ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 803648 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

伊吹山(狐に遭遇。タイミング合わずガスの山頂)

日程 2016年01月27日(水) [日帰り]
メンバー che
天候曇り 山頂部はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
名神高速関ヶ原インターより20分程度。

盒兇気鹵鷦崗譴肪鷦屐1日500円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間33分
休憩
1時間11分
合計
6時間44分
S高橋さん駐車場07:3607:38伊吹山上野登山口08:20伊吹山一合目(伊吹高原荘)08:3008:43伊吹山二合目09:21伊吹山三合目09:3109:41伊吹山四合目09:54伊吹山五合目10:11伊吹山六合目避難小屋10:1611:10伊吹山八合目11:2011:49山頂周回道分岐・合流点12:1012:57伊吹山六合目避難小屋13:0213:14伊吹山三合目13:2413:52伊吹山一合目(伊吹高原荘)14:16伊吹山上野登山口14:20高橋さん駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
暖冬からの寒波襲来、降雪の2日後。
積雪は一合目50cm、山頂1m、とのこと。

登山口〜一合目

 樹林帯。足元はグズグズの雪。

一合目〜六合目

 スキー場の斜面。圧雪。一部、地面が見えているところもあり。

六合目〜九合目

 斜度が増し圧雪。岩が見えているところもあり。夏道がほとんど。

九合目〜山頂

 表面が凍結した圧雪。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

ファミリーマートからの伊吹山。
2016年01月27日 07:17撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ファミリーマートからの伊吹山。
3
盒兇気鵑箸魁
2016年01月27日 07:36撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
盒兇気鵑箸魁
1
協力金300円なり。
2016年01月27日 07:44撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
協力金300円なり。
1
樹林帯はこんな感じ。
2016年01月27日 07:47撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯はこんな感じ。
1
一合目。
2016年01月27日 08:20撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一合目。
旧スキー場内を行く。
2016年01月27日 08:36撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧スキー場内を行く。
つららもいまいち。帰りには溶けてなくなっていた。
2016年01月27日 09:32撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つららもいまいち。帰りには溶けてなくなっていた。
やっと視界が開けたが、山頂は見えず。
2016年01月27日 09:54撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと視界が開けたが、山頂は見えず。
2
青空ちらり。
2016年01月27日 09:58撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空ちらり。
2
ウサギかな?
2016年01月27日 10:00撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウサギかな?
2
六合目避難小屋。
2016年01月27日 10:11撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目避難小屋。
2
避難小屋内部。
2016年01月27日 10:14撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋内部。
4
斜度が増してきた。平日なのに人が多い。
2016年01月27日 10:19撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度が増してきた。平日なのに人が多い。
3
振り返ると絶景。
2016年01月27日 10:59撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると絶景。
3
狐、登場。
2016年01月27日 11:10撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狐、登場。
13
様子を伺う。
2016年01月27日 11:14撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
様子を伺う。
24
通行料おいてけ。
2016年01月27日 11:16撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通行料おいてけ。
22
じーーーーっ。
2016年01月27日 11:18撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
じーーーーっ。
46
絵になるねぇ。
2016年01月27日 11:20撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絵になるねぇ。
55
ガスが濃くなってきた。
2016年01月27日 11:25撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが濃くなってきた。
1
麓は晴れてるんだけどね。
2016年01月27日 11:30撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓は晴れてるんだけどね。
10
たまに晴れるんだけどね。
2016年01月27日 11:32撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに晴れるんだけどね。
山頂付近はガスガス。
2016年01月27日 11:49撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近はガスガス。
3
真っ白け。
2016年01月27日 12:06撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白け。
海老。
2016年01月27日 12:08撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海老。
3
少し下ると青空が。
2016年01月27日 12:23撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ると青空が。
10
避難小屋でお出迎えされた。
2016年01月27日 12:57撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋でお出迎えされた。
6
盒兇気鵑箸海念貮。
2016年01月27日 14:27撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
盒兇気鵑箸海念貮。
5
撮影機材:

感想/記録
by che

 2016年初登山は伊吹山へ。

 大寒波と降雪直後、天気も晴れ予報で雪と青空を期待して出かけてみたが、麓のコンビニに着くと山頂はガスで見えない。福井方面から灰色の雲がどんどん流れ込んでいるようだ。でも天気は午後になるほど好転になる予報。予報に期待して上野に向かう。

 車を高橋さんの駐車場に止めて、登山口へ。ちなみに駐車場は登山口近くにもある。高橋さんいわく、この日もたくさんの人が登る予定とのこと。僕が着いた時点で高橋さんところは満車だった。

 雪の残る上野地区から神社わきの登山道へ入る。登山道は最初から雪が残っていた。凍結ではなくぐずついた雪だがしっかり積雪。一合目からアイゼンをつけようと思っていたが、樹林帯の途中から装着。積雪は浅いので、時々岩に引っかかりながら登る。あっという間に汗が噴き出てきたので、フリースを脱ぐ。

 一合目からはしっかり積雪していた。それでも雪は例年より少ないそうだ。木道の階段が見えているところもあった。五合目までは旧スキー場内を登る。踏み跡もしっかりついていて、迷うことはなさそうだ。アイゼンもしっかり効く。積雪は50センチ程度と高橋さんが言っていたので踏み跡をそれてみたが、踏み抜くこともなかった。ここまでくると風も出始めて寒くなってきた。脱いだフリースを着る。

 六合目からは斜度も増してくる。でもまだほぼ夏道。踏み跡をそれると、膝下程度まで踏み抜くところもあった。一合目の視界が開けたところから晴れ間を期待しながらここまで来たが、山頂はまだガスの中。雲の流れもなかなか速く晴れ間も出ない。振り返ると麓の雪景色は良く見える。曇っているのは伊吹山のてっぺんだけっぽい。

 八合目あたりから風も強くなってきた。時々、突風も吹いてくる。このあたりでやっと樹氷もお目見え。海老の尻尾も成長しつつある。
 八合目ベンチで狐に会う。人に臆することなく、逆に寄ってくる。ベンチで休む僕の前にちょこんと座り、食べ物を置いて行け、と目で訴えている。登山者が食べ物を与えるのだろうが、良くないことだ。僕が何も渡さないのを悟ると、違う人のところへ行ってしまった。

 八合目と山頂周回路の手前当たりで、ガスの中へ入ってしまった。山頂台地に出るところで遮るものもなく、風も強風だ。ガスなのか雪煙なのか、視界は20メートルほどだったと思う。ガスの流れが速いので、時々遠くまで見渡せるが、あっという間に真っ白な世界になってしまう。周りの登山者も先に進む人、引き返す人、半々というところだ。15分ほどガスの中で様子を窺ったが、一向に好転する雰囲気がないので引き返すことにした。

 引き返す途中振り返ると山頂が見えた。まぁ、仕方ないが後ろ髪が引かれる。六合目の避難小屋で狐が待っていた。また来いよ、って言ってたと思う。登りの時は固まっていた雪も、帰りにはぐずぐずべちゃべちゃになっていた。高橋さんとこでコーヒーを飲みながら見た伊吹山は、快晴だった。

 2016年一発目の登山は途中下山。不完全燃焼だがこういう時もあるということ。引き返す途中に振り返ると山頂が見えたのも、こういう時もあるってこと。青と白の世界は、またの機会だ。
訪問者数:667人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ