ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 801373 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

雪の丹沢

日程 2016年01月23日(土) [日帰り]
メンバー yamabo
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間18分
休憩
1時間9分
合計
7時間27分
S大倉バス停08:2408:29大倉山の家08:46観音茶屋09:01大倉高原山の家09:0209:07雑事場ノ平09:12見晴茶屋09:40駒止茶屋09:49堀山09:55堀山の家10:1210:30天神尾根分岐10:3511:04花立山荘11:0511:14花立11:1511:19金冷シ11:36塔ノ岳11:3911:51金冷シ11:5212:23小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)12:33小丸12:51鍋割山荘12:52鍋割山13:3014:08後沢乗越14:0914:27林道終点14:2814:43二俣15:01黒竜の滝15:45大倉バス停15:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

8時30分時点で駐車場はガラガラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時30分時点で駐車場はガラガラ
しばらくは全く雪のない道を行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは全く雪のない道を行きます
今日は少し遠回りして大倉高原山の家経由
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は少し遠回りして大倉高原山の家経由
テント場は1張でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場は1張でした
一本松あたりから雪がでてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本松あたりから雪がでてきました
ところどころ凍っていて滑る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ凍っていて滑る
水墨画のようで美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水墨画のようで美しい
ここで軽アイゼンを装着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで軽アイゼンを装着
山頂直下は真っ白
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下は真っ白
塔ノ岳山頂 1491m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂 1491m
1
いつもは混雑している山頂も、風が冷たくて、人が少な目
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもは混雑している山頂も、風が冷たくて、人が少な目
2
太陽もうっすら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽もうっすら
トレースがないところを踏むとずぼっといきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースがないところを踏むとずぼっといきます
ニューアイテムのスノーシュー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニューアイテムのスノーシュー
1
自分だけの足跡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分だけの足跡
3
鍋割山山頂 1272m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山山頂 1272m
1
鍋割山山荘前は大分雪が残っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山山荘前は大分雪が残っています
山頂直下は雪が残っていますが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下は雪が残っていますが
少し行くと泥道に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し行くと泥道に

感想/記録
by yamabo

雪が降ったので丹沢へ。
新しく購入したスノーシューを使いたくて行ってきました。
登山者が多い山域なので完全にトレースもついているので本来ならスノーシューが活躍する場所は全くありません。完全に余計な荷物なのですが、ルートを外れてスノーシューを楽しんできました。
雪はバリバリでスノーシュー特有の浮遊感は全くありませんでしたが、それでも、誰も歩いていないところに自分の踏み跡を残していくのは楽しい。
小学生が通学の途中に霜柱をわざわざ踏んでいくのとおんなじ感覚かな。
次は、ふわふわのパウダースノーを楽しみに行こう。
訪問者数:637人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ