ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 799076 全員に公開 講習/トレーニング丹沢

三峰山・宝尾根/丹沢(読図トレーニング)

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー kawamasa(SL), その他メンバー4人
天候くもり
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

谷太郎林道終点 8:00(地図読み等の勉強後出発8:30) ⇒ 三峰山 11:18 ⇒ 11:45 七沢山(910mピーク) ⇒ <宝尾根経由> ⇒ 12:40(777mピーク)13:05 ⇒ 14:25(512mピーク) ⇒ 14:50 谷太郎林道 ⇒ 15:10 谷太郎林道終点(到着後反省会)
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

地図読みの講習会です
2016年01月17日 08:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図読みの講習会です
2
三椏がほころび始めました
2016年01月17日 09:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三椏がほころび始めました
1
ここはどこ?
2016年01月17日 10:22撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはどこ?
三峰山直下には雪が
2016年01月17日 11:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰山直下には雪が
三峰山到着 ばんざーい!
2016年01月17日 11:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峰山到着 ばんざーい!
4
910mピークから宝尾根(鳥屋待沢・大小屋沢中間尾根)に入ります
2016年01月17日 12:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
910mピークから宝尾根(鳥屋待沢・大小屋沢中間尾根)に入ります
2
777ピークで昼食(つみれ汁)を
2016年01月17日 12:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
777ピークで昼食(つみれ汁)を
気持ちの良い尾根
2016年01月17日 13:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根
ここはどこ?
2016年01月17日 13:54撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはどこ?
2
撮影機材:

感想/記録

相模ACのメンバーと地図読みのトレーニングに(以下トレーニングのレジメ)

地図読みしながらバリエーション(破線)ルートに行こう♪

機〇前知識編
1.登山用の地図の種類
(1)エアリア・マップ
(2)沢登りのガイド本の遡行図
(3)クライミングのガイド本のトポ
(4)地理印地図
  「山域」を目的にする登山であれば「地理院地図」は必携
  「二次元」から「三次元」へ
2.地図をどのように携行するか
(1)スマートフォン等
(2)GPS(ガーミン社等)
(3)紙
3.コンパス
(1)GPSがあればコンパスと地図は要らないか?
4.高度計
(1)気圧高度計(腕時計とセットになっているものが一般的)
(2)高度補正(初期設定)を忘れずに

供ー汰編
1.地図のカスタマイズ
(1)山に行く前から登山は始まっている
(2)電子地図をプリントアウトするのが便利
(3)磁北線(関東近辺は西編7度程度)
(4)谷線(水線)と尾根線
(5)地図を立体視するために
  山=地形は尾根(稜線)と谷(沢)で出来ている
  尾根(稜線)はピークとコル(鞍部)で出来ている
2.なんのために地図を持つのか
(1)なんといっても現在位置の把握が第一
(2)現在位置把握の要素
   地形(谷と尾根) 方向 高度
(3)コンパスと地図の使い方
   常に見れる場所に
   ザックの中に入っている?

掘〔造辰燭箸のために
1.思い込みの危険
(1)思い込みを排除するためには
(2)想像(予測)しながら歩く
(3)メンバーの意見を聞く

2.沢筋の下降は経験者のみ
(1)基本は尾根道を登り返し
(2)その場所を動かないことも重要
3.ハイキングであっても持っていくべきもの(リーダーの心得)
(1)補助ロープ(30m程度)
  ・基礎的なロープワークの習得
(2)カラビナ(数枚)
(3)スリング(数本)
(4)ツエルト
(5)緊急連絡先を把握しておく(山岳会、警察、病院)

4.計画書の重要性
(1)「匂い」を残す意味
(2)丹沢に行ってくる。。。? 大山に行ってくる。。。?

検〇海紡个垢襪修譴召譴離好織ぅ襦僻岾以圈
1.人により、様々な考え方や方法がある
 ハイキング
 縦走・ピークハント
 アルパイン・クライミング
 フリー・クライミング
 沢登り
2.経験や置かれた状況によって様々な選択肢がある
 天候・気象
 メンバーの経験・熟練度
 現場の状況
3.最新知識、スタンダードの吸収は不可欠
 選択肢はあるが、共通する事項(スタンダード)はある
 スタンダードを理解してこその応用
4.共通するのは無事に登り、そして無事に帰ってくること
5.自分に適合したスタイルを確立する
  そのためには「山の知識の引き出し」を多く持つ

以上
訪問者数:309人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/16
投稿数: 108
2016/1/17 23:15
 初めまして。
Kawamasaさん、こんばんは。utayanというものです。七沢山でお会いしたかと思います。隣の尾根を下っていて話し声聞こえましたよ!楽しそうで何よりです。またどちらかでお会いしたらよろしくお願いします。
登録日: 2009/6/14
投稿数: 80
2016/1/19 0:16
 Re: 初めまして。
utayanさん ありがとうございます
七沢山でお会いした方だったのですね
覚えております。今度出会ったらよろしくです(^^)

隣の尾根から聞こえるようでしたか?(笑)
ただ、僕ら以外にも宝尾根に、もう1パーティ入っていて
777ピークで宴会のようでしたので、そっちの声かもしれません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ