ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 798946 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

水引入道〜馬ノ神岳

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー Luske
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白石スキー場の駐車場を利用。
スキー場は営業中。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間58分
休憩
12分
合計
6時間10分
S白石スキー場08:3812:02水引入道12:1212:58馬ノ神岳13:0014:22ジャンボリーコース登山口14:48白石スキー場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
先週に纏まった降雪があったようで、だいぶ雪が増えてきた。
薮や灌木が埋まった事で冬期ルートも歩ける状態だったが、
麓側では軽い薮漕ぎになるので、もう一降り欲しいところ。
ルート上の危険個所は、水引入道から馬ノ神岳への下降。
等高線幅からも判るように、かなりの急斜面。
雪壁は無いので三点確保で下れるが、下降ルートを慎重に選ばないと途中で詰むかも。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

白石スキー場を出発し、神嶺林道を進む。
2016年01月17日 08:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白石スキー場を出発し、神嶺林道を進む。
3
コガ沢。
例年の今頃であれば、雪ですっかり埋まっている筈だが、まだ水流が見えている。
2016年01月17日 08:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コガ沢。
例年の今頃であれば、雪ですっかり埋まっている筈だが、まだ水流が見えている。
1
林道歩きをショートカットし、水引入道へ向かう。
まだ雪が少なく、笹薮が埋まりきっていない。
2016年01月17日 09:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道歩きをショートカットし、水引入道へ向かう。
まだ雪が少なく、笹薮が埋まりきっていない。
1
霞む森。
小雪が降っている。
2016年01月17日 09:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞む森。
小雪が降っている。
3
地形は狭まり、尾根型になってきた。
2016年01月17日 10:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形は狭まり、尾根型になってきた。
2
不忘山が見えたが、すぐに雲で隠れてしまった。
2016年01月17日 11:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不忘山が見えたが、すぐに雲で隠れてしまった。
5
麓側は晴れてるんだけどね・・・
2016年01月17日 11:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓側は晴れてるんだけどね・・・
1
水引入道が見えてきた。
2016年01月17日 11:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水引入道が見えてきた。
10
左の尾根に移る。
2016年01月17日 11:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の尾根に移る。
3
雪原状の開放感がある尾根。
2016年01月17日 11:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪原状の開放感がある尾根。
15
樹氷っぽい樹木。
条件が揃えば、水引入道付近でも樹氷が出来るのかもしれない。
2016年01月17日 11:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷っぽい樹木。
条件が揃えば、水引入道付近でも樹氷が出来るのかもしれない。
11
水引入道に到着。
2016年01月17日 12:02撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水引入道に到着。
6
束の間の太陽。
2016年01月17日 12:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
束の間の太陽。
4
山頂周辺が明るくなった。
2016年01月17日 12:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂周辺が明るくなった。
15
しかし、稜線上は…
雲で隠れて屏風岳は見えず。
稜線歩きは止めておくか。
2016年01月17日 12:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、稜線上は…
雲で隠れて屏風岳は見えず。
稜線歩きは止めておくか。
8
馬ノ神岳はハッキリ見える。
屏風岳では無く、こちらへ行きたくなった。
2016年01月17日 12:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ神岳はハッキリ見える。
屏風岳では無く、こちらへ行きたくなった。
19
水引入道を下降し、馬ノ神岳へ向かう。
2016年01月17日 12:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水引入道を下降し、馬ノ神岳へ向かう。
8
後烏帽子岳と馬ノ神岳
2016年01月17日 12:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後烏帽子岳と馬ノ神岳
11
振り返って水引入道を眺める。
上部の傾斜が、かなり急。
この下降は結構怖い。
2016年01月17日 12:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って水引入道を眺める。
上部の傾斜が、かなり急。
この下降は結構怖い。
5
馬ノ神岳へ続く尾根。
雪原状で気持ちの良い尾根だ。
2016年01月17日 12:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ神岳へ続く尾根。
雪原状で気持ちの良い尾根だ。
9
馬ノ神岳が見えてきた。
2016年01月17日 12:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ神岳が見えてきた。
5
この辺が山頂のはずだが…
山頂板が見当たらない。
2016年01月17日 12:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺が山頂のはずだが…
山頂板が見当たらない。
13
少し捜索すると、山頂板を発見した。
地形図P1551と同位置に設置してあった。
2016年01月17日 12:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し捜索すると、山頂板を発見した。
地形図P1551と同位置に設置してあった。
11
馬ノ神岳を後にし、下山する。
2016年01月17日 13:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ神岳を後にし、下山する。
3
ナイフリッジ(笑)
滑落危険なし。
2016年01月17日 13:02撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ(笑)
滑落危険なし。
8
後烏帽子岳と前烏帽子岳
2016年01月17日 13:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後烏帽子岳と前烏帽子岳
8
登山道は無い尾根だが、尾根上に樹木が無く歩きやすい。
2016年01月17日 13:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は無い尾根だが、尾根上に樹木が無く歩きやすい。
9
雪庇っぽくなっている。
トレース付けるのが勿体ない。
2016年01月17日 13:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇っぽくなっている。
トレース付けるのが勿体ない。
11
盛大に崩してしまったが・・・
「雪庇は滅びぬ!何度でも蘇るさ!」
byルスケ大佐
2016年01月17日 13:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
盛大に崩してしまったが・・・
「雪庇は滅びぬ!何度でも蘇るさ!」
byルスケ大佐
12
振り返り、歩いてきた尾根を眺める。
我ながら、良いトレースラインだと思う。
2016年01月17日 13:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り、歩いてきた尾根を眺める。
我ながら、良いトレースラインだと思う。
19
なぜ曲がったし。
2016年01月17日 13:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜ曲がったし。
8
途中で尾根を外れ、林道方面へ下る。
尾根を外れるポイントが判りにくい。
2016年01月17日 13:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で尾根を外れ、林道方面へ下る。
尾根を外れるポイントが判りにくい。
下るにつれて、薮が目立ってきた。
もう少し雪が付いた方が快適に歩けそう。
2016年01月17日 13:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下るにつれて、薮が目立ってきた。
もう少し雪が付いた方が快適に歩けそう。
神嶺林道まで下山。
2016年01月17日 14:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神嶺林道まで下山。
1
あとは林道を歩いてスキー場へ帰る。
2016年01月17日 14:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは林道を歩いてスキー場へ帰る。
2
遠刈田温泉から眺める南蔵王。
明日からは大荒れになるそうだ。
次に訪れる時は、猛ラッセルになるか?
2016年01月17日 16:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠刈田温泉から眺める南蔵王。
明日からは大荒れになるそうだ。
次に訪れる時は、猛ラッセルになるか?
10

感想/記録
by Luske

先週は、まとまった雪が降ったようである。
白石スキー場は営業を開始し、南蔵王もようやく冬山らしくなってきた。
スキー場周辺や神嶺林道は、まだ雪が少ない状態ではあるが、山の上は雪量十分。
水引入道まではラッセルが続き、山頂周辺には例年通りの雪景色が広がっていた。
雪不足を感じさせない、真っ白な水引入道。
その山頂に立ち、南蔵王東面を眺めてみるが…
雲で隠れて屏風岳は見えず。
これもまた、例年通りの光景か。

冬に稜線上が晴れる事は稀である。
もし晴れれば、稜線上に登って屏風岳へ行ってみるつもりだったが…
この様子では、行く価値はあまり無さそうである。
ふと、馬ノ神岳方面を眺めると、そちらは雲に覆われておらず、
真っ白な尾根筋が明瞭に見えていた。
馬ノ神岳は登山道が無い山だが、あれだけ雪が積もっていれば、もう歩けそうだ。
行き先、変更。
屏風岳は止めて、馬ノ神岳に行く事にした。

水引入道の北面を慎重にクライムダウンし、コルへと降り立つ。
山頂へと続く尾根上には、藪や灌木はもう見えず、真っ白な雪原が続いている。
雪は深いが、気分は明るい。
曇天の稜線とは対称的な、晴天の空が馬ノ神岳方面に広がっていた。
訪問者数:459人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 雪庇 ナイフリッジ コル 滑落
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ