ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 802444 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走近畿

加美アルプス奥雄岳東尾根三国峠周回

日程 2015年12月18日(金) [日帰り]
メンバー unsui, その他メンバー4人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅427かみ・青玉神社
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
35分
合計
7時間15分
Sスタート地点07:3110:29奥雄岳11:0414:09三国峠14:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
道の駅427かみ7:30ーP443m8:21ーCa.600m尾根合流8:50ー三角点森垣内615.06m8:57ーP690m展望良好9:28ーCa.690m9:41ー下岩峰10:26ー上岩峰10:50ー奥尾岳10:56/11:27ーCa.687mコル12:03ー三角点807.08m貝坂12:25ーCa.645m槍ヶ峰12:32/:37ー梅ヶ畑越13:11ー三角点750.04m梅ヶ畑13:29ー三国峠14:07ー林道三俣14:47
コース状況/
危険箇所等
加美アルプス(通称)の奥雄岳(点名:小屋ヶ谷842.21m)の東へ連なる尾根を末端の青玉神社から登るもので、全く登山道として整備されていない。地形図を読めて多少の薮漕ぎと岩塊を越える技術が有る方しかお勧めしません。奥雄岳から三国岳までの稜線は、通称加美アルプスと呼ばれており沢山の小さなピークを辿るので、山慣れた方なら特に問題は無い。
なお、岩に慣れていない方がいる場合は、10m位の細引きか補助ロープとシュリンゲを携行されると安心です。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

Ca.600m尾根合流地点から登ってきた尾根を見下ろす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Ca.600m尾根合流地点から登ってきた尾根を見下ろす
加美アルプスの山々が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加美アルプスの山々が見えてきました。
槍ヶ峰遠望
2015年12月17日 09:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ峰遠望
四等三角点点名:森垣内615.06mを過ぎて、稜線への登りを過ぎた尾根を核心部へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四等三角点点名:森垣内615.06mを過ぎて、稜線への登りを過ぎた尾根を核心部へ向かう。
目の前に奥雄岳の岩壁が間近に迫って来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前に奥雄岳の岩壁が間近に迫って来ました。
最後の岩頭を越え小さなキレットを渡れば縦走路です。
2015年12月17日 10:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の岩頭を越え小さなキレットを渡れば縦走路です。
岩が脆いので、慎重にキレットを越えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が脆いので、慎重にキレットを越えます。
四等三角点点名:梅ヶ畑750.04m
2015年12月17日 13:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四等三角点点名:梅ヶ畑750.04m
奥雄岳から北へ縦走して、やっと今日の下山口「三国峠」まで戻ってきました。ここから降るだけです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥雄岳から北へ縦走して、やっと今日の下山口「三国峠」まで戻ってきました。ここから降るだけです。
撮影機材:

感想/記録
by unsui

テントレック(http://www.tentrek.net/)さんとの合同山行で、多可郡の加美アルプス縦走に出掛けました。
コースは、一般的な三国峠から千が峰方面へ南下するコースとは反対に、点名:小屋ヶ谷842.2m奥雄岳から北上して三国峠を目指します。奥雄岳へは、「道の駅R742たか」の前にある「青玉神社」の背後の山の稜線を辿り、奥雄岳頂上すぐ北の岩峰まで登り詰めます。最初のP443までは杉や檜の植林帯の急坂で獣除け柵に沿って登ります。Ca.600m付近で北から上がって来る尾根と合流する迄は林内の登り易い所を探して登ります。
尾根と出合ってからは、尾根上を忠実に辿ります。615.0mの三角点:森垣内を過ぎれば視界も開け加美アルプスの山々を眺めながらの稜線あるきを楽しみました。
Ca.770m峰を過ぎた辺りから稜線上に岩塊と石楠花が目立つ様になり、日当たりの良い所には山帰来の棘に悩まされる。加美アルプスの主稜線と合流する直前には、2つの岩峰が待ち構えており、下の岩峰は左右共巻くことが出来ず3級程度の岩登りを強いられます。最後の岩峰から小さなキレットを越えれば主稜線に達してひと登りで奥雄岳頂上へ達するルートです。
奥雄岳へに至る最短ルートですが、多少なりとも岩登りの経験がある方以外には、あまりお勧めしません。地形図を読めて尚且つ岩登りを出来る方にはお勧めのルートです。
奥雄岳を北へ辿り、槍ヶ峰への槍雄(槍穂ではありません)縦走路、槍ヶ峰からは表銀座コースと辿り三国峠まで尾根を歩きますが、沢山の枝尾根が分岐しているため、地形図とコンパスで方向を確認しないと非常に迷いやすい尾根です。
GPSのスタートボタンを押した積もりでしたが、Ca600m尾根合流地点で押されていない事が判明。この地点からのトレースの記録になってしまったので、同行のUさんのログをお借りして地形図に落としています。Uさんありがとうございます。
訪問者数:109人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ