ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 803544 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

仙丈ケ岳 戸台〜北沢峠経由

日程 2016年01月26日(火) 〜 2016年01月27日(水)
メンバー monsieur
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸台の駐車場への道が閉鎖されていて、その手前にあるトイレ(冬季閉鎖中)の横のスペースに停めました。
(侵入道路をまちがえてました)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間6分
休憩
0分
合計
6時間6分
Sスタート地点06:5107:07戸台登山口09:14角兵衛沢渡渉点10:53丹渓山荘跡12:57大平山荘
2日目
山行
9時間56分
休憩
1時間30分
合計
11時間26分
大平山荘02:2202:46北沢峠07:10薮沢大滝ノ頭07:1508:45北沢峠09:09大平山荘10:3411:48丹渓山荘跡13:36戸台登山口13:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報戸台から伊那ICに向かうとすぐに見えるのが仙流荘「仙人の湯」
旅館が日帰り温泉をやっています。
600円と手軽に汗を流せていい湯加減です。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ハードシェル(上下)
インナーダウン
ミドルレイヤー(山シャツ)
インナーシャツ(長袖)
タイツ 1
ブリーフ
ソックス 2
目だし帽
キャップ
手袋 3
サングラス
ゴーグル
登山靴
アイゼン
ワカン
テント
テントマット 銀マット1、エアー1
シュラフ カバ−付き
テントシューズ
ストーブ
ガスカートリッジ
個人装備品
数量
備考
コッヘル
水タンク
マグカップ
食事小物 箸、スプーン等
食材 2食
行動食
非常食 2日分相当
ザック
ストック
ピッケル
シャベル
地図 地形図、山と高原地図
腕時計 高度計
ナイフ
救急セット
ヘッデン
カメラ
小物 細引き、電池、熊鈴等
携帯カイロ
スマートホン GPS

写真

戸台大橋近くのトイレ(閉鎖中)横のスペース。
登山口の駐車場まで行かずにここに停めました。
2016年01月26日 06:51撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸台大橋近くのトイレ(閉鎖中)横のスペース。
登山口の駐車場まで行かずにここに停めました。
1
気温は−11度。
歩き出すのにちょっと気合いのいる寒さです。
2016年01月26日 06:54撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温は−11度。
歩き出すのにちょっと気合いのいる寒さです。
3
登山口駐車場までだいぶあるぞ・・・
2016年01月26日 06:52撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口駐車場までだいぶあるぞ・・・
1
このゲートが閉まっているので車が入れなかったのですが、実は進入路はこの道じゃないんです(笑)
2016年01月26日 06:56撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このゲートが閉まっているので車が入れなかったのですが、実は進入路はこの道じゃないんです(笑)
2
天気は素晴らしい!
2016年01月26日 07:02撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は素晴らしい!
3
やっと登山口の駐車場到着。
あれ? 車が入ってる。
2016年01月26日 07:05撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと登山口の駐車場到着。
あれ? 車が入ってる。
2
ネットでも登山届を送信していましたが、ここのポストにも提出していきました。
2016年01月26日 07:07撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネットでも登山届を送信していましたが、ここのポストにも提出していきました。
3
長い長い河原歩きの始まり。
2016年01月26日 07:18撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い長い河原歩きの始まり。
4
何ものかが獲物を仕留めたようですね。
2016年01月26日 07:25撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何ものかが獲物を仕留めたようですね。
3
凍らないうちに腹に入れておこう。
2016年01月26日 08:32撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍らないうちに腹に入れておこう。
3
チューブの水はスタートしてすぐに凍結。
ま、そりゃそうだ・・・
2016年01月26日 08:32撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チューブの水はスタートしてすぐに凍結。
ま、そりゃそうだ・・・
3
鋸岳の峰が見えてきました。
2016年01月26日 08:49撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳の峰が見えてきました。
2
小動物の足跡がそこらじゅうに!
気を抜くとトレースを追ってしまいます。
2016年01月26日 08:51撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小動物の足跡がそこらじゅうに!
気を抜くとトレースを追ってしまいます。
3
朝日が射すと、今度は目をやられそう!
2016年01月26日 08:53撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日が射すと、今度は目をやられそう!
2
角兵衛沢分岐
前回のゴロゴロ岩の河原に比べると、雪の上を歩けるのはスムーズです。
2016年01月26日 09:14撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角兵衛沢分岐
前回のゴロゴロ岩の河原に比べると、雪の上を歩けるのはスムーズです。
2
あれはまだ森林限界の高さではなさそうですが、いい眺めだ。
2016年01月26日 09:52撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれはまだ森林限界の高さではなさそうですが、いい眺めだ。
7
いよいよ八丁坂の登りに入りました。
ここからはトレースが見当たりません。
しっかりルートを見極めて!
2016年01月26日 10:53撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ八丁坂の登りに入りました。
ここからはトレースが見当たりません。
しっかりルートを見極めて!
1
赤テープと、ときどき見つけるこの表示が拠り所。
2016年01月26日 11:06撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープと、ときどき見つけるこの表示が拠り所。
1
シカも登山道を歩いてます。
2016年01月26日 11:19撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シカも登山道を歩いてます。
2
二度目のカロリー補給。
積雪はまだ少ないのですが、足元が悪くて疲労の蓄積が大きい!
2016年01月26日 11:28撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二度目のカロリー補給。
積雪はまだ少ないのですが、足元が悪くて疲労の蓄積が大きい!
3
地面の様子だけでは登山道の見極めが難しいところが増えています。
地形と赤テープを探して気持ちが焦ると息が切れます。
2016年01月26日 11:28撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地面の様子だけでは登山道の見極めが難しいところが増えています。
地形と赤テープを探して気持ちが焦ると息が切れます。
3
林道と交差
積雪はまだ脛あたり。
2016年01月26日 11:44撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道と交差
積雪はまだ脛あたり。
2
天気が良いのが救い。
立ち止まる回数が増えてきました。
2016年01月26日 11:53撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良いのが救い。
立ち止まる回数が増えてきました。
5
もう一登りで八丁坂を越えられる・・・
2016年01月26日 11:57撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一登りで八丁坂を越えられる・・・
2
急に雪が深くなり、体力を吸い取られてしまいました。
2016年01月26日 12:47撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に雪が深くなり、体力を吸い取られてしまいました。
2
大平山荘
積雪は腿に達し、情けないことにここから北沢峠まで登る気力がなく、幕営を決めました。
翌日ここからだと登頂が厳しいので、この時点で心はかなりぼろぼろ・・・
2016年01月26日 12:57撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平山荘
積雪は腿に達し、情けないことにここから北沢峠まで登る気力がなく、幕営を決めました。
翌日ここからだと登頂が厳しいので、この時点で心はかなりぼろぼろ・・・
3
月光に照らされた山が呼んでくれました。
足が動くなら、心が先に山を下りちゃいけない。
ただし、タイムリミットは7時。
5時間でやれることをやってみます。
2016年01月27日 02:22撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月光に照らされた山が呼んでくれました。
足が動くなら、心が先に山を下りちゃいけない。
ただし、タイムリミットは7時。
5時間でやれることをやってみます。
6
昨日、あとから登った方が北沢峠に幕営されたので、そのトレースがここまでありました。
おかげで体力を少しは温存できました。
2016年01月27日 02:46撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日、あとから登った方が北沢峠に幕営されたので、そのトレースがここまでありました。
おかげで体力を少しは温存できました。
3
ここからはまたノートレース。
さ、どこまで行けるか体力勝負。
昨日のように心が先に下山を始めないこと!
2016年01月27日 02:47撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはまたノートレース。
さ、どこまで行けるか体力勝負。
昨日のように心が先に下山を始めないこと!
3
大丈夫、気持ちは切れてない!
2016年01月27日 04:39撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大丈夫、気持ちは切れてない!
2
月が写っているだけですが、星もきれいに出ています。
2016年01月27日 05:12撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月が写っているだけですが、星もきれいに出ています。
3
このカメラでは写らない・・・
2016年01月27日 05:17撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このカメラでは写らない・・・
1
トラバースの方向を間違えるとヤバいことに!
緊張は解けません。
2016年01月27日 06:24撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースの方向を間違えるとヤバいことに!
緊張は解けません。
2
夜明けの光を喜ぶ気持ちと、迫る残り時間を惜しむ気持ち。
2016年01月27日 06:25撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明けの光を喜ぶ気持ちと、迫る残り時間を惜しむ気持ち。
2
心を無に一歩一歩重ねたトレース。
2016年01月27日 06:47撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心を無に一歩一歩重ねたトレース。
1
木々の間に北岳が。
2016年01月27日 06:52撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間に北岳が。
1
こちらは鳳凰三山?
2016年01月27日 06:52撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは鳳凰三山?
1
藪沢大滝の頭(五合目)
この少し下で時間切れを迎えそうな時に、北沢峠で幕営されていた方が後から追いついてこられました。
ヤマレコのユーザー(demae0922さん)でした!
おかげで最後のひと踏ん張りができ、何とかここまではと思っていたポイントに到達できたのは一つの区切りにできて嬉しかったことです。
demae0922さん、ありがとうございました!
2016年01月27日 07:10撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪沢大滝の頭(五合目)
この少し下で時間切れを迎えそうな時に、北沢峠で幕営されていた方が後から追いついてこられました。
ヤマレコのユーザー(demae0922さん)でした!
おかげで最後のひと踏ん張りができ、何とかここまではと思っていたポイントに到達できたのは一つの区切りにできて嬉しかったことです。
demae0922さん、ありがとうございました!
15
森林限界を超えた景色は見たかったけど、また楽しみにしよう。
2016年01月27日 07:14撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を超えた景色は見たかったけど、また楽しみにしよう。
2
戻る道の行く手には甲斐駒。
2016年01月27日 07:21撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻る道の行く手には甲斐駒。
2
生まれて初めて頭から滑落してしまいました。
(2mほどですが・・・)
2016年01月27日 07:42撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生まれて初めて頭から滑落してしまいました。
(2mほどですが・・・)
2
下るのは速いこと!
2016年01月27日 08:45撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下るのは速いこと!
1
登りは5時間、下りは2時間・・・
2016年01月27日 09:09撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りは5時間、下りは2時間・・・
3
撤収時に、ここは幕営禁止との表示に気づいたのですが後の祭り。
管理人さん、ごめんなさい!
ゴミなどは残してないので許してください!
2016年01月27日 10:34撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撤収時に、ここは幕営禁止との表示に気づいたのですが後の祭り。
管理人さん、ごめんなさい!
ゴミなどは残してないので許してください!
3
夜中にこの稜線が青白く浮かんでいるのを見て、心を立て直すことができました。
今回も山に助けてもらいました。
2016年01月27日 10:57撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜中にこの稜線が青白く浮かんでいるのを見て、心を立て直すことができました。
今回も山に助けてもらいました。
4
丹渓山荘跡
あれだけ苦しんだ八丁坂も、下りはツボ足で1時間少々・・・
2016年01月27日 11:48撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹渓山荘跡
あれだけ苦しんだ八丁坂も、下りはツボ足で1時間少々・・・
2
河原歩きはすいすいとはいかず、疲れた足を引きずってました。
2016年01月27日 11:50撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原歩きはすいすいとはいかず、疲れた足を引きずってました。
2
登山口
あ、今日はまだ歩かなきゃ・・・
2016年01月27日 13:36撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
あ、今日はまだ歩かなきゃ・・・
3
はぁ〜 きつかった!
登頂はできなかったけれど、今の自分に出来ることをやったつもり。
無事に下りてこられたことも含め、今回も山に助けてもらいました。
ありがとう、また来るよ!
2016年01月27日 13:48撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はぁ〜 きつかった!
登頂はできなかったけれど、今の自分に出来ることをやったつもり。
無事に下りてこられたことも含め、今回も山に助けてもらいました。
ありがとう、また来るよ!
9

感想/記録

前回(昨年末)の失敗を教訓に装備の確認を万全に登ってみましたが、トレースを辿れたのは河原まで。
積雪は大したことない(2000mで膝上)ながらラッセルの続くルートに今回も登頂できずでした。

でも前回と違って一旦折れた心を山が引き戻してくれたこと、そこからできることとリミットの設定も含めてプランニングし直せたこと、そして目の前の状況を自分なりに判断しながら目標に向かえたことを山に感謝したいです。

大平山荘では幕営もせずにすぐに引き返しそうな心境でした。
下りるのがしんどいだけの理由でテントを張り、翌朝撤収して下山するつもりの情けない野営。
しんどいからここまで・・・なんてソロ山行の欠点を晒したような心境でシュラフにもぐり、万全の防寒対策で寒くないはずなのにがたがた震えていました。
(ひょっとして軽いパニック症状だったのか?)

小用にテントを出て空を見上げると、ほぼ満月の光に明日辿るはずの稜線が青白く浮かんでいます。
風のない無音の世界で月と星に照らされる稜線を眺めていると、山に呼ばれるままにそこを歩く自分を想像でき、それがどんなに幸せなことかを思い出しました。
テントに戻って時間等を再度検討してみます。
出発を2時とすると、5時間あれば当たり前なら登頂できるはずです。
ただし体力とこの先のラッセルを考えるとそれ以上の時間をかける余力はなさそう。
最重要事項でリミットを7時と定め、上を目指しました。

一人の登山者が北沢峠に上がっていったのは知っていたのでそのトレースを辿らせてもらい、その方のテントを通り過ぎていよいよ仙丈ケ岳の登山道に踏み出しました。
当然ながらノートレースの急斜面をひたすらテープを頼りに登ります。
テープの見えないところでは尾根の方向や地面の凹凸でなんとか登山道の痕跡を探します。
地形の不明瞭なところでは、引き返した時に間違えないよう目印を写真に残しながら慎重に進みます。
時間配分を自分で決めて動く以上、暗いことを言い訳にはしたくありません。
ヘッデンの届く範囲の情報で進行方向を見極める、その一点に集中して上を目指します。

一合目、二合目と迎えてくれる表示には助けられました。
「ふぁいと」なんて看板に癒されながら一歩ずつ、少しずつ体を持ち上げていきます。
身体は確かに悲鳴を上げますが、そんな中で、登頂してよかったよかったの満足よりもこの瞬間の一歩がお気に入りなのかもしれないと思ってみたり・・・
気が緩むと、暗い中を歩くことがストレスに感じてしまって夜明けを待ちわびる自分を情けなくも思います。

東の空が赤くなってきました。
まだ五合目(藪沢大滝の頭)までも行けてませんが、間もなくリミットです。
尾根から少し外れたトラバースの途中で立ち止まると、後ろから歩いてくる男性に気づきました。
北沢峠で幕営された方で、ヤマレコのユーザーさんでした!
demae0922さん、はじめまして!
人に出合ったことでちょっと元気をもらい、五合目までの少しの区間を同行しました。
そこで私は区切りとしましたが、demaeさんはそこから山頂を向かわれました。
冬の素晴らしい青空の下、独り占めの風景に羨ましさも感じましたが、今回はここまでで山に感謝して引き返します。

自分の弱さとパニクった時の情けなさ。
山はいつだって静かですが、そこに鏡のように映る自分に一喜一憂。
もう一度ここから、と思わせてもらったところからは山頂が見えなかったけれど、ヘッデンの光で次の一歩は見えました。

装備は贅沢ができるかもしれませんが、身体は一つだけ。
身体を運べるところにしか行けないけれど、目の前の一歩を楽しむことはできます。
自分なりの限界を見極めながら、その少し手前を楽しめる山歩きを続けようと思います。
訪問者数:751人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/5/10
投稿数: 2979
2016/1/29 14:57
 monsieurさん、こんにちは!
これぞ冬山。甘くない、でもいい経験ですがすがしい雪山行でしたね

私達が行ったのは4月の中旬でしたが林道と交差するあたりからアイゼンで、北沢峠からは膝くらいまで雪がありました。
その年によると思いますがその時に出会ったベテラン山屋さんは「1ヶ月前(3月)は5合目手前で踏み抜くと首まで埋まった」と話していました。
1合目から5合目までは地形が複雑なので暗い中での歩きは難しそうですね〜
次は是非、小仙丈、仙丈を踏んでください!レコ、楽しみにしてますよ
登録日: 2011/5/7
投稿数: 1989
2016/1/29 16:57
 Re: monsieurさん、こんにちは!
kamehibaさん、ようこそいらっしゃいませ〜
歩きながら、いつもの年だと雪の量が違うんだろうなと想像していました。
でも、首まで埋まるなんて・・・
地形を読みながらのルーファイはなかなかの冒険でした!
トラバース途中ではすぐに斜面を直登したくなるんです。

五合目を過ぎて、森林限界を超えた先が楽しみです。
次回は南アルプスの峰々を眺めながらの稜線歩きを体験しに行きますね
登録日: 2013/8/28
投稿数: 2
2016/1/29 22:04
 Re:人に出会った事で元気をもらい!
先日はラッセルお疲れ様でした!こちらこそ、monsieurさんから元気を貰ってがんばれました!
北沢峠からのトレースがなかったらと思うとゾッとしますよ!かなり長い区間、お一人で歩かれた事を思うと感謝しかありません!しかも2時て!!
本当にお疲れ様でした!
稜線に出ると景色は素晴らしかったんですが、まーなんせ強風で。
残った体力では小仙丈ケ岳を上がれなくて撤退しました。
命あっての山登り!撤退はリベンジのチャンスが残ってますからね!また頑張りましょう〜!!
登録日: 2011/5/7
投稿数: 1989
2016/1/30 11:56
 Re[2]: 人に出会った事で元気をもらい!
demae0922さん、こんにちは
大滝の頭から先、まだまだきついルートなんですね
お逢いしたあの斜面のトラバース、引き返そうかと立ち止まっていたところに追いついてこられたんです。
風に当たると顔が痛いほどの冷たさでしたね。
私は下りでバラクラマを被ったほどです

お互いソロの山行が多いので、何より無事に山を楽しみましょう。
登録日: 2014/10/21
投稿数: 907
2016/1/30 12:10
 お疲れさまでした!
ムッシュさん、こんにちは♪

昨年の残雪期に歌宿から歩いただけでも長かったですけど
戸台からだと果てしなく長そうですね…
北沢峠から山頂までで、一番キツかったのが5合目までだった記憶があります。
5合目からは開けた冬道なので。

年末のリベンジとはならなかったのかもですけど、
厳しい状況下でできることを成し遂げた達成感はあったのではないでしょうか。
目の前の一歩一歩を楽しんでるムッシュさんが伝わって来ましたよ
登録日: 2011/5/7
投稿数: 1989
2016/1/30 14:23
 Re: お疲れさまでした!
ろっそさん、いらっしゃいませ〜
昨年末に登った雪のない八丁坂と、今回の坂はもう違う道でした
今年の雪は少ないとはいえ、ほぼ新雪のラッセルは足にきました
でもあの青空をバックの稜線の風景、眺めておきたかったのも本音です

まだその楽しみを残しているので次の機会も同じように楽しみに歩けそうです。
あ、山に戦いを挑むとか、次は勝つとかの意識はないので、「リベンジ」という言葉を僕は使わないようにしています。
仲良くなればきっといい表情を見せてくれるはず
登録日: 2011/9/17
投稿数: 2100
2016/1/31 0:31
 コメント遅くなりました!
むっしゅさん、こんばんは☆

ちょっとダークサイドに行っててヤマレコ自体あまり見ていなかったものですが、確かむっしゅさん仙丈に行ってるんだよな〜なんて気にかけながら1週間過ごしておりました
都内でも積雪のあった時があったので、山の雪もここへ来て急速に増えたようですね。
「足が動くなら心が先に山を下りちゃいけない」
そうですよね。
心が先に山を下りると体が拒絶する。
悔しいけど、そんな山行もありました。
前回の白根山では、そのことがあったからか、まさにそんな気持ちで歩いてました。
山頂踏めたけど力不足を痛感する山行で、でもやりきった感は言葉にできませんでした。
むっしゅさんも今回は、今できることをやりきって、次に向かってもう歩いているのかな〜と思います
山って確かに、そこで見る景色が素晴らしいってのはあるんですが、そこで何を見ることができるか、感じ取ることができるのか、これなのかな〜って思います。
ちょっと山は一休みしてましたが、(単に休日に天気が悪いのと、足の指に物を落として紫色になった)、月が変わったらガシガシ歩きたくなってきました
登録日: 2011/5/7
投稿数: 1989
2016/1/31 14:27
 Re: コメント遅くなりました!
みゆっちさん、いらっしゃい

遅くなりました・・・なんて、言われると、なんだか中学生のLINE(?)のやりとりみたいです
(「既読なのに返信来ない!」って、いじめるんですよね

このレコを自分で見返してみても、「ほら、楽しかったよ 」とはなかなか伝わらないレコですね。(写真 も文章 も)
その辺の発信力がないのを最近自覚するようになりました。
その場で感じたことや触れたことを自分の中で言葉にしたり、いろいろ転がしながら歩いてる印象です。
そのがらくたたちが増えるほど充実感が出たりもして、ちょっとパワーにもなります。
(逆に足を引っ張る連中も混じりますが・・・

足、もう大丈夫なんですか?
みゆっちさんから「ガシガシ」と聞くと、すごい山歩きを想像してしまいますよ
僕は2月、西穂か八ツあたりになるかな・・・
登録日: 2010/11/22
投稿数: 5517
2016/2/1 14:37
 冬山…
ちょっとした山の状態の変化(積雪や雪質)、そしてほんの少しの体調の違い…
幕営装備で冬山に入れば、そりゃ撤退なんて当たり前だと思いますよ
ダメなら引き返せば良いだけなので、そんな気にすることもないですって。
まぁ、今回はしゃあないね…って。

私も冬の仙丈には行きたいと思ってますので、ムッシュさんの次のレコも楽しみにしております
登録日: 2011/5/7
投稿数: 1989
2016/2/1 15:54
 Re: 冬山…
utaotoさん! ありがとうございます
そうですね  雪の状態ひとつで武奈ヶ岳にも届かないってのもざらにあるし・・・。
今回は気持ちが切れての撤退ではなかったので、それほどダメージを感じてはいないんです。
年によって、またちょっとしたタイミングで積雪状況はかなり違うらしいです。
次の機会にはまた別の味わいがありそうです

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ