ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 800518 全員に公開 雪山ハイキング関東

笹子雁ヶ腹摺山 キツイ雪山に変貌(笹子雁ヶ腹摺山-お坊山)

日程 2016年01月21日(木) [日帰り]
メンバー sarari22
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
笹子駅ー登山口(迂回路になってるようでお墓の脇から登る)
田野の湯から甲斐大和徒歩50分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間20分
休憩
1時間0分
合計
8時間20分
S笹子駅06:5009:30笹子雁ヶ腹摺山10:0011:10米沢山(ヤダイロ)11:2011:50トクモリ12:20お坊山12:4013:10大鹿峠15:10田野の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手入力です。
大鹿峠から田野の道途中で道迷いロスあり
コース状況/
危険箇所等
・JR笹子駅から登山口までくるぶしまでのところも多い、スパッツは最初からつけました
・雪は膝下までトレースなし、40cm位。南東斜面の雪は日中腐れ雪になってきました。凍結はなし少しモナカ雪状
標高1000mくらいからはワカン着用、大鹿峠したまでつけっぱなし
・アップダウンが結構あるので体力消耗します。特に米沢山直下(鎖半分埋もれる)、お坊山直下は急
・お坊山から大鹿峠に向かう道は最初尾根広いが狭くなってくる、アカテープ見つかりにくい。1200m位まで下がると目標の鉄塔がみえて来る
・大鹿峠から田野にむかうには鉄塔の南面を巻いて尾根にでる、短いが急坂
1090m位から南西に折れているが赤テープなく直進して迷いました。無雪期は大丈夫そうだが雪の時は注意必要かも、基本明るい雑木林沿い
その他周辺情報福祉センター 田野の湯 610円16:30まで
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ワカン

写真

下からみるとはっきりしないが奥が笹子雁ヶ腹摺山だろうか
2016年01月21日 07:23撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下からみるとはっきりしないが奥が笹子雁ヶ腹摺山だろうか
4
ここまでのぼり一辺倒で疲労しました。山頂からの下りも急です。
2016年01月21日 09:32撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでのぼり一辺倒で疲労しました。山頂からの下りも急です。
8
展望は秀逸です
2016年01月21日 09:32撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は秀逸です
6
八ヶ岳
2016年01月21日 09:32撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳
7
白根三山
2016年01月21日 09:34撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根三山
6
富士山もこの通り
2016年01月21日 09:58撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もこの通り
8
米沢山-トクモリ-お坊山(多分最高点の右にみえてる所)
アップダウンが多いです。ラッセルしていくにはきつい道でした。
2016年01月21日 10:11撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米沢山-トクモリ-お坊山(多分最高点の右にみえてる所)
アップダウンが多いです。ラッセルしていくにはきつい道でした。
2
鶴ヶ鳥屋山を前景に左がこの前登った今倉山、右に御正体山
2016年01月21日 10:11撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴ヶ鳥屋山を前景に左がこの前登った今倉山、右に御正体山
6
今倉山から奥に道志の山並み
2016年01月21日 10:11撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今倉山から奥に道志の山並み
2
こちらは大菩薩
2016年01月21日 10:14撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは大菩薩
4
米沢山の登りは雪稜気味でキツかったです。
2016年01月21日 11:13撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米沢山の登りは雪稜気味でキツかったです。
5
三ツ峠山と御坂黒岳の稜線越しに富士
2016年01月21日 12:08撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ峠山と御坂黒岳の稜線越しに富士
4
こちらは国師-金峯の奥秩父、手前は甲州高尾山から棚横手の稜線(こちらに行ってればもっと労力少なく雪山楽しめたかも)こんなに真っ白とは思いませんでした。
2016年01月21日 12:10撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは国師-金峯の奥秩父、手前は甲州高尾山から棚横手の稜線(こちらに行ってればもっと労力少なく雪山楽しめたかも)こんなに真っ白とは思いませんでした。
4
甲武信から雁坂嶺方面
2016年01月21日 12:10撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信から雁坂嶺方面
3
笊ヶ岳、布引見えて大満足
2016年01月21日 12:17撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笊ヶ岳、布引見えて大満足
1
ここの展望の広さが良かったです
2016年01月21日 12:21撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの展望の広さが良かったです
4
悪沢-赤石-聖の南部三山
2016年01月21日 12:22撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢-赤石-聖の南部三山
2
大展望
2016年01月21日 12:23撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大展望
4
元々は南大菩薩に再訪したかったのだがタクシーが雪で入れず断念、大菩薩連嶺の大展望に来た甲斐ありました。歩かないと分かりづらいかもしれません
2016年01月21日 12:41撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元々は南大菩薩に再訪したかったのだがタクシーが雪で入れず断念、大菩薩連嶺の大展望に来た甲斐ありました。歩かないと分かりづらいかもしれません
6
大菩薩から小金沢連嶺
2016年01月21日 12:41撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩から小金沢連嶺
7
黒岳から南大菩薩連嶺 大谷ヶ丸までかな
特に黒岳直下の白谷丸は雲上の庭園の趣があるのでいい所です。
2016年01月21日 12:41撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳から南大菩薩連嶺 大谷ヶ丸までかな
特に黒岳直下の白谷丸は雲上の庭園の趣があるのでいい所です。
5
撮影機材:

感想/記録

南大菩薩にひしぶりの再訪を検討したが
タクシー乗り入れの関係で断念、変わりに駅から
歩けて温泉入れる笹子雁ヶ腹摺山へ
大雪直後で数日経ったのでもう少ししまってるかと思ったが
ツボ足では膝下まで潜る。
ワカン持っていって正解でしたがハードでした。
この前登った今倉山や道志も確認できて
大展望に大満足な山旅でした。
訪問者数:583人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

赤テープ スパッツ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ