ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 803151 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

ピーカン☆ジェットストリームアタック竜ヶ岳(中道〜遠足尾根)

日程 2016年01月24日(日) [日帰り]
メンバー 78podory, その他メンバー1人
天候ピーカン
暴風
アクセス
利用交通機関
☆宇賀渓キャンプ場
http://www.ugakei.info/

普通車 : 500円
二輪車 : 200円
自転車 : 無料

駐車料金に環境保全協力金が含まれてる。
車1台\500を払えば同乗者の分は不要。1名でも8名でも1台\500
3名以上で相乗りする場合は有料駐車場を利用した方がお得。
*自転車、タクシーで訪れた場合で登山をする人は環境保全協力金200円が一人ずつ必要。


★落合橋駐車場
駐車料金無料
ただし環境保全協力金¥200は必要
*有料駐車場を利用せず落合橋の無料駐車場を利用した場合で登山をする人は環境保全協力金200円が一人ずつ必要。


*BBQ利用の場合は協力金は不要。


【最寄り駅】
三岐鉄道大安駅
宇賀渓までのバスは廃止になってます
大安駅から宇賀渓キャンプ場までタクシーで\2,700くらい



【コンビニ】
★大垣、関が原方面(R365, R306)
ミニストップ治田店(ラスト)
サークルK北勢あげき店

★四日市、鈴鹿方面(R306)
セブンイレブン菰野町千草店(ラスト)
サークルK菰野千草店

★四日市、鈴鹿方面(県道140号線通称ミルクロード)
ローソンいなべ大安店(ラスト)
サンクス大安いしぐれ店

★桑名、愛知方面(R421)
ローソンいなべ大安店(ラスト)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSロガー:Garmin 920XTJ
時間:8:03:32 *停止時間含む
距離:12.82 km
平均ペース:32:42 /km
最高ペース:3:46 /km
高度上昇: 969m
高度下降:1,017m


往路:中道
合計時間: 4:54:05
累積登り:996m
累積下り:142m

復路:遠足尾根
合計時間:3:10:07
累積登り:60m
累積下り:982m
コース状況/
危険箇所等
【積雪状況】
2016.01.24現在、林道を含めて全面積雪ですが積雪状況は日々変化します。
場所によって積雪はバラバラで膝上もあれば地肌がみえる箇所もあります。
スノーシューが有効なくらいの積雪の箇所もありますがトレース次第ではつぼ足も可能です。アイゼンはあった方が安心安全です。


【登山ポスト】
☆宇賀渓キャンプ場の観光案内所にある
★孫太尾根入口にはない


【トイレ】
☆宇賀渓キャンプ場駐車場内(簡易水洗)
★駐車場から5分くらいの吊橋横のトイレは冬季閉鎖されてます


【中道】上り
*冬季は初級者お断り
冬季はほとんど人が入らないのでトレースはまずありません。初めて入ると道迷いの可能性が高いです。無積雪期でも道迷い遭難救助騒ぎが起きてます。
谷なので吹き溜まりになりやすく平均以上に積もってる場合があります。
川原を歩くので雪の下が川でしたドボンなんて事が有り得ます。
雪で滑る岩場を登るへつる必要があります。
谷は雪崩の集まる場所です。


簡単に特徴を申しますと
「歩きにくい」
「ヒル多い」(夏季)
「風情がない」
中道を楽しめるのはよほどの玄人でしょう(笑

No.70から中尾根取付点までのヨコ谷区間は登山道がほとんど流出してて石ゴロゴロの川原歩きです。踏み跡なんざありません。渡渉も多く水量で渡渉できる場所は変わります。
なのでペースも上がらず歩きにくいです。
自分の思うままに行く自由感はあります。

堰堤がいくつもあり風情なんてどこ吹く風。
堰堤を越えるために3点支持で岩肌を登ったり鉄梯子を登ったりハードです。
逆に言えばなかなかアスレチックです。


以下マジメな詳細
*No.58, 55, 52, 50, 48, 45, 44, 43, 42, 41がありません(見落としかも)
No.60の分岐より中道に入ります。分岐を過ぎてしばらくすると川に突き当たりますがその川がヨコ谷です。ヨコ谷出合のNo.70になります。
ヨコ谷に出たら尾根取付点まではヨコ谷沿いに進みますが登山道は数年前の豪雨で流出してるので川原を歩きます。渡渉箇所が何箇所かありますが足を濡らさずに渡渉できます。
石ばかりで歩きにくく踏み跡はありませんが目印は少ないですがあります。
ルートは常に左岸なので迷っても左岸に沿って進めば大丈夫です。
堰堤の高巻きで鉄ハシゴを使う箇所が2箇所あり、その内の一箇所はかなり高さがあるので高所恐怖症の方には厳しいかも。
No.50(無)らへんの尾根取付点のガレ場には標識が立ってます。それ以外のガレ場はルートではありません。
標識の立ってるガレ場の隣のガレ場を登ります。
尾根への取付きはかなりの急登です。
尾根の上部、No.45(無)付近には大ガレがあり登山道の近くまで迫っています。今も徐々に崩落が進行しています。



【遠足尾根】下り
上部の笹原区間はスノーシューでも踏み抜くほどの根雪のない柔らかい雪です。スノーシュー無しだとかなり踏み抜きます。
樹林帯はしっかり踏まれて歩きやすくアイゼンなしでいけましたが装着した方が無難です。
マックスは股下までハマりました。
一番展望が効くルートです。
林道は何箇所か斜面からの湧水で水浸し。
登山口から尾根に上がるまでは急登。
後半は笹原なので展望が良いが吹きっさらし。
裏道分岐から山頂までは粘土質なので滑りやすい
特に下り
その他周辺情報【飲食店 in 宇賀渓内】
☆カフェ&ギャラリーコナラさん
http://konara2005.blog110.fc2.com/
水木定休
*大寒の1/21から雨水の2/19まで土日のみ営業
タコライス・カレー・ホットサンドetc...
竜ヶ岳の缶バッチ、ピンバッチ売ってます
☆涼風軒さん
メニューが豊富です。よくある定食屋、食堂です。

不定休な店
☆グリーンハットさん
☆寿司小料理の春美さん
http://foodpia.geocities.jp/walemokoo/
各種定食、寿司、鍋etc...
色々

軽食ならコナラさん、がっつりなら春美さん、幅広く涼風軒さん。
営業時間、定休日が決まってない店がほとんど(笑
気になった店の戸を開けて、開かなかったら営業してないって事(笑
最初は入りづらいと思うかも知れないけど思い切って入ってみて。どれも素敵な店だから。
残念ながらみどりさんは高齢を理由に食事の提供をやめられたそうです。残念すぎる…(2014.12.23)



【飲食店 other】
☆パティスリーカフェこんま亭
http://www.konmatei.com/
宇賀渓から国道421号線を桑名方面へ5分ほど下ると右手に見える。水谷食品さんの向かい。イートインもできるスイーツ店。生クリームが美味しいと評判でスイーツライドと称してサイクリストが訪れたりバイクツーリングで来店される方達が多数みえます。
☆Cafe Attente(焼きたてパンのカフェ)
藤原簡易パーキング隣り
パンが美味しい店です。地元のお米も取り扱ってます。
☆醬(中華)
https://ja-jp.facebook.com/inabe.jan
☆八石亭(そば、うどん)
http://ageki.mitarashidango.com/
三岐鉄道北勢線阿下喜駅そばの小さな店。大晦日も22時まで営業してくれていた
☆半蔵(とんこつらーめん)
https://www.facebook.com/ramen.hanzo
☆焼肉マルイ
北勢町。土日は混雑するので予約推奨





【温泉 in いなべ市】
☆いなべ市内に「阿下喜温泉 あじさいの里」車で10分 *木曜定休
http://ajisainosato.com/
40℃ちょいくらい
☆いなべ市内「六石温泉(六石高原ホテル)あじさいの湯」車で15分
*曜日により営業時間が違う
http://www.rk-hotel.com/hotspring.html

【温泉 in 滋賀県】
☆滋賀県に「永源寺温泉 八風の湯」車で30分
http://www.happuno-yu.com/

【温泉 in 菰野】
☆三休の湯(菰野町、朝明渓谷) 車で20分
http://www.sankyu-no-yu.jp/
阿下喜温泉よりぬるめ
☆菰野町内に湯ノ山温泉。例「アクアイグニス」車で40分
http://aquaignis.jp/
内湯は阿下喜温泉より熱い、外湯はかなりぬるい

【銭湯 for 桑名,名古屋】
永楽のゆ 星川店 車で30分
http://www.eirakunoyu.com/index2.php
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ 2 ジェントス、パナソニック
予備電池 8
1/25,000地形図 3 紙地図、拡大印刷地図、iPhoneアプリ(Field Access)
カメラ 1 a7s
飲料 1 山専900
医薬品 1
携帯電話 1
雨具 1
防寒着 2 インナーダウン, インナーベスト
非常食 1
無線機用予備乾電池 1
カメラ用予備バッテリー 4 a7s用
個人装備品
数量
備考
アイゼン 1 スノースパイク
スノーシュー 1 MSR ライトニングアッセント
ストック 1 ブラックダイヤモンド エクスペディション
GPS 1 Garmin GPSmap 62SCJ
携行食 1 満足1本
水筒 1 山専900
グローブ 2 3ton
エマージェンシーシート 1
ザック 1 パウダーガイドベスト
登山靴 1 mammut redburn mid gtx
無線機 1 VX-8D

写真

-3℃
2016年01月24日 07:25撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
-3℃
登山指数Cの割にAだった昨日より来場者が多い
2016年01月24日 07:41撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山指数Cの割にAだった昨日より来場者が多い
3
白滝丸太橋
2016年01月24日 08:30撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白滝丸太橋
1
魚止橋
2016年01月24日 08:33撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚止橋
1
中道までは本谷沿いの山腹道を進む。
こんなトラバース多々あり。
2016年01月24日 08:49撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中道までは本谷沿いの山腹道を進む。
こんなトラバース多々あり。
1
氷旬!?
2016年01月24日 08:52撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷旬!?
岩場のへつりも雪が積もるとハードルが高くなる
2016年01月24日 09:00撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場のへつりも雪が積もるとハードルが高くなる
1
五階滝
2016年01月24日 09:04撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五階滝
2
五階滝
アイスになならんね
2016年01月24日 09:05撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五階滝
アイスになならんね
No.60 中道分岐。
右へ
2016年01月24日 09:14撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
No.60 中道分岐。
右へ
2
川原に出たらそこがNo.70ヨコ谷出合
これより川原歩き
2016年01月24日 09:27撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川原に出たらそこがNo.70ヨコ谷出合
これより川原歩き
1
堰堤の鉄梯子短いやつ
2016年01月24日 09:36撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の鉄梯子短いやつ
1
谷の正面に竜が見える
2016年01月24日 09:40撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷の正面に竜が見える
2
堰堤の鉄梯子長いほう
2016年01月24日 09:55撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の鉄梯子長いほう
1
スネ
2016年01月24日 10:03撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スネ
3
ピッケルが有効になる。
2016年01月24日 10:30撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピッケルが有効になる。
3
中尾根取付点
ヨコ谷歩きはここまで。
ここから斜面を登って尾根に取り付く。
2016年01月24日 11:04撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾根取付点
ヨコ谷歩きはここまで。
ここから斜面を登って尾根に取り付く。
1
デブリだらけ
2016年01月24日 11:13撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デブリだらけ
1
急登を登りきったところ。
膝下
2016年01月24日 11:55撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を登りきったところ。
膝下
3
樹林帯を抜けたところ
快晴!
2016年01月24日 12:24撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けたところ
快晴!
3
さあ山頂へアタック!と思ったらなんとこの中道へ下山するグループが。
おいおい夏でも中道は下山向きじゃないのにチャレンジャーだな〜
意気揚々と下ってったけど勢いありすぎ(笑
下山後に駐車場で会えたけど無事に下山何より。
2016年01月24日 12:40撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ山頂へアタック!と思ったらなんとこの中道へ下山するグループが。
おいおい夏でも中道は下山向きじゃないのにチャレンジャーだな〜
意気揚々と下ってったけど勢いありすぎ(笑
下山後に駐車場で会えたけど無事に下山何より。
3
空気が澄んでる
2016年01月24日 12:41撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空気が澄んでる
2
安定の暴風!!
2016年01月24日 12:58撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安定の暴風!!
5
どピーカン
2016年01月24日 13:11撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どピーカン
3
爆風!!
2016年01月24日 13:15撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆風!!
4
山頂エリアは暴風圏
これぞ竜ヶ岳
2016年01月24日 13:20撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂エリアは暴風圏
これぞ竜ヶ岳
3
笹分け俯瞰
2016年01月24日 13:42撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹分け俯瞰
2
笹分けの雪庇も急成長!!
2016年01月24日 13:49撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹分けの雪庇も急成長!!
3
新道は踏み固められて滑りやすい
2016年01月24日 15:34撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道は踏み固められて滑りやすい
林道がカチコチ
2016年01月24日 15:55撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道がカチコチ
1
ありがとうございました!
2016年01月24日 16:15撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとうございました!
2
氷が固まったまま。
ヒモも凍結で固くなってた
2016年01月24日 16:24撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷が固まったまま。
ヒモも凍結で固くなってた
1
コナラで一息
2016年01月24日 16:52撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コナラで一息
帰宅したら早くも氷点下
2016年01月24日 17:25撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰宅したら早くも氷点下
撮影機材:

感想/記録

積雪期に中道いくとかドMすぎる(笑


竜ヶ岳の冬季のメジャールートは遠足尾根と金山尾根。
それ以外はほとんど人が入らずラッセル必至。
トレースもないだろうから初級者お断りのエキスパートコースになる。
そこへ行こうっていうんだから変態でしかないだろうw


というか行く予定ではなかったんだけどね。
だからピッケル持って来てないし靴も冬用じゃないし。
けどF兄に会っちまって誘われちまったから。
ソロだったらまず行かない冬季の中道。
どんだけ冬季の竜ヶ岳に登ってようがスノーシュー使えないし夏でも急登だし。
だから経験者のf兄が行くっつーからせっかくだしね。何事も経験。


結果


やっぱドMコースだわ(笑
積雪はそれほどでもなかったけど(それでもスネ以上腰未満)雪の3点支持とか他のルートじゃ味わえん。
尾根取付の急登なんて滑る滑る。アイゼンつけなかったけどw
最後の笹原に出てからは遠足尾根と違って吹き溜まりでたっぷり積もるから腰上ラッセルだろうね。スノーシュー履いたからラクラクだったけどw
無積雪期なら基準タイム3時間10分のところを5時間近くかけてる。
中道は未経験者は利用しない方がいいよ。
トレースなければ迷いやすいし危険箇所多いし。軽い気持ちで入らないように。


しっかしどピーカンだった。
そして久しぶりの暴風!!
これこそ竜ヶ岳、ようやく本気になってくれたか。










中道過去ログ
「しとしと鈴鹿北中部縦走(宇賀渓〜竜ヶ岳〜藤原岳往復)」
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-672323.html

「サクラサク竜ヶ岳 (中道、表道〜長尾滝)」
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-431249.html
訪問者数:296人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/28
投稿数: 766
2016/1/27 22:04
 やっぱり鈴鹿には白がにあう
こんばんは♪
いよいよ鈴鹿にも雪がやってきましたね
やっぱり鈴鹿には白がにあう
登山指数は悪いけど日曜は鈴鹿かなあ(笑)
登録日: 2012/8/18
投稿数: 110
2016/1/27 23:39
 Re: やっぱり鈴鹿には白がにあう
ようやくです。ようやく雪山です!
冬の登山指数Cはたのシ〜のCですよ!笑

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ