ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 803134 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

八丁山&お伊勢山(鷹ノ巣山に届かず)

日程 2016年01月26日(火) [日帰り]
メンバー seizanryo
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
八丁山手前の岩稜は、中途半端に雪がついていてやや危険。また、岩稜後半はナイフリッジ状で、慎重に足場を決める必要あり。
八丁山とお伊勢山の間は、やせ尾根に雪がついて、こちらもややナイフリッジ状。

雪質は、下部はざらめ。上部はやや氷結のさらさらした雪。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

稲村岩。
今日もカッコよい!
2016年01月26日 08:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村岩。
今日もカッコよい!
4
この分岐を右へ。
2016年01月26日 09:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐を右へ。
シカの足跡しかない。
2016年01月26日 09:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シカの足跡しかない。
1
建物の跡地。
よくぞ、この山奥に住まわれていたものだ。
裏に、一族の墓所もあります。
2016年01月26日 09:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建物の跡地。
よくぞ、この山奥に住まわれていたものだ。
裏に、一族の墓所もあります。
2
お釜も雪に埋もれ。
2016年01月26日 09:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お釜も雪に埋もれ。
1
今回は、やっと正しそうなルートで行く。
もうすぐ稜線。
2016年01月26日 10:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は、やっと正しそうなルートで行く。
もうすぐ稜線。
稜線、乗った!
シカの足跡すらない。
2016年01月26日 10:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線、乗った!
シカの足跡すらない。
2
登りますよ〜。
2016年01月26日 10:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りますよ〜。
自分の足跡だけって、気持ちいい。
2016年01月26日 10:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分の足跡だけって、気持ちいい。
3
稲村岩尾根。
この角度からは、レア?
2016年01月26日 10:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村岩尾根。
この角度からは、レア?
2
急登ゾーンに突入!
写真だと分かりにくいですね
2016年01月26日 10:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登ゾーンに突入!
写真だと分かりにくいですね
登るぞ〜。
2016年01月26日 10:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るぞ〜。
3
岩稜帯到着。
中途半端な雪が、ちょっと厄介。
2016年01月26日 11:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜帯到着。
中途半端な雪が、ちょっと厄介。
1
岩場を乗り越えていきます。
2016年01月26日 11:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を乗り越えていきます。
ナイス展望。
いい天気だ。
2016年01月26日 11:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイス展望。
いい天気だ。
3
岩場は終わりません。
2016年01月26日 11:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場は終わりません。
ちょっとしたナイフリッジ。
2016年01月26日 11:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとしたナイフリッジ。
2
慎重に通過。
怖かった。
2016年01月26日 11:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に通過。
怖かった。
2
やっと八丁山。
雪で計画がだいぶ遅れています。
2016年01月26日 11:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと八丁山。
雪で計画がだいぶ遅れています。
いったんコルに降りる。
このあたりから、いっそう雪深くなります。
2016年01月26日 11:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったんコルに降りる。
このあたりから、いっそう雪深くなります。
というわけで、ワカン装着。
2016年01月26日 12:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
というわけで、ワカン装着。
1
やせ尾根の急登。
2016年01月26日 12:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根の急登。
足を踏み外さないように、気をつけて登る。
2016年01月26日 12:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足を踏み外さないように、気をつけて登る。
1
お伊勢山と、ヒルメシクイノタワ。
あそこに行くぞ〜!!
2016年01月26日 12:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お伊勢山と、ヒルメシクイノタワ。
あそこに行くぞ〜!!
1
遭難碑。
これを見に来ているのかもしれない。
2016年01月26日 13:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遭難碑。
これを見に来ているのかもしれない。
2
最後の登りが、きつい。
2016年01月26日 13:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登りが、きつい。
吹き溜まりで、ワカンでもかなり潜る。
2016年01月26日 13:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹き溜まりで、ワカンでもかなり潜る。
2
でも、木の影はきれい。
2016年01月26日 13:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、木の影はきれい。
4
さ〜とうとうここまできました。
ヒルメシクイノタワ直下。
2016年01月26日 13:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さ〜とうとうここまできました。
ヒルメシクイノタワ直下。
1
登りを振り返る。
急すぎて、トレースが見えない。
2016年01月26日 14:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りを振り返る。
急すぎて、トレースが見えない。
この、プレートの裏側に出ます。
しかし、ヒルメシクイノタワ直下から、40分以上かかってる・・・。
2016年01月26日 14:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この、プレートの裏側に出ます。
しかし、ヒルメシクイノタワ直下から、40分以上かかってる・・・。
1
ふ〜ついた。
タイムアップやね。
今日はもう、ここまで。
2016年01月26日 14:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふ〜ついた。
タイムアップやね。
今日はもう、ここまで。
5
バイバイ、鷹ノ巣山。
またいずれ。
2016年01月26日 14:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイバイ、鷹ノ巣山。
またいずれ。
2
がんがんおりて、稲村岩。
2016年01月26日 15:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
がんがんおりて、稲村岩。
すごいところ、下るんだな〜。
2016年01月26日 15:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごいところ、下るんだな〜。
稲村岩はでっかい。
すごい岩だ。
2016年01月26日 16:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村岩はでっかい。
すごい岩だ。
1
分岐の標識。
君と再会する予定じゃなかった・・・。
2016年01月26日 16:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐の標識。
君と再会する予定じゃなかった・・・。
稲村岩、かっこよい。
2016年01月26日 16:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村岩、かっこよい。
撮影機材:

感想/記録

雪のある時期の、巳ノ戸尾根と鷹ノ巣尾根を歩いてみたかった!

雪は思ったより少なかったですが、建物の跡あたりから雪が深くなり、稜線ではくるぶしからふくらはぎラッセルした。
この稜線はなかなか急登なので、地味に一歩一歩疲れます。

今回で一番怖いなと思ったところは、八丁山手前の岩場。
普段ならなんてことないところなのですが、中途半端に雪がついているので、神経使います。
岩場の先もナイフリッジ状になっていて、足の置き場に気を使います。
もう少し雪があれば雪にホールドできるのですが、やや少ないので、雪の下の岩場まで足が届いてしまい、それですべったり、ぐにってなったり、するのでね。
中途半端はいかんね。

八丁山を過ぎたコルから急に雪が深くなり、ワカン装着。
ワカン装着で、くるぶしからふくらはぎラッセル。
しかしここからはやせ尾根のナイフリッジ状の雪嶺が続くので、そこをワカンで通過するのに神経使いました。

鞘口のくびれの遭難碑は、いつ見ても名文だと思う。
そしてそこからさらに雪深くなり、ヒルメシクイノタワまでがむちゃくちゃハード。
しかも最後のの登りは、膝ラッセルに加え、雪がサラサラで足場が決まらない。
滑り落ちそうで、怖かった。
無雪期には鞘口のくびれからヒルメシクイノタワまで30分なのに、今回は1時間半……。
いや〜、なかなか挑みがいのある尾根でした。

ヒルメシクイノタワについた時点で2時半を回っているので、鷹ノ巣山はあきらめて下山です。
鷹ノ巣山は心残りでしたが、いってたら絶対に明るいうちに下山できなかったので、これでよしです。
今回の一番の目的は、鷹ノ巣山ではなく、バリのこの尾根でしたから。

しかし、雪のある時期にもう一回やるかどうかといったら、たぶんやらないな〜。
しんどすぎる……。
訪問者数:319人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/5
投稿数: 2028
2016/1/28 18:53
 お疲れさまでした。
やりましたね。積雪期の鷹ノ巣尾根。バリルートとしては完登したのでOKなのでは?私も積雪期、妄想登山してました。でも、やはり、ここは最後が本当にキツイ…。いつか挑戦してみたいものです。晴天の雪山、うらやましいです。笑
登録日: 2011/1/10
投稿数: 829
2016/1/28 23:35
 Re: お疲れさまでした。
makasioさん、こんばんは。
そうそう、その通り。雪の時期にこの尾根を行くのが目的だったんで、ある意味大満足です。
無雪期でもきつい最後の急斜面は、雪がつくとかなりきつかったです。
でもそれ以外にも、やっぱりお伊勢山近辺のやせ尾根は、要注意ですね。
気を抜くと谷底に一直線です。
人がいない尾根の楽しみと恐怖(何かあっても助はない)、あわせていい感じでした。
ぜひ、雪の時期もどうぞ。今ならトレースありますよっ!
登録日: 2007/10/21
投稿数: 467
2016/2/3 11:24
 こんにちは。
八丁山&お伊勢山、お疲れさまでした。

ワカンでの岩場通過は
さぞかし神経衰弱したことでしょう
それでもシカの足跡しかないフカフカの山歩きを
存分に堪能してらっしゃるのが伝わってくるレコですね

まだまだ続く雪山シーズン
安全にのんびりと楽しみましょう
登録日: 2011/1/10
投稿数: 829
2016/2/7 0:18
 Re: こんにちは。
nyaroさん、コメントありがとうございます。
ばたばたしてて、返信遅くなりました。

あの鷹ノ巣山の展望見ると、素直に稲村岩尾根登ればよかったかな? とか、思ったりして。
ま、バリで行くのが目的だったから、それはそれで満足です。
逆に、本当に体力保った状態で稲村岩尾根に合流できるか、若干心配でした。
やせ尾根とかは、緊張しましたね〜。落ちても、誰も助けてくれませんから。

雪山たのしみたいですね。
お互いにいい雪山を〜。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 ナイフリッジ コル タワ 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ