ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 802475 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

塔ノ岳 雪山ハイクデビュー

日程 2016年01月25日(月) [日帰り]
メンバー sadatoasa
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
小田急渋沢駅から大倉バス停まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間56分
休憩
8分
合計
5時間4分
S大倉バス停07:3707:38どんぐり山荘07:58観音茶屋08:12雑事場ノ平08:18見晴茶屋08:50駒止茶屋09:00堀山09:06堀山の家09:0809:25天神尾根分岐09:53花立山荘10:02花立10:06金冷シ10:0710:23塔ノ岳10:2510:41金冷シ10:46花立10:53花立山荘10:5511:21天神尾根分岐11:33堀山の家11:3411:41堀山11:48駒止茶屋12:11見晴茶屋12:23観音茶屋12:38大倉山の家12:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登山口からは特に積雪は無く、駒止茶屋の手前あたりから雪が目立ち始めます。
私はそのあたりからチェーンスパイクを装備しました。
階段も凍結していたのですが、チェーンスパイクを履くとなんら問題無く歩く事ができました。

ピストンなので下山の写真があまり無いです。
コース状況/
危険箇所等
雪山ハイクを目的に塔ノ岳を企画しました。
途中でアイスバーンになっている箇所がありました。
登りはまだ頑張れるかもしれませんが、下りではチェーンスパイク・アイゼンは必須と思われます。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

大倉バス停です。
今日はとても良い天気です。太陽がとてもまぶしいです
2016年01月25日 07:31撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉バス停です。
今日はとても良い天気です。太陽がとてもまぶしいです
最初の小屋の前にチップトイレができてました。
秋に通った時はなかったのでそれ以降にできたものと思われます。
2016年01月25日 07:59撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の小屋の前にチップトイレができてました。
秋に通った時はなかったのでそれ以降にできたものと思われます。
2
ヤマレコの他の方もレポしてますが、見晴茶屋のトイレが改装中でした。
2016年01月25日 08:16撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコの他の方もレポしてますが、見晴茶屋のトイレが改装中でした。
2
見晴茶屋を超えたあたりから大倉尾根のバカ尾根本領発揮です。
ですがまだまだ雪のかげはありません。
2016年01月25日 08:18撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴茶屋を超えたあたりから大倉尾根のバカ尾根本領発揮です。
ですがまだまだ雪のかげはありません。
1
少し登ったあたりから雪がちらほらと
2016年01月25日 08:24撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ったあたりから雪がちらほらと
もう少し登ると全体的に雪が覆ってきます。
2016年01月25日 08:37撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し登ると全体的に雪が覆ってきます。
1
このあたりからチェーンスパイクを装備しました。
2016年01月25日 08:42撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりからチェーンスパイクを装備しました。
2
階段もこのとおりカチンコチンです。
チェーンスパイク等必須です。
2016年01月25日 09:30撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段もこのとおりカチンコチンです。
チェーンスパイク等必須です。
2
花立山荘の前からの景色です。
とても空気が澄んでいて、伊豆大島までとても良く見えます。
2016年01月25日 09:49撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘の前からの景色です。
とても空気が澄んでいて、伊豆大島までとても良く見えます。
2
同じく花立山荘からの景色。
右側には富士山手前の愛鷹山がよく見えます。
2016年01月25日 09:49撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく花立山荘からの景色。
右側には富士山手前の愛鷹山がよく見えます。
3
同じく花立山荘からの景色。
富士山がどーんです
2016年01月25日 09:50撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく花立山荘からの景色。
富士山がどーんです
6
唯一危険かなっと思った箇所です。
金冷シを超えたあたりのヤセ尾根の箇所です。
2016年01月25日 10:04撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一危険かなっと思った箇所です。
金冷シを超えたあたりのヤセ尾根の箇所です。
4
そして塔ノ岳山頂に到着です!
富士山と山頂の標識。
山頂はとても寒く、長居している人はいなかったように見えます。
2016年01月25日 10:23撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして塔ノ岳山頂に到着です!
富士山と山頂の標識。
山頂はとても寒く、長居している人はいなかったように見えます。
7
そして塔ノ岳山頂からの景色です。
大山と三ノ塔と江ノ島がすべて一望できます。
富士山もいいですが、この景色も素晴らしい!
2016年01月25日 10:22撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして塔ノ岳山頂からの景色です。
大山と三ノ塔と江ノ島がすべて一望できます。
富士山もいいですが、この景色も素晴らしい!
7
そして富士山!
アルプスもバッチリ見えてます
いやー素晴らしい!
2016年01月25日 10:22撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして富士山!
アルプスもバッチリ見えてます
いやー素晴らしい!
10
山頂は風が強く長居できなかったので、花立山荘まで降りてきて昼食を頂きます。
2016年01月25日 10:56撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は風が強く長居できなかったので、花立山荘まで降りてきて昼食を頂きます。
1

感想/記録

登山を始めて2年経つので、そろそろ雪山ハイクをしたいと塔ノ岳を計画しました。
天気は快晴!雲ひとつ無い最高の天気でした。
購入したばかりのチェーンスパイクはとても履きやすく、雪に喰い付いているのをしっかりと感じ取れました。
実際にアイスバーンでも全く滑る事なく快適な歩行を楽しめました。
雪山の塔ノ岳はとても素晴らしく、いつも勝手知ったる道なので安心感すらありました。
塔ノ岳は冬の方が山頂の景色がいいように感じがします。(個人的にですが。。)

雪があるからといって、チェーンスパイクがあれば特に危険な箇所はありません。
これから雪山ハイクにチャレンジという方にはぜひオススメです。
訪問者数:824人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン ヤセ尾根 アイスバーン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ