ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 799898 全員に公開 雪山ハイキング積丹・ニセコ・羊蹄山

塩谷丸山 (スノーシュー散策)

日程 2016年01月18日(月) [日帰り]
メンバー kazunbo, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道5号線からJR塩谷駅へ進む956号道から、塩谷駅へ進むと、その少し手前で右折し踏切を渡る。
Yの字に見える二股の道を右手に進み道なりに進むと90度に左へ折れる。
その道の突き当りが登山道入り口になっていた。
高速道路の工事現場らしい。(冬はやっていないようだ)
当日は除雪がしっかりされていて駐車スペースもあったが、タイヤが雪に埋まらないように注意。

山スキーのルートは、上記のYの字に見える二股を左に進むらしい。
(北海道の雪山ガイドに掲載しています)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間56分
休憩
27分
合計
3時間23分
Sスタート地点09:5811:38塩谷丸山12:0513:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険カ所ないが、トレースがない場合は、GPSや地図が必須。
その他周辺情報前日に朝里川温泉へ宿泊。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

丸山登山道入り口。
2016年01月18日 09:47撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山登山道入り口。
前日のトレースを進ませてもらうが、途中でスノーシューを装着。
2016年01月18日 09:54撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日のトレースを進ませてもらうが、途中でスノーシューを装着。
急斜面ではヒールリフターをあげると楽ちん。
2016年01月18日 10:39撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面ではヒールリフターをあげると楽ちん。
1
余市 積丹方面の海岸線。
2016年01月18日 11:07撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余市 積丹方面の海岸線。
急斜面を登り切った辺りの台地。
山頂までもう一息だ。
2016年01月18日 11:13撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を登り切った辺りの台地。
山頂までもう一息だ。
1
山頂到着。
2016年01月18日 11:46撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。
7
小樽方面 石狩湾の眺望。
2016年01月18日 11:46撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小樽方面 石狩湾の眺望。
下りは、雪のフワフワ感を感じながら、新しいトレースを刻んでいく。
2016年01月18日 12:09撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは、雪のフワフワ感を感じながら、新しいトレースを刻んでいく。
1
撮影機材:

感想/記録

今日の天気は、北海道に爆弾低気圧が迫っているらしく、ここ小樽周辺も夜あたりから天気が崩れるという予報だったので少し心配していた。
登山道入り口には9時半過ぎに到着したが、先行者やいないようだ。
少し寂しさを感じながら、前日につけられたと思われるトレースを歩かせてもらう。
ツボ足でも歩けそうな感じだが、時折、足がとられるので早めにスノーシューを装着した。
少しずつ斜度が上がりやがて急斜面になる、ジグザグに刻まれたトレースを登っていくと広く大きな台地に出た、後ろを振り返ると、余市や積丹方面の海岸線と、その近くの山々が見えているが、それより遠くの景色は雪雲に閉ざされている。
そのせいか、モノトーンの景色はその部分だけが強調して見えて、冬の海と雪山の厳しさを感じさせている。
この地点からは、山頂もはっきり見えていて、頂までもう少しだ。
少し斜度があるが、最後は直線的に刻まれたトレースを進む。
お昼少し前に山頂到着。
私たちの他にだれもいない山頂は少し寂しいが、ゆったりとしていてその自然に解け込める。
山頂からは、積丹半島や小樽市街方面、遠くに石狩湾が霞んで見えている。
天気が良ければ、360度のパノラマの世界を楽しめそうだ。
山頂でツーショットの記念撮影をし、どら焼きとお茶で身体を温めた。
そして、その体が冷えないうちに早々に下山を開始。
下りは、雪のフワフワ感を感じながら深雪に新しいトレースを刻んでいく。
スノーシューの下りは、深雪を滑るように降りていくので以外に早い。
これが楽しみの一つでもある。
本当は山スキーもやってみたいけど・・・ 

今回の塩谷丸山登山は、ヤマレコなどの山行き記録を参考にさせてもらい、登山道を基準にルートを決めGPSに記録を載せていたが、前日のものと思われるトレースがあり、その跡を進ませてもらいました。
お陰で登りは大変楽に登ることが出来ました。 感謝です!



訪問者数:384人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ