ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 801840 全員に公開 雪山ハイキング金剛山・岩湧山

雪の金剛山へ(モミジ谷道よりダイヤモンドトレール)

日程 2016年01月24日(日) [日帰り]
メンバー morigie
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御所市から水越峠への旧道は一部凍結、スタッドレスかチェーンが望ましい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間10分
休憩
1時間0分
合計
4時間10分
S水越峠11:1011:30金剛の水11:40もみじ谷入り口13:10金剛山14:0014:00朝原寺道分岐14:40旧パノラマ台14:5015:20水越峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な箇所はありません。林道から所々凍結し終始アイゼン装着しました。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 魔法瓶忘れた

写真

水越峠からガンドカコバ林道へ
2016年01月24日 12:43撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠からガンドカコバ林道へ
2
日の光を受けて道が輝きます
2016年01月24日 12:45撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の光を受けて道が輝きます
3
金剛の水
2016年01月24日 13:09撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛の水
カヤンボ、ダイトレとの分岐
2016年01月24日 13:14撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤンボ、ダイトレとの分岐
モミジ谷への入り口
2016年01月24日 13:16撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミジ谷への入り口
第一堰堤
2016年01月24日 13:18撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一堰堤
第二堰堤
2016年01月24日 13:22撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二堰堤
第三堰堤
2016年01月24日 13:24撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三堰堤
氷の芸術、動物の足のようです
2016年01月24日 13:38撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷の芸術、動物の足のようです
4
第四堰堤少しですが氷が張り付いています。
2016年01月24日 13:44撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第四堰堤少しですが氷が張り付いています。
沢の流れも一部凍っています
2016年01月24日 13:47撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の流れも一部凍っています
6
氷の芸術、珠状になっています
2016年01月24日 13:47撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷の芸術、珠状になっています
11
だんだん凍ったところが多くなってきました
2016年01月24日 13:50撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん凍ったところが多くなってきました
分岐点、昨年はここで左に行き、第六堰堤を見れなかった。今年は右に行きます。
2016年01月24日 13:54撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点、昨年はここで左に行き、第六堰堤を見れなかった。今年は右に行きます。
第六堰堤はしっかり凍っています。
2016年01月24日 13:59撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第六堰堤はしっかり凍っています。
7
これを見るために寒い中を登ってきたのです
2016年01月24日 13:59撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを見るために寒い中を登ってきたのです
5
青空も見えます
2016年01月24日 14:00撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空も見えます
1
向かって右側は氷壁のようです
2016年01月24日 14:00撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かって右側は氷壁のようです
6
第六の上部
2016年01月24日 14:04撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第六の上部
1
そのアップ
2016年01月24日 14:05撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのアップ
1
第六堰堤を巻いて少し上がると分岐があり、右を登りつめるとロープが張ってありそこから左手の尾根へと登っていきます
2016年01月24日 14:15撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第六堰堤を巻いて少し上がると分岐があり、右を登りつめるとロープが張ってありそこから左手の尾根へと登っていきます
1
尾根に上がり、奈良盆地を見下ろします
2016年01月24日 14:32撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に上がり、奈良盆地を見下ろします
3
アップ
2016年01月24日 14:32撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ
1
葛木神社到着
2016年01月24日 14:44撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社到着
いいお天気です 遠く六甲の方までよく見えます
2016年01月24日 15:12撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいお天気です 遠く六甲の方までよく見えます
13
下りの途中の景色 遠くの山も白くなっています 鳥見山?
2016年01月24日 15:30撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの途中の景色 遠くの山も白くなっています 鳥見山?
1
旧パノラマ台から奈良盆地 旧ってつくのはなぜ?
2016年01月24日 16:10撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧パノラマ台から奈良盆地 旧ってつくのはなぜ?
5
吉野山の方向にも白い山がみえます
2016年01月24日 16:11撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉野山の方向にも白い山がみえます
2
撮影機材:

感想/記録

この日を逃すと次はいつになるかわからないので、今日はぜひ、行きたかった。
天候の様子が不安だったので朝から空の様子を見ていた。
思ったよりは風もひどくなく、何とかいけるかなと遅く10時に家を出た。
11時に水越峠に到着して早速スタート。林道区間はそれほどかちんこちんではなかったが、用心のため早めにアイゼンを着けた。
モミジ谷の道も雪はあったが凍ってはなく、それほど危険は感じなかった。水量も少なく渡河も問題なかった。
本日はぐっと冷え込んだため、堰堤の氷瀑を期待して寒い中ここまでやってきた。
幸い第六堰堤のすばらしい氷瀑を見ることができた。一昨年見た時よりやや小ぶりな感じだったが、この暖冬の中、数日の冷え込みでよくぞここまで育ってくれた。
しばし、この景観を楽しんだ後、堰堤を左に巻いて少し登ると分岐点に着いた。
一昨年はここを左に行き、ロープがあった処から左の尾根を登ったが、今日は足跡の多い右に行ってみる。
しばらく行くと谷を塞ぐようにロープが張ってあり、左の尾根に誘導される。
そこからは激登りであるが踏み跡もしっかりあり尾根に到達してさらに進んでいくと葛木神社の参道にでる。
ブナ林から葛城山をみると少しだが冠雪している。景色を眺めてから階段を上って葛木神社に参った。
広場で食事してから国見城址に向かう。
今日は天気も良く空気も澄んでいるため、遠く六甲山や大阪湾の向こうまで景色までよく見える。
帰りはダイトレルートを使って水越峠まで戻る。旧パノラマ台から見下ろした奈良盆地の風景もきれいであった。ところで旧パノラマ台の旧っていったい何なんだろう?昔、パノラマ台って呼ばれていたのか?誰かご存知ありませんか?
訪問者数:279人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ