ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 798615 全員に公開 雪山ハイキング御在所・鎌ヶ岳

御在所岳、鎌ヶ岳〜樹氷とご来光、氷の渓谷歩き

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー komaki
天候スーパーピーカン、大快晴。11時以降は、雲多目。
登山前気温、2度。御在所岳山頂、マイナス1度。
下山時気温6度。
ほぼ無風なのに、樹氷が満開という
ナイスコンディション。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東名阪高速道、四日市IC〜国道477号。
ICを出てすぐに、「湯ノ山温泉」方面に右折。

鈴鹿スカイラインの箇所は、冬季通行止め。
冬季も、車で上がれる、最高所の
駐車地(旧料金所)は、湯の山温泉街の
真ん中の道を、登り詰めた位置に
なります。温泉街は、降雪直後以外は
ほぼ完全に除雪、融雪されていますが
駐車地までは、念のため、スタッドレス推奨。

夏タイヤの場合は、有料RW駐車場がお勧め。
中道登山口まで、1時間の、徒歩の舗装道登りが
加算されます。よって、「裏道」からの
スタートが、オススメとなります。
この日は、全く路面に雪がありませんでした。


参照HP、「御在所ロープウェイ」
http://www.gozaisho.co.jp/
ライブカメラ、積雪量、樹氷の有無など
案内があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間45分
休憩
2時間14分
合計
7時間59分
S御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)05:4205:44中道登山口05:5006:17おばれ石06:4606:47地蔵岩06:5306:58キレット07:0307:49富士見岩07:5708:02第一ケルン08:0608:07富士見岩08:12レストランアゼリア08:2508:38御在所山 一等三角点08:4408:46御在所岳08:4908:51御在所山 一等三角点08:52御在所岳09:10天指岩09:1109:39武平峠09:4010:25鎌ヶ岳11:0613:07武平峠・三ッ口谷・表道分岐13:1813:37中登山道口13:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
カメラの時刻が、ずれています。
写真の一部は、1月5日に
登山した折のものを
掲載しています。
コース状況/
危険箇所等
御在所岳〜中道ルート〜キレットまで)

「ご来光ポイントまで、ヘッデンスタート」

道は一本道で、途中、裏道ルートへの
合流箇所以外は、、分岐はありません。
序盤は、樹林帯の急坂、歩きにくい足元の岩などは
それほど多くなく、ヘッデン登山でも、不安は
感じませんでした。
雪が出てくるのは、「四合目」から上でした。

ご来光鑑賞ポイントは、奇岩名所の
「おばれ岩」周辺、または「地蔵岩」周辺。
東側の視界が、開けています。

御在所岳中道〜キレット〜富士見岩)

「樹氷満開の、岩肌を歩く」

ここから、滑り止めとして、チェーンスパイク着用。
鎖は、すべて使えます。
キレットは、東側の岩も歩けますが
あくまでも、鎖があるところが、
正規ルートです。
標高を上げるにつれ、御在所岳東面の
見事な樹氷が、目を楽しませてくれます。
富士見岩は、前半の樹氷鑑賞の
名ポイント。

御在所岳山頂部分)

「キラキラの樹氷トンネル」

目指すべきは「望湖台」方面ですが
「ロープウェイ駅」方面を、
少し散策することを、オススメ。
樹氷のトンネルです。

アゼリアで、食事など出来ます。
トイレあり。自販機あり。
人口の氷ばくも、かなり完成しつつあります。
スキー場内は、歩行禁止。
アゼリア前の道を、西に向かいましょう。

御在所岳〜鎌ヶ岳〜県境尾根)

「目指す鎌ヶ岳を望みながら」

ロープ類など、全て露出していて
使用可能でした。
武平峠までの区間、御在所岳ゾーンは
日当たりよく、ところどころ雪が
融けていますが、鎌ヶ岳の上りは
全面凍結です。
今回、山頂直下で、巻き道を使わず
直登ルートを進みましたが
進退窮まる場面も。
ここは、巻き道のほうが、はるかに
ラクチンです。
進むごとに、大きくなる、鎌ヶ岳の
勇姿が魅力です。

鎌ヶ岳山頂〜長石尾根〜三ツ口谷ルート)

「氷の渓谷歩き」

長石尾根は、積雪多し。30cmくらい。
10本アイゼンに装備変更。
三口谷の、沢に合流するまで、かなりの
急な下りです。

沢に合流してからは、氷の中を
歩くような、とても、しっとりした
雰囲気のいい道です。
氷ばくも、たくさんあります。

渡渉が増えてきてから、足回りを
チェーンスパイクに戻しましたが
これは失敗。まだ雪が少なく
雪交じりの落ち葉が、
すぐに、足裏に、団子になります。
雪道は、スカイライン合流直前まで
続きました。

☆今後予想される大雪などにより
状況が大きく変わることが
想定されます。今回、御在所岳では
ほぼ、アイゼンなしでも、歩ける状況
でしたが、今後は、前爪のあるアイゼンは
必携かと予想します。
その他周辺情報下山後の温泉は多数。
人気のTOP3は
1.アクアイグニス
2、希望荘
3、グリーンホテル

アクアイグニス以外は
スカイライン沿いに
引き返す立地になります。

装備

個人装備 チェーンスパイク 10本爪アイゼン 防風グローブ

写真

御在所岳の岩肌が
朝日を受けて
樹氷がほんのり
金色に染まる。
2016年01月17日 07:59撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳の岩肌が
朝日を受けて
樹氷がほんのり
金色に染まる。
47
青空と樹氷は
最高の組み合わせ。
冬の華です。
2016年01月17日 08:07撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空と樹氷は
最高の組み合わせ。
冬の華です。
54
樹氷をまとった
鎌ヶ岳は
ことのほか
美しくて。
2016年01月17日 08:06撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷をまとった
鎌ヶ岳は
ことのほか
美しくて。
39
山バナナっ!!
本年もよろしく
お願いします。
2016年01月16日 08:46撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山バナナっ!!
本年もよろしく
お願いします。
29
ご来光を待つ
ひととき。
空の色が
刻々と変わる時間は
山での至福の時間。
2016年01月17日 06:48撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光を待つ
ひととき。
空の色が
刻々と変わる時間は
山での至福の時間。
23
名古屋のビル郡、
さらに三河の山々の
上に、大きく紅く染まる
恵那山の貫禄。
2016年01月17日 06:51撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名古屋のビル郡、
さらに三河の山々の
上に、大きく紅く染まる
恵那山の貫禄。
18
「ご来光」

輝くような
新たな一日の
始まりは
様々な色彩の
組み合わせ。
2016年01月16日 07:21撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ご来光」

輝くような
新たな一日の
始まりは
様々な色彩の
組み合わせ。
75
以下の写真は
撮影順であります。

「地蔵岩」

何度見ても
不思議な岩。
2016年01月05日 06:57撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以下の写真は
撮影順であります。

「地蔵岩」

何度見ても
不思議な岩。
16
「反射」

太陽を光源にして
輝きを放つ
伊勢湾。
2016年01月17日 08:00撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「反射」

太陽を光源にして
輝きを放つ
伊勢湾。
27
「釈迦ヶ岳」

うっすら雪をまとい
朝日を受けて
ひときわ引き立つ
カタチの良さ。
2016年01月17日 07:09撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「釈迦ヶ岳」

うっすら雪をまとい
朝日を受けて
ひときわ引き立つ
カタチの良さ。
33
「中道キレット」

うっすら氷が乗ってる
状況。
注意箇所です。
2016年01月16日 07:06撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「中道キレット」

うっすら氷が乗ってる
状況。
注意箇所です。
11
「中道ルート」

朝の柔らかな日差しが
気持ちを明るくさせます。
2016年01月16日 07:18撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「中道ルート」

朝の柔らかな日差しが
気持ちを明るくさせます。
15
「9合目鎖場」

ヨコバイと
タテバイの組み合わせ。
冷たい鎖には
グローブ必須。
2016年01月16日 07:43撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「9合目鎖場」

ヨコバイと
タテバイの組み合わせ。
冷たい鎖には
グローブ必須。
7
御在所岳山頂)

「樹氷」
朝の太陽の演出で
斜め方向からの
光が差し込み
柔かな印象です。
2016年01月17日 07:58撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

「樹氷」
朝の太陽の演出で
斜め方向からの
光が差し込み
柔かな印象です。
16
御在所岳山頂)

山肌の、ビッシリ感は
鳥肌モノの感激です。
2016年01月17日 07:58撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

山肌の、ビッシリ感は
鳥肌モノの感激です。
34
御在所岳山頂)

樹氷こしに望む
「雲母峰」
茫洋とした山容も
樹氷と組み合わせて
眺めると、新鮮な印象で。
2016年01月17日 08:00撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

樹氷こしに望む
「雲母峰」
茫洋とした山容も
樹氷と組み合わせて
眺めると、新鮮な印象で。
10
御在所岳山頂)

「満開」
晴れてて、よかった〜
樹氷があって、よかった
この日に来て
よかったです!!
2016年01月17日 08:07撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

「満開」
晴れてて、よかった〜
樹氷があって、よかった
この日に来て
よかったです!!
28
御在所岳山頂)

「キラキラのトンネル」

こんな中を歩けるなんて
幸せです。
2016年01月17日 08:04撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

「キラキラのトンネル」

こんな中を歩けるなんて
幸せです。
33
御在所岳山頂)

地蔵岩の模型でも、
作るのでしょうか。
登山者しか、
間近には見れない
位置なので
いいことかもと
思いました。
2016年01月17日 08:08撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

地蔵岩の模型でも、
作るのでしょうか。
登山者しか、
間近には見れない
位置なので
いいことかもと
思いました。
13
御在所岳山頂)

名物「雪だるま」
現在は、「布だるま」
早く、本物の白色に
なりますように!!
2016年01月17日 08:09撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

名物「雪だるま」
現在は、「布だるま」
早く、本物の白色に
なりますように!!
22
御在所岳山頂)

「光臨」
鳥居の上に太陽があたり
神々しい。
2016年01月17日 08:10撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

「光臨」
鳥居の上に太陽があたり
神々しい。
16
御在所岳山頂)

RW駅方面の樹氷も
一面にびっしり。
とても見ごたえあります。
2016年01月16日 08:24撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

RW駅方面の樹氷も
一面にびっしり。
とても見ごたえあります。
14
御在所岳山頂)

「琵琶湖」
まっ平らな
霊仙山の奥の
真っ白な山は
「金糞岳」
その右には
「伊吹山」
湖北の山の白さは
神々しい美しさ。
2016年01月17日 08:14撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

「琵琶湖」
まっ平らな
霊仙山の奥の
真っ白な山は
「金糞岳」
その右には
「伊吹山」
湖北の山の白さは
神々しい美しさ。
18
御在所岳山頂)

樹氷こしに望む
鈴鹿セブンマウンテン。
竜ヶ岳、藤原岳など。
一番奥に見えるのは
「御池岳」
開放的な眺めでした。
2016年01月17日 08:09撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

樹氷こしに望む
鈴鹿セブンマウンテン。
竜ヶ岳、藤原岳など。
一番奥に見えるのは
「御池岳」
開放的な眺めでした。
37
こちらも、セブンマウンテンの
「雨乞岳」
雪化粧して、さらに感じる
山の大きさ。
2016年01月17日 08:09撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも、セブンマウンテンの
「雨乞岳」
雪化粧して、さらに感じる
山の大きさ。
31
御在所岳山頂)

「氷ばく鑑賞」
人口ですが、かなり
完成度が高いです。
氷の壁です。
2016年01月17日 08:19撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

「氷ばく鑑賞」
人口ですが、かなり
完成度が高いです。
氷の壁です。
20
御在所岳山頂)

「煙りと陰影」
光と、冷気が調和して
演出する陰影。
見ごたえありました。
2016年01月17日 08:21撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

「煙りと陰影」
光と、冷気が調和して
演出する陰影。
見ごたえありました。
54
御在所岳山頂)

「成長」

現在、完成度は5割とのこと。
ライトUPもあります。
2016年01月17日 08:20撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

「成長」

現在、完成度は5割とのこと。
ライトUPもあります。
18
御在所岳山頂)

山頂までは、アゼリア前から
西に進みましょう。
積雪5cmです。
平坦路で、ラクチンです。
2016年01月16日 08:40撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

山頂までは、アゼリア前から
西に進みましょう。
積雪5cmです。
平坦路で、ラクチンです。
4
御在所岳山頂)

望湖台到着〜
本当の山頂は
ここです。
琵琶湖と、比良の山の
眺めに、優れています。
2016年01月17日 08:55撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

望湖台到着〜
本当の山頂は
ここです。
琵琶湖と、比良の山の
眺めに、優れています。
10
御在所岳山頂)

ここの樹氷も
とってもきれいです。
今日は、樹氷ハイクとしては
100点満点ですっ!!
2016年01月17日 08:53撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂)

ここの樹氷も
とってもきれいです。
今日は、樹氷ハイクとしては
100点満点ですっ!!
46
県境尾根ルート)

では、次なるピーク
「鎌ヶ岳」を
目指しましょう〜
積雪期の、2座周回は
僕自身、初挑戦です。
期待と不安が交差します。
2016年01月17日 08:54撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根ルート)

では、次なるピーク
「鎌ヶ岳」を
目指しましょう〜
積雪期の、2座周回は
僕自身、初挑戦です。
期待と不安が交差します。
20
県境尾根ルート)

途中に、あずまやが
あります。
休憩好適地。
ここまでは、ふみ跡
多数です。
2016年01月16日 09:01撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根ルート)

途中に、あずまやが
あります。
休憩好適地。
ここまでは、ふみ跡
多数です。
6
県境尾根ルート)

「御嶽大権現」
御嶽山の神様が
分霊されています。
ほどよい積雪で
大変歩きやすいです。
2016年01月16日 09:01撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根ルート)

「御嶽大権現」
御嶽山の神様が
分霊されています。
ほどよい積雪で
大変歩きやすいです。
5
県境尾根ルート)

標高を、どんどん下げて
進むにつれ、遠く小さく
なってしまう「鎌ヶ岳」
がんばりますっ!!
2016年01月16日 09:01撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根ルート)

標高を、どんどん下げて
進むにつれ、遠く小さく
なってしまう「鎌ヶ岳」
がんばりますっ!!
9
県境尾根ルート)

「えびのしっぽ」

樹氷は、滋賀県側に
成長するようです。
この木は、アカヤシオの
木ですね。
今年の春も、花をたくさん
付けますように!!
2016年01月17日 08:18撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根ルート)

「えびのしっぽ」

樹氷は、滋賀県側に
成長するようです。
この木は、アカヤシオの
木ですね。
今年の春も、花をたくさん
付けますように!!
15
県境尾根ルート)

「長者池」

サンショウウオが
いるという池ですが
全面結氷です。
家族の長寿と健康を
祈願しました。
2016年01月16日 09:04撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根ルート)

「長者池」

サンショウウオが
いるという池ですが
全面結氷です。
家族の長寿と健康を
祈願しました。
10
県境尾根ルート)

「先行者トレース」

お一人様のトレースが
あります。
ありがたや。
2016年01月16日 09:13撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根ルート)

「先行者トレース」

お一人様のトレースが
あります。
ありがたや。
12
県境尾根ルート)

「シュカブラと雪の球」

雪の玉が、弾けています。
うっすら刻まれた
北風の爪あと。
2016年01月17日 09:39撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根ルート)

「シュカブラと雪の球」

雪の玉が、弾けています。
うっすら刻まれた
北風の爪あと。
33
県境尾根ルート)

「天指し岩」

オヤジさんの背中にも
うっすら雪が。
真っ白なオヤジさんも
見てみたいものです。
でも、そんな時は
僕は、ここを歩けません〜
2016年01月16日 09:18撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根ルート)

「天指し岩」

オヤジさんの背中にも
うっすら雪が。
真っ白なオヤジさんも
見てみたいものです。
でも、そんな時は
僕は、ここを歩けません〜
7
県境尾根、鎌ヶ岳上り)

武平峠から
鎌ヶ岳の、北側斜面の登りは
ほぼ、全面凍結です。
チェーンスパイクが
有効でした。
この写真の箇所は
マーキングは、中央の
岩のスキマを通るように
なっていますが
右側に巻いたほうが
進みやすいです。
2016年01月16日 09:53撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根、鎌ヶ岳上り)

武平峠から
鎌ヶ岳の、北側斜面の登りは
ほぼ、全面凍結です。
チェーンスパイクが
有効でした。
この写真の箇所は
マーキングは、中央の
岩のスキマを通るように
なっていますが
右側に巻いたほうが
進みやすいです。
11
県境尾根、鎌ヶ岳上り)

三ッ口ルート下降点)

山と高原地図では
破線扱いです。
今後、この箇所の踏破が
僕の目標です。
一度、下から上がって
みなくては。
2016年01月16日 10:20撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根、鎌ヶ岳上り)

三ッ口ルート下降点)

山と高原地図では
破線扱いです。
今後、この箇所の踏破が
僕の目標です。
一度、下から上がって
みなくては。
11
鎌ヶ岳山頂)

鎌ヶ岳山頂到着!!
下山路に、不安要素が
あるものの
無事に、冬季の2座周回
達成です。うれしいですっ!!

頭上は、雲が多めですが
遠望は、かなり良好です。
2016年01月16日 10:40撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂)

鎌ヶ岳山頂到着!!
下山路に、不安要素が
あるものの
無事に、冬季の2座周回
達成です。うれしいですっ!!

頭上は、雲が多めですが
遠望は、かなり良好です。
29
鎌ヶ岳山頂)

「白山」

真っ白で
カタチが美しくて
大きくて
きれいで
文句なしの名峰です。
2016年01月17日 08:54撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂)

「白山」

真っ白で
カタチが美しくて
大きくて
きれいで
文句なしの名峰です。
15
鎌ヶ岳山頂)

「御在所岳」

横に大きい山なんだなと
改めて。
秋から冬が
この山の眺めは
一番見栄えします。
2016年01月17日 10:43撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂)

「御在所岳」

横に大きい山なんだなと
改めて。
秋から冬が
この山の眺めは
一番見栄えします。
12
鎌ヶ岳山頂)

鈴鹿南部の山々。
仙ヶ岳は、存在感が
あります。
2016年01月17日 09:39撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂)

鈴鹿南部の山々。
仙ヶ岳は、存在感が
あります。
7
鎌ヶ岳山頂)

「鎌尾根」

雪をまとうと
印象が全然違います。
2016年01月17日 10:44撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂)

「鎌尾根」

雪をまとうと
印象が全然違います。
11
鎌ヶ岳山頂)

三重県南部の山と
伊勢湾。
紀伊山地も
見えそうな眺め。
2016年01月17日 10:43撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂)

三重県南部の山と
伊勢湾。
紀伊山地も
見えそうな眺め。
15
長石尾根ルート)

長石尾根は、激下りの連続です。
路面は凍っていますが
雪が少なく
ところどころ地面が
出ています。
2016年01月16日 11:45撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石尾根ルート)

長石尾根は、激下りの連続です。
路面は凍っていますが
雪が少なく
ところどころ地面が
出ています。
4
長石尾根ルート)

「三ッ口谷分岐」

長石尾根ルートから、
三ッ口谷ルートまでは
分岐、合流箇所が
2箇所あります。
今回は、上部の分岐から
合流を目指します。
2016年01月16日 11:47撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石尾根ルート)

「三ッ口谷分岐」

長石尾根ルートから、
三ッ口谷ルートまでは
分岐、合流箇所が
2箇所あります。
今回は、上部の分岐から
合流を目指します。
4
長石尾根ルート)

「シャクナゲのつぼみ」

暖冬の影響でしょうか。
早くもつぼみが。
鎌ヶ岳に、シャクナゲの
群落があることは
今回、初めて知りました。
登山の、収穫がありました。
2016年01月05日 11:34撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長石尾根ルート)

「シャクナゲのつぼみ」

暖冬の影響でしょうか。
早くもつぼみが。
鎌ヶ岳に、シャクナゲの
群落があることは
今回、初めて知りました。
登山の、収穫がありました。
23
三ッ口谷ルート)

三ッ口谷の沢筋に到着。
白い雪と、黒っぽい岩が織り成す
水墨画的景観。
2016年01月17日 11:52撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷ルート)

三ッ口谷の沢筋に到着。
白い雪と、黒っぽい岩が織り成す
水墨画的景観。
5
三ッ口谷ルート)

全面結氷の、氷ばくが
あります。
ちゃんと、名前がある
滝なのでしょう。
見ごたえがあります。
2016年01月16日 12:02撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷ルート)

全面結氷の、氷ばくが
あります。
ちゃんと、名前がある
滝なのでしょう。
見ごたえがあります。
20
三ッ口谷ルート)

けっこう、大きな滝も
本流以外は
すべて、凍てついています。
冬を感じます。
2016年01月17日 12:08撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷ルート)

けっこう、大きな滝も
本流以外は
すべて、凍てついています。
冬を感じます。
14
三ッ口谷ルート)

つららの中を歩く感覚は
気持ちが、研ぎ澄まされる
心地よさ。
2016年01月16日 12:17撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷ルート)

つららの中を歩く感覚は
気持ちが、研ぎ澄まされる
心地よさ。
5
三ッ口谷ルート)

冬の渓谷歩きの
楽しさを、初体験
しました。
登山道部分は
渡渉が、何度かあるものの
マーキングもバッチリです。
2016年01月16日 12:18撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷ルート)

冬の渓谷歩きの
楽しさを、初体験
しました。
登山道部分は
渡渉が、何度かあるものの
マーキングもバッチリです。
7
三ッ口谷ルート)

モノトーンな世界を
堪能しました。
明るい日差しが
差し込むと
どんな風景になるのか
ぜひまた、訪れたいと
思いました。
2016年01月16日 12:40撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷ルート)

モノトーンな世界を
堪能しました。
明るい日差しが
差し込むと
どんな風景になるのか
ぜひまた、訪れたいと
思いました。
7
三ッ口谷ルート)

「澄んだ水」

透き通るような
きれいな水。
沈んでる落ち葉も
数を数えられるほどの
透明度。
2016年01月16日 12:52撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷ルート)

「澄んだ水」

透き通るような
きれいな水。
沈んでる落ち葉も
数を数えられるほどの
透明度。
7
三ッ口谷ルート)

終点間際で、ようやく
雪が途切れます。
落ち葉でフカフカなので
足元注意です。
2016年01月16日 12:47撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷ルート)

終点間際で、ようやく
雪が途切れます。
落ち葉でフカフカなので
足元注意です。
2
三ッ口谷ルート)

「コケ」
森には欠かせない
存在です。
2016年01月05日 12:14撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷ルート)

「コケ」
森には欠かせない
存在です。
25
三ッ口谷ルート)

「アセビの花」

4月に咲く花が
早くも登場です。
鈴なりの姿は
可愛らしいですが
有毒です。
2016年01月05日 13:23撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷ルート)

「アセビの花」

4月に咲く花が
早くも登場です。
鈴なりの姿は
可愛らしいですが
有毒です。
14
三ッ口谷ルート)

駐車地まで、雪のない
舗装道を、テクテクと
歩きます。
今回のルート取りですと
下り坂になるのが
救いです。
2016年01月16日 13:16撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷ルート)

駐車地まで、雪のない
舗装道を、テクテクと
歩きます。
今回のルート取りですと
下り坂になるのが
救いです。
4
三ッ口谷ルート)

「御在所山の家」

車が停まっていました。
山小屋を目にすると
安心感が倍増です。
2016年01月16日 13:44撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷ルート)

「御在所山の家」

車が停まっていました。
山小屋を目にすると
安心感が倍増です。
4
三ッ口谷ルート)

軒先の「水仙」
春の兆しを
感じ取る。
2016年01月05日 13:29撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ口谷ルート)

軒先の「水仙」
春の兆しを
感じ取る。
17
湯の山温泉)

「ナンテン」

真っ赤な実は
キモチが華やぎます。
2016年01月05日 13:54撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の山温泉)

「ナンテン」

真っ赤な実は
キモチが華やぎます。
20
湯の山温泉)

おっと!!
モミジが残ってます。
秋と冬と春が
混在です。
2016年01月05日 14:14撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の山温泉)

おっと!!
モミジが残ってます。
秋と冬と春が
混在です。
32
湯の山温泉)

「紅梅」

ピンクの梅は
大好きな色。
2016年01月05日 14:02撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の山温泉)

「紅梅」

ピンクの梅は
大好きな色。
28
湯の山温泉)

「ロウバイ」

香りからも
春を予感しました。
2016年01月17日 14:26撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の山温泉)

「ロウバイ」

香りからも
春を予感しました。
29

感想/記録
by komaki

1月17日(日)、鈴鹿山脈の
御在所岳、鎌ヶ岳の周回コースを
歩いてまいりました。

昨年11月に、家族に不幸が、あって以来、
登山に行けない状況が続いておりました。

年が明けて、登山を再開できる時間は
確保出来るようになりましたが
今度は、職場で、風邪、体調不良による
欠員が続く状態が続き
ちょこちょこ、登山は行くものの
休日出勤の連続となり
レコUPの時間が、取れませんでした。
今回の、御在所岳、鎌ヶ岳の周回コースも
1月5日に歩いたものの、レコUPの
時間が確保できず、お蔵入り状態でした。
何度も、自身でレコにしている
山なので、レコUPしなくても、いいか。。。
と思いまして。

今般、ようやく、仕事の状況も落ち着き
また、お天気に恵まれ、数々の絶景を
堪能できました。
遅ればせながら、新年、初レコとなります。
本年も、どうぞよろしく
お願いします。
前置きが長文となりまして
失礼致しました。

御在所岳)

「ご来光と、キラキラの樹氷」

さて、急遽、登山に行けることとなった
この日、天気予報は、あいにく
全国どこも「曇りのち雨」
ムムム。。。
パッとする、登山日和ではないような。
では、トレーニング登山に、徹しましょう〜
ということで、雨の心配が、ほとんどない
鈴鹿南部にしました。

だがしかし、現地に到着しますと
満天の星空。天気予報のハズレを
確信し、ヘッデンつけて、ご来光
ポイントを目指します。

山で見るご来光は、やはり
心が満たされます。
きれいなご来光と、刻々と変化する
周囲の風景は、来てよかったと
思いました。
空の色と、太陽の光を受ける
山の色彩が、濃紺から、オレンジ色へ、
さらに、ピンクから、スカイブルーへと
変わる様子は、大変満足でした。

山頂が近づきますと、樹氷の花が
咲いていることが、見て取れるように
なり、ますます、テンションUPです。
やはり、樹氷には、青空が似合います。
キラキラの度合いが違います。
周辺の山々も、樹氷ごしに望みますと
美しさが、引き立ってる印象でした。

その後は、山頂の、散策へ。
「どこを歩いても、樹氷満開」な
素敵な景色が続き、楽しい時間でした。
名物の「人口氷ばく」も、早朝の
柔らかな日差しのもとで見ますと
全然違った印象で楽しめました。

展望も大変よろしく、鈴鹿セブンは
もちろん、白山、伊吹山、比良の山など
雄大な眺めでした。
さらに、伊勢湾、琵琶湖ともに
望めて、素晴らしい展望日和でした。
あわよくば、御嶽山、中アが見れると
完璧ですが、もともと、曇り予報の
この日にしましては、ほぼ、申し分ない
好展望でした。

県境尾根)

御在所岳山頂から、鎌ヶ岳に繋がる
唯一のルートです。
数年前の、厳冬期に、雪が多すぎて
敗退した体験がありますので、
不安要素箇所のひとつでした。
今回は、暖冬の影響に助けられ
無事に歩けました。
鎌ヶ岳の、北斜面は、遠目からも
雪が、微妙な、イヤな感じの
付き方だなと思っておりましたが
案外、苦労せず歩けました。
山頂直下で、調子に乗って
「直登コース」に、久しぶりに
挑戦したのは失敗。
巻き道とは、難易度が、ケタ違い
でした。

それにしても、年々
風化による崩落が進む山頂部、
ぜひ、植生の再生などによって
山が保たれることを、願ってやみません。

鎌ヶ岳、三ツ口谷ルート)

「静寂の渓谷歩きを満喫」

県境尾根からの、ダイレクト下降点は
いまだに、不案内なので
長石尾根から、合流することと
しました。
ここは、1月5日に、歩いたおりに
「もし、氷に包まれたら、幻想的だろうな」
と思い、ぜひ、歩いてみたかった箇所です。

長石尾根と、急な下りを、慎重に歩いて
降り立った、三ツ口谷源流部は
静寂な、モノトーンな世界。
川の始まる場所らしい景色です。
奥秩父、甲武信ヶ岳の、千曲川源流を
辿ったときの記憶が、蘇ります。
五感が研ぎ澄まされます。
やがて、川が流れるようになり
川幅が、徐々に広くなりと
変化し、水が、生き物のように
感じれる場所です。

ところどころ、滝になってる箇所は
凍てつき、氷ばく、つららなども
目にして、墨絵の山水画の
ようでした。

今まで、鎌ヶ岳からの、下山ルートは
花の時期は、イワザクラ目当てで
「長石谷ルート」
紅葉時期は、ブナ紅葉目当てで
「長石尾根ルート」と
自分で、決め付けてましたが
今回の、三ツ口谷ルートも
味わい深い、いい道だと
思いました。イワカガミの時期は
たぶん、他のルートを
圧倒するボリュームだと
道中感じました。


今回の、御在所岳、鎌ヶ岳の、周回登山、
長年の宿願だった、冬季の2座周回が
無事に達成できて、満足感がいっぱいです。
景観も、天気予報に反し
青空のもとでの
樹氷、遠望、近景の山々の
雪をまとった、神々しい姿など
望めて、気分爽快です。
また、「三ツ口谷ルート」という
自身初体験の登山道の魅力も
感じ取ることができ
大変有意義な時間でした。

御在所岳、鎌ヶ岳の、新しい魅力を
また、感じ取ることができました。
訪問者数:2087人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/11
投稿数: 147
2016/1/18 14:19
 ご来光 綺麗ですね。
komaki さん こんにちは

ご来光 綺麗ですね。
今年は どの山も 雪が少なく
やっと 12月中旬くらいの 積雪の便りが
聞こえてきました。
明日からの冷え込みで 
本格的な 雪便りが 聞こえてくると 良いですね。

寒さ 2週間くらいという 予報もありますが・・・
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2046
2016/1/18 15:38
 komakiさん こんにちは!
さすが鈴鹿山系の霧氷は見事です!
朝日に輝く山肌は素晴らしいですね。
積雪は少な目で、霧氷はたっぷりと好条件で山歩きを楽しまれましたね。
コース設定もジャストですね。
私にはこの時期は無理なので、春を感じたら出かけてみたいコースと思いました。
お疲れさまでした
登録日: 2012/6/23
投稿数: 1955
2016/1/18 16:03
 キラキラですね
komakiさん
こんにちは
本年初レコはとても幻想的な樹氷との出会いでしたね。
ようやく鈴鹿にも雪が張り付いてくれましたのでホットひと安心というところでしょうか。
やはり一味違うkomakiワールド全開といった感じのレコ素敵でした。
私では怖くて行けない冬の鎌も
良い感じですね✨
登録日: 2011/1/23
投稿数: 1821
2016/1/18 16:49
 待ってました。久々のkomakiワールド
komakiさん こんにちは
komakiレコ、久々ですね。待ってました。
カメラマンが違うと御在所も鎌ヶ岳も鈴鹿の山じゃないみたいです。
樹氷もご来光も色が変わっていく景色も素晴らしい。
年始からkomakiワールド満開ですね。
それにしてもこの時期の縦走とは頑張りましたね。
まして鎌への直登ルートとは男の子ですね〜 アイゼンなしでよく登れましたね。
それから三口谷ルートも凍っていなかったですか?僕は夏期に登りしか使ったことないですが・・・
来月の大日岳楽しみにしてます。よろしくお願いします。
登録日: 2013/5/27
投稿数: 2940
2016/1/18 17:05
 百点満点
こんにちは。
久しぶりのレコ、楽しみにしていました

天候も霧氷も最高ですね。
でも私だったら、最高!で終わってしまうのですが、
komakiさんの、繊細な自然を見る目と類い稀な感性で撮影された数々の写真の素晴らしさと言ったら
見る者を圧倒します。
お見事です。
金色の霧氷なんて、凄すぎますね
まさに、百点満点です。
登録日: 2012/7/2
投稿数: 3731
2016/1/18 18:57
 色々と...
komakiさん、こんばんは

何故かなぁ?? と思ってました レコupが無いので
そうでしたか...11月には
時期的にその様な事が続く年代ですね
 僕も...(>_<) 色々大変ですが、たまには気分転換もね

で、早速、komakiワールド全開ですね
いやいやアングルといい色遣いといい勉強になります
今年も宜しくお願いいたします
登録日: 2008/10/4
投稿数: 1782
2016/1/18 20:29
 いいな〜
 komakiさん、こんばんは。

 それにしても、見事な霧氷、羨まし〜
我々が4日の日に登った御在所岳と同じ山とは思えない
すばらしい景色ですね。
 そして、それをさらに美しく感じることができるkomakiさんの
写真テク。一度、ご教示いただきたいと思っています
登録日: 2014/5/9
投稿数: 91
2016/1/18 20:43
 komakiさん、こんにちは
いつも私のレコにコメントいただきありがとうございます。komakiさんのレコを楽しみにお待ちしておりました。花の季節もいいですが、天気に恵まれた雪山もまたいいですね!私自身も今シーズンはまだ雪山に登れてなくて、御在所や鎌もご無沙汰なので行きたくなりました。三ツ口谷、県境稜線へ詰めるガレ場が少々スリリングですが面白いルートですよね。夏場に歩くと涼しそうです。
これからも雪や花の便りを楽しみにしております。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/18 20:52
 kenmapapaさん、コメントありがとうございます。
まさかの快晴スタートとなり
ヘッデンスタートに切り替えて
ご来光鑑賞を狙いました。
山で見るご来光は、雄大で
とても好きです。

本日雨が上がって、このあたりも
空気が入れ替わったように
冷えだしてきましたね。
水曜日の、名古屋エリアの雪予報が
気になりますね。でも山には
しっかり積もってほしいものですね。

kenmapapaさんの、雪山レコ
お待ちしております。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/18 21:01
 s_fujiwaraさん、コメントありがとうございます。
ようやく、鈴鹿南部の山も
本格的な、雪化粧が始まった
ようです。早朝からスタート
致しましたので、太陽の動きに
合わせて、刻々と変化する山肌を
楽しみました。

「積雪は少な目で、霧氷はたっぷりと」
まさに、おっしゃる通りで
中途半端な凍結道ならば
いっそ、雪がないほうが
歩きやすいですよね。

御在所と鎌ヶ岳の春は
アカヤシオ、シロヤシオ
イワザクラにイワカガミなど
花が豊富です。
5月中旬までは、ヒルの心配もなく
とてもいい時期だと思います。

ぜひ、楽しまれますように!!
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/18 21:07
 kazuさん、コメントありがとうございます。
まさかの、スーパー快晴でした。
天気予報どおりに、土曜日に登られた
方々には、申し訳ないくらいで。
しかも、樹氷も満開で、とても
ラッキーでした。

冬の鎌ヶ岳は、例年ですと
どのルートを選んでも
難易度高いですよね。
今回は、一番早く、スカイラインに
合流できる、三口谷を
選びました。氷に包まれた
いい道でしたよ。
ぜひ、機会がありますように!!
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/18 21:19
 旬さん、コメントありがとうございます。
年明けから、他にも、伊吹山にも
登ってるんですけど、業務多忙で
レコUPのタイミングを
逃してしまいました。

早朝の登山スタートは、山の
いろんな表情が、行程中に
感じ取れていいですね。
写真、おほめいただき恐縮です。
やはり、山は、晴天だと
全然印象が違いますね。

2座周回を、雪のあるときに
ぜひ、達成したかったので
今回、暖冬の名残の助けが
あり、無事に成就しました。
鎌ヶ岳の直登ルートは
チェーンアイゼンを付けました。
マーキングもロープ類も
登山道の現況に沿ってないなと
感じまして、もはや巻き道が
メインルートなんだなと
感じました。
三口谷は、今まで歩かなかったことを
後悔するくらいに、お気に入りに
なりました。

来月の、オヤジーズコラボ
昨年同様の、素晴らしい天気に
みなさんと登ることを
心待ちにしております。
登録日: 2012/12/29
投稿数: 1767
2016/1/18 21:42
 幸先の良いスタートになりましたね。
komakiさん、こんばんは。

だいぶお忙しいようですが、今年、初のお披露目登山は
上々の滑り出しですね。

暖冬の影響で、春を先取りしたような光景ばかり目に付く中で、満開の樹氷と氷瀑を見ることができる御在所岳、鎌ヶ岳は、何度歩いても、新たな発見があって、素晴らしい山ですね。

群馬は今日、ようやく雪が降りました。
komakiさんのレコを見ていたら、無性に雪山へ行きたくなりました。

今年も、芸術品のような素晴らしいレコを楽しみにしています。
宜しくお願いします。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/18 21:46
 totokさん、コメントありがとうございます。
お心遣い、ありがとうございます。
ヤマレコ作成も、なかなか時間が
取れなくて、ずいぶん間隔があいて
しまいました。

天気も樹氷も、全く期待せずに
新調したアイゼンの
お試しも兼ねた
トレーニング登山のつもり
でしたが、まさかの好天と
樹氷のきらめきでした。

太陽の角度によって
刻々と変化する色彩を
楽しめました。
やはり山は、晴天狙いに
限りますね。
登録日: 2011/5/5
投稿数: 1765
2016/1/18 22:19
 山行再開ですね!
komakiさん、こんばんは!
ようやく気持ちも落ち着いたようで😀
鈴鹿は既に雪景色なんですね😁
静岡はまだまだでせっかく昨年購入したワカンが物置に仕舞われたままです💦
登録日: 2010/12/28
投稿数: 1744
2016/1/18 22:41
 青空に勝るものは有りません。
komakiさん 今晩は。羨ましいほどの、素晴らしい天気でしたね。
私も1日ずらせばよかったと悔やんでいます。

恒例の霧氷山行も御在所、鎌の組み合わせでより楽しまれた様子が
伝わり、安心しました。

また今年も機会を作って御一緒したいですね。
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3097
2016/1/18 23:17
 二ヶ月ぶり
komakiさん、こんばんは!

自主規制からの復活ですね。
それを祝福するかのような被写体の数々☆
何とも色彩に満ち溢れたレコ!

通常、冬山ですと色数に限りが有るのですが、流石はkomakiさん。
見事なまでのカメラワークと、コース取りでカラフルな色彩をゲット!
実に華やかです。

二ヶ月ぶりのレコで、早くも氷瀑勧賞ですか。
出だしから絶好調ですね。
心配しておりましたが、レコには上げずとも歩かれていたご様子。
一安心いたしました。

誰にも真似出来ないkomakiさんのレコ。
本年も楽しみにしております。
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1243
2016/1/19 0:11
 Komakiさん、こんばんは
 2016のスタートは、伊吹と並ぶHG鈴鹿からですね。早出での朝の景色も、樹氷も、雪景色も素晴らしい!いや、komakiさんの腕とカメラアイ eyeですかね
 標高では鈴鹿を上回る小生の地元丹沢では、日曜まで真っ黒でしたのに、深雪とまではいかないが、むむ〜、御在所〜鎌、手頃でいい雪山ですネ。特に鎌の姿がいいですね〜。行きたいな〜。
 もっとも、本日は関東平野部も今年初めての積雪で、丹沢の山々も白衣をまとったことでしょう。あー、明日休みてー!ま、通院と休日勤務で週末が潰れ、ストレスのみ積るodaxには無理ですが
 でも、今朝の積雪で鉄道が止まり、愛車ハイム君 で雪の峠越えで出勤。今シーズン初めてスタッドレスを有効活用してストレス微発散 。ちょっと恵みの雪 でした。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/19 10:32
 toshiさん、コメントありがとうございます。
ご心配頂きまして、ありがとうございます。

亡くなったのは、愛猫でして、家族同様でした。
約14年、ともに暮らしまして、家族の一員でした。
亡くなってから、毎週7日ごとの、お寺での法要が
あったので、休日でも、山に出かける時間が
取れませんでした。
toshiさんのお宅も、ご両親のご健康に
ご不安が、おありなのでしょうか。
未来永劫、末永く、ご健康で
おられるように、願っております。

写真の出来は、本当、天気によって
全然違いますね〜
晴れの日ですと、光の取り込み方
レンズ交換、フィルター交換など
楽しんで撮影できますが
日差しがないと、面倒なので
オート撮影ばかりです〜

登山は、晴天狙いに限りますね。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/19 10:41
 kameさん、コメントありがとうございます。
僕も、kameさんが登られた翌日に
登りましたが、雪と氷の化粧で
別の山みたいで、新鮮でした。
一昨年の12月にも、登ってますが
吹雪で、樹氷は、びっしりでしたが
全く展望がなかったので
冬季の御在所登山としては
久しぶりの、好条件な登山でした。

写真、おほめいただき恐縮です。
何度も登ってる山なので
撮影ポイントが、わかり易いことと
日差しと低温、空気の透明感に
恵まれまして、被写体自体の
美しさが映えて、撮影を、
楽しむことが出来ました。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/19 10:57
 tonzablowさん、コメントありがとうございます。
ずいぶん、レコの間隔が空いてしまい
申し訳ございません。

どんな山も、四季折々に、多彩な
変化を見せてくれて、登山の魅力は
尽きませんね。
標高が高く、山容の大きい山は
なおさら、季節ごとの見所が
多いですが、雪山は、リスクも
増えますので、鈴鹿、伊吹あたりが
僕には、不安なく登れる
ちょうどいい存在です。

三口谷、思ってたより、谷が深く
全く日差しが差し込まないぶん
氷の世界を堪能できました。
夏は、涼しげで、沢歩きも楽しめそう
ですね。いい登山道でした。
県境尾根に繋がる、最後の箇所が
まだ不案内なので、ぜひ今年は
踏破したく思ってます。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/19 11:09
 エルクさん、コメントありがとうございます。
職場の、欠勤者続出も一段落し
今月の後半は、振り替え休日が
多く、かなりヒマになりました
ご心配、ありがとうございます。

この週末、鈴鹿方面の天気予報は
土曜日が晴れ予報で、日曜日は
曇り予報でしたが、どうも、大はずれで
土曜日に、積雪があったようで
一晩で、雪山に変わったようです。
全く期待してなかった、青空のもとでの
樹氷、氷ばく鑑賞など、楽しめました。

関東エリアの雪、大変なようですね。
今週末、西日本は、天気がすっきり
しないままのようですが
関東エリアは、かなり好天な様子、
いよいよ、スノーシューハイクが
楽しめそうですね。うらやましいです。

本年も、こちらこそ、よろしく
お願いします。
秋の上州の山旅を、今から
心待ちにしております。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/19 11:41
 daishohさん、コメントありがとうございます。
亡くなった猫のことは、生涯、忘れることは
出来ませんが、お寺で、毎週お経を
あげていただいて、徐々に気持ちの
整理がつきまして、趣味に時間を
取れる心境に至りました。
ご配慮、ありがとうございます。

鈴鹿の山は、天気予報が大はずれで
快晴だったはずの、前日土曜日に
まとまった雪が降ったようで
雪も晴天も、全く期待して
なかったので、とても幸運でした。

ワカンが欠かせないような
ラッセルが楽しめるような
雪の量に、早くなるといいですね。
僕も、鈴鹿北部で、ワカン、
スノーシューの使える登山を
狙ってます。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/19 11:51
 onetotaniさん、コメントありがとうございます。
帰宅後、ヤマレコ拝見して、快晴だったはずの
前日土曜日が、まさかの荒天だったことを
onetotaniさんのレコで拝見しまして
驚きました。この日も、天気予報では
夕方まで、曇りの予報が、まさかの
快晴で。南岸低気圧のときの
鈴鹿の気象は、読みづらいですね。

御在所、鎌ヶ岳ともに、紅葉時期も
逃してしまい、このままですと
樹氷のタイミングも、逃して
しまいそうでしたが、思わぬ好天で
とてもラッキーでした。

こちらこそ、夏の遠征はもちろん
鈴鹿の山も、難易度の高いルートは
全く歩いたことがないので
ぜひ、ご同行の機会がありますことを
願っております。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/19 12:02
 tailwindさん、コメントありがとうございます。
八ヶ岳ブルーには、遠く及びませんが
雪山ならではの、澄んだ空気のもと
日の出直前から、刻々と変化する
山の色彩を堪能出来ました。
後半、予報どおり、日が陰ってしまい
ましたが、沢沿いの登山道は
日差しが弱くても、幽玄な感じを
楽しめました。

ヤマレコへのUPは、自主規制中は
過去に、同じ季節にUPしてる山は
今後はしなくても、いいかもと
思っておりましたが、やはり
記憶を留めておくには、便利な
システムなので、今後も
続けたいなと、改めて感じました。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/19 12:20
 odaxさん、コメントありがとうございます。
関東の、交通の混乱、大変だったようですね。
相互乗り入れしてる、交差駅など多く
一社がやりだすと、直接影響がない
他社他路線まで、混乱しちゃうんですよね。
スタッドレスが、有効活用できて
何よりです。さすが用意周到ですね。

鈴鹿の山は、冬は、北部の、
「伊吹、霊仙、藤原」区域は
冬型の影響を、まともに受けて
かなり雪があるのですが
南部は、関東平野と、同じ気象条件で
割と、晴天率が高いです。
御在所と、鎌ヶ岳も、隣接してて
二時間くらいしか、離れていないのに
天気が、ずいぶん違ったりします。
南に位置する、鎌ヶ岳のほうが
雪深かったのは、意外でした。

丹沢も、かなり雪が降ったのでは
ないでしょうか。
この週末、関東エリアだけ
晴天予報で、うらやましいです。
ぜひ、休みが取得できると
いいですね。
塔の岳を通られるのなら
猫の近況など、ぜひぜひ、よろしく
お願いします。
登録日: 2011/11/28
投稿数: 4942
2016/1/19 18:41
 komakiさん、こんばんは。
四十九日も過ぎ、新たな一年も始まり
色々な意味で落ちつかれてきましたようで。

レコを拝見いたしますと、霧氷にご来光、
大都会のビル群とどこかで見たような記憶が、、、

と思ったら昨年も今年も1月17日ですね

昨年、1月17日・18日と丹沢・蛭ヶ岳を
ご一緒させていただいたことを懐かしく
思い出しました

いよいよこれから冬の厳しさも本格化する
ようです。自然の美しい営みをkomakiさんの
レコを通じてまた堪能させていただくことを
楽しみにしております
登録日: 2013/11/24
投稿数: 406
2016/1/19 21:09
 素敵な朝も、霧氷達も美しいですね♪
komakiさん、こんばんわ!
レコ楽しみにしていました
素敵な朝の情景と、光に織りなされる色んな風景が、
なんとも美しいですね

朝、駅から見える朝焼けを見たとき、
これが山から見れたらなぁ。と考えたりしていたんです。
正にその時、御在所岳に登られていたんですね♪♪
羨ましく拝見いたしました。

夕方から急に冷え込んできて、秋冬春が混在した木々たちには、
急なこの寒さは堪えるでしょうね。
人とて同じですが、、

今年もよろしくお願いいたします
登録日: 2012/11/14
投稿数: 1564
2016/1/19 22:46
 komakiさん、久しぶりのレコ、ワクワクしながら楽しみました(^^)
komakiさん、こんばんは
久しぶりのレコ、楽しみにしてました
1枚1枚のお写真に、コメント、堪能させて頂きました。まさに光の芸術ですねぇ〜、ため息の連続でした。茜色の、朝の空気感が伝わってきます。山で迎える早朝は、格別ですね

そんな数々のお写真に、コメントから伝わってくるkomakiさんの楽しい様子が、伝わってきまして、明日会社休んで山に行きたい気持ちでいっぱいになりました 今年も素敵なレコ、たくさん楽しませてください
登録日: 2013/8/18
投稿数: 1687
2016/1/20 0:35
 レコUPなによりです
コマキさん こんにちは

コマキさんのところも年末は
大変だったようですね
同じ世代のみんなさん
いろんな事があると思いますが
ガンバッテいきましょう

で、鈴鹿もいよいよ冬山シーズンを
迎えたようですね
モルゲンロートに輝く樹氷!!!
感動ものです
この時期はとくに
「朝起きは三文の得」以上のものがありますね

この間の雪山でカゼをひいて
こじらせてるビタロでした
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/20 12:25
 naveさん、コメントありがとうございます。
逝去直後からの、多々の、的確なアドバイスと
お心遣い、ありがとうございます。
混乱した状況と気持ちの中
大変助かりました。ありがとうございます。

昨年の、冬の丹沢一泊二日の
登山は、僕にとりまして
最高クラスの、満足度の高い
登山でした。今もときどき
レコを見返しております。

おっしゃるように、ビル群の見える
方向、海も同時に眺めれる
ことなど、丹沢の夜明けを
思い浮かべました。
丹沢から望める、みなとみらい
東京都心、富士山などに比べると
スケールは、ぜんぜん違いますが。

雪山を楽しめる時期も
実質、あと、二ヶ月、天気と
休日の折り合いがいいときは
ぜひ、山に向かいたく思います。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/20 12:41
 fujimonさん、コメントありがとうございます。
レコの間隔が、ずいぶん空いてしまいまして、
申し訳ございませんでした。
年が明けて、登山は行けるようになりましたが
レコ作成の時間が、なかなか取れなくて。

山で見るご来光は、雪山が一番
映えますね。今回山肌は、樹氷の
彩りですが、アルプス高峰ですと
真っ白な雪面で、これも素晴らしい
ですよね。
今回の登山は、曇り確定の予報で
出かけましたので、まさかの好天に
テンション上がりまくりでした。

愛知県にも、ようやく初雪の
頼りがありましたね。
狂い咲きしかかった、シャクナゲなどは
無事に花をつけれるのか
心配ですが、雪不足が続いてた
近郊の山々には、積雪増は
山の保水を高めて
春以降の花シーズンを
無事に迎えるための
必須条件でもあり
ほどよい積雪増加だと、
いいなと思ってます。
本年も、こちらこそ、よろしく
お願いします。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/20 12:54
 ファンキーさん、コメントありがとうございます。
予想外の、たっぷりの日差しに恵まれまして
楽しい撮影ハイキングとなりました。
樹氷も、氷ばくも、青空バックですと
全然見栄えが違いますからね

早朝、駐車地に到着したときから
まさかの、満天の星空で、
ご来光撮影を狙うこととしました。
山で見るご来光は、空の大きさが
下界で見る夜明けとは、ぜんぜん
違いますね。とくに、日が昇る
直前の、いろんな色彩が混ざり合う
タイミングは、大好きであります。

今回、沢沿いの道を歩いて
凍った滝、水の流れてる滝などを
見ながら、ファンキーさんなら
もっと上手く、撮影されるんだろうなと
想像しながら歩いてました。
僕は、ポイントをどこに当てるのか
なかなか、コツがつかめずに
おります。
今年も、水のある風景だけじゃなく
全てにおいて、完成度の高い
ファンキーさんのレコを
こちらこそ、お待ちしております。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/20 13:03
 ビタロさん、コメントありがとうございます。
約15年、ともに暮らしたネコが
昨年亡くなりました。
人間でいいますと、赤ちゃんが
高校生になる期間でありまして。
今後、我々の世代ですと、大事な関係が
ゆっくりと、一つずつ、欠けて
ゆくのでしょうか。
未来永劫、全員健康で長生きが
理想なんですけどね。

雪がない、しかも、樹氷も
なかなか付かないといった
全く見所もない、鈴鹿の山の
状況が続いてましたが
しばらくは、しっかりした
雪山が楽しめそうですね。
登山的には、降雪後、数日置いた
晴天日が、理想の日なのですが
なんと、まだ一週間くらい
寒波が続くようで。
ぜひ、それまでに、体調が
ご回復されますように!!
登録日: 2011/10/9
投稿数: 1193
2016/1/20 22:50
 komakiワールド再開♪
komakiさん、こんばんは!

周回遅れの遅コメ失礼致します
愛猫との別れ、そして業務多忙とのことで暫くお目にかかれなかったkomakiさんのレコ。再開できて良かったですね
我家にもちょうど15年連れそう猫がおります。
野良ちゃんだったのが居ついて、今や家族の立派な一員
御心痛お察し致します。

モノトーンの世界ばかりかと思えば、しっかり春をゲット!
相変わらずkomakiさんの世界ですね〜

関東も月曜に思いがけない大雪。我家のあたりも15センチぐらい降りました。そして今日も朝から何と雪が
どうやら冬型が強く雲が流れて来たようです。

週末晴れたらアイゼンの錆落しで近場の低山散歩をしようと思ってましたが、また雪のようです。

お疲れ様でした
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/21 5:47
 teru-3さん、コメントありがとうございます。
周回遅れなんて、とんでもございません。
本年も、こちらこそ、よろしくお願い
します。
teru-3さんのお宅の、愛猫ちゃん
15歳になられるんですね。
かけがえない、家族の一員ですよね。
これからも、ずっと、ご長寿で
長生きされることを、願ってやみません。

樹氷と氷ばくの世界かと思いきや
早くも梅、ロウバイ、さらに、アセビまで
咲いていまして、春の兆しも
感じ取れました。
雪山から下ったときに、春の花を
見かけますと、ほっとした気持ちに
なれますね。

関東南部、日曜日は意外と
天気よろしい様子だったはずが
さらに強い寒気が入りそうで。
なかなか、休日と天気の組み合わせは
難しいですね。
登録日: 2012/2/4
投稿数: 2981
2016/1/23 8:53
 遅ればせながら、今年も宜しくお願いします。
komakiさん、おはようございます。

久々のkomakiレポート お待ちしておりました。
相方と二人「冬の御在所岳、鎌ヶ岳にはこんな素敵な見所があるんやね」なんて話しながら♪^^)^^)/

毎回の事ですが、心・技・体のバランスの素晴らしさに圧倒されてしまいました。
対象物の本質を見抜く心、特質の上に選び抜かれた写真に鍛え上げた登山力があるからこその魅力だと思っております。
そしてたえず新しい事にチャレンジする姿勢にも敬服いたします。
爺さん婆さん'sは同じ事の繰り返しばかりです(笑)

2016年もさらなる期待と羨望を持って拝見させていただきます
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/1/23 19:03
 ponzuさん、コメントありがとうございます。
山頂まで、ロープウェイで行けてしまい
数々の、人工物が多い、御在所岳は
観光地っぽく見られがちですが
自分が思いますに、ルートも多岐に
富んでいて、また、難易度も程よく
お手軽に楽しめる、いい山だと
思ってます。
1座だけでも、けっこう、運動量的には
満足できるかと思いますが
2座周回は、登山道も、様々に
変化し、また、達成感が、心地よいです。

約、2ヶ月、短時間の里山トレーニングすら
遠ざかってて、体力、気持ちの粘り強さが
心配でしたが、この日このときの
山からもらえた、爽快感は素晴らしく
ハイキングの、楽しさを、改めて
感じましたし、それほど衰えてない
気力、体力にも、安心しました。

遅ればせながら、本年も、こちらこそ
どうぞ、よろしくお願いします。
本年は、読書にも、目標を
立ててまして、先日、ponzuさんに
お勧めいただいた書籍に加えて
「長編大作」に挑戦して、
登山での、気持ちの粘り強さ、
忍耐力に繋がればと思ってます。
現在は、大変遅ればせながら
「青春の門」、全7巻が、高く
積みあがった状態見てると、
クラクラして、まるで高い山に
上る前の心境に似てます〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ