ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 802017 全員に公開 雪山ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山(ツツジオ谷〜文殊尾根)

日程 2016年01月24日(日) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
南海バス
【往路】河内長野駅〜金剛登山口:450円
【復路】千早ロープウェイ前〜河内長野駅:520円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間25分
休憩
1時間15分
合計
3時間40分
S金剛登山口バス停12:2712:45腰折滝12:5713:11一ノ滝13:1613:20二ノ滝13:3213:46八合目(千早本道)13:57九合目(千早本道)14:0114:09山頂広場14:4014:48金剛山14:53一の鳥居15:01湧出岳15:0315:08一の鳥居15:13金剛山15:18岩屋文殊15:2716:07千早ロープウェイバス停/金剛山ロープウェイ前バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

今冬最強の寒波の到来に恐れをなしていましたが、外を見れば青空が広がっている様子なので、金剛山に向かいます。ツツジオ谷を登って氷瀑を見物し、文殊尾根を下るコースとし、金剛登山口を出発します。
2016年01月24日 12:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今冬最強の寒波の到来に恐れをなしていましたが、外を見れば青空が広がっている様子なので、金剛山に向かいます。ツツジオ谷を登って氷瀑を見物し、文殊尾根を下るコースとし、金剛登山口を出発します。
2
車止めゲートの手前で右に折れ、配水施設の先から、タカハタ道・ツツジオ谷ルートに進みます。
2016年01月24日 12:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車止めゲートの手前で右に折れ、配水施設の先から、タカハタ道・ツツジオ谷ルートに進みます。
沢沿いを進んでいくと、木々の合間から腰折滝が見えてきます。
2016年01月24日 12:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いを進んでいくと、木々の合間から腰折滝が見えてきます。
その先で、直進するタカハタ道と別れてツツジオ谷ルートへ。渡渉を繰り返しながら、砂防堰堤を3つほど通過すると、
2016年01月24日 13:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先で、直進するタカハタ道と別れてツツジオ谷ルートへ。渡渉を繰り返しながら、砂防堰堤を3つほど通過すると、
一の滝に達します。幾つものつららがぶら下がっていますが、下部はまだ完全には凍り付いていないようです。
2016年01月24日 13:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の滝に達します。幾つものつららがぶら下がっていますが、下部はまだ完全には凍り付いていないようです。
続いて二の滝へ。こちらは見事な氷瀑と化しています。
2016年01月24日 13:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて二の滝へ。こちらは見事な氷瀑と化しています。
4
直下まで近づいて氷柱を仰ぎ見ます。槍先のように鋭く尖ったり、
2016年01月24日 13:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直下まで近づいて氷柱を仰ぎ見ます。槍先のように鋭く尖ったり、
5
滑らかな曲線を重ねたり、様々な表情を見せる、
2016年01月24日 13:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑らかな曲線を重ねたり、様々な表情を見せる、
3
氷の造形美に魅了されます。
2016年01月24日 13:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷の造形美に魅了されます。
5
左手の急斜面を登って滝を高巻くと、
2016年01月24日 13:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の急斜面を登って滝を高巻くと、
1
しだいに幅が狭まる谷を登り詰めます。
2016年01月24日 13:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しだいに幅が狭まる谷を登り詰めます。
倒木をくぐったりしながら源頭部を進み、
2016年01月24日 13:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木をくぐったりしながら源頭部を進み、
六体のお地蔵様に出迎えられて、タカハタ道に再び合流します。
2016年01月24日 14:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六体のお地蔵様に出迎えられて、タカハタ道に再び合流します。
2
平坦な道を進むとほどなく、国見城跡の山頂広場に到着します。
2016年01月24日 14:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦な道を進むとほどなく、国見城跡の山頂広場に到着します。
2
天気に恵まれまずまずの眺め。目を凝らすと大阪都心の高層ビル群が手に取るようです。日向のベンチで遅い昼食を摂ると、
2016年01月24日 14:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気に恵まれまずまずの眺め。目を凝らすと大阪都心の高層ビル群が手に取るようです。日向のベンチで遅い昼食を摂ると、
3
高台に上がって大阪平野を見渡します。大阪湾を隔てて六甲山が横たわりますが、淡路島方面は雲の中のようです。
2016年01月24日 14:34撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高台に上がって大阪平野を見渡します。大阪湾を隔てて六甲山が横たわりますが、淡路島方面は雲の中のようです。
ファイアリーな光背を背負う不動明王が立ちはだかる転法輪寺へ。
2016年01月24日 14:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ファイアリーな光背を背負う不動明王が立ちはだかる転法輪寺へ。
2
朱塗りの灯篭が並ぶ参道を進み、ひと際目立つ夫婦杉の巨木は威厳に満ちています。
2016年01月24日 14:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朱塗りの灯篭が並ぶ参道を進み、ひと際目立つ夫婦杉の巨木は威厳に満ちています。
3
葛木神社に進むと、境内の杉木立は真っ白に染まり、狛犬も雪を被って少々寒そうです。
2016年01月24日 14:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社に進むと、境内の杉木立は真っ白に染まり、狛犬も雪を被って少々寒そうです。
3
ブナ林越しに望むのは、積雪のない大和葛城山。その先には奈良盆地が広がります。
2016年01月24日 14:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林越しに望むのは、積雪のない大和葛城山。その先には奈良盆地が広がります。
1
一の鳥居を経て、一等三角点が埋まる湧出岳の頂上に到着します。ここで引き返し、
2016年01月24日 15:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の鳥居を経て、一等三角点が埋まる湧出岳の頂上に到着します。ここで引き返し、
1
転法輪寺まで戻ると左折して岩屋文殊へ。知恵を授かるのにご利益があるそうですが、もう手遅れなのかもしれません。
2016年01月24日 15:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転法輪寺まで戻ると左折して岩屋文殊へ。知恵を授かるのにご利益があるそうですが、もう手遅れなのかもしれません。
2
この先は文殊尾根を下ります。はじめは緩やかな下りですが、
2016年01月24日 15:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は文殊尾根を下ります。はじめは緩やかな下りですが、
1
植林帯の中に入ると、しだいに傾斜がきつくなります。
2016年01月24日 15:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯の中に入ると、しだいに傾斜がきつくなります。
1
東尾根に導かれて、伏見林道へと急降下。その先は林道を辿って、
2016年01月24日 15:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根に導かれて、伏見林道へと急降下。その先は林道を辿って、
1
千早ロープウェイ前バス停に行き着きます。
2016年01月24日 16:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千早ロープウェイ前バス停に行き着きます。
2
撮影機材:

感想/記録

帰りのバスを待っているうちに空がみるみるうちに暗くなり、雪が降り始めました。寒波の間隙をついての氷瀑見物となりました。
訪問者数:273人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ