ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 798988 全員に公開 山滑走北陸

厳冬 僧ヶ岳

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー YSHR(CL), その他メンバー1人
天候快晴無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間45分
休憩
31分
合計
9時間16分
Sスタート地点01:3003:20宇奈月温泉スキー場登山口09:11僧ヶ岳09:3610:34宇奈月温泉スキー場登山口10:4010:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1.30  320m 宇奈月スキー場発
2.51  600m 宇奈月スキー場終点
3.20  670m 尾根取り付き
5.03 1043m 林道合流
9.11 1855m 僧ヶ岳山頂着
9.36 1855m 僧ヶ岳山頂発
10.34 670m 尾根取り付き
10.46 320m 宇奈月スキー場着
コース状況/
危険箇所等
宇奈月スキー場は雪不足閉鎖中
その他周辺情報金太郎温泉
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

ようやく夜が明け始めた
2016年01月17日 07:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく夜が明け始めた
5
振り返れば富山湾
2016年01月17日 08:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば富山湾
9
太陽がいっぱい
2016年01月17日 08:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽がいっぱい
6
標高1700mからシュカブラ地帯
2016年01月17日 08:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1700mからシュカブラ地帯
13
山頂手前のポコを左から巻いてルート工作
2016年01月17日 08:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前のポコを左から巻いてルート工作
12
トラバースラインで帰りもスイスイ
2016年01月17日 08:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースラインで帰りもスイスイ
11
左駒ヶ岳 右僧ヶ岳
2016年01月17日 08:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左駒ヶ岳 右僧ヶ岳
4
風の通り道はカチカチ
2016年01月17日 08:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風の通り道はカチカチ
3
もうチョイだ
2016年01月17日 08:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうチョイだ
2
シュカブラの向こうは後立連峰
2016年01月17日 08:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュカブラの向こうは後立連峰
2
モンスターとYSHR
2016年01月17日 09:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モンスターとYSHR
9
山頂までもうすぐのYSHR
2016年01月17日 09:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までもうすぐのYSHR
16
大魔人と山頂
2016年01月17日 09:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大魔人と山頂
8
山頂手前のモンスター
2016年01月17日 09:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前のモンスター
3
デカモンスター
2016年01月17日 09:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デカモンスター
13
駒ヶ岳と大魔人
2016年01月17日 09:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳と大魔人
8
山頂の大魔人 毛勝をバックに
2016年01月17日 09:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の大魔人 毛勝をバックに
6
山頂のYSHR 駒をバックに
2016年01月17日 09:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のYSHR 駒をバックに
3
山頂から行くYSHR
2016年01月17日 09:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から行くYSHR
2
山頂から大魔人
2016年01月17日 09:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から大魔人
7
シュカブラ滑走
2016年01月17日 09:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュカブラ滑走
2
トラバースラインの帰り
2016年01月17日 09:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースラインの帰り
5
YSHRとパウ
2016年01月17日 09:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
YSHRとパウ
11
YSHR飛んでます
2016年01月17日 09:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
YSHR飛んでます
8
素晴らしき山スキー
2016年01月17日 09:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしき山スキー
4
大魔人 粉巻き上げて
2016年01月17日 09:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大魔人 粉巻き上げて
10
素敵な光景
2016年01月17日 09:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵な光景
3
長大な尾根を下る
2016年01月17日 09:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長大な尾根を下る
3
どこまでも快適なり
2016年01月17日 09:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこまでも快適なり
7
雪質は最高
2016年01月17日 09:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪質は最高
7
宇奈月スキー場を下る
2016年01月17日 10:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇奈月スキー場を下る
6
ゴーール!!
2016年01月17日 10:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーール!!
5
撮影機材:

感想/記録
by YSHR

厳冬期の僧ヶ岳はどこから入山するにも標高200m程度、長大な尾根を厳しいラッセルが待ち受けとてもとても難儀である.しかし長大な尾根はスキー向けで延々と激パウが楽しめる.先日の人形山の経験から僧ヶ岳も楽しめるに違いないと出掛ける事にした。

今日も深夜0時過ぎに自宅を出て大魔人との待ち合わせ場所の宇奈月へ向かう.宇奈月スキー場深夜2時発の約束である.高速を飛ばして黒部インターを下りると雪は全く無し宇奈月に入ると路肩に少しある程度だった.宇奈月スキー場は雪不足でまだ開業してなかった.おかげで車はスキー場まで入れた。少し得した気分だ.

スキー場には既に大魔人号が着いていた.スキー場で積雪30cmくらいはあるだろうか?問題なくスキーで登れる.今日も30分早く出発.僕は179cmポンツッーン、大魔人は179cmヘルベント、最強のラッセルマシーンで挑む.

スキー場からラッセルが始まる.斜度がきついと潜って難儀するので忠実に林道を歩く事にする.登るにつれ宇奈月の夜景がきれいだ,高度が上がるにつれ雪はドンドン増えて行く.スキー場終点では60cmくらいあっただろうか.

林道を離れて670m尾根取付から登り上げるがラッセルがきつい,最強マシーンで来て良かった。ファットならかなり難儀しただろう.靴程度のラッセルが延々と続く.板は重いがラッセルは楽だ.夏道登山道を交代でガンガンラッセルする.1043mで林道に合流してしばらくでまた尾根に登り上げる.

1200mで積雪調査を行うと2mであった。確実に雪は増えている.嬉しい.この辺りから尾根は小さなポコの連続だが帰りの事を考えて全部右から巻いてトラバースラインを伸ばす.これで帰りは楽になる.

標高1500mを超えるともう雪は多くて薮はほとんど気にならなくなった.この辺りの細尾根を僕が先頭で歩いているといきなり足元が崩れて谷へ落ちた.雪庇だった.15m程滑落したがすぐに止まって事無きを得た.

標高1700mを超えるともう氷化して来てクトーが無いと歩けなかった.振り返ると富山湾が美しい、朝日岳も輝いている.今日は風も弱くて最高の山日和だった.今日行かないでいつ行こうか?

僧ヶ岳手前のピークは左から巻いて鞍部に出ると僧ヶ岳がガーーン、左手には駒ヶ岳が、素晴らしい景色である.もう少しだ.モンスターたちが出迎えてくれている.さあゴールだ.快晴無風、天国だ.いつまでもここでのんびりしていたい気分だ.正面には毛勝が北アルプスの峰々も美しい.今日も僕たちは最高の幸せ者である.

二人きりで酔いしれたらさあ激パウを頂きましょうか.苦労してラッセルしたんだ、激パウ楽しむぞ.日本海に向かってゴー、素晴らしい良く浮きます.ガンガン粉を巻き上げ尾根を滑って行く.尾根の左右パウダーのつまっている場所を選んで快適に落ちて行く.

あっという間に尾根取付までここからしばらくでスキー場へ貸し切りのスキー場だった.40−50cmの積雪があればスーパーファツトは沈まないから大丈夫だ.車が見えた.山頂からわずかに1時間,今日は完璧な一日だった.
訪問者数:2182人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/12/14
投稿数: 2352
2016/1/17 20:14
 素晴らしい景色ですね
YSHR先生、こんばんは。

僧ヶ岳も前回の人形山も素晴らしいですね。
先生の槍や白山の記録ももちろん良いのですが、個人的には北陸の里山の記録に心躍らされます。
レコを参考にさせていただきながら、タイミングを見計らってこの辺の山にもチャレンジしてみたいと思います。
登録日: 2013/5/30
投稿数: 33
2016/1/18 6:54
 Re: 素晴らしい景色ですね
メール有り難うございます.遠くの高い山へ行かなくても北陸には山スキーに適した良い山がたくさんあります.雪が少なければ少ないなりにアプローチや場所さえ考量すればそれほど薮は気になりません.ただし薮スキーではヘルメットを始めノーズガード、サングラス顔全体を被う装備でないと痛い目に会います.次回はどこへ行こうか、候補が多くて悩む毎日です.

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ