ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 801149 全員に公開 雪山ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山(ツツジオ谷〜山頂〜寺谷)

日程 2016年01月23日(土) [日帰り]
メンバー yurisina0230
天候曇りのち曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
河内長野駅前の3番乗り場から「金剛山ロープウェイ前」行きに乗車、
「金剛登山口」で下車

帰り
金剛山ロープウェイ前から「河内長野駅前」行きに」乗車、
終点の河内長野駅前で下車


【風の湯】
河内長野駅前の4番乗り場からすべて系統のバスで「上原口」まで


風の湯に行く場合は、
1日フリー券の方がハイキングきっぷよりお得です。

時間があれば周辺の観光にもバス利用できるので、更にお得になります。


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
1時間7分
合計
4時間37分
S金剛登山口バス停08:1708:22黒栂谷道分岐08:38腰折滝08:4209:00一ノ滝09:0309:08二ノ滝09:2310:14山頂広場10:2510:31岩屋文殊10:3210:43金剛山10:4810:53山頂広場11:0811:12金剛山11:1711:20一の鳥居11:34ちはや園地展望台11:3811:41ちはや園地ピクニック広場11:4312:09岩屋文殊12:1112:54千早ロープウェイバス停/金剛山ロープウェイ前バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありませんが、凍結箇所が多いのでアイゼンを装着したほうが心配なく歩行できます。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

河内長野駅前3番乗り場から金剛山ロープウェイ前行きに乗車します。
2016年01月23日 07:20撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河内長野駅前3番乗り場から金剛山ロープウェイ前行きに乗車します。
4
1日フリー切符を買いました。
風の湯往復にも使えるので「ハイキングきっぷ」よりもお得です。
2016年01月23日 07:20撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日フリー切符を買いました。
風の湯往復にも使えるので「ハイキングきっぷ」よりもお得です。
9
バス利用調査をやっていました。
帰りと風の湯往復を合わせて4回やりました。
2016年01月23日 07:40撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス利用調査をやっていました。
帰りと風の湯往復を合わせて4回やりました。
1
金剛登山口で下車。
ここからスタートです。
2016年01月23日 08:16撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛登山口で下車。
ここからスタートです。
3
バス道を少し戻って、ここを右に。
2016年01月23日 08:17撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス道を少し戻って、ここを右に。
1
さわやかトイレ、まつまさを少し過ぎたところの突き当りの
ここを左に、千早本道とは反対側に進みます。
2016年01月23日 08:21撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さわやかトイレ、まつまさを少し過ぎたところの突き当りの
ここを左に、千早本道とは反対側に進みます。
3
林道のゲートの手前を右に。
2016年01月23日 08:28撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道のゲートの手前を右に。
この橋の手前を右に。
2016年01月23日 08:30撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋の手前を右に。
1
案内書きが書かれています。
2016年01月23日 08:30撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内書きが書かれています。
3
腰折滝です。
ここが凍ったのは未だ見たことありません。
2016年01月23日 08:39撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腰折滝です。
ここが凍ったのは未だ見たことありません。
1
腰折滝上部の丸太橋を渡ります。
(橋を渡らず、真っ直ぐ左に進むと山と高原地図に記載のタカハタ道)
2016年01月23日 08:42撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腰折滝上部の丸太橋を渡ります。
(橋を渡らず、真っ直ぐ左に進むと山と高原地図に記載のタカハタ道)
3
一の滝。側まで行きましたが、薄っすら凍っていました。
2016年01月23日 09:00撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の滝。側まで行きましたが、薄っすら凍っていました。
2
一の滝。巻道からの全貌。
2016年01月23日 09:03撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の滝。巻道からの全貌。
1
二の滝。中央部は凍っていません。
2016年01月23日 09:09撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の滝。中央部は凍っていません。
14
二の滝。
2016年01月23日 09:10撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の滝。
24
二の滝。
2016年01月23日 09:10撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の滝。
8
二の滝。
2016年01月23日 09:10撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の滝。
2
新道・旧道分岐。
以前は木の幹に分岐の案内書きがありましが、見当たりません。
今回は初めて旧道を登ります。
2016年01月23日 09:40撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道・旧道分岐。
以前は木の幹に分岐の案内書きがありましが、見当たりません。
今回は初めて旧道を登ります。
1
旧道は先ほどの分岐から更に沢を遡行して行きます。
2016年01月23日 09:49撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧道は先ほどの分岐から更に沢を遡行して行きます。
1
凍結した沢をドンドン遡行します。
2016年01月23日 09:58撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍結した沢をドンドン遡行します。
6
源流付近まで沢を詰めたあと左の急坂を登り切ると、ここに出ます。
2016年01月23日 10:08撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源流付近まで沢を詰めたあと左の急坂を登り切ると、ここに出ます。
2
源流付近まで沢を詰めたあと左の急坂を登り切ると、ここに出ます。
2016年01月23日 10:08撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源流付近まで沢を詰めたあと左の急坂を登り切ると、ここに出ます。
1
六地蔵。
2016年01月23日 10:10撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六地蔵。
10
国見城址の山頂広場に到着。
11時のライブカメラまで時間があるので、文殊尾根方面と葛木神社に。
2016年01月23日 10:14撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見城址の山頂広場に到着。
11時のライブカメラまで時間があるので、文殊尾根方面と葛木神社に。
22
山頂広場からの眺望。
この日は空気が澄んでいるのか、幻想的にはっきり見渡せるます。
2016年01月23日 10:18撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場からの眺望。
この日は空気が澄んでいるのか、幻想的にはっきり見渡せるます。
3
山頂広場からの眺望。
2016年01月23日 10:18撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場からの眺望。
1
山頂広場からの眺望。
大阪湾の海岸線も大阪平野の町並みも明瞭で、六甲山もくっきり。
2016年01月23日 10:19撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場からの眺望。
大阪湾の海岸線も大阪平野の町並みも明瞭で、六甲山もくっきり。
14
山頂広場からの眺望。
2016年01月23日 10:19撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場からの眺望。
1
山頂広場からの眺望。
遠く愛宕山もよく見えています。
手前は高安山で白い気象レーダーがオリジナルの写真には写っていました。
2016年01月23日 10:19撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場からの眺望。
遠く愛宕山もよく見えています。
手前は高安山で白い気象レーダーがオリジナルの写真には写っていました。
5
山頂広場からの眺望。
2016年01月23日 10:20撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場からの眺望。
6
文殊尾根方面に霧氷めぐり。
2016年01月23日 10:30撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文殊尾根方面に霧氷めぐり。
2
文殊尾根方面に霧氷めぐり。
2016年01月23日 10:30撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文殊尾根方面に霧氷めぐり。
1
文殊尾根方面に霧氷めぐり。
2016年01月23日 10:31撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文殊尾根方面に霧氷めぐり。
文殊尾根方面に霧氷めぐり。
2016年01月23日 10:32撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文殊尾根方面に霧氷めぐり。
1
文殊尾根方面に霧氷めぐり。
2016年01月23日 10:34撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文殊尾根方面に霧氷めぐり。
7
葛木神社にお参り。
2016年01月23日 10:42撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社にお参り。
6
山頂広場まで戻って、
いつものように11時のライブカメラに映り込み。
2016年01月23日 11:00撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場まで戻って、
いつものように11時のライブカメラに映り込み。
31
山頂広場から上部からの眺望。
2016年01月23日 11:03撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場から上部からの眺望。
1
山頂広場から上部からの眺望。
2016年01月23日 11:03撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場から上部からの眺望。
3
山頂広場から上部からの眺望。
2016年01月23日 11:03撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場から上部からの眺望。
2
山頂広場から上部からの眺望。
2016年01月23日 11:04撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場から上部からの眺望。
1
葛木神社には既に参拝済なので巻道から展望台にむかいます。
2016年01月23日 11:07撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社には既に参拝済なので巻道から展望台にむかいます。
1
霧氷。
2016年01月23日 11:07撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷。
6
霧氷。
2016年01月23日 11:11撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷。
8
裏参道に寄り道して大和葛城山。
2016年01月23日 11:16撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏参道に寄り道して大和葛城山。
7
展望台からの眺望。
2016年01月23日 11:32撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望。
1
展望台からの眺望。
2016年01月23日 11:32撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望。
1
展望台からの眺望。
2016年01月23日 11:32撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望。
1
展望台からの眺望。
2016年01月23日 11:32撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望。
4
ちはや園地ピクニック広場、賑やかではありません。
2016年01月23日 11:41撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちはや園地ピクニック広場、賑やかではありません。
3
岩屋文殊に寄ったあと、少し戻って初めての寺谷ルートを下りました。
2016年01月23日 12:10撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋文殊に寄ったあと、少し戻って初めての寺谷ルートを下りました。
2
伏見林道が見え始めてまもなく、
文殊東尾根の下山道に合流します。
2016年01月23日 12:41撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伏見林道が見え始めてまもなく、
文殊東尾根の下山道に合流します。
1
伏見林道に合流します。
伏見林道は凍結もなくスイスイ歩けたので、間に合わないと思っていた、12:57発のバスの発車1分前に飛び乗る事ができラッキーでした。
2016年01月23日 12:43撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伏見林道に合流します。
伏見林道は凍結もなくスイスイ歩けたので、間に合わないと思っていた、12:57発のバスの発車1分前に飛び乗る事ができラッキーでした。
2
風の湯で汗を流しました。
2016年01月23日 14:09撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風の湯で汗を流しました。
14

感想/記録

やっと冬らしくなってきたので、氷瀑の様子見にツツジオ谷を登りましたが、凍結具合まだまだでした。
積雪は山頂付近で数センチあり、やっと冬の金剛山らしくなってきていますが、霧氷のほう部分的に少しある程度でした。
初めての寺谷ルートで下山後、風の湯で汗を流しました。
訪問者数:454人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ