ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 804037 全員に公開 雪山ハイキング奥武蔵

雪の棒ノ嶺

日程 2016年01月24日(日) [日帰り]
メンバー mtashmasa1014
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
さわらびの湯の第3駐車場(無料)が、施設を利用すること前提で開放されています。利用しなくても怒られることはないと思うけど、いい温泉なんで帰りにぜひ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間19分
休憩
40分
合計
5時間59分
Sさわらびの湯バス停07:5408:17白谷沢登山口08:1909:52岩茸石09:5410:15権次入峠10:38棒ノ嶺11:1311:46権次入峠11:4712:07岩茸石13:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ほぼ全編雪道だったこともあり、ゆったり目のペース。頂上でもっとゆっくりしてもよかったんだけど、止まってると雪に埋まった足が冷たくて。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特にないと思います。2016/1/24現在では、雪がちょうどいい具合に踏み固められてて、いつもより踏める場所が広がって歩きやすかったくらい。
その他周辺情報さわらびの湯(一般800円/午前10時〜午後6時/祝祭日以外の毎月第一水曜日定休)は、大きすぎず小さすぎず、妙に居心地のいい日帰り温泉施設(個人的感想)。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 毛帽子 ザック アイゼン 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

有間ダム。名栗湖に映った山並みがきれい。
2016年01月24日 08:01撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有間ダム。名栗湖に映った山並みがきれい。
白谷橋登山口。山道はここから。初手から雪道とは想像してなかった。
2016年01月24日 08:16撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷橋登山口。山道はここから。初手から雪道とは想像してなかった。
しばらくは、杉林の中の雪道を進む。
2016年01月24日 08:20撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは、杉林の中の雪道を進む。
棒ノ嶺は沢沿いの道が魅力。道中、この季節ならではの氷の芸術も。
2016年01月24日 08:55撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺は沢沿いの道が魅力。道中、この季節ならではの氷の芸術も。
白孔雀の滝。孔雀に見えないのは雪に覆われてるからかな。白いのは白すぎるくらい白いけど。
2016年01月24日 09:07撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白孔雀の滝。孔雀に見えないのは雪に覆われてるからかな。白いのは白すぎるくらい白いけど。
登るに連れ、雪は深くなる。この辺りはもう一面の銀世界。
2016年01月24日 09:26撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るに連れ、雪は深くなる。この辺りはもう一面の銀世界。
1
分岐点の目印・岩茸石。帰りはこの石を巻いて別ルートをたどる。
2016年01月24日 09:51撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点の目印・岩茸石。帰りはこの石を巻いて別ルートをたどる。
ゴンジリ峠。ここまで着けば、ピークまであと一息。
2016年01月24日 10:14撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンジリ峠。ここまで着けば、ピークまであと一息。
真っ青な空と真っ白な道。山頂はもうすぐ。
2016年01月24日 10:27撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ青な空と真っ白な道。山頂はもうすぐ。
1
到着。
2016年01月24日 10:37撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着。
1
山頂にはパノラマが広がる。
2016年01月24日 10:35撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にはパノラマが広がる。
ああ、あれは○○山だねってソラで言えるようになりたい。すみません。全然わかりません。
2016年01月24日 11:25撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ、あれは○○山だねってソラで言えるようになりたい。すみません。全然わかりません。
比較的広い山頂には、東屋、テーブル+ベンチ 1セット、ベンチ数台あり。
2016年01月24日 11:26撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比較的広い山頂には、東屋、テーブル+ベンチ 1セット、ベンチ数台あり。
1
帰り道、老朽化によって立ち入り禁止となっていた展望台。見晴しは素晴らしそうだけど、命をかける価値はないでしょう。
2016年01月24日 12:27撮影 by PENTAX K-30, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道、老朽化によって立ち入り禁止となっていた展望台。見晴しは素晴らしそうだけど、命をかける価値はないでしょう。

感想/記録
by mtash

前日土曜日の天気予報では、夜から雪が降って日曜朝には晴れるとのこと。ならば、一面銀世界の町並みを見下ろせる山がいいなと考え、当初は夜景に定評のある景信山を計画。しかし、結局雪は降らず。だったらこの時期、帰りに体を温めてくれる温泉がある山がいい。で、棒ノ嶺へ。ここの基点には、大好きな日帰り温泉施設・さわらびの湯がある。
登り始めてみると、意外と雪が深い。頂上近辺の積雪は予想してたけど、最初から雪道とは思わなかった。しかし、ツルツルに凍結してる場所はあまりなく、それなりのトレッキングシューズを履いていれば大丈夫な感じ。せっかく持ってきたんで、途中からチェーンスパイク付けましたが。
棒ノ嶺の大きな魅力は、涼感あふれる沢沿いの登山道。この時期、涼感はあまり嬉しくないけど、この時期ならではの沢の表情が楽しめました。つららのような氷をまとった流木を見つけた時は、ちょっとお得な気分。
山頂に着くと、一気に展望が開ける。この山、頂上直前の空が見え始める感じと、たどり着いた時の開放感の演出効果が素晴らしい。頂上は、悪天候をしのげる東屋や、煮炊きに便利なテーブルもある居心地がいい空間。パノラマの展望と、温かいラーメンとコーヒーの最強コンボを満喫しました。
帰りには、駐車場を使わせていただいたさわらびの湯へ。寒い中歩いた後の温泉は最高のご馳走。なんだかボーッとしてしまいましたが、事故らないよう慎重に運転して帰宅。贅沢な一日でした。

訪問者数:115人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

東屋
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ