ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 797861 全員に公開 ハイキング京都・北摂

朝日峯〜峰山(清滝から首無地蔵経由)

日程 2016年01月16日(土) [日帰り]
メンバー field8us
天候曇り
アクセス
利用交通機関
バス
行き:京都バス64・94系統
阪急嵐山駅前(8:30)→清滝 (230円)
帰り:JRバス高雄・京北線
槙ノ尾(14:40)→四条大宮 (520円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間39分
休憩
49分
合計
5時間28分
S渡猿橋08:5508:57愛宕神社二の鳥居09:05東海自然歩道分岐09:20月輪寺登山口10:27首なし地蔵10:3511:23松尾峠11:37朝日峯12:0813:22峰山13:3214:23槙ノ尾バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報朝日峯へは高雄から谷山林道経由で登っていく方が近いですが、下山後に通行止めの看板を見かけました。徒歩で通過できるかは分かりません。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ フリース ズボン 帽子 中綿ジャケット 雨具 ザックカバー ツエルト 水筒 非常食 地図 コンパス ヘッドライト 携帯電話 財布 カメラ 行動食 バーナー クッカー

写真

清滝から出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清滝から出発
1
愛宕神社表参道へは行かず右の清滝川沿いの林道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕神社表参道へは行かず右の清滝川沿いの林道へ
1
京都1周トレイルのコースと分かれて月輪寺方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都1周トレイルのコースと分かれて月輪寺方面へ
1
月輪寺への登り口をスルーしてまっすぐ進みます(梨ノ木谷)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月輪寺への登り口をスルーしてまっすぐ進みます(梨ノ木谷)
林道を終点まで歩くと梨木大神の分岐に到着。ここを右へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を終点まで歩くと梨木大神の分岐に到着。ここを右へ
1
ちょっと一息…と思ってザックをあけたらヘッドランプが点いてる!脱いだ上着を突っ込んだときにボタンが押されたようです。非常時に電池切れになってはたまらないので電池を外しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと一息…と思ってザックをあけたらヘッドランプが点いてる!脱いだ上着を突っ込んだときにボタンが押されたようです。非常時に電池切れになってはたまらないので電池を外しました
沢を詰めていくとワイルドな感じの岩場になりました。今日登っていて一番楽しかったポイント
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を詰めていくとワイルドな感じの岩場になりました。今日登っていて一番楽しかったポイント
2
ところどころ氷が残っています(アイゼンなどは必要なし)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ氷が残っています(アイゼンなどは必要なし)
急坂を登りきって振り返ったところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を登りきって振り返ったところ
3
さらに行くとサカサマ峠に到着。実はここで標高700mを超えているので目標の朝日峯(688m)より高いところにいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに行くとサカサマ峠に到着。実はここで標高700mを超えているので目標の朝日峯(688m)より高いところにいます
1
首無し地蔵。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
首無し地蔵。
サカサマ峠からの展望。峠からは東へとって林道と合流します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サカサマ峠からの展望。峠からは東へとって林道と合流します
3
ウジウジ峠の分岐。左は京北へ向かう裏愛宕道ですので右へ下っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウジウジ峠の分岐。左は京北へ向かう裏愛宕道ですので右へ下っていきます
1
林道のヘアピンカーブのあとの分岐はまっすぐ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道のヘアピンカーブのあとの分岐はまっすぐ
樹間から目指す朝日峯が見えました。このあたりから小粒の霰が降ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から目指す朝日峯が見えました。このあたりから小粒の霰が降ってきました
2
松尾峠から少し進むと朝日峯への登り口があります。ここから一つコブを越して登ると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松尾峠から少し進むと朝日峯への登り口があります。ここから一つコブを越して登ると
1
朝日峯山頂に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日峯山頂に到着
1
昔の情報だと展望は良くなかったそうですが、行ってみると南側の木が刈られて京都市街を見渡せました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の情報だと展望は良くなかったそうですが、行ってみると南側の木が刈られて京都市街を見渡せました
3
本日の山行の主役、カップラーメン。山で暖かいものが食べたくなってバーナーとクッカーを買いました。山での調理(?)は初めてです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の山行の主役、カップラーメン。山で暖かいものが食べたくなってバーナーとクッカーを買いました。山での調理(?)は初めてです
沸かすまですごく時間がかかったように感じましたが美味しい!やっぱりお湯を魔法瓶に入れて持っていくと早く済むのでしょうね。霰も止んで少し晴れ間が出てきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沸かすまですごく時間がかかったように感じましたが美味しい!やっぱりお湯を魔法瓶に入れて持っていくと早く済むのでしょうね。霰も止んで少し晴れ間が出てきました
1
下山は登り口まで戻って再び林道を進みます。林道終点からは普通の山道に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は登り口まで戻って再び林道を進みます。林道終点からは普通の山道に
尾根を下っていくと峰山の前で分岐。左は峰山を巻いて下る道のはずなので右へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を下っていくと峰山の前で分岐。左は峰山を巻いて下る道のはずなので右へ
山側に峰山山頂への道を示す標識があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山側に峰山山頂への道を示す標識があります
1
50mほど登ると峰山到着。静かな山頂でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50mほど登ると峰山到着。静かな山頂でした
1
山頂から南西に伸びる尾根から下山します。ところどころ「峰山⇔高山寺」の標識があるのでそれに従って進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から南西に伸びる尾根から下山します。ところどころ「峰山⇔高山寺」の標識があるのでそれに従って進みます
1
いつの間にか高山寺がガレージ前になってしまいました(?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつの間にか高山寺がガレージ前になってしまいました(?)
1
白雲橋のそばのガレージに下りてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲橋のそばのガレージに下りてきました
1
少し歩いて槙ノ尾バス停到着。清滝まで歩こうかちょっと悩みましたが、何度か歩いているのでここで終了
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩いて槙ノ尾バス停到着。清滝まで歩こうかちょっと悩みましたが、何度か歩いているのでここで終了
2

感想/記録

京都では超メジャーな愛宕山のそばにあってかなりマイナーな感じのする朝日峯に登ってみました。「朝日峯」という名前がなかなか格好良くて好きです。コースとしては林道歩きが長いのが難点。
山ではいつもコンビニのパンやおにぎりを食べていたのですが、寒くなるとどうしても暖かいものが食べたくなってバーナーを衝動買いしてしまいました。カップラーメンといえども山頂ではとても美味しく感じます。
GPSを持っていないのでコースや写真の位置は一部不正確だと思います(峰山以降が怪しい)。地図読みはパズル要素があって楽しいのでいつも地図とにらめっこしているのですが、もっと経験を積まないと完全なナビゲーションは出来ないですね。北山のさらに奥に足を伸ばす前にGPSも準備したほうがよさそうです。
訪問者数:299人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ