ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 798304 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

静かな山行☆阿弥陀岳

日程 2016年01月16日(土) [日帰り]
メンバー mt12
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間57分
休憩
49分
合計
7時間46分
S赤岳山荘06:4406:48美濃戸山荘07:49中ノ行者小屋跡07:5008:51行者小屋09:0310:18文三郎尾根分岐10:38中岳10:4310:47中岳のコル11:15阿弥陀岳11:41中岳のコル11:55中岳11:5712:17文三郎尾根分岐12:55行者小屋13:2313:46中ノ行者小屋跡14:25美濃戸山荘14:2614:30赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【南沢〜行者小屋】
  1時間も歩くと凍結路になります。
【行者小屋〜文三郎尾根分岐】
  階段が埋まりつつある所もありましたが、鎖などは出ています。
【文三郎尾根分岐〜中岳】
  岩や石でガリガリすることが多いです。
【中岳〜中岳のコル】
  雪質が変わり、量も多くなり、ちょっとしたリッジもできています。上層部はも  ふもふした感触になります。アイゼンを着けていればグリップは効きます。
【中岳のコル〜阿弥陀岳】
  ハシゴや鎖は露出しています。岩も露出しています。雪の着きの悪い斜面は滑り  やすいかも知れません。皆さん慎重に登下降していました。
その他周辺情報もみの湯¥500
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 予備靴ひも ザック アイゼン ピッケル 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ナイフ カメラ ヘルメット

写真

6:30の時点で赤岳山荘の駐車率は4〜5割ほど。
いきなり阿弥陀岳のおむかえです。
気温は車の温度計で−9℃。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:30の時点で赤岳山荘の駐車率は4〜5割ほど。
いきなり阿弥陀岳のおむかえです。
気温は車の温度計で−9℃。
本日も南沢経由。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日も南沢経由。
凍りついた登山道も若干の降雪や踏まれたためか、つぼ足でも先週よりは楽に歩けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍りついた登山道も若干の降雪や踏まれたためか、つぼ足でも先週よりは楽に歩けました。
とはいえガチガチです…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とはいえガチガチです…
1
横岳西面が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳西面が見えてきた
行者小屋到着。手元の温度計で−14〜15℃。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋到着。手元の温度計で−14〜15℃。
これから登る阿弥陀岳は白く光っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る阿弥陀岳は白く光っていました
2
中岳沢は通らず、文三郎尾根の分岐経由で登ります。尾根から下ってきた方曰く「上はそよ風程度ですよ」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳沢は通らず、文三郎尾根の分岐経由で登ります。尾根から下ってきた方曰く「上はそよ風程度ですよ」
1
先週よりは雪が増えていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週よりは雪が増えていました
階段脇が歩きやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段脇が歩きやすい
青空と飛行機雲
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空と飛行機雲
樹林帯を過ぎると阿弥陀の全景が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を過ぎると阿弥陀の全景が
3
中岳と阿弥陀岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳と阿弥陀岳
5
南沢で知り合った大阪から来た方。
文三郎尾根分岐まで楽しくご一緒させていただきました。
お互い様ですが、長い登り道お疲れ様です^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢で知り合った大阪から来た方。
文三郎尾根分岐まで楽しくご一緒させていただきました。
お互い様ですが、長い登り道お疲れ様です^^
1
登山者もちらほら…で静かな山行
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者もちらほら…で静かな山行
阿弥陀をバックに登るMr.大阪さん^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀をバックに登るMr.大阪さん^^
1
横岳を同じく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳を同じく
1
陽が当たり始めると暖かくなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が当たり始めると暖かくなる
文三郎道分岐で大阪の方は主峰赤岳へ。
予想通り帰りの行者小屋でまたお会いできました。
まるで残雪期のような装いの阿弥陀方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎道分岐で大阪の方は主峰赤岳へ。
予想通り帰りの行者小屋でまたお会いできました。
まるで残雪期のような装いの阿弥陀方面。
2
鞍部より中岳。雪が…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部より中岳。雪が…
1
中岳山頂より阿弥陀岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳山頂より阿弥陀岳
1
打って変わり、中岳西側はもふもふした雪で雪山気分。何とかリッジも形成してました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
打って変わり、中岳西側はもふもふした雪で雪山気分。何とかリッジも形成してました。
権現方面には富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現方面には富士山
1
中岳のコルから阿弥陀岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳のコルから阿弥陀岳
大分岩が出ています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大分岩が出ています
岩稜帯の登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜帯の登り
ここの登りは雪なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの登りは雪なし
阿弥陀山頂到着。
5.6年前の阿弥陀北稜以来です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀山頂到着。
5.6年前の阿弥陀北稜以来です。
3
ここまでで違ったのは単独行の方一人、二人連れのパーティー、三人連れのパーティーのみで、山頂には誰もいません。
風は本当にそよ風でした…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでで違ったのは単独行の方一人、二人連れのパーティー、三人連れのパーティーのみで、山頂には誰もいません。
風は本当にそよ風でした…
2
権現、富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現、富士山
2
中ア、乗鞍方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ア、乗鞍方面
1
北ア穂高方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ア穂高方面
下山。
キレット後方の富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山。
キレット後方の富士山。
確実に下る先行者さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確実に下る先行者さん
3
来た道と阿弥陀山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道と阿弥陀山頂
2
鎖も埋まっていません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖も埋まっていません
雪の着きも少ない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の着きも少ない
ハシゴ手前より横岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴ手前より横岳
ハシゴ手前より赤岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴ手前より赤岳
中岳コルに下って、阿弥陀岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳コルに下って、阿弥陀岳
雪が少ないけれど冬季だし、時間もあるのでここから中岳、文三郎道分岐と2回登り返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が少ないけれど冬季だし、時間もあるのでここから中岳、文三郎道分岐と2回登り返します。
1
権現と富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現と富士山
1
阿弥陀北稜のパーティー。核心部1ピッチ目、第1岩峰の取り付きでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀北稜のパーティー。核心部1ピッチ目、第1岩峰の取り付きでしょうか。
ジャンクションピークから100m以上の急な雪稜、潅木帯、お疲れ様でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンクションピークから100m以上の急な雪稜、潅木帯、お疲れ様でした
こちらは中岳の登り返しの中、もうすぐ山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは中岳の登り返しの中、もうすぐ山頂
中岳山頂より横岳、硫黄岳。
ここから赤岳方面は若干風が出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳山頂より横岳、硫黄岳。
ここから赤岳方面は若干風が出てきます。
1
正面には主峰赤岳がどーんと鎮座
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面には主峰赤岳がどーんと鎮座
これからまた下って、ジグザグを分岐まで登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これからまた下って、ジグザグを分岐まで登ります
1
阿弥陀を振り返って。途中、たぶん赤岳山頂から下ってきた2パーティーとすれ違いました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀を振り返って。途中、たぶん赤岳山頂から下ってきた2パーティーとすれ違いました
文三郎尾根分岐まで登り返し、あとは下るだけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根分岐まで登り返し、あとは下るだけ
分岐より下山路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐より下山路
下山路より分岐を振り返って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山路より分岐を振り返って
白い部分に行者小屋が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い部分に行者小屋が見える
1
今日現在の雪の着き方はこんな感じです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日現在の雪の着き方はこんな感じです
どうもありがとうございました^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうもありがとうございました^^
4
樹林帯の景色も綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の景色も綺麗
行者小屋到着。−10℃でもぽかぽか。
阿弥陀の頭が見えている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋到着。−10℃でもぽかぽか。
阿弥陀の頭が見えている。
快晴、青空!
ほんの10分後に赤岳→地蔵尾根から戻ってきた大阪の方と再会。お疲れ様でした^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴、青空!
ほんの10分後に赤岳→地蔵尾根から戻ってきた大阪の方と再会。お疲れ様でした^^
2
この日は山岳会などの訓練や講習が多いようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は山岳会などの訓練や講習が多いようでした。
1
気持ちの良い樹林帯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い樹林帯
大分氷は削られ、スケートリンク休業。とはいえ転倒注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大分氷は削られ、スケートリンク休業。とはいえ転倒注意。
途中、摩利支天沢方面、南沢大滝方面にはテントがいくつか設営されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、摩利支天沢方面、南沢大滝方面にはテントがいくつか設営されていました。
凍りついた河。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍りついた河。
美濃戸山荘到着。ここから赤岳山荘間が転倒危険1なのではと思ってしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘到着。ここから赤岳山荘間が転倒危険1なのではと思ってしまいます。
赤岳山荘駐車場到着。14:30でほぼ100%の駐車率。阿弥陀岳に頭を下げてから帰ります^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山荘駐車場到着。14:30でほぼ100%の駐車率。阿弥陀岳に頭を下げてから帰ります^^
1

感想/記録
by mt12

先週に引き続き南八ヶ岳へ。
日帰りコースで横岳・硫黄岳か阿弥陀岳で迷いましたが、北稜以来久しぶりに阿弥陀に登ることにしました。
さすが晴れの多い八ヶ岳ですが、この日は風も穏やかでした。

南沢では大阪から来た方と会い、鳥取大山や伊吹山のことを教えてもらいながら文三郎分岐までご一緒させていただきました。

例年のコンディションとは違いますが、阿弥陀の急斜面は注意しながら登りました。登山者も少なく、静かな山頂でした。

今日の夜中からは雪が降るそうなので、明日以降は全く様相が変わると思うので、また楽しみにしたいと思います。
訪問者数:432人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/1/22
投稿数: 365
2016/1/18 0:31
 お疲れ様でした!
mt12さん、こんばんは! 途中ご一緒いただいたchataro7です^^
早々にレコにアップいただき感謝です!下山後の行者小屋だけでなく、山行帰りのもみの湯でもバッタリお会いしてびっくりでしたね〜
昨年末に硫黄岳は経験したものの、冬期赤岳は初めてで若干不安を感じていましたが、経験豊富なmt12さんに途中まで同行いただき心強かったです! また、南沢では先日行かれた谷川岳のお話しを聞けたり、とても楽しく歩けました。大阪からは遠いですが、温泉も兼ねて泊まりでぜひ行きたいですね〜(トマとオキの猫耳を見たいのです!) そうそう、家に帰ってから気付いたのですが、カメラのホワイトバランス設定が途中から何故か変更になっていて、白の世界が黄色っぽい感じになってしまいました・・・。。それはさておき、これからもよろしくお願いします^^/
登録日: 2015/4/5
投稿数: 67
2016/1/18 21:07
 Re: お疲れ様でした!
chataro7さん、こんばんは^^
先日はありがとうございました。
経験なんて自分には無いに等しいものです…でも旅は道連れで楽しく話ができたので、阿弥陀はやめて赤岳にしてしまおうかと何度か考えがよぎってしまいました。
とにかく、お互い快晴のなか登山ができてよかったですよね。
ところで、プロフィールを見てびっくりしました!
トレランだけでなくウルトラマラソンなんて…、尊敬します。
またそこらへんの話も教えていただきたいと思います。
こちらこそ、またよろしくお願いします! m(_ _)m
登録日: 2015/1/22
投稿数: 365
2016/1/21 17:24
 Re[2]: お疲れ様でした!
いやいやご謙遜を。。。以前は山岳会でアルパインもされていたとのこと、こちらこそ尊敬です!
ウルトラといっても、未だ100kmは経験していませんが・・・、プロフィールを更新しましたので、よろしければご覧になってください。
先日の赤岳では写真がイマイチだったので、近いうちにリベンジの予定です
登録日: 2015/4/5
投稿数: 67
2016/1/24 16:38
 Re[3]: お疲れ様でした!
見ました!
話されていた槍・槍沢ピストン、前穂奥穂・重太郎新道ピストン何れも「日帰り」見るとニヤッとしてしまいます。
近いうちに100凖達でしょうか!?
自分も雪が増えたので昨日1/23に赤岳行くつもりでしたが、金曜夜に残業で帰りがかなり遅くなり断念しました(ToT)
腹癒せで5年ぶりに嬬恋へスキーをしに行きましたが、何だかハマりそうな予感です…

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ