ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 798947 全員に公開 ハイキング京都・北摂

音羽山周辺からの展望求め(大谷〜醍醐)

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー nack74_sg
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間2分
休憩
59分
合計
5時間1分
S東海自然歩道歩道橋08:1009:28音羽山新展望ポイント109:30音羽山10:1410:16音羽山新展望ポイント110:29パノラマ台10:3810:50牛尾観音(牛尾山法厳寺)10:5511:00桜の馬場11:0112:17横峰峠13:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大谷駅近くの東海自然歩道橋はまだ通行止めですので
迂回路から入って後に合流。
(間違えましたが…)

桜の馬場から高塚山方面は
一昨年の台風の影響で倒木などの荒れ道に
なっているので注意。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

JR山科駅からの音羽山
丁度陽と山頂付近が重なって吉兆?
2016年01月17日 07:54撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR山科駅からの音羽山
丁度陽と山頂付近が重なって吉兆?
3
京津線に乗り換え大谷駅下車。
安心してください。真っ直ぐです。
(急勾配上の駅)
2016年01月17日 08:06撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京津線に乗り換え大谷駅下車。
安心してください。真っ直ぐです。
(急勾配上の駅)
3
蝉丸神社。
蝉丸大神は音曲を始めとする
諸芸道の祖神だとか。
2016年01月17日 08:09撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝉丸神社。
蝉丸大神は音曲を始めとする
諸芸道の祖神だとか。
3
先の歩道橋が通れないので
横断歩道の信号でR1を渡り
しばし右へ。
2016年01月17日 08:11撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先の歩道橋が通れないので
横断歩道の信号でR1を渡り
しばし右へ。
3
うなぎのぼり
2016年01月17日 08:12撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うなぎのぼり
2
少し登った所を
鋭角に入って行きます。
「逢坂山見張所」なる建物。
2016年01月17日 08:13撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登った所を
鋭角に入って行きます。
「逢坂山見張所」なる建物。
3
大活躍の発泡トレー。
実はここで間違えたようで…
2016年01月17日 08:15撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大活躍の発泡トレー。
実はここで間違えたようで…
4
だんだん先細っていく道。
正規ルートは左手なので
意を決して急斜面を登る。
2016年01月17日 08:22撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん先細っていく道。
正規ルートは左手なので
意を決して急斜面を登る。
2
漸く登りきったところが
東海自然歩道の正規ルート。
闇雲に体力消費…
2016年01月17日 08:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漸く登りきったところが
東海自然歩道の正規ルート。
闇雲に体力消費…
4
ややなだらかな登りを
少し行くと休憩所。
息を整えます。
2016年01月17日 08:36撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ややなだらかな登りを
少し行くと休憩所。
息を整えます。
3
ここからは長い階段。
一気に標高を稼ぎに。
2016年01月17日 08:50撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは長い階段。
一気に標高を稼ぎに。
4
本当に長い…w
2016年01月17日 08:58撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に長い…w
3
階段を登りきった所に
北方面に展望。
比叡山がくっきりと。
2016年01月17日 09:04撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を登りきった所に
北方面に展望。
比叡山がくっきりと。
3
しばらくNTT巡回路と並行。
2016年01月17日 09:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくNTT巡回路と並行。
2
ちょくちょくお目にかかる
マスコットキャラ?
2016年01月17日 09:11撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょくちょくお目にかかる
マスコットキャラ?
2
琵琶湖も湖北方面まで臨める場所に。
もう少しで頂上。
2016年01月17日 09:14撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖も湖北方面まで臨める場所に。
もう少しで頂上。
5
頂上手前の広場。
右に少し行けば展望所のはず。
2016年01月17日 09:30撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上手前の広場。
右に少し行けば展望所のはず。
4
山頂には送電塔。
ジリジリいうてますw
2016年01月17日 09:31撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には送電塔。
ジリジリいうてますw
2
【音羽山山頂より】
北方面パノラマ。
如意が岳・比叡山を挟んで
大津・京都。
2016年01月17日 09:32撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【音羽山山頂より】
北方面パノラマ。
如意が岳・比叡山を挟んで
大津・京都。
4
【音羽山山頂より】
西は手前に山科盆地、
東山を挟んで京都盆地全容。
2016年01月17日 09:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【音羽山山頂より】
西は手前に山科盆地、
東山を挟んで京都盆地全容。
5
【音羽山山頂より】
靄がかかってて視界はそれほどでしたが
凝らせばみえた六甲山、1.17。
2016年01月17日 09:56撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【音羽山山頂より】
靄がかかってて視界はそれほどでしたが
凝らせばみえた六甲山、1.17。
4
【音羽山山頂より】
山頂真下を通るトンネルから出てきた
東海道新幹線。
東山をくぐればすぐ京都駅。
2016年01月17日 09:46撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【音羽山山頂より】
山頂真下を通るトンネルから出てきた
東海道新幹線。
東山をくぐればすぐ京都駅。
4
【音羽山山頂より】
手前は山科駅辺り、
将軍塚を越え、御所なども見える洛中、
奥は愛宕山・地蔵山。
2016年01月17日 09:43撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【音羽山山頂より】
手前は山科駅辺り、
将軍塚を越え、御所なども見える洛中、
奥は愛宕山・地蔵山。
5
【音羽山山頂より】
北に目線。
西大津の向こうは
雲が湧く蓬莱山・打見山などの比良山系。
2016年01月17日 09:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【音羽山山頂より】
北に目線。
西大津の向こうは
雲が湧く蓬莱山・打見山などの比良山系。
4
【音羽山山頂より】
湖北方面。
中央は金糞岳。
ここまでは肉眼で見えましたが、
補正を行うと左後方に真っ白な加賀白山が!!
ギリギリですが京都市内から
白山を撮影できたのは素直に嬉しいです。
2016年01月17日 10:01撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【音羽山山頂より】
湖北方面。
中央は金糞岳。
ここまでは肉眼で見えましたが、
補正を行うと左後方に真っ白な加賀白山が!!
ギリギリですが京都市内から
白山を撮影できたのは素直に嬉しいです。
7
元の広場から少し南へ下ると
木々の間から東方向の展望も。
鈴鹿山脈もよく見えました。
山頂付近にわずかな雪の霊仙山。
2016年01月17日 10:20撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元の広場から少し南へ下ると
木々の間から東方向の展望も。
鈴鹿山脈もよく見えました。
山頂付近にわずかな雪の霊仙山。
6
近江大橋・三上山の奥は
御池岳。
2016年01月17日 10:18撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近江大橋・三上山の奥は
御池岳。
6
右から
鎌ヶ岳・綿向山・雨乞岳。
2016年01月17日 10:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から
鎌ヶ岳・綿向山・雨乞岳。
4
とりあえず牛尾観音へ向かいますが
まずパノラマ台なるところへ。
2016年01月17日 10:27撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず牛尾観音へ向かいますが
まずパノラマ台なるところへ。
4
この上がパノラマ台ですが
木々がが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この上がパノラマ台ですが
木々がが…
2
展望は北東方面のみ。
2016年01月17日 10:33撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は北東方面のみ。
5
ただここからは
美しい伊吹山が望めました。
2016年01月17日 10:33撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただここからは
美しい伊吹山が望めました。
5
牛尾観音へ急ぐ途中、
送電線の先は千頭岳、
もしくは西千頭岳でしょうか。
2016年01月17日 10:45撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛尾観音へ急ぐ途中、
送電線の先は千頭岳、
もしくは西千頭岳でしょうか。
2
階段を下りつつ
見えてきた牛尾観音。
2016年01月17日 10:54撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を下りつつ
見えてきた牛尾観音。
3
こじんまりとしてましたが
何とも言えない佇まい。
2016年01月17日 10:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こじんまりとしてましたが
何とも言えない佇まい。
4
桜の馬場方面へ
階段で一気に下ります。
2016年01月17日 10:56撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜の馬場方面へ
階段で一気に下ります。
3
一昨年の台風の影響でしょうか、
この辺りの竹やぶも荒れてました。
2016年01月17日 10:58撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一昨年の台風の影響でしょうか、
この辺りの竹やぶも荒れてました。
2
桜の馬場。
2016年01月17日 11:02撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜の馬場。
3
当初は真っ直ぐ行って
小山に抜けるルートを考えてましたが
時間にやや余裕があるので
左折して醍醐を目指します。
2016年01月17日 11:03撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初は真っ直ぐ行って
小山に抜けるルートを考えてましたが
時間にやや余裕があるので
左折して醍醐を目指します。
3
例の台風の影響での荒れ具合、
なかなか手付かずなのでしょうか…
2016年01月17日 11:05撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例の台風の影響での荒れ具合、
なかなか手付かずなのでしょうか…
1
とにかく倒木が多かったです。
2016年01月17日 11:06撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく倒木が多かったです。
1
沢を登るルートになります。
2016年01月17日 11:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を登るルートになります。
1
車道下のガードをくぐる前に
渡る橋ですが…
2016年01月17日 11:14撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道下のガードをくぐる前に
渡る橋ですが…
3
ミシミシ云うてます。
アカンやつや。
2016年01月17日 11:14撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミシミシ云うてます。
アカンやつや。
2
ルートはそれ程迷わない程度に
道標が出てました。
高塚山への分岐ですが
この日は寄らずに直進。
2016年01月17日 11:38撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートはそれ程迷わない程度に
道標が出てました。
高塚山への分岐ですが
この日は寄らずに直進。
3
心地よい尾根道。
2016年01月17日 11:41撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心地よい尾根道。
4
しばらく行くと
車道に出ます。
ここからはアスファルト道。
2016年01月17日 11:43撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行くと
車道に出ます。
ここからはアスファルト道。
2
目の前が開けると醍醐山。
生駒山もうっすらと。
2016年01月17日 11:48撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前が開けると醍醐山。
生駒山もうっすらと。
4
車道の脇から少し入ったところに
展望地。
南から北西まで一望です。
視界は落ちましたが…
2016年01月17日 11:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道の脇から少し入ったところに
展望地。
南から北西まで一望です。
視界は落ちましたが…
4
宇治川の流れは
淀・男山・天王山を越えて
大阪方面へ。
2016年01月17日 12:05撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇治川の流れは
淀・男山・天王山を越えて
大阪方面へ。
3
慣れ親しんだ桃山丘陵、
伏見の街。
2016年01月17日 12:09撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慣れ親しんだ桃山丘陵、
伏見の街。
3
横嶺峠。
真っ直ぐ階段を上がれば
醍醐山山頂ですが
寄らずに右へ。
醍醐寺へ下ります。
2016年01月17日 12:18撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横嶺峠。
真っ直ぐ階段を上がれば
醍醐山山頂ですが
寄らずに右へ。
醍醐寺へ下ります。
3
ただただ単調な下り。
2016年01月17日 12:26撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただただ単調な下り。
1
それ程急ではないですが
少し足首に疲れが。
2016年01月17日 12:44撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それ程急ではないですが
少し足首に疲れが。
2
標高80m付近まで
下りてきました。
2016年01月17日 12:48撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高80m付近まで
下りてきました。
3
醍醐寺女人堂。
ここから上醍醐への参道が出てます。
2016年01月17日 12:51撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
醍醐寺女人堂。
ここから上醍醐への参道が出てます。
3
境内には入らず
外から国宝五重塔。
2016年01月17日 12:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境内には入らず
外から国宝五重塔。
2
奥に醍醐山頂。
2016年01月17日 13:02撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に醍醐山頂。
4
ぶらぶら歩きつつ
地下鉄醍醐駅に到着。
お疲れ様でした!!
2016年01月17日 13:13撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぶらぶら歩きつつ
地下鉄醍醐駅に到着。
お疲れ様でした!!
4
訪問者数:340人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

倒木 地蔵 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ