ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 800524 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

トレースに感謝!鷹ノ巣山(稲村岩尾根〜浅間尾根)

日程 2016年01月21日(木) [日帰り]
メンバー eishin
天候はれ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間19分
休憩
16分
合計
8時間35分
S東日原バス停08:4008:47中日原バス停08:4809:52稲村岩の鞍部09:5312:42ヒルメシクイノタワ12:4413:49鷹ノ巣山13:5514:18鷹巣山避難小屋14:2314:35水場(鷹ノ巣山避難小屋)14:3615:59浅間神社16:41峰谷バス停17:15峰谷橋バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
浅間尾根は標高が下がると腐れ雪になります
避難小屋から下った水場のトラバースが雪に隠れており危険でした
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

おはようございます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございます
3
いきなりヒヤヒヤ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりヒヤヒヤ
1
ザクザク グフグフ どむど(ry
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザクザク グフグフ どむど(ry
凶器になります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凶器になります
1
標高低いところで0℃位でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高低いところで0℃位でした
ほぼ膝下 吹き溜まりは別で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ膝下 吹き溜まりは別で
4
途中から先行者お一人になる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から先行者お一人になる
わがままBODYで拡張
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わがままBODYで拡張
1
自由にどうぞと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自由にどうぞと
1
時間押してます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間押してます
ここもきれいな状態でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもきれいな状態でした
7
疲労も吹っ飛ぶ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲労も吹っ飛ぶ
3
今年登るかも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年登るかも
2
こっちもきれいな雪面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちもきれいな雪面
2
数日利用者無し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数日利用者無し
3
尾根に出て大休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出て大休憩
5
峰谷からのアプローチと合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰谷からのアプローチと合流
1
トレースに歓喜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースに歓喜
1
心地よい速度で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心地よい速度で
べしゃべしゃ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
べしゃべしゃ
林道が一番危なかったというおち つるんつるん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が一番危なかったというおち つるんつるん
4
お疲れ様でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした

感想/記録
by eishin

稲村岩尾根・浅間尾根にトレースを残した皆様に大感謝
トレース無かったら早々に帰宅してたと断言できます


朝目が覚めると5時を過ぎている、寝坊だ。いつもならあきらめるが今日は違った。
次の電車で行ったる!

無事登山口に着きテクテクと当たり前の様にトレースに従う。

途中より先人の足跡は一人分になり、その先人と途中で挨拶を交わす。
「もう少しなんだけど雪が深いから」と、下山をされました。
(先ず大きな反省が一つ。雪の無い稲村岩尾根を歩いたことが無いということ。
トレース無しになった状況で、どうルートを決めるのか?今年必ず歩きたいと思います。迷走トレースがありますがご容赦を。)

スタート時間が遅れたので13時までと決めていたが、12:45ヒルメシクイノタワ着
強行してしまう。決まりは守らないと意味が無い。反省2
山頂は-5℃前後 休憩もせずすぐさま下山にかかる。もったいない。
時間に追われて休憩もそこそこの為、足にくる。強制カップ麺休憩。反省3

西東京バスのHPで峰谷までバスは来ていないとあったが、峰谷橋に向かう私の目にバスが見えた時は驚きました。でも、歩くモードだったので峰谷橋までバスを先行して乗り込みました。

週末にも雪の予報があり、状況は流動的です。皆さん楽しく安全山行を。

訪問者数:780人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

登録日: 2013/4/15
投稿数: 19
2016/1/22 12:02
 こんにちわ!
バス停で一緒だった者です!
私は尾根途中で敗退しましたが下山されて来た方が1人の方が山頂に向かったと言っていたのでもしかして!?と思っていました!
山頂の景色を見させて頂き感謝もあり同じ日に山頂まで行けた方がいた事が嬉しいです。
お疲れ様でした^_^
登録日: 2014/9/18
投稿数: 9
2016/1/22 22:47
 Re: こんにちわ!
rivaldoさんお疲れ様でした。

今回の行程はとてもタフでした。山頂へ行けたのは先行された方々のおかげです。
山頂で人型取ろうとダイブしたら表面が硬くてダメだったのは内緒です。
また山でお会いしましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ