ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 803741 全員に公開 雪山ハイキング九州・沖縄

英彦山 最後の氷瀑? しゃくなげ荘から四王寺滝

日程 2016年01月28日(木) [日帰り]
メンバー -tk2
天候小雨、積雪
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
 道路情報でR500の通行止めがチェーン規制に変わっていたので、バス運行状況を電話で確認すると、しゃくなげ荘まで折り返し運転とのこと。ノーマルタイヤなので彦山駅に駐車し、バスでしゃくなげ荘まで移動しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
15分
合計
4時間24分
Sしゃくなげ荘11:3413:57四王寺滝14:0915:11英彦山神宮(奉幣殿)15:1415:29銅の鳥居15:58しゃくなげ荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 しゃくなげ荘対面の階段から、めんべい工場裏手を通る旧登山道から入山(初めて)。雪に埋もれた数個の大岩を乗り越えるところがあり、左は谷、右はコンクリの高い壁で、今回一番の難所だったかもしれない。
 その後は智室川沿いを遡り、ショートカットで鬼杉道に上がり、途中で念のため軽アイゼンををつけ、四王寺滝登山口からは、雪の踏み跡で分かりやすく迷わず行き着くことができた。アイゼンなしでも行けたかもしれないが、スリップを気にせず安心してサクサク歩くことが出来、効果を実感しました。。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地形図 GPS 雨具 軽アイゼン 昼食 飲料 行動食 その他
備考 GPS軌跡は一部修正しています。

写真

バスでしゃくなげ荘まで移動、バスはここで折り返し
2016年01月28日 11:24撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスでしゃくなげ荘まで移動、バスはここで折り返し
初めて”めんべい”工場横の旧道から入る。近道するつもりが、雪の積もった大岩乗り越えで意外に時間がかかってしまった
2016年01月28日 11:36撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて”めんべい”工場横の旧道から入る。近道するつもりが、雪の積もった大岩乗り越えで意外に時間がかかってしまった
智室川沿いを遡行、この裂けた杉の対岸の谷を遡ると学問神社につながる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
智室川沿いを遡行、この裂けた杉の対岸の谷を遡ると学問神社につながる
智室谷を遡る途中、白岳の絶壁下付近に小さな氷瀑があった
2016年01月28日 12:31撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
智室谷を遡る途中、白岳の絶壁下付近に小さな氷瀑があった
1
規模は小さいが、時間をかけて成長したようだ
2016年01月28日 12:30撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
規模は小さいが、時間をかけて成長したようだ
7
衣ヶ池の弘法大師様の雪を払い安全をお祈りして・・
2016年01月28日 13:15撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
衣ヶ池の弘法大師様の雪を払い安全をお祈りして・・
四王寺滝へ、まだ結構雪が深いところがあった
2016年01月28日 13:16撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四王寺滝へ、まだ結構雪が深いところがあった
雪の踏み跡をたどり四王寺滝に到着、小雨のなか見事な氷瀑が残っていた
2016年01月28日 13:58撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の踏み跡をたどり四王寺滝に到着、小雨のなか見事な氷瀑が残っていた
7
滝の直下から見上げる
2016年01月28日 14:05撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の直下から見上げる
4
水が音をたてて流れ落ちていた、
2016年01月28日 14:05撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が音をたてて流れ落ちていた、
2
下山途中、雪の重みで裂けた杉が生々しい
2016年01月28日 14:19撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中、雪の重みで裂けた杉が生々しい
1
奉幣殿に向かう道で、三角形のピークを三つ見かけた。最初が大岳鞍部の反対側のピーク?、次が811m、そして白岳のピークではないかな・・
2016年01月28日 14:53撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奉幣殿に向かう道で、三角形のピークを三つ見かけた。最初が大岳鞍部の反対側のピーク?、次が811m、そして白岳のピークではないかな・・
途中の展望台から奉幣殿を眺める
2016年01月28日 15:03撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の展望台から奉幣殿を眺める
奉幣殿から雪が残る表参道の石段を下る
2016年01月28日 15:14撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奉幣殿から雪が残る表参道の石段を下る
のぼろ秋号にあった花山商店横を下る
2016年01月28日 15:19撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のぼろ秋号にあった花山商店横を下る
銅の鳥居からしゃくなげ荘までR500を歩き、16:06のバスに乗車、めんべい工場の方達も今日はバス通勤だったようだ
2016年01月28日 16:05撮影 by EX-ZS27, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅の鳥居からしゃくなげ荘までR500を歩き、16:06のバスに乗車、めんべい工場の方達も今日はバス通勤だったようだ
撮影機材:

感想/記録
by -tk2

 ノーマルタイヤなので道路情報を見てあきらめていましたが、道路規制がゆるくなったのでバス運行状況を問い合わせると、しゃくなげ荘まで折り返しと聞き、小雨だが行ってみることにしました。彦山駅に駐車しバスでしゃくなげ荘まで移動し、智室川沿いの山道から鬼杉道に出て、四王寺滝に向かいました。滝は水が音をたてて流れていましたが、長く太い氷柱はまだ十分残っていて、初めての氷瀑を堪能しました。雨も大したことはなく、来てみて良かったと思いました(1月29日には本当の滝になっていたみたいで、今日が最後のチャンスだったようです)。今回、軽アイゼンでの雪山は初めてでしたが安心感がありました。雪道を走れるタイヤがほしいな、とちょっと思いました。 *



訪問者数:279人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/19
投稿数: 434
2016/1/31 22:38
 やっぱり、良く山ですたい!!
お疲れさまでした
四王寺滝は 一日違う事に その姿が 変化して行き 大変 面白く思いました
今回の寒波で 沢山の方が ダイナミックな 氷瀑を楽しまれたようですね
2月に 大寒波が来たら また見学に行こうかなぁ♪
登録日: 2013/11/26
投稿数: 15
2016/1/31 23:50
 Re: やっぱり、良く山ですたい!!
お疲れさまです。
青空と氷瀑の写真を拝見し、今季最後かもと思い小雨のなか行ってしまいました。もし、2月に寒波の予報がでたら泥縄でチェーンを買おうかな・・・

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ