ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 798365 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

鍋割山(寄大橋〜ウシロ沢〜後沢乗越〜雨山峠 周回)

日程 2016年01月16日(土) [日帰り]
メンバー miss-T
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
寄大橋脇 駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間2分
休憩
53分
合計
5時間55分
S寄大橋(水源林管理棟前ゲート)08:3308:43後沢出合09:51後沢左岸尾根09:5209:59後沢分岐10:02後沢乗越10:54鍋割山11:3011:36オガラ沢分岐11:48鍋割峠11:53鉄砲沢ノ頭(オキブドーノ頭)12:05茅ノ木棚沢ノ頭12:24オツボ沢ノ頭12:30雨山峠12:3913:12寄コシバ沢13:1613:22釜場ノ平13:2514:20後沢出合14:28寄大橋(水源林管理棟前ゲート)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
標準コースタイム:6時間10分位
寄大橋(水源林管理棟前ゲート) -20- 後沢出合 -70位?- 後沢乗越 -90- 鍋割山 -80- 雨山峠 -110- 寄大橋(水源林管理棟前ゲート)
コース状況/
危険箇所等
ゲート脇の管理事務所前に登山届ポスト(鍵付き)あり。用紙はただの白紙だった。

トイレはゲート脇の管理事務所裏(簡易トイレ1つ、水洗、紙あり)のほか、登山口間での間にあと2ヶ所(トイレ棟、中は見ていないので状態不明)、すべて無料。
山に入ると、鍋割山荘までトイレはない。

ウシロ沢ルートは、登山用ではなく沢用のテープもあるようで、渡渉ポイントではないところで沢に誘導されてしまった。たどるべきテープなのか、地図やGPSで確認したほうが良さそう。
間違って外れなければ、思いのほかちゃんと「道」になっている。きちんと整備されている部分も多い。

後沢乗越〜鍋割山はまったく問題なし。よく整備されていて歩きやすい。

鍋割山〜雨山峠は、道迷いの心配はないが、傾斜の急な場所やザレた鎖場、崩落しかけたところなどもあり、滑りやすく注意が必要。

雨山峠〜寄大橋は、多くが沢歩きになる。道標が「これでもか!」というくらいあるので、よほど不注意でなければ道迷いはしないと思うが、石ゴロゴロの沢や河原歩きが疲れる。また、渡渉も多いので、増水していたらこのルートは歩けない。増水していなくても、またいでわたれるほど狭いところはあまりないので、水の中に踏み込むこともあるが、石が苔や水草?ですべることがあるので注意。
その他周辺情報寄バス停の近くで、寄ロウバイまつり開催中。
1月16日(土曜日)〜2月21日(日曜日)、午前9時〜午後4時。
無料駐車場、無料送迎バスがバス停のところにあります。入場料は16歳以上300円。
会場に休憩所、トイレ、売店あり。
https://town.matsuda.kanagawa.jp/site/5roubai/

寄バス停のところには、食堂もある。

最寄のコンビニは国道246の「寄入口」交差点になるので、当てにしている場合はここで買い物を済ませておくこと。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

寄大橋の駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄大橋の駐車場
1
ゲート
奥に管理棟
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート
奥に管理棟
管理棟
左側の裏にトイレがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
管理棟
左側の裏にトイレがあります。
歩き始めは林道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めは林道
ここから取り付きという話だったけど、この先だったみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから取り付きという話だったけど、この先だったみたい。
沢へのピンクリボンにだまされてこんなところを越える羽目に。
このあと、沢をへんなところで渡って、斜面をよじのぼって...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢へのピンクリボンにだまされてこんなところを越える羽目に。
このあと、沢をへんなところで渡って、斜面をよじのぼって...
1
...枝打ちした小枝の山を踏み越えて、登山道に戻る。
道、対岸に見えてるし、すぐ戻れるから迷わないけど、たいへんだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
...枝打ちした小枝の山を踏み越えて、登山道に戻る。
道、対岸に見えてるし、すぐ戻れるから迷わないけど、たいへんだった。
こっちが来るべきルートだった。ちゃんとしてる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちが来るべきルートだった。ちゃんとしてる。
1
半分腐ってて、怖かった(^_^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半分腐ってて、怖かった(^_^;)
1
難しいところはちゃんと手当てがされているんだよね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難しいところはちゃんと手当てがされているんだよね
1
作業経路、というほうに行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業経路、というほうに行きます
1
橋もロープもちゃんとある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋もロープもちゃんとある
1
最後の渡渉後は、植林された針葉樹林の整備された道。
斜度があるので、九十九折れになってる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の渡渉後は、植林された針葉樹林の整備された道。
斜度があるので、九十九折れになってる。
後沢乗越の手前に合流
ここからどっと人が増える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越の手前に合流
ここからどっと人が増える。
明るくて歩きやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくて歩きやすい
小さなお地蔵さんが何体か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さなお地蔵さんが何体か
富士山も出ている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も出ている
今日はうどん行列している時間がないので、さくっとランチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はうどん行列している時間がないので、さくっとランチ
水素水を持ってきてみた。
水素水はトイレが近くなるので、ここまでは飲まず、ここから少しずつ摂取。だけど、ここで飲むのは失敗だった!下山で地獄を見た〜(+_+)
教訓:水素水は、下山後に!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水素水を持ってきてみた。
水素水はトイレが近くなるので、ここまでは飲まず、ここから少しずつ摂取。だけど、ここで飲むのは失敗だった!下山で地獄を見た〜(+_+)
教訓:水素水は、下山後に!
1
さて、雨山峠へ
いきなり急な下り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、雨山峠へ
いきなり急な下り。
いい景色も見納め。
もうこの先はあまり展望がない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい景色も見納め。
もうこの先はあまり展望がない。
鎖場
このルートだと、長い鎖場2箇所が下りになる。登りとして使うより歩きにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場
このルートだと、長い鎖場2箇所が下りになる。登りとして使うより歩きにくい。
雪が残っている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が残っている
雨山峠手前の下り
ザレザレなうえに急で、階段のなごりの金属杭や金属棒があちこちに頭を出してて、怖い。転んだら刺さりそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山峠手前の下り
ザレザレなうえに急で、階段のなごりの金属杭や金属棒があちこちに頭を出してて、怖い。転んだら刺さりそう。
1
がっつり脅される
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
がっつり脅される
崩落してるし...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落してるし...
ザレザレだし...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレザレだし...
道標がうまって傾いてるし...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標がうまって傾いてるし...
沢が凍ってるし...
のっけから、味わいたっぷりのマイナールート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が凍ってるし...
のっけから、味わいたっぷりのマイナールート。
うわさの、宙吊り道標
行ってはいけない沢にワイヤーが張られて、まんなかに道標がぶらさがっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うわさの、宙吊り道標
行ってはいけない沢にワイヤーが張られて、まんなかに道標がぶらさがっている。
すごいつらら!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごいつらら!
2
道標はすごくたくさんある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標はすごくたくさんある
目立つ黄色いのもたくさん。英語付き。
こんなにあったら、迷いようもないと思うんだけど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目立つ黄色いのもたくさん。英語付き。
こんなにあったら、迷いようもないと思うんだけど。
ここにも宙吊り道標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも宙吊り道標
右端、どこまで地面があるのかわからず怖い
でも、危なそうなところにはちゃんと鎖かかってる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右端、どこまで地面があるのかわからず怖い
でも、危なそうなところにはちゃんと鎖かかってる
こういうのもあちこちに立ってた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういうのもあちこちに立ってた
1
半分腐ってて、これがものすごく怖かった(冷汗)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半分腐ってて、これがものすごく怖かった(冷汗)
1
このへんは明るくて気持ちが良かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このへんは明るくて気持ちが良かった
浮き石ゴロゴロで歩きにくい〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浮き石ゴロゴロで歩きにくい〜
コシバ沢は、破線ルートだけど、今は荒れててだいぶよろしくないらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コシバ沢は、破線ルートだけど、今は荒れててだいぶよろしくないらしい
1
結構な斜度
九十九折れの道がついてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な斜度
九十九折れの道がついてる
崩落しまくっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落しまくっている
綿毛ふわふわ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綿毛ふわふわ
ちゃんとおすすめ渡渉地点が示されている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちゃんとおすすめ渡渉地点が示されている
ざっくり崩れております
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ざっくり崩れております
渡渉場所には黄色い看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉場所には黄色い看板
広い河原
石ゴロゴロで歩きにくい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い河原
石ゴロゴロで歩きにくい
下山〜
ここからゲートまでは林道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山〜
ここからゲートまでは林道
こんなところから出てきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところから出てきました
管理棟前のカウンターにこのようなものが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
管理棟前のカウンターにこのようなものが
寄大橋のたもと、桜が咲いてた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄大橋のたもと、桜が咲いてた!
1
八重ですね
寒桜?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八重ですね
寒桜?
寄のロウバイ園
ロウバイまつり開催中〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄のロウバイ園
ロウバイまつり開催中〜
満開の木あり、ほころびはじめあり、ちょうど見頃です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満開の木あり、ほころびはじめあり、ちょうど見頃です
これがいちばんきれいな満開の木だった。
だ葉がくっついているのは、暖冬のせいらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これがいちばんきれいな満開の木だった。
だ葉がくっついているのは、暖冬のせいらしい。
1
まったりおやつタイム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まったりおやつタイム
1

感想/記録
by miss-T

寄でロウバイまつりが始まり、暖冬の影響ですでに見ごろっぽいので早めに行かなくては!ということで、ついでに登山を計画。
ロウバイ園は9時〜4時なので、見てから山だと遅くなりそう、ということで、急いでまわって下山後に行くことにする。

8時スタートのつもりが、30分ほど遅れてしまった。
駐車場が心配だったが、この時間はまだ2/3くらいの埋まり具合で、余裕でとめられた。

管理棟で登山届けを出そうとしたら、用紙がまさかの白紙!自由記述形式?!
仕方ないので、適当に住所氏名電話番号、今日のコースと入下山時間を書き込んで出す。出すのはいいけど、ポストはもう紙がぎっしり詰まってて、口からはみ出そうな勢い。いったいったいどうなんているんだか。登山届け出せとうるさくいうなら、ちゃんと回収して管理しようよ!個人情報満載なんだからさ!とりあえず、端っこの隙間にぐりぐり押し込んで、ペンでつついて下のほうに埋めたけど、出すのやめようかとおもっちゃったよ。

今日はのっけからバリルートに入る。
取り付いて少しいったところで、ピンクテープをたどっていったら、なんか変なところで沢におろされてしまった。どうやら、登山用ではなくて、沢の人用のテープだったのかも。対岸に、高巻いている道(のピンクテープ)が見える。あらまあ、あそこに行かなきゃだわ(^_^;) なんとかよじのぼれそうな場所があったので、戻らずによじのぼって(戻るにしてもどうせよじ登らなきゃだし)登山道に入る。のっけから全身使って、疲れた〜(+_+)
その後も、1か所テープにだまされてちょっとそれて、変なところをよじ登る羽目に。こちらも、道はすぐ見えていたので、迷いはしなかったけど、余計な時間と労力を使ってしまった。

それでも、ウシロ沢は当初想像していたよりもちゃんとした道で、まぎらわしいテープにだまされなければ、思いのほかちゃんと歩ける道だった。腐った桟道は怖かったけど(^_^;)
おっかなびっくり行ったので、地図をいちいち確かめたり、上記のとおり道を間違ってルートさがしたり道なき道をよじのぼったりするので時間を食ってしまい、当初1時間くらいで抜けられるかな?と思っていたところ、1時間20分くらいかかってしまった。

後沢乗越に出ると、いままでは誰にも会わなかったのにいきなりわんさか人が!さすが人気のコース。道も歩きやすい。時間が押してしまったので、ここで稼がないと!とばりばり歩く。
何とか、遅れをここで取り戻し、予定より少し早く、11時前に山頂に到着。
お昼には早いけど、うどん行列ができてる。さすが〜
今日はどうしても3時までには下山して、ロウバイを見にいきたいので、ランチはカップめんとおにぎりを持参してさくっと済ませる。
今日は、激しい運動をすると出る活性酸素を除去してくれるという水素水を持参。トイレが近くなるという話なので、ここまでは飲まずにいて、ここで少し飲む。

11時半ごろ、雨山峠へむけて出発。
ここもマイナーなルートだけど、正規ルートで、逆方向からだけど4回くらい使ったことがある勝手知ったる道で、安心して歩ける。
丹沢でいちばん長いという鎖場が、こちらからだと下りになるので、ちょっと歩きにくいかな。ザレているので、すべる。登りに使ったほうが楽だ。
オツボ沢ノ頭から雨山峠までの道も、斜度の急な崩れかけたザレた道なので、下りは怖い。ただの道ならまだいいのだけど、階段用の金属の杭や棒がくずれた階段からにょきにょき出ているので、転んでこんなものの上に着地したらひどい怪我をしそうなのがものすごく怖い〜

雨山峠からは、またお初のルート。
バリルートではなく正規ルートだけど、あまり通行を推奨されていない雰囲気。
行ってみると、脅しにあるような道迷いはまったく心配ないくらいすごい頻度でこれでもか!というほど道標がある。けれど、道はたしかにちょっと悪い。あちこち崩落しているし、道は、水は少ないとはいえ沢の中だったりする場所も結構ある。浮き石もゴロゴロ。鍋割山山頂あたりから、靴のインソールが合わなくなっているのがかなりの負担になってきてて、右足が痛んで、下りの踏ん張りがとてもツライ。だましだまし、かばいながら歩くので、左まで疲れてきた。
その上、水素水のおかげでトイレに行きたくて(^_^;)
そんなこんなで、もう、早く下山したくて、山歩きを楽しめなくなってきてしまった。

沢の下流に至ると、何度か渡渉がある。
河原が広くて、普通なら道を見失いやすいところだけれど、親切なことにものすごく目立つ黄色い道標が渡渉地点まで図示しているので、よほどのうっかりさんでなければ道間違いのしようもない感じ。
川は一歩でまたげるほどは狭くないので、石伝いにわたるか、浅いところに入るかになるが、水の中の石は苔だか水草だかがついていてすべるものがけっこうあった。水量の少ない時期でもこのような具合なので、増水していたら渡渉はたいへんかも。
河原歩きは、石ゴロゴロなので、足をひねらないように気を遣った。

ようやく林道に出たときには、いろんな意味でほっとしました(^_^;)
もう、ゲート目ざしてばりばり歩いて、トイレに寄り、靴をゆるめて、やっと人心地ついた感じ。
最後はこんなかんじでどたばただったせいか、管理棟のところにストックを忘れてきてしまい、気がついて取りに戻ったのがロウバイを見た後だったという(^◇^;) ちゃんと気がついて、戻ったらあったからよかったけど。
去り際には、忘れ物チェックをちゃんとしましょう〜(汗)

さて、目標より早い2時半ごろに下山できたので、ロウバイまつりはゆっくりと楽しむことができた。
駐車場/バス停からロウバイ園は、8分くらい坂をのぼるので、無料送迎バスを利用すると良い。わりに頻繁に出ているらしい(平日はやってるかどうかわからないけど)。

ロウバイ園はそれほど広くないので、30分もあればゆっくり見られる。景色も良いので、山でお茶するより、こちらでまったりするほうがおすすめ。園内にはベンチやピクニックテーブルがあちこちにあるし。
ちょっとした手作り食品のお土産や農産物を売っているのだけど、キウイが安くて美味しかった。追熟済みで、すぐ食べられた。

靴に苦しめられたのがかなりたいへんだったけど(インソールは翌日調整に持って行きました)、コースは面白かったし、ロウバイは素晴らしく、満足な1日でした♪
訪問者数:406人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ