ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 798231 全員に公開 山滑走北海道

美唄山

日程 2016年01月10日(日) 〜 2016年01月11日(月)
メンバー saito1987Yanke1987
天候雪時々曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

1/10:美唄ダム(12:00)→下股沢二股出合(14:30)→林道終点手前C1(16:30)
1/11:C1(6:30)→美唄山(10:20~40、-8℃)→C1戻り(12:30~13:00)→美唄ダム戻り(15:15~40)
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

美唄ダムよりラッセル開始
2016年01月10日 12:58撮影 by PENTAX Optio WG-1 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美唄ダムよりラッセル開始
天場付近
2016年01月10日 15:28撮影 by PENTAX Optio WG-1 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天場付近
翌日も苦行は続く
2016年01月11日 07:38撮影 by PENTAX Optio WG-1 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日も苦行は続く
頂稜より、ビッグ・マイナーピーク
2016年01月11日 10:54撮影 by PENTAX Optio WG-1 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂稜より、ビッグ・マイナーピーク

感想/記録

1月10日:美唄ダムから先は通行止め、ということだが、除雪はその先1km位まで入っていた。積雪は2mくらい。年明けから本格的に積もりはじめたようなかんじで、締りなくズボズボともぐる。スキーで膝上までのラッセルを繰り返しながら林道上をすすむ。雪が断続的に降り続く中、苦行は続き、日没近くなった頃、予定の天場についた。太ももが攣る。やんけ曰く、50にもなって何やってんだワレ!
1月11日:夜が明けるのを待って、沢中から・806への尾根にとりつく。ラッセルは急な登りになると、太ももまで埋まってしまう。登りの尾根は樺とエゾ松の植生がやや密。Co740から尾根が狭まり、東側に雪庇あり。部分的に細いところも出てくる。・806から先のポコポコは東側をネグる。膝上のラッセルが続き、コルから美唄山の頂稜へ。時折晴れ間ものぞくようになり、東側の崖におどろおどろしい雪庇群があらわれた。慎重に雪庇を避けて頂上。帰り頂稜からの斜面は深雪のパウダー。一瞬すぎて、これまでのラッセルの苦労とはとても釣り合わないけれど、これもまた良し。マイナー低山ではあるが、このきびしい季節にこそ登る価値のあるピーク。帰りの林道は、除雪作業が下股沢出合まで入り、さらに西田ノ沢方面まで延びていたので驚いた。
訪問者数:452人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2008/4/12
投稿数: 31
2016/1/16 22:51
 やんけへ
写真消しちゃったかもしれないので入れておいて頂戴
登録日: 2012/7/16
投稿数: 83
2016/2/6 19:43
 いや、しかし、、、
これは価値ありますわ。

美唄ダムから芦別へ抜ける道路工事の完成が近いと思われますが、林道の除雪もその関係ではないでしょうか。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 雪庇 コル 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ