下る道は見当たりません。いつも不思議に思っていましたが、先ほどのテープがあるところがら真木側に下る道があったと思われます。
3
米背峠からの眺望。左は破魔射場丸、右は1626mピーク。
2016年01月14日 12:00撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米背峠からの眺望。左は破魔射場丸、右は1626mピーク。
1
前方は大谷ヶ丸。
2016年01月14日 12:20撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方は大谷ヶ丸。
大谷ヶ丸到着。
2016年01月14日 12:21撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸到着。
3
大谷ヶ丸から甲府方面の眺望。
2016年01月14日 12:21撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸から甲府方面の眺望。
2
大谷ヶ丸の山頂にあった古い案内板。「滝子山方面踏み跡消滅 分岐は湯ノ沢方面」と書かれています。
2016年01月14日 12:23撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸の山頂にあった古い案内板。「滝子山方面踏み跡消滅 分岐は湯ノ沢方面」と書かれています。
1
大谷ヶ丸からコンドウ丸への道。
2016年01月14日 12:41撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸からコンドウ丸への道。
こんなに齧られたら木もたまらないでしょう。「鹿は木の最大の敵か?」 「最大の敵は人間でしょう」などと考えながらひたすら歩きます。
2016年01月14日 12:42撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに齧られたら木もたまらないでしょう。「鹿は木の最大の敵か?」 「最大の敵は人間でしょう」などと考えながらひたすら歩きます。
2
大ヶ丸からコンドウ丸へ向かう途中二か所防火帯がありますが引き込まれれてはいけません。
2016年01月14日 12:43撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ヶ丸からコンドウ丸へ向かう途中二か所防火帯がありますが引き込まれれてはいけません。
1
大谷ヶ丸を振り返る。
2016年01月14日 12:52撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸を振り返る。
今じゃ曲沢峠は単なる通過点の扱いですが、昔は主要道でした。
2016年01月14日 12:54撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今じゃ曲沢峠は単なる通過点の扱いですが、昔は主要道でした。
1
この付近は一般登山道とはいえ落ち葉で道形は不明瞭です。
2016年01月14日 12:57撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この付近は一般登山道とはいえ落ち葉で道形は不明瞭です。
2
デエロ状の中の道。
2016年01月14日 13:08撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デエロ状の中の道。
コンドウ丸に到着。
2016年01月14日 13:12撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンドウ丸に到着。
2
コンドウ丸から10分ほどの標高1365m付近です。
登山道に脇に二色のテープがありますが下山はこの尾根を下りることにしました。ここからは再びVルートですが私は昨年の5月にこの尾根を歩いております。
2016年01月14日 13:31撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンドウ丸から10分ほどの標高1365m付近です。
登山道に脇に二色のテープがありますが下山はこの尾根を下りることにしました。ここからは再びVルートですが私は昨年の5月にこの尾根を歩いております。
1
尾根の下り始めはゆるやかで見通しも利かないので進む方向を見極めるのはかなり難しいですが微妙な間隔で赤テープが途中まであります。
なお今回下りたVルートの尾根道は国土地理院1/25000地図に書かれている1555m付近から下る登山道でナカ沢経由で曲沢へつながる沢道ではありません。
2016年01月14日 13:37撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の下り始めはゆるやかで見通しも利かないので進む方向を見極めるのはかなり難しいですが微妙な間隔で赤テープが途中まであります。
なお今回下りたVルートの尾根道は国土地理院1/25000地図に書かれている1555m付近から下る登山道でナカ沢経由で曲沢へつながる沢道ではありません。
1
写真の前方は見通しがきかず進む方向を見極めるのに難儀したところ。テープはこの付近で消滅です。
尾根は右へ続いているように見えるのですが昨年歩いた記憶からやや左へ進みました。
2016年01月14日 13:49撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真の前方は見通しがきかず進む方向を見極めるのに難儀したところ。テープはこの付近で消滅です。
尾根は右へ続いているように見えるのですが昨年歩いた記憶からやや左へ進みました。
2
進む方向が分からず10分ほどうろうろしてやっと尾根らしいところに向かうことができました。
中央木の下に赤い杭がありますがこれは尾根上に続いています。
写真ではわかりませんがかなり急な尾根です。
2016年01月14日 14:03撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進む方向が分からず10分ほどうろうろしてやっと尾根らしいところに向かうことができました。
中央木の下に赤い杭がありますがこれは尾根上に続いています。
写真ではわかりませんがかなり急な尾根です。
1
ここはテープの目印がある標高1200m付近ですが昨年はここでこの尾根に右側(北側)のナカ沢から登ってきました。
2016年01月14日 14:08撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはテープの目印がある標高1200m付近ですが昨年はここでこの尾根に右側(北側)のナカ沢から登ってきました。
今日はナカ沢へは行かないでこの尾根をさらに進みした。
2016年01月14日 14:15撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はナカ沢へは行かないでこの尾根をさらに進みした。
藪はなく快適。
2016年01月14日 14:19撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪はなく快適。
ところが植林地帯に入ったとたん尾根が二手に分かれていて右は尾根型が明瞭で薄い踏み跡があるのですがかなり急坂、左はそれよりなだらかですが踏み跡なし。
地図を見ても尾根の分岐はなくコンパスで方位確認するも微妙な分岐で迷った挙句左へ進みました。
しかし暗い植林の中で道は急坂のザレ場と化し不安爆発。仕方なく先ほどの分岐まで登り返して右の尾根を下りました。しかししばらく進むと下りられないような急斜面となりました。なので今度はややなだらかそうな左斜面へ林の中を苦労してトラバースして進むと尾根らしきところにつきました。ここが先ほど下りるのを止めた尾根なのかはわかりません。
2016年01月14日 14:52撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところが植林地帯に入ったとたん尾根が二手に分かれていて右は尾根型が明瞭で薄い踏み跡があるのですがかなり急坂、左はそれよりなだらかですが踏み跡なし。
地図を見ても尾根の分岐はなくコンパスで方位確認するも微妙な分岐で迷った挙句左へ進みました。
しかし暗い植林の中で道は急坂のザレ場と化し不安爆発。仕方なく先ほどの分岐まで登り返して右の尾根を下りました。しかししばらく進むと下りられないような急斜面となりました。なので今度はややなだらかそうな左斜面へ林の中を苦労してトラバースして進むと尾根らしきところにつきました。ここが先ほど下りるのを止めた尾根なのかはわかりません。
2
その後尾根をさらに進むとまた歩きやすい尾根になり、まずは一安心。
2016年01月14日 15:00撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後尾根をさらに進むとまた歩きやすい尾根になり、まずは一安心。
1
祠があったと思われる朽ちた屋根。
2016年01月14日 15:04撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠があったと思われる朽ちた屋根。
2
しばらく進むと昨年歩いた見覚えのある分岐に到着。
写真の右側から下りてきました。
2016年01月14日 15:13撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むと昨年歩いた見覚えのある分岐に到着。
写真の右側から下りてきました。
さらに進むと左(南側)コタカンス沢の堰堤が見えてきました。
2016年01月14日 15:14撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進むと左(南側)コタカンス沢の堰堤が見えてきました。
分岐から先は一時的に立派な道になりますが、すぐにまた貧弱な道になります。
2016年01月14日 15:14撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から先は一時的に立派な道になりますが、すぐにまた貧弱な道になります。
1
その後しばらく歩いて曲沢に降り立ちました。
写真の先の橋は林道の終点です。
2016年01月14日 15:21撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後しばらく歩いて曲沢に降り立ちました。
写真の先の橋は林道の終点です。
1
左からコタカンス沢、手前から曲沢が合流してます。
ここでVルートは終わり。
2016年01月14日 15:24撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左からコタカンス沢、手前から曲沢が合流してます。
ここでVルートは終わり。
林道を20分ほど歩くと県道に着きました。前方は下ノ平バス停のあるところです。
2016年01月14日 15:45撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を20分ほど歩くと県道に着きました。前方は下ノ平バス停のあるところです。
県道を10分弱歩くと景徳院入口バス停に到着。
飾りはどんど焼きの準備でしょうか?
2016年01月14日 15:52撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道を10分弱歩くと景徳院入口バス停に到着。
飾りはどんど焼きの準備でしょうか?
2
景徳院入口バス停から30分ほどの16:25にJR甲斐大和駅に到着。
甲斐大和駅発16:42の高尾行き中央線。
2016年01月14日 16:41撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景徳院入口バス停から30分ほどの16:25にJR甲斐大和駅に到着。
甲斐大和駅発16:42の高尾行き中央線。
1
本日も無事登山終了できました。
2016年01月14日 16:42撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日も無事登山終了できました。
4

感想/記録
by hachi

今回もまた南大菩薩エリアのVルートを歩きました。
登りのVルートの尾根は藪などがほとんどなく快適でした。
下りのVルートは進む方向が分からなくなることが二回ありましたが予定のルートを歩くことができました。

訪問者数:246人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ