ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 800844 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

やっと冬山らしくなった赤岳(八ヶ岳)

日程 2016年01月22日(金) [日帰り]
メンバー masacs
天候晴れ(時々稜線ガス覆われる)  気温-18℃(頂上9時半)  風やや強し
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間19分
休憩
1時間42分
合計
10時間1分
S八ヶ岳山荘03:2404:10やまのこ村04:17美濃戸山荘04:1805:42中ノ行者小屋跡05:4506:56行者小屋07:3108:44文三郎尾根分岐08:5209:12竜頭峰09:14赤岳09:2509:27赤岳頂上山荘09:4009:55赤岳天望荘10:10地蔵尾根分岐10:50行者小屋11:0511:27赤岳鉱泉11:3112:00堰堤広場12:29美濃戸山荘12:3812:42赤岳山荘12:4313:23八ヶ岳山荘13:2513:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・スマホの充電切れを気付かず、赤岳頂上から赤岳鉱泉までのGPSログが正確ではないので、下りの赤岳頂上山荘から赤岳鉱泉までは手入力で修正。
・前日に自宅(相模原市)14:00発〜美濃戸口16:30到着、車中泊。
コース状況/
危険箇所等
美濃戸口〜赤岳山荘:先週の雪で道路は結構な積雪(4WD、チェーン必須)美濃戸口も早朝の気温は−8℃。
南沢:アイゼン未装着。積雪及び凍結。トレースはしっかりとあり、先週の積雪後のラッセルして頂いた方に感謝。一部水が流れる箇所はカチカチの氷結となっているが踏み抜くと靴が水浸しになるので注意、気温が氷点下なので靴の裏が直ぐにガチガチの氷の塊となります。
文三郎尾根:アイゼン装着。行者小屋の気温−12℃(7時半頃)。積雪もしっかりとあるが下部の樹林帯はトレースしっかりあり。上部は例年に比べれば積雪少ないが、十分あり。滑落注意。
文三郎分岐〜赤岳:分岐あたりは風が強く、赤岳の頂上気温−18℃で風強く顔が痛い。防寒しっかりと。赤岳までのルートは、ほどほどの積雪があり鎖も良く見える状態(写真参照)。
地蔵尾根:積雪しっかりあり。下山時はアイゼン必須。急登なので慎重に下山。一部尻セードで下れる。
その他周辺情報1年ぶりに来たが、美濃戸口の美濃戸山荘の対面に新しいお洒落なレストランが出来ていました。素泊まりも出来るそうで¥4,800(風呂、駐車場付)、夕食付で¥5,500となっていました。
http://j-and-n.jp/about
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸口を早朝3時半に出発。気温ー8℃。
2016年01月22日 03:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口を早朝3時半に出発。気温ー8℃。
2
美濃戸の北沢、南沢への分岐点。6日前に降った雪の積雪量はこんな感じです。トレースあり。
2016年01月22日 04:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸の北沢、南沢への分岐点。6日前に降った雪の積雪量はこんな感じです。トレースあり。
行者小屋手前から横岳方面。稜線は雲の中で晴れは望めないかと意気消沈ぎみ。
2016年01月22日 06:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋手前から横岳方面。稜線は雲の中で晴れは望めないかと意気消沈ぎみ。
1
行者小屋に着いてアイゼン装着準備して後ろを振り向いたら、何と阿弥陀岳の雲が綺麗に取れてやる気が出る。
2016年01月22日 07:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋に着いてアイゼン装着準備して後ろを振り向いたら、何と阿弥陀岳の雲が綺麗に取れてやる気が出る。
7
文三郎尾根の入り口あたりの積雪の様子です。トレースもあり。6日前の積雪直後にラッセルで頑張った方に感謝。
2016年01月22日 07:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根の入り口あたりの積雪の様子です。トレースもあり。6日前の積雪直後にラッセルで頑張った方に感謝。
3
阿弥陀岳の雲も綺麗に取れ、青空に映える雪山。
2016年01月22日 07:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳の雲も綺麗に取れ、青空に映える雪山。
5
赤岳と文三郎尾根を登る先行3人パーティ。
2016年01月22日 08:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳と文三郎尾根を登る先行3人パーティ。
1
赤岳主稜ルートの取り付き点。いつかはここから登りたい!
2016年01月22日 08:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳主稜ルートの取り付き点。いつかはここから登りたい!
1
中岳の分岐点。昨年の1/20に登った阿弥陀岳がくっきりと!昨年同時期よりはまだ雪が少ない。
2016年01月22日 08:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳の分岐点。昨年の1/20に登った阿弥陀岳がくっきりと!昨年同時期よりはまだ雪が少ない。
6
横岳を背景に文三郎尾根を登ってくるパーティ。
2016年01月22日 08:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳を背景に文三郎尾根を登ってくるパーティ。
1
中央アルプスもくっきりと!
2016年01月22日 08:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスもくっきりと!
2
赤岳を下から望む。
2016年01月22日 09:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳を下から望む。
4
赤岳直下のルート。積雪はこんな感じです。
2016年01月22日 09:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳直下のルート。積雪はこんな感じです。
3
同じく。鎖も結構見えます。
2016年01月22日 09:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく。鎖も結構見えます。
2
富士山も見えました。
2016年01月22日 09:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も見えました。
3
赤岳頂上。
2016年01月22日 09:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳頂上。
9
記念撮影。気温-18℃。風はやや強し。
2016年01月22日 09:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念撮影。気温-18℃。風はやや強し。
15
赤岳頂上山荘。
2016年01月22日 09:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳頂上山荘。
5
再びガスが湧き出し、横岳、硫黄岳は見え隠れする。
2016年01月22日 09:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びガスが湧き出し、横岳、硫黄岳は見え隠れする。
1
ガスがとれた横岳。
2016年01月22日 09:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがとれた横岳。
2
お地蔵さんの顔もこの通り。
2016年01月22日 10:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さんの顔もこの通り。
3
地蔵尾根分岐点と横岳。
2016年01月22日 10:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根分岐点と横岳。
1
地蔵尾根から見た赤岳。
2016年01月22日 10:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根から見た赤岳。
3
地蔵尾根から見た阿弥陀岳。
2016年01月22日 10:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根から見た阿弥陀岳。
11
地蔵尾根から見た横岳と硫黄岳。
2016年01月22日 10:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根から見た横岳と硫黄岳。
大同心。
2016年01月22日 10:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心。
1
地蔵尾根の積雪はこんな感じでトレースもしっかりとあり。一部尻セードで下る。
2016年01月22日 10:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根の積雪はこんな感じでトレースもしっかりとあり。一部尻セードで下る。
大同心。
2016年01月22日 10:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心。
2
行者小屋に到着。
2016年01月22日 11:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋に到着。
2
下山は赤岳鉱泉から下る。
2016年01月22日 11:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は赤岳鉱泉から下る。
2
赤岳鉱泉のアイスキャンデー。
2016年01月22日 11:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉のアイスキャンデー。
5
北沢のルートの雪の具合です。
2016年01月22日 11:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢のルートの雪の具合です。
青空に映える木々の白い雪が美しい!
2016年01月22日 11:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に映える木々の白い雪が美しい!
13

感想/記録
by masacs

今月は子供の結婚式もあり、もし何かあるとまずいので、冬山登山は自粛していたが、結婚式も無事に終わり今年最初の初登り。先ずは今シーズンの冬山登山足慣らしとして赤岳を選ぶ。関東甲信越地区に17日の夜から降った大雪でやっと冬山らしい積雪になっている事だろうという楽しみとラッセルする事になるかもしれないという思いを抱きながら前日美濃戸口の駐車場で車中泊。朝3時半に出発。南沢の積雪はトレースがしっかりとあり、大雪後のラッセルでトレース付けた方に感謝しながら登る。
行者小屋に7時過ぎに到着。気温-12℃。稜線はガスで覆われ綺麗な展望は望めないかとアイゼン装着準備していたら、ガスが晴れだし心躍る。
昨年1/20に阿弥陀岳に登ったが積雪量は昨年よりチョット少ない気はするが、やっと冬山らしい積雪となり冬山の緊張感も楽しみながら登る。気温-18℃で風は普通に強く顔が寒い、痛い。頂上には9時過ぎ到着。平日なので登山者は少なく頂上では一人のみだった。風も強いので早々に地蔵の方へ下山。体調もコンデションもいいので横岳、硫黄岳へ縦走する余裕もあり迷ったが地蔵尾根から下山。今シーズン最初の冬山登山という事でまずまず楽しめた。
いつかは赤岳主稜バリエーションルートを登りたい!
訪問者数:1229人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン ガス 急登 滑落 車中泊 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ