ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 798831 全員に公開 ハイキング房総・三浦

鋸山【浜金谷駅→鋸山→江月水仙ロード→保田駅】

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー SuSE
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
1時間8分
合計
5時間48分
S浜金谷駅09:4709:57自然歩道・車力道分岐 下部09:5810:11観月台10:1210:35地獄のぞき11:0611:13石切場跡11:2111:23東京湾を望む展望台11:3611:53鋸山11:5612:07鋸山東の肩12:24鋸山林道口13:29保田駅14:21江月山頂14:3215:34保田駅15:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

■写真1 - 浜金谷駅
特急さざなみで優雅に降り立ちます。
駅前から鋸山の全容とか気が利いてますね。
2016年01月17日 09:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真1 - 浜金谷駅
特急さざなみで優雅に降り立ちます。
駅前から鋸山の全容とか気が利いてますね。
■写真2
地図によると左側が車力道。
真ん中の階段が関東ふれあいの道です。
2016年01月17日 09:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真2
地図によると左側が車力道。
真ん中の階段が関東ふれあいの道です。
■写真3 - 観月台
江戸時代は月見が盛んに行われたのだろうか。
彼方に見える駅から意外と歩いてきたものです。
2016年01月17日 10:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真3 - 観月台
江戸時代は月見が盛んに行われたのだろうか。
彼方に見える駅から意外と歩いてきたものです。
■写真4 - 観月台
そして、近付くに連れて山肌が顕になる鋸山。
まるで要塞のように聳えています。
2016年01月17日 10:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真4 - 観月台
そして、近付くに連れて山肌が顕になる鋸山。
まるで要塞のように聳えています。
1
■写真5
ルートは全般的によく整備されています。
山道も多いのでスニーカーより登山靴を。
2016年01月17日 10:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真5
ルートは全般的によく整備されています。
山道も多いのでスニーカーより登山靴を。
■写真6
もはや芸術の域に達したか。
この切り方に意味があるとは思えません。
2016年01月17日 10:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真6
もはや芸術の域に達したか。
この切り方に意味があるとは思えません。
2
■写真7
地獄のぞきは600円が必要です。
興味がなければ登ってくる必要はないかと。
2016年01月17日 10:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真7
地獄のぞきは600円が必要です。
興味がなければ登ってくる必要はないかと。
1
■写真8
アオジ?
緑がかった雀のような身体でした。
2016年01月17日 10:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真8
アオジ?
緑がかった雀のような身体でした。
1
■写真9
地獄を覗くというより、地獄から覗くというか。
悪趣味な残し方をしたものです。
2016年01月17日 10:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真9
地獄を覗くというより、地獄から覗くというか。
悪趣味な残し方をしたものです。
3
■写真10 - 地獄のぞき
実際に行ってみると、手摺りのお陰か恐怖感ないです。
風の通り道で、長居はできそうにない寒さ…。
2016年01月17日 10:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真10 - 地獄のぞき
実際に行ってみると、手摺りのお陰か恐怖感ないです。
風の通り道で、長居はできそうにない寒さ…。
1
■写真11 - 地獄のぞき
流石に眺望は良いです。
ロープウェイで登れば、よりお手軽に楽しめますね。
2016年01月17日 10:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真11 - 地獄のぞき
流石に眺望は良いです。
ロープウェイで登れば、よりお手軽に楽しめますね。
■写真12 - 地獄のぞき
東方の展望台のさらに奥には地球が丸く見える展望台。
縦走路は無いようで、仕方なく戻ります。
2016年01月17日 10:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真12 - 地獄のぞき
東方の展望台のさらに奥には地球が丸く見える展望台。
縦走路は無いようで、仕方なく戻ります。
■写真13
登りはキツく、下りもキツく。
あ、日本一大きな大仏は時間の都合でスルーしました。
2016年01月17日 11:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真13
登りはキツく、下りもキツく。
あ、日本一大きな大仏は時間の都合でスルーしました。
1
■写真14 - 石切り場跡
端正な大仏よりも、無骨な山肌の方が興味を惹きます。
和製なラピュタの世界ですね。
2016年01月17日 11:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真14 - 石切り場跡
端正な大仏よりも、無骨な山肌の方が興味を惹きます。
和製なラピュタの世界ですね。
3
■写真15 - 石切り場跡
切り出した石を運搬する機材が今なお残ります。
昭和後期に採石は終わりました。
2016年01月17日 11:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真15 - 石切り場跡
切り出した石を運搬する機材が今なお残ります。
昭和後期に採石は終わりました。
2
■写真16
どう見ても遊び心があったとしか。
まるで巨大なジェンガを見上げているようです。
2016年01月17日 11:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真16
どう見ても遊び心があったとしか。
まるで巨大なジェンガを見上げているようです。
2
■写真17
切り崩して…積み上げて?
神殿でも築きたかったのでしょうか。
2016年01月17日 11:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真17
切り崩して…積み上げて?
神殿でも築きたかったのでしょうか。
1
■写真18
展望台の直下は急峻な階段が続きます。
頑丈な手摺りを頼れば、意外とすんなり登れそう。
2016年01月17日 11:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真18
展望台の直下は急峻な階段が続きます。
頑丈な手摺りを頼れば、意外とすんなり登れそう。
1
■写真19 - 地球が丸く見える展望台
タイミング悪くランチタイムに来てしまったか。
どマイナーな山と思いきや、ツアー客で賑わっていました。
2016年01月17日 11:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真19 - 地球が丸く見える展望台
タイミング悪くランチタイムに来てしまったか。
どマイナーな山と思いきや、ツアー客で賑わっていました。
1
■写真20 - 地球が丸く見える展望台
左側に地獄のぞき、右側に浜金谷駅が見えます。
地獄のぞきから稜線沿いのルートは無い模様。
2016年01月17日 11:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真20 - 地球が丸く見える展望台
左側に地獄のぞき、右側に浜金谷駅が見えます。
地獄のぞきから稜線沿いのルートは無い模様。
1
■写真21 - 地球が丸く見える展望台
生憎の天気で、水平線と空の境界が曖昧ですが。
こんな近くに海が迫る山は珍しいですよね。
2016年01月17日 11:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真21 - 地球が丸く見える展望台
生憎の天気で、水平線と空の境界が曖昧ですが。
こんな近くに海が迫る山は珍しいですよね。
1
■写真22 - 鋸山
そして地味な山頂へと至ります。
この山のピークはオマケのようなもの。
2016年01月17日 11:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真22 - 鋸山
そして地味な山頂へと至ります。
この山のピークはオマケのようなもの。
1
■写真23
林道口方面に進むと、途端に静かになります。
ほとんどは鋸山でピストンするようですね。
2016年01月17日 12:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真23
林道口方面に進むと、途端に静かになります。
ほとんどは鋸山でピストンするようですね。
■写真24 - 東の肩
安兵衛井戸・沢コースは危険の張り紙。
林道口方面へ縦走を続けます。
2016年01月17日 12:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真24 - 東の肩
安兵衛井戸・沢コースは危険の張り紙。
林道口方面へ縦走を続けます。
■写真25
何やら大掛かりな囲いを作っています。
時代劇のセットでしょうか。籠城シーンみたいな。
2016年01月17日 12:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真25
何やら大掛かりな囲いを作っています。
時代劇のセットでしょうか。籠城シーンみたいな。
2
■写真26
一瞬だけ開けた稜線。
基本は樹林帯なので、空が見えると気持ちいいです。
2016年01月17日 12:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真26
一瞬だけ開けた稜線。
基本は樹林帯なので、空が見えると気持ちいいです。
■写真27 - 林道口
鋸山の山頂から、わずか30分。
大して標高を吐き出さないまま林道に出ます。
2016年01月17日 12:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真27 - 林道口
鋸山の山頂から、わずか30分。
大して標高を吐き出さないまま林道に出ます。
■写真28
引き続き郡界尾根を攻める方は左折。
青い小さな指導標が足元に建っています。
2016年01月17日 12:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真28
引き続き郡界尾根を攻める方は左折。
青い小さな指導標が足元に建っています。
■写真29
道端に普通に群生する水仙…。
あれ、水仙ロードとか行かなくても楽しめちゃう?
2016年01月17日 13:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真29
道端に普通に群生する水仙…。
あれ、水仙ロードとか行かなくても楽しめちゃう?
6
■写真30
まさかのアザミ。
強い個体は枯れずに花を咲かせ続けるようです。
2016年01月17日 13:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真30
まさかのアザミ。
強い個体は枯れずに花を咲かせ続けるようです。
2
■写真31
恐らく椿。
よく山茶花と混同してしまいます。
2016年01月17日 13:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真31
恐らく椿。
よく山茶花と混同してしまいます。
3
■写真32
1日中、空を舞っていたのはトビ。
海が近いからか、群れを成しています。
2016年01月17日 13:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真32
1日中、空を舞っていたのはトビ。
海が近いからか、群れを成しています。
1
■写真33 - 保田駅
指導標が多く迷わず着けました。
ここから江月水仙ロードを目指します。
2016年01月17日 13:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真33 - 保田駅
指導標が多く迷わず着けました。
ここから江月水仙ロードを目指します。
1
■写真34
これは冬に咲く桜?
比較的暖かい房総は植生が豊かです。
2016年01月17日 13:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真34
これは冬に咲く桜?
比較的暖かい房総は植生が豊かです。
■写真35
こちらは梅。
早咲きの個体はポツポツと咲き始めました。
2016年01月17日 13:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真35
こちらは梅。
早咲きの個体はポツポツと咲き始めました。
■写真36
道路脇で健気に咲き乱れる水仙。
お花畑もありましたが、基本は道路脇です。
2016年01月17日 13:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真36
道路脇で健気に咲き乱れる水仙。
お花畑もありましたが、基本は道路脇です。
4
■写真37
同時期に咲く菜の花を背景に。
どちらも派手さはなく、慎ましく咲く様も良いものです。
2016年01月17日 13:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真37
同時期に咲く菜の花を背景に。
どちらも派手さはなく、慎ましく咲く様も良いものです。
6
■写真38
アングルを狙わないと、たくさん咲いてる様になりません。
水仙の香りって、蚊取り線香に感じるのは自分だけ?
2016年01月17日 14:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真38
アングルを狙わないと、たくさん咲いてる様になりません。
水仙の香りって、蚊取り線香に感じるのは自分だけ?
3
■写真39 - 江月山
小雨の降る中、終点の江月山に着きました。
更に進むと勝山駅へと下りられるようです。
2016年01月17日 14:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真39 - 江月山
小雨の降る中、終点の江月山に着きました。
更に進むと勝山駅へと下りられるようです。
■写真40 - 江月山
振り返って、山間の静かな集落。
水仙は、こんな感じに無造作に咲いています。
2016年01月17日 14:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真40 - 江月山
振り返って、山間の静かな集落。
水仙は、こんな感じに無造作に咲いています。
■写真41
たくさん咲いていた場所も、立ち入っていいのか分からず。
指導標が無かったので、踏み入るのは止めました。
2016年01月17日 14:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真41
たくさん咲いていた場所も、立ち入っていいのか分からず。
指導標が無かったので、踏み入るのは止めました。
2
■写真42
この様相、まさにホワッツマイケル。
優しい表情なので野良ではなさそう。
2016年01月17日 15:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真42
この様相、まさにホワッツマイケル。
優しい表情なので野良ではなさそう。
2
■写真43 - 保田駅
ばんやに寄りたかったのですが、特急と時間が合わず。
徒歩7分ほどのコンビニで我慢しました。
2016年01月17日 15:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真43 - 保田駅
ばんやに寄りたかったのですが、特急と時間が合わず。
徒歩7分ほどのコンビニで我慢しました。
1
撮影機材:

感想/記録
by SuSE

パッとしない天気の日曜日。
しかも夕方から雨予報もきたもんだ。

こんな日は花を愛でるハイキングに限ります。
眺望が微妙でも、お目当は逃げませんから。

ただ、暖冬の影響か開花時期が異様に早い模様。
計画の際には開花情報のチェックをお勧めします。


■浜金谷駅→日本寺→石切り場跡→鋸山
今回は特急さざなみを往復利用する前提です。
朝夕に運行しているので、利用しない手はありません。

関東ふれあいの道26「東京湾を望むみち」を辿るので、指導標は充分です。
山と高原地図には未掲載のエリアなので、地図はネットか現地で入手しておきましょう。

市街地を抜けると自然歩道・車力道の分岐に出ます。
縦走なら展望もあり日本寺にも立ち寄れる自然歩道ルートが良さそうです。

いきなり階段で気が滅入りますが、階段地獄の序章に過ぎません。
鋸山は切り立った崖状の山なので、登山道は至る所が階段だらけになっています。

地獄のぞき→石切り場跡→地球が丸く見える展望台→鋸山の順で巡ります。
地獄のぞきは日本寺の敷地内にあるので、拝観料600円が必要です。

稜線沿いに登山道はないらしく、日本寺から分岐まで戻って石切り場跡を目指します。
切り出された跡が残る山肌から、ホントに岩で出来た山だと知ることが出来ます。

地球が丸く見える展望台の直下は、急峻な階段を登ります。
距離は長くないので、無理しなければ一息で登れる程度でしょう。

お昼どきの展望台は絶好のランチスポット。
上空ではトビが餌を狙っているので、お弁当から目を離さないように。

鋸山は申し訳程度に展望が開けた、ひっそりと佇む感じの山頂。
正式には乾坤山(けんこんざん)と言うようで、日本寺の山号として残っています。


■鋸山→林道口→保田駅→江月山→保田駅
関東ふれあいの道は、縦走するように林道口まで伸びています。
駅まで長い林道歩きか…と思うと気が滅入りますが。

しかし、引き返すほうがつまらないので進みます。
ピストンする人が多いようで、林道口までは一気に静かになります。

踏み跡は明瞭で迷う要素はありません。稜線伝いですし。
指導標は駅まで丁寧に案内してくれるので、市街地でも迷いません。

保田駅でゴールとせずに、そのまま進んで江月水仙ロードを目指します。
序盤の指導標が分かりづらいか。保田橋さえ越えなければ大丈夫です。

水仙ロードは観光地的な要素は殆ど無く、のどかな舗装路歩きです。
道の両側に水仙が無造作に群れていますが…自然増殖?

今シーズンは開花時期が大幅に早く、すでに終わりかけでした。
終点の江月山頂で折り返して、保田駅へと戻りました。
訪問者数:382人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ