ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 801318 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

〜雪の社山に挑戦!〜

日程 2016年01月23日(土) [日帰り]
メンバー -PORCO-
天候曇り→晴れ→小雪。
7:00で気温は-7℃。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
歌ヶ浜駐車場に駐車しました。
6:40到着時には1台も停まっていませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間34分
休憩
1時間8分
合計
7時間42分
S歌ヶ浜駐車場07:0507:48狸窪07:5408:37阿世潟08:4309:10阿世潟峠09:2011:37社山11:4112:40阿世潟峠12:4512:54阿世潟13:2714:04狸窪14:0814:47歌ヶ浜駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルート概略                                 

7:05 歌ヶ浜駐車場
8:40 阿世潟
9:20 阿世潟峠
11:40 社山山頂
12:40 阿世潟峠
13:00 阿世潟
14:50 歌ヶ浜駐車場     合計7時間45分   総距離13.19繊  〜躱緇993m  
コース状況/
危険箇所等
■道路状況
いろは坂の上部から少し雪が積もっていました。

■コース状況
歌ヶ浜駐車場→狸窪少し手前
除雪された遊歩道歩き。路面が凍っているのでチェーンスパイクなどの滑り止めがあった方がいいと思います。

■狸窪少し手前→阿世潟
20〜30cmの積雪。トレースはありましたがそれほど踏み固められていなかったのでワカンやスノーシューがいいと思います。自分はカンジキで歩きました。

■阿世潟
阿世潟→社山
ここから本格的な登山道。積雪は多い所で60〜70cm。トレースは所々ありましたが雪の深い所では腰まで埋まるのでラッセルの必要有り。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

雪の歌ヶ浜駐車場に自分の車だけ。
今日はここからスタートです。
2016年01月23日 07:06撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の歌ヶ浜駐車場に自分の車だけ。
今日はここからスタートです。
まずはカチコチの遊歩道を歩きます。
2016年01月23日 07:12撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはカチコチの遊歩道を歩きます。
イタリア大使館別荘記念公園は雪の中。
2016年01月23日 07:34撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イタリア大使館別荘記念公園は雪の中。
中禅寺湖と男体山なかなか良いアングルです。
2016年01月23日 07:37撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中禅寺湖と男体山なかなか良いアングルです。
2
こちらはトンガリ頭の社山。
2016年01月23日 07:37撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはトンガリ頭の社山。
2
除雪はここまで。
2016年01月23日 07:49撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
除雪はここまで。
ここから先はシンコウカンジキを装備。ワカンとスノーシューの中間みたいな感じです。
2016年01月23日 07:54撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先はシンコウカンジキを装備。ワカンとスノーシューの中間みたいな感じです。
2
狸窪の分岐に到着。半月峠方向はノートレースでしたが、帰りに通った時にはトレースが付いていたので誰か歩いたのかな?
2016年01月23日 07:56撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狸窪の分岐に到着。半月峠方向はノートレースでしたが、帰りに通った時にはトレースが付いていたので誰か歩いたのかな?
社山方向にトレースはありましたが歩くのに苦労しました。
2016年01月23日 08:06撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社山方向にトレースはありましたが歩くのに苦労しました。
ここで逆さ男体山が綺麗に見えました!
2016年01月23日 08:26撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで逆さ男体山が綺麗に見えました!
4
阿世潟の分岐に到着しました。
2016年01月23日 08:37撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿世潟の分岐に到着しました。
ここから先が本格的な登山道です。分岐から先はうっすらとトレースが付いていました。
2016年01月23日 08:50撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先が本格的な登山道です。分岐から先はうっすらとトレースが付いていました。
阿世潟から少し登った所の標識。
2016年01月23日 09:03撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿世潟から少し登った所の標識。
阿世潟峠に到着しました。
2016年01月23日 09:18撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿世潟峠に到着しました。
これから進む尾根道。
ちなみにここから山頂までラッセルで疲れてしまいあまり写真を撮る余裕がありませんでした・・・
2016年01月23日 09:19撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む尾根道。
ちなみにここから山頂までラッセルで疲れてしまいあまり写真を撮る余裕がありませんでした・・・
2
振り返りの半月山方向。
2016年01月23日 10:14撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返りの半月山方向。
2
こちらはこれから進む尾根道。
2016年01月23日 10:16撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはこれから進む尾根道。
3
北を見ると太郎山や白根山。
2016年01月23日 10:17撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北を見ると太郎山や白根山。
2
中禅寺湖と男体山の絶景です。
2016年01月23日 10:31撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中禅寺湖と男体山の絶景です。
4
この辺りなんて雪の壁ですよ。ここはとても登れないので左に巻きました。が、巻いた先も腰まで埋まる積雪です。
2016年01月23日 10:38撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りなんて雪の壁ですよ。ここはとても登れないので左に巻きました。が、巻いた先も腰まで埋まる積雪です。
4
ここで茨城県民心の山の筑波山が見えてテンションが上がりました!写真では駄目ですね・・・
2016年01月23日 11:04撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで茨城県民心の山の筑波山が見えてテンションが上がりました!写真では駄目ですね・・・
ここから山頂まで400m!よし行けると思ったら山頂100m手前でまたまた雪の壁。100m手前で諦めようかなと思いましたが何とか頑張って進みました。
2016年01月23日 11:04撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから山頂まで400m!よし行けると思ったら山頂100m手前でまたまた雪の壁。100m手前で諦めようかなと思いましたが何とか頑張って進みました。
3
そして苦労してたどり着いた社山の山頂標識。男体山をバックに撮りました!
2016年01月23日 11:39撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして苦労してたどり着いた社山の山頂標識。男体山をバックに撮りました!
8
こちらは足尾方面の山々。
ここでお昼にしたかったのですが下山の時間が心配だったので下ってから食べる事にします。
2016年01月23日 11:39撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは足尾方面の山々。
ここでお昼にしたかったのですが下山の時間が心配だったので下ってから食べる事にします。
5
うっすらと筑波山。この日肉眼では筑波連山がハッキリと見えました。
2016年01月23日 11:42撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすらと筑波山。この日肉眼では筑波連山がハッキリと見えました。
1
戦場ヶ原も雪で真っ白ですね。今日はスノーシューハイキング楽しんでいるかな?
2016年01月23日 12:00撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戦場ヶ原も雪で真っ白ですね。今日はスノーシューハイキング楽しんでいるかな?
2
こちらは中禅寺湖に突き出ている八丁出島。
2016年01月23日 12:07撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは中禅寺湖に突き出ている八丁出島。
4
登りの半分以下の時間で阿世潟峠まで下って来ました。
2016年01月23日 12:41撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りの半分以下の時間で阿世潟峠まで下って来ました。
阿世潟に到着。
2016年01月23日 12:58撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿世潟に到着。
ここでお昼にしました。
2016年01月23日 13:00撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでお昼にしました。
3
帰りしなの男体山。
2016年01月23日 13:38撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りしなの男体山。
2
振り返りの社山。あの上まで登ったのか〜。
自分、よく頑張った!!
2016年01月23日 14:26撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返りの社山。あの上まで登ったのか〜。
自分、よく頑張った!!
6
小雪がちらついて来ましたが駐車場はもうすぐです。
2016年01月23日 14:46撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雪がちらついて来ましたが駐車場はもうすぐです。
無事に歌ヶ浜駐車場まで戻ってきました。
あ〜疲れた!
2016年01月23日 14:48撮影 by VH410 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に歌ヶ浜駐車場まで戻ってきました。
あ〜疲れた!
1

感想/記録

雪の社山に登ってきました。

感想としては『あ〜疲れた!』この一言に尽きると思います。
ここまで長時間のラッセルは初めてだったのでかなり疲れました。途中で何度も登頂を諦めようと思いましたが、12時までは頑張ろうと自分の中で決めて登り続けました。
なので山頂に着いた時は達成感で一杯で思わず『着いたぞ〜!!』と叫んでしまいました。そしたら鹿がピーと答えてくれました(笑)

今回の山行で出会ったのは途中でスライドしたソロの男性と鹿の群れ10頭前後だけという静かな山歩きとなりました。
訪問者数:376人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

スノーシュー テン 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ