ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 802882 全員に公開 雪山ハイキング奥武蔵

ズバリ!!「長沢背稜大観」/鳥首峠 〜 滝の入頭 稜線へ

日程 2016年01月28日(木) [日帰り]
メンバー fuya0123, その他メンバー1人
天候晴れ ・最低/最高気温 (熊谷: -1.0/14.7 ℃)
             (秩父:-5.4/11.7 ℃)
   ・昼間の時間:10:17 (日出:6:47 日入:17:04)
   
・本日の気象[全国] : 気象人
   http://www.weathermap.co.jp/kishojin/diary_detail.php?date=2016-1-28晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 秩父市の国道140号から「浦山&橋立」方面へ、県道73号を左折します。
 「浦山ダムサイト」を通って、上流へ。
  18日の"大雪"で、秩父は 34cm。しかしここ浦山では、50cmは降ったと
思われます。
  そのため県道73号は、奥に行く程 路肩に大量の雪が山積みに。
 「浦山大日堂」バス停を過ぎて さらに上流の「大日橋」 から奥は、
路肩の大量の雪に加え、路面凍結が見られます。 
 ・「冠岩入口」(鳥首峠登山口)に 駐車。(県道左折地のため、また大量の
積雪残のため、駐車余地がありません。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間47分
休憩
55分
合計
5時間42分
S冠岩入口(480m)08:3009:30旧冠岩集落09:40ワカン装着09:5010:58鳥首峠(937m)11:2411:30鉄塔11:3512:06鳥首峠道標1,035mP12:141,060mP12:2812:34鳥首峠道標1,035mP14:12冠岩入口(480m)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎ 「冠岩入口」がスタートですが、冠岩沢を渡る「橋」まで一応
県道です。
 「旧冠岩集落」までは足跡があったので、良かった?と思ったの
ですが、その先は、鹿の足跡以外はありませんでした。
 標高を増す毎に積雪が増え、途中で輪かんじきを装着。
 やや重い雪でした。それでも「鳥首峠」までは、まああ軽快でした。
 ・鳥首峠(937m)は、やや寂しい峠です。

◎ 鳥首峠 〜 滝の入稜線では やや積雪が増え、鉄塔から先は、
30〜45cmに達します。
 稜線からの雪質は、峠への登りと違い、割にサラサラ でした。

・滝の入稜線上の1,035m地点に「鳥首峠」との道標があり、ここから
一気に伐採後の南西面が開けた「絶景地」になります。
 正に、「長沢背稜大観」です。この景色を満喫して、西に派生する
尾根を下ります。
この下りも鹿トレースのみで、雪深く 難儀しましたが、長沢背稜や正面の
大平山、両神山方面の絶景で 苦になりません。
・下の広河原逆川線が段々近づいてきて、尾根筋から右の杉林に入り、
急降して、適当に広河原逆川線に降り立ちました。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

林道・広河原逆川線を
見る
2016年01月28日 08:55撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道・広河原逆川線を
見る
2
「冠岩入口」に車を
止める
2016年01月28日 08:56撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「冠岩入口」に車を
止める
4
近所の女性がちょうど
犬の散歩に来た。
人なつっこい!!
2016年01月28日 08:57撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近所の女性がちょうど
犬の散歩に来た。
人なつっこい!!
7
「冠岩入口」にて。
その女性に
撮っていただいた
2016年01月28日 09:01撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「冠岩入口」にて。
その女性に
撮っていただいた
14
県道73号線を行く
Key55さん
2016年01月28日 09:07撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道73号線を行く
Key55さん
1
冠岩の
かっての住居
2016年01月28日 09:26撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冠岩の
かっての住居
3
まだ、輪かんじきは
装着せず。
2016年01月28日 09:32撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ、輪かんじきは
装着せず。
1
途中で 輪かんじきを
装着。重めの雪質の
上を行く。
2016年01月28日 09:44撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で 輪かんじきを
装着。重めの雪質の
上を行く。
3
重めの雪質の上に
明るい陽が射し込み
杉っ葉が被さっている
2016年01月28日 09:53撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重めの雪質の上に
明るい陽が射し込み
杉っ葉が被さっている
小文沢を見る
2016年01月28日 10:18撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小文沢を見る
5
小文沢を通過。
積雪20cm。
2016年01月28日 10:20撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小文沢を通過。
積雪20cm。
3
最後の沢を渡る
2016年01月28日 10:44撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の沢を渡る
「鳥首峠」近し!!
2016年01月28日 10:56撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鳥首峠」近し!!
鳥首峠(937m)
2016年01月28日 10:52撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥首峠(937m)
5
「鳥首峠」にて
再度 輪かんじきを
引き締める
2016年01月28日 11:19撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「鳥首峠」にて
再度 輪かんじきを
引き締める
8
鳥首峠(937m)
2016年01月28日 11:19撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥首峠(937m)
2
鳥首峠(937m)の
「祠」
2016年01月28日 11:20撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥首峠(937m)の
「祠」
1
鉄塔にて
折尺で検尺
45cm。
2016年01月28日 11:27撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔にて
折尺で検尺
45cm。
5
ここ、南北稜線上の
積雪が最も多かった。
30〜40cm。
2016年01月28日 11:45撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ、南北稜線上の
積雪が最も多かった。
30〜40cm。
4
ここ、南北稜線上の
積雪が最も多かった。
30〜40cm。
2016年01月28日 11:48撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ、南北稜線上の
積雪が最も多かった。
30〜40cm。
1
鳥首峠〜鳥首峠道標Pが
輪かんじき 装着の所為
もあり、意外と大変
だった。
勾配&岩も有り、
輪かんじきでは、
かえって危険も。
2016年01月28日 11:54撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥首峠〜鳥首峠道標Pが
輪かんじき 装着の所為
もあり、意外と大変
だった。
勾配&岩も有り、
輪かんじきでは、
かえって危険も。
2
鳥首峠道標(1,035mP)
から1,060mPへ
向かう。
輝く"白銀の世界"だ。
2016年01月28日 12:08撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥首峠道標(1,035mP)
から1,060mPへ
向かう。
輝く"白銀の世界"だ。
2
1,060mPにて
Fuya0123(自分)
後ろは、大持山
2016年01月28日 12:14撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,060mPにて
Fuya0123(自分)
後ろは、大持山
9
1,060mPにて
折尺にて検尺
後ろは、大持山
2016年01月28日 12:16撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,060mPにて
折尺にて検尺
後ろは、大持山
6
1,060mPにて
Key55さん
後ろは、大持山
2016年01月28日 12:14撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,060mPにて
Key55さん
後ろは、大持山
7
1,060mPより
長沢背稜大観。
滝の入頭へは行かずに
ここで絶景に見入る!!
2016年01月28日 12:14撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,060mPより
長沢背稜大観。
滝の入頭へは行かずに
ここで絶景に見入る!!
8
1,060mPより
長沢背稜大観
2016年01月28日 12:15撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,060mPより
長沢背稜大観
3
1,060mPより
両神山を見る
2016年01月28日 12:17撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,060mPより
両神山を見る
6
1,060mPより
ドカーンと大平山!!
2016年01月28日 12:18撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,060mPより
ドカーンと大平山!!
7
鳥首峠道標(1,035mP)
から西へ尾根を下る。
ノートレース。
サラサラ雪の為
輪かんじき では、
踏み抜ける。
2016年01月28日 12:29撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥首峠道標(1,035mP)
から西へ尾根を下る。
ノートレース。
サラサラ雪の為
輪かんじき では、
踏み抜ける。
5
折尺にて
積雪を検尺
35cm
2016年01月28日 12:30撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折尺にて
積雪を検尺
35cm
4
鳥首峠道標(1,035mP)
から西へ尾根を下る
2016年01月28日 12:40撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥首峠道標(1,035mP)
から西へ尾根を下る
3
振り返って
輝く滝の入稜線を見る
2016年01月28日 12:46撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って
輝く滝の入稜線を見る
2
下に広河原逆川線を
見る
2016年01月28日 13:16撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に広河原逆川線を
見る
2
杉林の雪尾根を
下る
2016年01月28日 13:46撮影 by COOLPIX S510 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林の雪尾根を
下る
1
杉林の雪尾根を
下る
2016年01月28日 13:42撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林の雪尾根を
下る
5

感想/記録

◎ 日本列島を襲った記録的「大寒波」(特に西日本) の後に、ようやく
訪れた"小春"。(18日の秩父地方の積雪は,34cm。熊谷は,15cm。)
・ヤマレコの便りで、奥武蔵と言えども、50cm前後の"大雪"が見て取れた。
・そこで、実際に目で確かめようと、勝手知ったる「鳥首峠」へ。
 旧冠岩集落からは、ノートレース。
 予想通りの雪で、15cm〜40cmの積雪だった。
  (初めて「鳥首峠」に登ったのが、54年前の 1962年4月1日)

・滝の入頭稜線(1,060mP)からは、大快晴の「長沢背稜・大観」を
堪能した。
訪問者数:436人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ