ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 799901 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

猿登(さるのぼり)

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー inisie, その他メンバー7人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
名神関ヶ原ICより時山方面へ。上(かみ)集落の先のやや広いスペースに駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間8分
休憩
1時間3分
合計
4時間11分
Sスタート地点08:4910:27猿登11:2611:52猿登11:5613:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
フェンスが新しく設置されていたが、その奥の出入り口から入山。中部電力の巡視路を歩くが意外に急登。あとは林道を歩いたり離れたりして△702mの三等
三角点へ。そこから尾根を約10分ほどで最高点711mに到達。危険箇所はないが、鹿猟かライフルの銃声がすぐ近くで聞こえ緊張した。
その他周辺情報すぐ近くに日帰り温泉施設の看板があったがパス。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ グローブ 防寒着 雨具 ネックウォーマー 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット ストック カメラ。

写真

集落を越えたところに3〜4台駐車できるスペースあり
2016年01月17日 08:54撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落を越えたところに3〜4台駐車できるスペースあり
4
いきなりの急登がしばらく続く
2016年01月17日 09:30撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりの急登がしばらく続く
1
2つ目の鉄塔まで来ると見晴らしが良くなった
2016年01月17日 09:45撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の鉄塔まで来ると見晴らしが良くなった
2
P619あたりまで来ると俄然雰囲気が変わった。でも、雪は全くない
2016年01月17日 10:06撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P619あたりまで来ると俄然雰囲気が変わった。でも、雪は全くない
1
猿登 三角点にほんの僅かな雪
2016年01月17日 10:26撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿登 三角点にほんの僅かな雪
2
林道につかず離れず歩いてようやく目的の「猿登」へ
2016年01月17日 10:31撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道につかず離れず歩いてようやく目的の「猿登」へ
11
猿登から見る伊吹山はすぐそこに
2016年01月17日 10:29撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿登から見る伊吹山はすぐそこに
9
遙か遠くには白山も。コンテジ15倍で撮ったが手ぶれ
2016年01月17日 10:30撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遙か遠くには白山も。コンテジ15倍で撮ったが手ぶれ
5
ここからだと御池岳にも雪は見られない
2016年01月17日 12:00撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからだと御池岳にも雪は見られない
4
昼食のあと空身で最高点までお散歩
2016年01月17日 11:41撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食のあと空身で最高点までお散歩
5
すぐ近くで鹿猟だろうか 銃声が3発聞こえて緊張したあたりを見渡すとライフルの薬きょうが落ちていた
2016年01月17日 18:48撮影 by CX6 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ近くで鹿猟だろうか 銃声が3発聞こえて緊張したあたりを見渡すとライフルの薬きょうが落ちていた
4
撮影機材:

感想/記録
by inisie

今年は申年。サルの名に因んだ山名が近くにないかと調べたら草川啓三さん著の「鈴鹿の山々」に猿登(さるのぼり)△702mの山が見つかった。
低い山だが展望も良さそうだ。うまい具合に山仲間からお誘いがかかりご一緒させていただいた。
暖冬の影響で雪は全くなし。植林帯の巡視路を歩くが、いきなりの急登に戸惑いながらも林道終点のP619から雰囲気ががらっと変わり徐々に展望が良くなってきた。1時間半ほどで「猿登」に到着。昼食はおいしい焼き豚&メンマ&野菜入りの極旨ラーメンに全員舌鼓を打った。
展望もすこぶる良く、伊吹山をはじめ白山、御嶽、乗鞍、能郷白山などバッチリで、申年の「猿登」は予想外のすばらしい山行になった。
訪問者数:378人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 三角点 サル 山行 コンテ 空身
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ