ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 797422 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

高峰北尾根〜日の出山〜御岳山

日程 2016年01月14日(木) [日帰り]
メンバー kuroske
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御岳苑地駐車場を利用。冬期無料
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間12分
休憩
48分
合計
6時間0分
S御岳苑地駐車場10:0311:04558m地点(高峰北尾根)11:1111:50高峰12:04竜のヒゲ12:26日の出山12:5213:32御岳山13:4114:12大塚山14:24中ノ棒山15:11御岳山登山口15:1715:58中野バス停16:03御岳苑地駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
伐採地の西端(右端)の植林の中に明瞭な道が付けられているので高峰北尾根に乗るのは容易。伐採地上端に露岩がある。二つ目の露岩あたりからは急になるので、尾根通しに行かず右手の植林に回り込む。あとは問題なく高峰に立つことができる。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 GPS 20mロープ(使用せず) 軽アイゼン(使用せず)

写真

駐車場は冬季解放。ありがたい
2016年01月14日 09:56撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場は冬季解放。ありがたい
駐車場から高峰北尾根を見上げる。早くあのスカイラインに立ちたくなり予定変更
2016年01月14日 09:56撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から高峰北尾根を見上げる。早くあのスカイラインに立ちたくなり予定変更
ごみ捨て禁止の看板手前に踏み跡あり
2016年01月14日 10:07撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごみ捨て禁止の看板手前に踏み跡あり
1
道はしっかりしていて歩きやすい
2016年01月14日 10:16撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はしっかりしていて歩きやすい
念願の尾根筋をゆく。快適
2016年01月14日 10:32撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
念願の尾根筋をゆく。快適
大展望。本仁田山〜川苔山〜日向沢ノ峰〜棒ノ嶺〜惣岳山
2016年01月14日 10:38撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大展望。本仁田山〜川苔山〜日向沢ノ峰〜棒ノ嶺〜惣岳山
2
青梅丘陵方面
2016年01月14日 10:39撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青梅丘陵方面
2
ちょっとした露岩がある。通過は簡単
2016年01月14日 10:45撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした露岩がある。通過は簡単
尾根筋は二つ目の露岩の上から急傾斜になる。右手の植林の踏み跡を使って巻くほうが良い
2016年01月14日 10:56撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋は二つ目の露岩の上から急傾斜になる。右手の植林の踏み跡を使って巻くほうが良い
558m地点からは歩きやすくなる
2016年01月14日 11:10撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
558m地点からは歩きやすくなる
大半は植林帯だが、このあたりは右手に自然林を見る
2016年01月14日 11:17撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大半は植林帯だが、このあたりは右手に自然林を見る
1
高峰頂上。御岳駅を示す道標もあった
2016年01月14日 11:41撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高峰頂上。御岳駅を示す道標もあった
日の出山三角点
2016年01月14日 12:25撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出山三角点
3
御岳集落の向こうに石尾根(六ツ石〜鷹ノ巣)
2016年01月14日 12:26撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳集落の向こうに石尾根(六ツ石〜鷹ノ巣)
1
山頂北側は一昨日の雪が残る
2016年01月14日 12:49撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂北側は一昨日の雪が残る
北尾根下降点。雪はうっすら
2016年01月14日 12:54撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北尾根下降点。雪はうっすら
御岳山頂の展望は奥の院限定。
2016年01月14日 13:38撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳山頂の展望は奥の院限定。
大口真神社。この大神は現代風
2016年01月14日 13:37撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大口真神社。この大神は現代風
これぞ大口真神
2016年01月14日 13:42撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これぞ大口真神
丹三郎尾根は自然林が多く歩きやすい
2016年01月14日 14:20撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹三郎尾根は自然林が多く歩きやすい
1
登山口着
2016年01月14日 15:13撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口着
丹生明神。見事な大木
2016年01月14日 15:21撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹生明神。見事な大木
水車があったが回らない
2016年01月14日 15:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水車があったが回らない
ロウバイが咲く
2016年01月14日 15:33撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロウバイが咲く
1
御岳神社で購入した登山安全のお守り。500円
2016年01月15日 11:26撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳神社で購入した登山安全のお守り。500円

感想/記録

奥多摩の山は総じて展望が良くない。防火帯と伐採跡地ぐらいだ。吉野街道を車で走ると、御岳あたりで伐採地が広がる。あの尾根を歩いたらさぞ眺めが良いだろうと通るたびに思う。ただ、一般道ではないので藪が気になる。そこで冬を待ち、日の出山北尾根を登りこの尾根を下る周回ルートを計画してみた。しかし御岳駐車場に立って見上げたら気が変わり、すぐ登ってみたくなった。
吉野街道に上がり取付きを探すと、伐採地の外れで明瞭な踏み跡が見つかった。植林作業の方を含め、大勢の人が通っているのだろう。道は植林帯の縁にジグザグに付けられていて、苦も無く尾根に上がることができた。思った通り眺めがよい。
尾根を進むと露岩が現れる。通過は簡単だが、二つ目の露岩を越えると傾斜が急で登りにくい。そこで右手の植林の中に逃げ、回り込んで尾根筋に戻った。下りの場合はここがポイントになるだろう。
高峰からは一般ルートだ。日の出山に着いたがまだ時間が早い。もっと歩きたくなったので御岳神社を詣でて丹三郎に下ることにした。初詣シーズンを過ぎ、御岳あたりはひっそりとしている。陽だまりハイクを楽しみつつ下山した。
訪問者数:297人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 防火帯 奥の院 道標 下降点
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ