ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 798410 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

八ツでマッタリのツモリが風邪ひいて

日程 2016年01月09日(土) 〜 2016年01月10日(日)
メンバー BochiBochi
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
雪はなかったが、チェーンしか携行していないので、念のため、美濃戸口にP。
余った予算は、別に向けて・・・。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間20分
休憩
1時間40分
合計
7時間0分
S八ヶ岳山荘06:0007:00美濃戸山荘07:1009:00行者小屋10:1011:00中岳のコル11:2012:00文三郎尾根分岐13:00行者小屋
2日目
山行
4時間30分
休憩
2時間50分
合計
7時間20分
行者小屋06:1006:40中山尾根展望台06:5007:50赤岳鉱泉08:2009:00行者小屋10:3012:00美濃戸山荘12:1013:00八ヶ岳山荘13:3013:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
南沢を行者小屋までノーアイゼンであがりましたが、下りは、最後の木橋のところまでアイゼン履きました。沢筋がカチンコチンです。
その他周辺情報展望荘が毎日宿泊のみの対応をしているらしい。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 マッタリ装備。<br />ビールがシャーベットになり お燗してのみました。

写真

美濃戸まで雪はほとんどありません。
ノーマルタイヤで行けそうなくらいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸まで雪はほとんどありません。
ノーマルタイヤで行けそうなくらいです。
歩道と、旧道をつなぐと、車にも会いませんし、早いです。この小屋の横でビバークした事あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩道と、旧道をつなぐと、車にも会いませんし、早いです。この小屋の横でビバークした事あります。
面倒なので、アイゼンなしで行きますが、緊張。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面倒なので、アイゼンなしで行きますが、緊張。
2
本日のマッタリ資材。
家飲み用の黄色です。
茶色は玉蜀黍ジュース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のマッタリ資材。
家飲み用の黄色です。
茶色は玉蜀黍ジュース。
4
緊張感なし。
適当に突っ込んできたので、夏用の就寝具まで歩荷してしまった。(インナーシュラフとシュラフカバー)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緊張感なし。
適当に突っ込んできたので、夏用の就寝具まで歩荷してしまった。(インナーシュラフとシュラフカバー)
まだ10時なので、お散歩に・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ10時なので、お散歩に・・・。
2
ほんと、少ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんと、少ない。
1
北陵のアプローチを確認。
雪崩はないだろうと中岳沢をアップ。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北陵のアプローチを確認。
雪崩はないだろうと中岳沢をアップ。

1
一人だけ先行者のトレースがありました。
阿弥陀に登った人は、皆おりてくる様になりました。
一か所、氷が出て傾斜のきつい所がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一人だけ先行者のトレースがありました。
阿弥陀に登った人は、皆おりてくる様になりました。
一か所、氷が出て傾斜のきつい所がありました。
西壁が・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西壁が・・。
1
高度あげると硫黄まで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度あげると硫黄まで
2
乗越しへの最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越しへの最後の登り。
1
夏道がちょっと見えます。
北陵を登っている人達のコールが聞こえます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道がちょっと見えます。
北陵を登っている人達のコールが聞こえます。
1
南稜方向と権現。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南稜方向と権現。
1
乗越しと文三郎分岐の間を最近歩いていないので、とりあえず道繋ぎ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越しと文三郎分岐の間を最近歩いていないので、とりあえず道繋ぎ。
2
富士山。
風強いからやめたけど・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山。
風強いからやめたけど・・・。
2
文三郎の分岐が、あっちは混雑。
コッチは一人。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎の分岐が、あっちは混雑。
コッチは一人。
行者小屋。
良い天気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋。
良い天気。
1
権現。
キレット小屋が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現。
キレット小屋が見える。
2
なんだろう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだろう?
分岐から頂上への登山者・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から頂上への登山者・・・。
1
手すりが両側にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手すりが両側にあります。
春、北陵は途中から強引に取りついたけど、行きに確認した正規の?トレース撮影に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春、北陵は途中から強引に取りついたけど、行きに確認した正規の?トレース撮影に。
沢筋から樹林入る手前に注意。
中岳沢は直進。北陵は右に戻り気味に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢筋から樹林入る手前に注意。
中岳沢は直進。北陵は右に戻り気味に。
コッチに入る。行きはここを入り、尾根筋から中岳沢に入りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コッチに入る。行きはここを入り、尾根筋から中岳沢に入りました。
またいつか誰かと行くかなと、西壁の各アプローチツアーが今回の目的(だった。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またいつか誰かと行くかなと、西壁の各アプローチツアーが今回の目的(だった。)
朝の天気悪く、アプローチツアーでちょうどよかったです。中山尾根は通行止めのロープの先にしっかりとアプローチついていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の天気悪く、アプローチツアーでちょうどよかったです。中山尾根は通行止めのロープの先にしっかりとアプローチついていました。
1
初めての中山展望台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めての中山展望台。
「石尊峰は中山から最初の沢筋」と記憶が・・・。
トレースもあるし、ここかと入ると、雪訓にちょうど良い斜面。その先もトレースあったのですが、なくなってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「石尊峰は中山から最初の沢筋」と記憶が・・・。
トレースもあるし、ここかと入ると、雪訓にちょうど良い斜面。その先もトレースあったのですが、なくなってしまいました。
行ける所まで行ってみようと上がると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行ける所まで行ってみようと上がると
ケーブルが・・・。行者と鉱泉のライフライン?
右に上がっていくとすぐに中山尾根に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブルが・・・。行者と鉱泉のライフライン?
右に上がっていくとすぐに中山尾根に合流。
再度降りて次の沢筋にアプローチが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度降りて次の沢筋にアプローチが・・・。
話声も聞こえるし、ここでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
話声も聞こえるし、ここでしょう。
左が小同心ルンぜ?右が石尊、三又峰・・。
先行者が間違ってここまで戻ってきたので、お話ししました。最近のGPSは5mくらいの誤差だそうですが、それでも特定できないそうです。
中山との位置関係と地図と高度計でおじちゃんはわかるけどナア。(ジーのジーマン)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が小同心ルンぜ?右が石尊、三又峰・・。
先行者が間違ってここまで戻ってきたので、お話ししました。最近のGPSは5mくらいの誤差だそうですが、それでも特定できないそうです。
中山との位置関係と地図と高度計でおじちゃんはわかるけどナア。(ジーのジーマン)
グローブは今はやりの「青い」ドカ手袋でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グローブは今はやりの「青い」ドカ手袋でした。
アイスキャンディーはまだ登っていません。
(木床の)ベンチで休んでいたら、アイゼン履いていたのでおこられました。ごめんチャイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスキャンディーはまだ登っていません。
(木床の)ベンチで休んでいたら、アイゼン履いていたのでおこられました。ごめんチャイ。
1
2月21日まで、連続営業だそうです。
八ツは「厳冬期」なくなったか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2月21日まで、連続営業だそうです。
八ツは「厳冬期」なくなったか?
1
気が付くと晴れてきて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気が付くと晴れてきて
2
風邪気味で、もう一泊するには寒すぎるので、
無理せず帰る事にしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風邪気味で、もう一泊するには寒すぎるので、
無理せず帰る事にしました。
3

感想/記録

久しぶりの2泊3日、ゆっくりまったりしようとでかけましたが、風邪気味なのか、歳なのか、寒くて一泊で退散してしまいました。
行者小屋前のベンチはこの時期の2時には日陰になってしまい、寒いです。ベンチでオデン(竹輪麩なし)で一人宴会しようとしたら、飲み物はシャーベットになるし、慌ててテントに場所替えしました。
八ツに行くと、最近のみなさんのウエアやギアが勉強になります。
昨シーズン、BDのダブルグローブを購入していましたが、「青い手袋」が薄くてぬれずに暖かいみたいですね。何よりも細かい物を触れるみたい。アイスをされている方が大勢使っていらっしゃいました。近所のDYIでは防寒タイプはありませんがNetで調達されている様です。

中岳からの360度

訪問者数:162人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/4/10
投稿数: 537
2016/1/17 14:37
 ビールがシャーベット?
こんにちわ。
今年は暖冬とはいえ、山は寒そうですね〜ビールが凍るってどんな感じなのか想像できません。缶を開けると、泡はどうなっているのかしら?

動画の景色が、とてもきれい!雪山は、夏山とは違う美しさがありますね。私には雪山に登る技術も体力もないので、BochiBochiさんの動画を見て、行った気分を味わうことにします
登録日: 2011/5/7
投稿数: 1333
2016/1/17 16:34
 Re: ビールがシャーベット?
3737さん 毎度
唯一のビールを飲み残して、玉蜀黍ジュースと4本だけ空けてかえって来たのですが、正確には「リキュール」って缶に書いてあります。
ホップとかの成分が違うだけなので、あまり変わらないと思いますが、
缶ビールを燗ビールしないとビールらしく飲めません。
プルトップを開けると、ジュワーとシャベットがいつまでも出てきます。
どんどん「食べる」か、カップに開けていかないと溢れてしまいます。
感覚では、昼間でもー10℃は行っていたように思います。

の左下に曇りがあるのですが、帰ったら消えてました。
水滴か?
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2016/1/18 9:06
 bochiさん
おはようございます。
実は、いま出かけることができる環境だったのですが
金曜日の晩に都内で打ち合わせ+会食 thegin+終電でした
行者小屋に探しにいくつもりだったのに、残念です。
そのうち時間を作りますので、
石尊稜と中山尾根 よろしくお願いしまーす
登録日: 2011/5/7
投稿数: 1333
2016/1/19 5:47
 Re: bochiさん
metaさん
いいのか〜い?
奥様の許可ももちろんですが、お子ちゃまが寂しがるゼイ。
2月は3週目、3月は連休以外、今のトコ空いています。
文三郎から主稜へのアプローチも確認してありますヨン。
ショルダー、西稜?も途中ですれ違ったすごそうな方から聞きました。
赤ヘルに、ノボシールが繋いでくれました。
雪は年間総量は変わらんとよく聞くので、今週どっさり来るだろうね。
kenさんいくかなあ?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ