ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 802698 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

鶴ヶ鳥屋山を目指すもどこにも登れず、雪と戯れた一日。

日程 2016年01月24日(日) [日帰り]
メンバー kyosai103
天候晴→雪→晴
アクセス
利用交通機関
電車
JR中央線 笹子駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間13分
休憩
10分
合計
8時間23分
S笹子駅07:1007:34追分バス停08:17変電所(除雪終点)08:2509:10清八山、本社ヶ丸登山口12:481550m付近12:5013:50清八山、本社ヶ丸登山口14:33変電所15:10追分バス停15:33笹子駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
除雪は変電所まで。
ツボ足でしたが、雪は、登山口までは、踝から脛。登山道に入ると、脛から膝下、上部は膝から上でした。
その他周辺情報駅待合室に登山ポストがあります。ちゃんと鍵がかかるようになってました。

装備

備考 ツェルトとワカン

写真

しっかり除雪してありましたが、部分的に凍結しています。
2016年01月24日 08:14撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかり除雪してありましたが、部分的に凍結しています。
1
除雪へ変電所の前で終了。
2016年01月24日 08:20撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
除雪へ変電所の前で終了。
道端の登山ポスト。
ここが登山口かと思い、しばらくうろうろしていました。
2016年01月24日 08:55撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端の登山ポスト。
ここが登山口かと思い、しばらくうろうろしていました。
2
登山口付近の植林帯。
2016年01月24日 09:27撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口付近の植林帯。
1
このあたりが一番つらかった
2016年01月24日 12:30撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりが一番つらかった
5
奥に見えるのが、清八山の山頂と思います。
もうすぐだと思ったのですが、足も上がらず時間切れ。
撤退!!
2016年01月24日 12:51撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に見えるのが、清八山の山頂と思います。
もうすぐだと思ったのですが、足も上がらず時間切れ。
撤退!!
7
南大菩薩か?
2016年01月24日 13:42撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南大菩薩か?
1

感想/記録

笹子駅から本社ヶ丸山を経由して、鶴ヶ鳥屋山を登って初狩に降りようと計画しました。月曜日の大雪も1週間もたてば大分締まるだろうし、土曜日はたいして降らなかったのでイケると思っていつも通り家を出ました。雪道は覚悟しましたが、まさかあれほどのラッセルをさせられるとは思いませんでした。
笹子駅で降りたのは、小生のほかは一人、しっかりワカンを装備してましたが、20号を大月方面に歩いて行かれました。
追分からの車道は除雪も完璧、うっすら新雪が覆っていますが、気になるほどではありません。変電所のところで除雪は終わり、林道上の雪は20僂らい。ツボ足でも踝から脛程度でたいしたことはないのですが、今シーズン初めての雪道は結構シンドイ。
林道わきの登山ポストを登山口の入口と勘違いし、少し時間をロスしました。
登山口からしばらくは丈の低い植林帯で、フカフカの新雪で、深さも脛位までそれほどひどいラッセルというわけではないのに、ペースは大幅にダウンしてます。体はまだ元気ですが、天気が崩れ始め雪が舞い、風もつよくなってきて、気持ちは早、敗退ムードになってきました。でも清八峠に12時と時間設定し、一歩ずつ高度を稼ぎました。
植林帯を抜けると俄然傾斜が増し、ラッセルも膝位、60センチのピッケルが完全に埋まるところも出てきました。ワカンがないのが悔やまれます。
右手の尾根が目の下になり、清八峠も近いと思うのですが傾斜は更に急になり、足が上がらない!!!
傾斜がおちて稜線まで後標高で50m位と思われる地点でタイムアップ、下山を決定いたしました。雲ははれ上がりすっかり快晴となった空の下、複雑な気分で駅を目指しました。

途中ソロの方とすれ違いましたが、彼もかなり疲れていたようです。
ひとつのピークに立つこともできず、疲れはしましたが、久々に雪と戯れ、充実した1日を過ごすことができました。
訪問者数:311人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/3/28
投稿数: 2244
2016/1/30 18:42
 清八山ノートレース?
kyosai103さん、こんばんは。

笹子から清八山のルートがほぼノートレースだったんですね。
もう少しで清八山だったようですが、お疲れさまでした。

22日の山行で、このルートも候補に考えていたんですが、
どうせトレースバッチリだろうと却下。
メジャールートなのにノートレースとはびっくりです。

昨年の今頃、黒岳から笹子まで縦走した時
このルートだけはハイウェイ並みにトレースされていたので
24日で、ここがキツかったとは意外でした。
降雪後はどこも油断できませんね。
登録日: 2014/2/21
投稿数: 12
2016/2/6 12:22
 Re: 清八山ノートレース?
yamaheroさん、返事が遅くなって申し訳ありません。

貴重な情報有難うございました。
人気のコースとは知りませんでした。ガイドブックにも静かな山と書かれていたので、トレースがないのは覚悟していたのですが、もう少し雪が締まっていると思っておりました。

帰ってから調べれば調べるほど、よさそうなコースなのでもう少し雪が落ち着いたら、また出かけようと思っております。一応ワカンは持っていきます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ピッケル 林道 撤退 登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ