ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 799273 全員に公開 雪山ハイキング北陸

野坂岳 雪山ハイク

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー naojiro
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
野坂岳少年自然の家
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間24分
休憩
1時間5分
合計
4時間29分
S野坂岳登山口09:0109:35水場09:4510:12行者岩10:1410:23一の岳(道標)10:54二の岳(道標)11:07三の岳(道標)11:1011:19避難小屋11:23野坂岳12:0312:06避難小屋12:12三の岳(道標)12:20二の岳(道標)12:2112:36一の岳(道標)12:4213:05水場13:0813:30野坂岳登山口13:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
その他周辺情報きらめきリラポート温泉、越の湯
野坂茶屋(スイーツとランチ)、ソースカツのヨーロッパ金山店
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

登山口の駐車場は満車状態、下にはまだまだある。
2016年01月17日 09:01撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の駐車場は満車状態、下にはまだまだある。
登山口から15分、積雪あり
2016年01月17日 09:17撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から15分、積雪あり
右は夏道、左は冬道。足が重いので私は夏道を
2016年01月17日 09:59撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は夏道、左は冬道。足が重いので私は夏道を
一の岳より、右は岩籠山、中央奥は横山岳。
2016年01月17日 10:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の岳より、右は岩籠山、中央奥は横山岳。
1
一の岳、積雪30cm。
2016年01月17日 10:24撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の岳、積雪30cm。
敦賀湾と市街
2016年01月17日 10:25撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
敦賀湾と市街
よく踏み固められている。
2016年01月17日 10:30撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく踏み固められている。
右が二の岳、左は三の岳。山頂は見えていない。
2016年01月17日 10:31撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が二の岳、左は三の岳。山頂は見えていない。
左から夜叉ヶ池山、横山岳、岩籠山
2016年01月17日 10:33撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から夜叉ヶ池山、横山岳、岩籠山
二の岳、積雪40cm
2016年01月17日 10:55撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の岳、積雪40cm
二の岳、三の岳間の鞍部
2016年01月17日 10:58撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の岳、三の岳間の鞍部
霧氷の名残かな?
2016年01月17日 11:06撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷の名残かな?
山頂手前、もう少しだ。
2016年01月17日 11:17撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前、もう少しだ。
避難小屋。
2016年01月17日 11:19撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋。
山頂到着。団体さんが去った後で誰も居ない。
2016年01月17日 11:21撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。団体さんが去った後で誰も居ない。
3
北東方面、常神半島
2016年01月17日 11:21撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北東方面、常神半島
中央奥に大御影山、その左に寒風、赤坂山、三国岳
手前は芦谷山、庄部谷山
2016年01月17日 11:21撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央奥に大御影山、その左に寒風、赤坂山、三国岳
手前は芦谷山、庄部谷山
左端奥から横山岳、金糞岳、中央奥に伊吹山、手前の山脈の右端は乗鞍岳、左は岩籠山。琵琶湖は雲の下で見えない
2016年01月17日 11:21撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左端奥から横山岳、金糞岳、中央奥に伊吹山、手前の山脈の右端は乗鞍岳、左は岩籠山。琵琶湖は雲の下で見えない
1
北東方面の越美国境の山々、白山がうっすらと。
2016年01月17日 11:22撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北東方面の越美国境の山々、白山がうっすらと。
敦賀湾と市街
2016年01月17日 11:22撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
敦賀湾と市街
湖北の山々、眼前に岩籠山
2016年01月17日 11:22撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖北の山々、眼前に岩籠山
2
北方面、敦賀湾と西方ヶ岳
2016年01月17日 11:23撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方面、敦賀湾と西方ヶ岳
3
山頂方位盤
2016年01月17日 11:24撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方位盤
1
本日の山飯
2016年01月17日 11:29撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の山飯
2
下りは練習のためアイゼン装着
2016年01月17日 12:08撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは練習のためアイゼン装着
誰かが雪だるま
2016年01月17日 12:23撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰かが雪だるま
冬道でショートカット。
2016年01月17日 12:44撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬道でショートカット。
一気に冬道を下山。調子こいて転倒、二回転。
誰も見ていなくてよかった。
2016年01月17日 12:49撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に冬道を下山。調子こいて転倒、二回転。
誰も見ていなくてよかった。
2

感想/記録

天気が持ちそうなので、近くの野坂山(地元ではこう呼ぶ)を登ることに。冬になって山行回数が減り、なまった身体のトレーニングもしたい。
新しいアイゼンを試したい。朝、起きてから登ろうと決めてあわてて支度をする。一昨日に敦賀市街にも遅い初雪があったので、山頂付近はそこそこの積雪が期待できるはず。

登山口はうっすらと積もっている程度だった。ハナから汗がしたたり落ちる。ペースも上がらない。ゆっくりと夏道を登っていく。
一の岳まで1時間25分、積雪30僉F鵑粒戮泙嚢垢30分、積雪40僉三の岳まで更に17分、積雪は50cm。山頂まで更に10分、積雪は60cm。総計2時間22分もかかってしまう。(私の夏の通常コースタイムは1時間50分)身体がなまっているせいだ。今日は何時になく内腿の筋肉が痛い。

山頂は気温1℃、ほぼ無風状態。時折薄日が差してくれる。団体さんが下りた後で、静かに絶景を肴に過ごす。白山の遠望と越美国境の山、伊吹山系の山、高島トレイルの山々を眺めながらランチタイム。

下山はアイゼンを装着する。なくても十分歩けるけどアイゼン歩行の練習をするため。冬道でショートカットして一気に直滑降下山。気持ちよかった〜。三の岳を下る時アイゼンを引っ掛けて転倒する。気を付けよう。
下りは冬道で時間を短縮できたと思っていたら、最後がバテバテで結局1時間半でした。
訪問者数:365人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アイゼン 鞍部 避難小屋 山行 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ