ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 798073 全員に公開 ハイキング奥武蔵

名郷→高畑山→天目指峠→子ノ権現→吾野駅

日程 2016年01月16日(土) [日帰り]
メンバー teoimperial
天候快晴のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
飯能着7:50の快速急行。
飯能発8:00の名郷行きバスで名郷に8:59到着

帰り
吾野発14:37の飯能行き

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間54分
休憩
27分
合計
5時間21分
S名郷08:5809:15蕨山登山口10:40高畑山11:04中ノ沢ノ頭(イモグナノ頭)11:36天目指峠12:35子の権現12:3813:10浅見茶屋13:3414:00秩父御嶽神社第一駐車場14:19吾野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
未だスカスカの私のヤマレコ全ルートですが、名郷からウノタワに行った時の赤い線が孤立しているものの、ちょっと歩いたら子ノ権現に繋がりそうだったので名郷から子ノ権現へのコースに繋がる道をヤマレコに登録されている過去の記録から探ってみました。

地理院地図では破線すら無い場所なのですが二人の方が伊豆ヶ岳・子ノ権現間のルートと名郷との間を歩いている記録が見つかったのでその道を歩いてみる事にしました。
参考にした山行記録です。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-382604.html
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-276834.html
コース状況/
危険箇所等
・名郷→古御岳・高畑山間の稜線
林道から山道に入り、その後なだらかな稜線のコースは快適に登れます。
しかしながら558m地点を過ぎて暫く行った先の急斜面では山道が途絶えます。
登る方向は明白で地形も単純なので迷う事はありませんが、初級者にはきついです。

・上記合流地点→天目指峠
問題ない山道です。
快適に歩けます。

・天目指峠→子ノ権現
体力が落ちて来たので辛く感じましたが、多分余力があったら問題ないでしょう。
ベンチも適度にあって休めます。

・子ノ権現→吾野駅
全く問題ありません。
その他周辺情報やはり最後に浅見茶屋が待ってると思うと頑張れます。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

8:58 名郷バス停から出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:58 名郷バス停から出発です。
1
9:02 しばらく飯能方面へ下ると林道の入口があります。
ここから林道に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:02 しばらく飯能方面へ下ると林道の入口があります。
ここから林道に入ります。
9:11 林道の終点。
え!?まさかこの急坂を真っ直ぐに登るの?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:11 林道の終点。
え!?まさかこの急坂を真っ直ぐに登るの?
9:17 ちょっと登った所で右に登山道が見えました。
ほっとします。
前の写真から6分経ってますがそんなに登った訳ではなく、ここから本格的に登るのでストックの用意などをしたので時間を使ってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:17 ちょっと登った所で右に登山道が見えました。
ほっとします。
前の写真から6分経ってますがそんなに登った訳ではなく、ここから本格的に登るのでストックの用意などをしたので時間を使ってます。
1
9:28 稜線に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:28 稜線に出ました。
2
9:31 こんな感じの山道です。
悪くないじゃないですか。
と思ったのはこの辺りの事でした。
9:49頃に558m地点を過ぎていました。
この先に困難が立ち塞がります。写真も撮る余裕のない急斜面が待っていました。
等高線の密度から急なんだろうなとは思っていましたが、単なる急斜面が存在し、そこに道は無いのです。取り敢えず斜面があるから自分で足場を見つけて登れと言う斜面で落ち葉や土がいつどう崩れるか分からない場所を一歩一歩踏みしめて登りました。登山道の無い斜面を登るのがこんなに体力を消耗するとは。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:31 こんな感じの山道です。
悪くないじゃないですか。
と思ったのはこの辺りの事でした。
9:49頃に558m地点を過ぎていました。
この先に困難が立ち塞がります。写真も撮る余裕のない急斜面が待っていました。
等高線の密度から急なんだろうなとは思っていましたが、単なる急斜面が存在し、そこに道は無いのです。取り敢えず斜面があるから自分で足場を見つけて登れと言う斜面で落ち葉や土がいつどう崩れるか分からない場所を一歩一歩踏みしめて登りました。登山道の無い斜面を登るのがこんなに体力を消耗するとは。
10:19 伊豆ヶ岳・子ノ権現間の関東ふれあいの道の稜線に到達しました。
本当にほっとしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:19 伊豆ヶ岳・子ノ権現間の関東ふれあいの道の稜線に到達しました。
本当にほっとしました。
1
目印になる巨大な岩。
左にチラと見える黄色いテープの先が急に落ち込んでいますが、そちらが歩いて来た斜面です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印になる巨大な岩。
左にチラと見える黄色いテープの先が急に落ち込んでいますが、そちらが歩いて来た斜面です。
1
10:40 高畑山に到着しました。
ここで飲物を飲むなどちょっとだけ休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:40 高畑山に到着しました。
ここで飲物を飲むなどちょっとだけ休憩。
1
10:49 高圧線を引き直す工事と思われる伐採された場所に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:49 高圧線を引き直す工事と思われる伐採された場所に出ました。
1
11:04 622mの三等三角点のある中ノ沢頭です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:04 622mの三等三角点のある中ノ沢頭です。
1
11:19 天目指峠の手前にベンチがあったのでここで軽いお昼にしました。
凡そ10分程休憩して11:30に出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:19 天目指峠の手前にベンチがあったのでここで軽いお昼にしました。
凡そ10分程休憩して11:30に出発です。
11:36 天目指峠に到着。
こちらにもベンチがありましたね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:36 天目指峠に到着。
こちらにもベンチがありましたね。
天目指峠の舗装道路との交差部。
舗装道路を超えたらまたすぐに登りです。
既に体力が削られた後なのでこの後のアップダウンが結構辛い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天目指峠の舗装道路との交差部。
舗装道路を超えたらまたすぐに登りです。
既に体力が削られた後なのでこの後のアップダウンが結構辛い。
12:22 竹寺から登って来る道との合流地点に鳥居があります。
この直前に祠があり、そこへの参道と言う形になっています。
ここまで来たら子ノ権現はもうすぐです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:22 竹寺から登って来る道との合流地点に鳥居があります。
この直前に祠があり、そこへの参道と言う形になっています。
ここまで来たら子ノ権現はもうすぐです。
12:25 子ノ権現の大きな手の所に来ました。
梅が咲き始めてますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:25 子ノ権現の大きな手の所に来ました。
梅が咲き始めてますね。
12:35 子ノ権現に到着です。
お参り後、浅見茶屋へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:35 子ノ権現に到着です。
お参り後、浅見茶屋へ向かいます。
13:10 浅見茶屋に到着
今回も肉汁釜揚げうどんをいただきました。
13:34に浅見茶屋を出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:10 浅見茶屋に到着
今回も肉汁釜揚げうどんをいただきました。
13:34に浅見茶屋を出発します。
5
14:19 吾野駅に到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:19 吾野駅に到着です。

感想/記録

名郷・ウノタワの山行記録と、子ノ権現の山行記録の赤い線を結びたくて今回の登山となりました。名郷から関東ふれあいの道へのコースが地理院地図でありませんが、途中までは快適な登山道があります。問題は558m地点以降です。迷いはしませんが、足を滑らす可能性を考えて登る必要があります。

そもそも体力の電池が少ない私はその急斜面ですっかり体力を使ってしまい、今回は後半でバテました。

前々回で左膝痛がまた出たので今回も慎重に歩き、テーピングもしてみたのが良かったのか痛みは出ませんでした。浅見茶屋への下りで若干違和感は出たものの無事に下山出来ました。
訪問者数:257人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ