ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 801309 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

雪の奥多摩 本仁田〜川苔山(途中リタイア)

日程 2016年01月23日(土) [日帰り]
メンバー Holiday-A
天候曇り・晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
30分
合計
6時間0分
S奥多摩駅08:5009:20安寺沢10:50本仁田山−花折戸尾根分岐11:00本仁田山11:1011:30コブタカ山(焼多亡山・疣高山・コブッタ)11:50大ダワ12:50鳩ノ巣山道合流点13:1014:10大根ノ山ノ神14:50鳩ノ巣駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 日帰り低山で雪山を味わえるチャンスに合わせ、奥多摩に入りました。
雪山はほとんど経験もないので良く知る山が良かろうと、川苔山をチョイスしつつ今まで通ってなかった本仁田山を踏むという計画。
 事前の計画書上では無積雪なら十分日帰り可能なルート・時間設定でしたが、経験不足から雪山でのルート・時間設定が読めず、結果途中リタイア。

 奥多摩駅から北側へ30分ほど歩き安寺沢の登山口まで行きます。登山口のすぐそばに乳房観音という社があります。名前通りおっぱい関連のご利益があるということで、乳がんの快癒祈願もされるという珍しい神社です。
 登山口から登るとほどなく急登を迎えます。大休場尾根は誰が言ったか、奥多摩三大急登の1つと数えられるそうです。
 奥多摩三大急登とは、^霏屡根〜鷹ノ巣、奥多摩湖側〜三頭のツネ泣き峠、B腟拆貳根だそうです。 ↓△呂困い屬鸚里鵬嫉海濃箸い泙靴燭実際きつかった記憶があります。単に経験不足だったからかもしれない?

 大休場尾根は数人のトレースがあり、花折戸バリエ合流地点までは南側斜面ということもあってか雪は20〜30cm程度。途中で6爪アイゼンを装着して登りました。
 バリエ合流点を越えると傾斜が緩くなりますが、それに比例して雪が深くなります。40cm程度。
 本仁田山頂を越えるとトレースは1人の足跡のみとなり北側斜面になるので、いよいよ雪が深くなります。40-50cmを基本に時々60cmくらいまで行くことも。
 雪山の経験が乏しいこと、装備が足りないことから強引につぼ足で進みます。ワカン買って試すなら丁度良いタイミングだっただろうな。
 何とか大ダワまで行きましたが、時間が超過してること、体力消耗が予定以上だったことから鋸尾根は巻いていく判断をしました。なお1人のトレースは鋸尾根へついてました。

 大ダワからの鋸尾根巻き道は川苔山の山道の中で最も危険な個所とされています。ここ数年、木橋が崩壊気味で滑落しやすいため慎重な足元の確保が必要です。また先行者トレースが無く、木橋での道確保を1歩ずつ行う必要がありました。
 結果、無積雪なら20分あれば行けるルートを40−50分かけて体力も2倍3倍消費することとなりました。へたすりゃトレースのある鋸尾根の方が楽だったんじゃないかと後悔。

 鳩ノ巣からのメイン山道との合流点についたときはバテバテでようやく昼食を取ります。食事メニューとして考えていたトレイルミックスのお茶漬けを試しましたが、味は改善の必要があるようです。
 この時点で13:10と時間的に厳しい状況。昼食後15分ほど登りましたが体力と時間を考え途中リタイア・途中下山することとしました。
 ER用に計画していたメイン山道を鳩ノ巣方面に下山し、山の神合流点、熊野神社へ下ります。メイン山道は何度となく通った道です。トレースもしっかりしており、ラッセルの必要はありません。

 そろそろ本格的に雪山デビューしたいなと思いながらの雪山ハイクでしたが、装備技術で足りないところが多く見つかり、勉強になった登山です。
 何はともあれ今回も無事下山できてお疲れちゃんでした。
コース状況/
危険箇所等
大休場尾根〜川苔方面トレース少ない
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

奥多摩駅周辺の雪状況
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩駅周辺の雪状況
1
登山口 民家の隣を通る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口 民家の隣を通る
1
乳房観音 名前にまつわるご利益が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乳房観音 名前にまつわるご利益が
1
大休場尾根の登り
奥多摩三大急登の1つ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大休場尾根の登り
奥多摩三大急登の1つ
このあたりから雪が深くなる
道迷いが起きやすいところらしく虎ロープがある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから雪が深くなる
道迷いが起きやすいところらしく虎ロープがある
さすが三大急登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすが三大急登
3
木の根についたつらら
柱になりかけている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根についたつらら
柱になりかけている
3
バリエの花折戸ルートとの合流点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バリエの花折戸ルートとの合流点
山頂にある東屋(廃屋?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にある東屋(廃屋?)
1
コブタカ・川苔方面へのトレースは1人分のみ
雪は40-50cmくらい ひざ下・ひざまで埋まる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブタカ・川苔方面へのトレースは1人分のみ
雪は40-50cmくらい ひざ下・ひざまで埋まる
コブタカ山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブタカ山頂
東日原方面を望む 天目、酉谷あたりかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東日原方面を望む 天目、酉谷あたりかな?
5
時間的、体力的に鋸尾根を登る余力無く、東側巻き道を選択することになる(そして後悔する)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間的、体力的に鋸尾根を登る余力無く、東側巻き道を選択することになる(そして後悔する)
3
東側巻き道はトレース無く、鹿と思われる獣の足跡のみ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側巻き道はトレース無く、鹿と思われる獣の足跡のみ
大ダワからの東側巻き道は木橋崩壊気味
雪を踏み固めて足場を確保しながら進む必要がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワからの東側巻き道は木橋崩壊気味
雪を踏み固めて足場を確保しながら進む必要がある
ようやく鳩ノ巣からのメイン山道と合流
通常の2倍の時間を要した
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく鳩ノ巣からのメイン山道と合流
通常の2倍の時間を要した
1
トレイルミックスを紅茶につけて簡易の昼食を試す
見た目は悪いが味も改良の余地あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレイルミックスを紅茶につけて簡易の昼食を試す
見た目は悪いが味も改良の余地あり
時間的に登頂が厳しいので途中リタイアして下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間的に登頂が厳しいので途中リタイアして下山
1
部分的に雪が深いもののトレースが多く難なく山の神合流点に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
部分的に雪が深いもののトレースが多く難なく山の神合流点に到着
いつもお気に入りの熊野神社で下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもお気に入りの熊野神社で下山
1
訪問者数:483人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 道迷い 巻き道 鋸尾根 東屋
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ