ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 797553 全員に公開 山滑走芦別・夕張

ハッタオマナイ岳【仁世宇川林道から】

日程 2016年01月15日(金) [日帰り]
メンバー aofukuroh
天候快晴 / 無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
仁世宇川林道の二号橋付近に駐車(RV車だともっと林道の奥まで行けたと思います)
最終人家から先は除雪されていません
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間51分
休憩
19分
合計
8時間10分
Sスタート地点06:5509:29宿弗山11:56ハッタオマナイ岳12:1513:22林道合流15:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

林道
雪が少ない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道
雪が少ない
2
車の轍を歩いたため林道ではラッセル無し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車の轍を歩いたため林道ではラッセル無し
3
鹿のトレース多数
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿のトレース多数
3
ウサギのトレースも多数
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウサギのトレースも多数
6
宿弗山からハッタオマナイ方向
下に見える広い尾根沿いに進んで行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿弗山からハッタオマナイ方向
下に見える広い尾根沿いに進んで行く
7
尾根の途中から穂別坊主山方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の途中から穂別坊主山方向
6
自分のトレース
ラッセルは浅かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分のトレース
ラッセルは浅かった
5
ハッタオマナイ岳が少し近づいた
右側がハッタオマナイ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハッタオマナイ岳が少し近づいた
右側がハッタオマナイ岳
7
スキー向けのいい斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー向けのいい斜面
7
何故かゴムベルト?が木にかけてあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何故かゴムベルト?が木にかけてあった
5
ハッタオマナイ岳がかなり近づいた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハッタオマナイ岳がかなり近づいた
6
ノートレースの綺麗な雪面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノートレースの綺麗な雪面
5
ハッタオマナイ岳山頂
かなり広い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハッタオマナイ岳山頂
かなり広い
8
いつものように記念撮影!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものように記念撮影!
18
歩いてきた尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた尾根
6
日高山脈方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日高山脈方向
7
チロロ岳方向だと思うが自信なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チロロ岳方向だと思うが自信なし
8
道に見えたので行ってみたら違うようだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道に見えたので行ってみたら違うようだった
4
沢沿いを下りていたらピンクリボン発見
なんか嬉しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いを下りていたらピンクリボン発見
なんか嬉しい!
8
また道のように見えたので行ってみたらやっぱり違うようだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また道のように見えたので行ってみたらやっぱり違うようだった
2
作業道に合流後、後ろを振り返るとスキー向けのいい斜面が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業道に合流後、後ろを振り返るとスキー向けのいい斜面が見えた
4
最後は林道を戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は林道を戻る
4

感想/記録

仁世宇川沿いの林道から宿弗(しゅった)山を経由してハッタオマナイ岳を登って滑ってみた。

仁世宇川林道の二号橋付近に駐車。林道は最終人家から先は除雪されていなかったが雪が少なかったため少し奥まで入ることが出来た。RV車だとハッタオマナイ岳の尾根取り付き辺りまで行けそう。林道のあまりの雪の少なさにちょっとビックリだった。

まずは宿弗山を目指す。宿弗山は山頂付近まで続いている作業道をひたすら登るだけの超簡単ルート。途中、作業道から離れたり合流したりしながら登る。雪が少ないため作業道を離れると所々でササのトラップに引っかかることがあった。

宿弗山からハッタオマナイ岳までは広い尾根を何度もアップダウンしながら進んでいく。天気もいいしほぼラッセルも無いしでお気軽な雪山ハイキングだった。景色も良くてルンルン気分?で歩くことが出来た。ルートも尾根を進んで行くだけなので迷うこともなく超簡単。
ハッタオマナイ岳の山頂までは約5時間掛かっているのに、あっという間に着いた気分だった。

ハッタオマナイ岳の山頂からも360度のパノラマ風景を楽しめた。北側には夕張の山々、南側には日高の山々が良く見えた。
気温はマイナス7度ぐらいだったが無風快晴の空で寒くもなく快適な山頂だった。

山頂でシールを外して滑り出す。
滑る斜面は全体的に木は密で所々でオープンバーンがある感じだった。ササは見えているが軽めの雪で超楽しい滑りだった。プチパウダーといった感じ。程よい中斜面でとても滑りやすい斜面だった。
途中で予定していた尾根と違う尾根を滑っていることに気付いたためトラバースして尾根を移動。その後は出来るだけ沢へ下りないよう滑った。下へ行くほどヤブが酷くなってきたが滑るのに問題は無かった。

標高450m辺りで沢沿いのルートへ入ってしまう。所々にあった渡渉ポイントは川幅が狭いのでスキーのままでも簡単に渡ることが出来た。ただ岩やブッシュが多くて面倒な下りだった。雪が少なすぎ。
標高310m地点辺りで沢沿いには進めなくなったため横の尾根をツボ足で登り返す。尾根を少し登ったら地形図にはない作業道が出てきて、そのまま林道まで戻ることが出来た。ラッキー。

最後は林道を戻る。この林道は微妙な登り返しが多くて戻るのにもそれなりに時間が掛かった。

雪は少ないけど天気も良くて雪山ハイキングと山スキーの両方を楽しむことが出来た。
ヤブが埋まるにはあと一回はドカ雪が必要か。
訪問者数:452人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 渡渉 山スキー クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ