ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 799560 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

不帰3峰Dルンゼ

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー Tomahawk, その他メンバー2人
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間6分
休憩
6分
合計
6時間12分
S八方池山荘08:2908:54八方山09:05八方池09:51扇雪渓10:03丸山10:0511:17唐松岳頂上山荘11:32唐松岳11:3614:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

永遠の目標?
2016年01月17日 08:28撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
永遠の目標?
16
お馴染み三兄弟
2016年01月17日 08:32撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お馴染み三兄弟
18
行きます
2016年01月17日 08:43撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きます
13
猫ちゃん
2016年01月17日 08:51撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫ちゃん
16
レジェンドと行く
2016年01月17日 09:07撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レジェンドと行く
5
サンピラー出現
⦿photo by 松岡祥子
2016年01月17日 09:09撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンピラー出現
⦿photo by 松岡祥子
24
五竜
2016年01月17日 09:25撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜
18
登山者のラッセル泥棒キメる
2016年01月17日 09:59撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者のラッセル泥棒キメる
20
レジェンドと眺める不帰3峰
⦿photo by 松岡祥子
2016年01月17日 10:20撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レジェンドと眺める不帰3峰
⦿photo by 松岡祥子
22
山頂到着
2016年01月17日 11:32撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着
12
アンバランススキーで下ります
⦿photo by 松岡祥子
2016年01月17日 11:34撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アンバランススキーで下ります
⦿photo by 松岡祥子
4
夕方でも無いのに紅い
2016年01月17日 11:37撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方でも無いのに紅い
6
前線の影響?
2016年01月17日 11:37撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前線の影響?
4
エントリーを確認する
⦿photo by 松岡祥子
2016年01月17日 11:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エントリーを確認する
⦿photo by 松岡祥子
5
2峰に向かうジョニーの背中
これが最期になるかも、と思った
2016年01月17日 11:53撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2峰に向かうジョニーの背中
これが最期になるかも、と思った
3
落ちていく
2016年01月17日 12:16撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちていく
11
消えていく
2016年01月17日 12:16撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
消えていく
11
行ってしまった
2016年01月17日 12:20撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行ってしまった
6
あちらもドロッピン
2016年01月17日 12:20撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちらもドロッピン
4
レジェンド
⦿photo by 松岡祥子
2016年01月17日 12:25撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レジェンド
⦿photo by 松岡祥子
7

⦿photo by 松岡祥子
2016年01月17日 12:30撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す

⦿photo by 松岡祥子
8
SM氏ってもう松岡祥子さん
2016年01月17日 12:34撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
SM氏ってもう松岡祥子さん
5
再びレジェンド
⦿photo by 松岡祥子
2016年01月17日 12:34撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びレジェンド
⦿photo by 松岡祥子
4
穴を見つめる
2016年01月17日 12:45撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴を見つめる
2
その割れ目
2016年01月17日 12:45撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その割れ目
2
再会!ジョニー生きてて良かった!
2016年01月17日 13:29撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再会!ジョニー生きてて良かった!
25
南大滝出まくり
2016年01月17日 13:33撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南大滝出まくり
5
そこへ突っ込む
2016年01月17日 13:34撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこへ突っ込む
3
堰堤かと思いきや氷河のような残雪が!
2016年01月17日 13:44撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤かと思いきや氷河のような残雪が!
4
引き続きこんな感じ
2016年01月17日 13:46撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き続きこんな感じ
4
最後はジャンプ徒渉
2016年01月17日 13:50撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はジャンプ徒渉
10
撮影機材:

感想/記録

レジェンドM氏、SM氏と3回目の山行はDルンゼとなった。
元々南面、無名、ガラガラあたりを考えていたのだが、朝起きてみるとまさかのピーカン。
登り始めてもほとんどガスも出ていないので、そのままDルンゼへ。
途中人生初のサンピラーが見えた。
八方池山荘に泊まったのであろう先行登山者のトレース等使いつつ標高を上げる。

2,554P手前あたりでアイゼンを装着していたら、お散歩スタイルのジョニー氏が現れ、上へと消えていった。
八方尾根のピークで剱立山、八ヶ岳、富士山などを見渡す。
この日は夕方でもないのに富士山方面がなぜか赤かった。

唐松岳山頂に着くと、ジョニー氏がDルンゼで雪面のチェックをしている。
そのまま下るのかな、と思いきや合流して少し話すと先に行くという。
さっき「2峰」とか言っていたような、、、
これが最期になるかも知れないので(本当に少しはそう思った)、後ろから去りゆくジョニー氏を撮った。

ロープ確保の状態でM氏が斜面の確認を行い、ドロップ。
一気に滑って消えていった。次に松岡氏も滑る。
面倒なのでここから三浦氏、松岡氏にします。
最後に僕も滑ったが、顔面シャワー浴びまくりのドパウだった。
途中雪質が変わり、固くなったり、デブリ玉が隠れていたりしたが、悪くない1ピッチ目。
しかもそれ以降唐松沢はずっとパウダーだった。
これまではだいたいパック地獄だったので、これは初めての美味しい経験です。

不帰沢に合流し、無名沢に合流する。
南大滝は高巻くラインができていたので、その通りに進み、安全な場所で大休止。
すると、ジョニー氏が下りてきた。
手を振ると反応する。生きてたかぁ〜、良かった。
話を聞いて、記念撮影をしたら、急いでいるのか(多分マイぺースなだけ)狭いルンゼを滑ってあっという間に消えてしまった。

2峰滑走の詳細については、ジョニー氏のブログで↓
http://mainline-hakuba.com/blog/post-1426/

南大滝はほぼ全体像が出ていた。
臆病な私は高巻きが不要な時季にしか来ないので、これはかなり貴重な景観だった。
そんな訳でその景色を簡単にまとめた↓
http://geldfels.blogspot.jp/2016/01/blog-post_18.html

林道は、途中水の流れなどで雪が途切れるものの、ほぼ最後までスキーで滑走できた。
とはいえ、これらの状況も今週のドカ雪で全く別物になるでしょう。
来週末は八方は無理だろうなぁ。
訪問者数:1577人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ