ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 800377 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

鈴懸峠から鈴ヶ尾山と突坂峠へ

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー ayawaka, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
都留市大平側から入って鈴懸峠に駐車する。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間6分
休憩
9分
合計
1時間15分
S鈴ヶ音峠08:5409:21鈴ヶ尾山09:3009:56突坂峠10:09鈴ヶ音峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鈴懸峠から尾根に出るまでが急登。
踏み跡ははっきりしていて赤テープもあるので迷いはないはず。倒木が多く荒れ気味。
尾根に出ると一気に歩き易くなる。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

前回、鈴懸峠を都留市大平側に乗越してNTT猿橋無線中継所への道を行ったため、鈴ヶ尾山と突坂峠の最低鞍部に行けてないので回収することにした。

鈴懸峠から東側法面への急坂を登ると鈴ヶ尾山への標識が出てくる。
少し折り返すと崖上に馬頭観音が安置されていた。上下ともに急坂でとても馬が行き来したとは思えないが……

馬頭観音から先、昔は道が切ってあったのだが倒木で塞がれてそのままの状態。
尾根に出るまでかなりキツかったが、出た後は鈴ヶ尾山までは広い筋で緩やかだった。
鈴ヶ尾山の頂上にはいくつもの頂上標があった。

尾根に出た場所まで折り返して、野バラのとげにやられながら突坂峠側に降りる。
左手側に居り返すイメージで作業道があり、分岐点には「この歩道は登山道ではありません」と注意喚起されていた。

注意喚起札のすぐ先が突坂峠の最低鞍部で仏像が安置されており、さい銭箱には突坂峠地蔵尊とあるが姿はどうみても観音さま。
突坂峠まで来て、ふと思ったが先ほどの作業道は、もしかすると昔は幡野に向かう道だったのかもしれない。知らない道を降りに使う気がしないので確認のしようがないが……

最低鞍部から少し登り返すと、NTT猿橋無線中継所への道に出た。
正面は先週歩いた突坂山への登り口だ。中継所道を使って鈴懸峠に帰る。
訪問者数:186人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ