ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 800002 全員に公開 雪山ハイキング塩見・赤石・聖

薄雪の熊伏山(クマブシ沢左岸尾根より)

日程 2016年01月19日(火) [日帰り]
メンバー iki
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
足神神社駐車場(簡易トイレあり)に車中泊
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間11分
休憩
29分
合計
6時間40分
S足神神社P06:5206:56支尾根取り付き07:46クマブシ沢左岸尾根08:49318標柱10:00観音山からの縦走路10:41熊伏山頂上11:0012:24青崩峠12:3413:32足神神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
クマブシ沢左岸尾根はヤブこぎ皆無、笹の区間も笹が枯れて、切り開きがあり、簡単に通過出きる(今の時期だけかもしれないが)

写真

足神神社駐車場出発
2016年01月19日 06:52撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足神神社駐車場出発
3
林道から小沢に降りて、向こうの支尾根に取り付く
2016年01月19日 06:56撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から小沢に降りて、向こうの支尾根に取り付く
1
クマブシ沢左岸尾根に乗る
2016年01月19日 07:46撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマブシ沢左岸尾根に乗る
2
植林帯から自然林を行くようになる
2016年01月19日 08:25撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯から自然林を行くようになる
1
境界標識が表れてくる
2016年01月19日 08:29撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境界標識が表れてくる
1
318標柱(1320m辺)にて10分休憩
2016年01月19日 08:49撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
318標柱(1320m辺)にて10分休憩
2
322標識
2016年01月19日 09:06撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
322標識
1
薄く雪化粧した熊伏山頂上
2016年01月19日 10:41撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄く雪化粧した熊伏山頂上
4
鉄塔から南方向、前黒法師から定光寺山辺りが見えてる
2016年01月19日 11:48撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔から南方向、前黒法師から定光寺山辺りが見えてる
2
静かな青崩峠
2016年01月19日 12:24撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな青崩峠
3
木地屋の墓
2016年01月19日 13:13撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木地屋の墓
3
足神神社に無事下山
2016年01月19日 13:32撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足神神社に無事下山
3
神社の由来
2016年01月19日 13:33撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の由来
2
しっぺい太郎の墓、妻は磐田市出身なので、まんざら縁がない訳ではないぞ
2016年01月19日 13:33撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっぺい太郎の墓、妻は磐田市出身なので、まんざら縁がない訳ではないぞ
2
太郎の姿の石が中に鎮座してる
2016年01月19日 13:34撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎の姿の石が中に鎮座してる
3

感想/記録
by iki

前日にクマブシ沢左岸尾根の取り付きを見ておこうと行ってみると、取り付きは工事中で、とても取り付けそうもない。他に取り付けそうな所はないかと林道をさかのぼるが、なかなかいい所がないうちに足神神社の駐車場に着く。トイレもあることだし、ここで車中泊とするが、取り付きを捜すために林道を下の方に歩いて行くと、直ぐに小沢があり、その右岸の尾根に取り付けそうだ。GPSで確認してみると、クマブシ沢左岸尾根に突き上げているので、ここから取り付く事にする。夕方から雨になったので、明日の朝雨だったら中止、雪だったら決行と決める。
朝起きてみると周りは雪景色。しかも雪は止んでいる。最高の状況だ!
林道から小沢を渡り尾根に取り付く。植林帯なので、どこでも歩けるのでジグザグに登って行く。かなりの急斜面なので時々立ち止まって、息を整えつつ登る事50分程でクマブシ沢左岸尾根に出ると傾斜も穏やかになり直ぐに又きつくなるが、今までに比べれば緩い。心配していた笹が密な部分は笹が枯れて丈も低く、おまけに切り開きまであり、あっけなく通過する。後は時々踏み跡もある歩き安い尾根を辿って観音山からの縦走路に出ると一気に強風が吹き付けてくる。それから暫くで青崩峠からの道に合流して赤布(今まではなかった)に導かれて20年ぶり位の熊伏山頂上に着く。頂上は風は当たらないが、曇りなので暖かくもないが少しのんびりする。展望はガスって望めそうもない。頂上の写真を撮る時にデジカメに、メモリーが一杯です、と表示が出て?と思い裏蓋を開けてみるとSDカードがはいってない。デジカメ内臓のメモリーで撮ってたわけだ。こんなのは初めてだ。仕方がないので前に撮ったのを削除して頂上の写真を撮る。以後も同じようにする。下山は観音山分岐までは鼻歌混じりで行けるが、そこから先は急な下りも現れ
、雪が着いているので滑らないように慎重に下る。青崩峠までくれば一安心だ。峠からは林道を下るつもりだったが、思い直して塩の道を下るためにUターンして足神神社まで戻る。
着いた途端に雪が降り出し、いいタイミングで下山出来た。
今回積雪は2センチ程だったろうか、念の為にチェーンスパイク持って行ったが、使う事はなかった。
今回このルートにしたのは、磐田市の図書館で、遠州の山と峠(山岡元弘著)を見つけて、その中にこのルートが紹介されていたからだが、最初はこの本を買うつもりだったが、既に絶版になっていて入手困難なので、本一冊分デジカメに映した。これからもこちらに来る機会があったら、この本参考に登るつもりだ。
訪問者数:369人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 林道 GPS 右岸 左岸 車中泊 支尾根
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ