ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 804407 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

雪の北ハケ岳 北横岳・箕冠山(1泊2日) 

日程 2016年01月29日(金) 〜 2016年01月30日(土)
メンバー tekutekuwalk, その他メンバー5人
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 ケーブルカー等
JR茅野駅からバスで北ハツ岳ロープウエイ乗り場へ ロープウエイで山頂駅へ
JR茅野駅から夏沢鉱泉の送迎車で桜平へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間23分
休憩
45分
合計
3時間8分
S北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅09:3909:58坪庭10:0510:51三ツ岳分岐10:5311:02北横岳ヒュッテ11:0811:23北横岳(南峰)11:2411:28北横岳11:3211:36北横岳(南峰)11:5112:00北横岳ヒュッテ12:0512:10三ツ岳分岐12:1112:33坪庭12:3712:46北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅12:47宿泊地
2日目
山行
3時間27分
休憩
45分
合計
4時間12分
夏沢鉱泉07:3608:34オーレン小屋08:4109:49箕冠山10:2511:13オーレン小屋11:1511:48夏沢鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
オーレン小屋の前でGPSが切れてしまった。
コース状況/
危険箇所等
雪が深いところがあり、膝辺りまで雪を踏み抜く個所あり。
その他周辺情報宿泊は夏沢鉱泉 温泉あり
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

出発地点です 雪が降っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発地点です 雪が降っています
2
北横岳フュッテに着きました 冬季休業中です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北横岳フュッテに着きました 冬季休業中です
2
山頂(南峰)は風がすごく強く、雪が顔に当たって痛いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂(南峰)は風がすごく強く、雪が顔に当たって痛いです
2
荒涼とした景色です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒涼とした景色です
2
山頂(北峰)に着きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂(北峰)に着きました
2
出発時は雪が強く降っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発時は雪が強く降っていました
1
オーレン小屋です 冬季休業中です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋です 冬季休業中です
1
トレースがありました 助かります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースがありました 助かります
1
樹林帯の雪が大きくなっていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の雪が大きくなっていきます
2
50冂度の深さのトレースです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50冂度の深さのトレースです
2
箕冠山2590mです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕冠山2590mです
1
根石岳へは行けませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳へは行けませんでした
1
ここで敗退 バックしました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで敗退 バックしました
1
箕冠山の案内標識です 夏沢峠方面にはトレースがなくとても行けません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕冠山の案内標識です 夏沢峠方面にはトレースがなくとても行けません。
1
オーレン小屋に戻ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋に戻ってきました
1
夏沢鉱泉の送迎車です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉の送迎車です
2
夏沢鉱泉にかえってきました 帰ってきてからも温泉に入れます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉にかえってきました 帰ってきてからも温泉に入れます
1

感想/記録

1月29日〜30日で北横岳・根石岳に登ろうと企画。根石岳は今回断念し、箕冠山まで。

天気予報では天気は良くなかったものの、雪でも風が強くなければ歩けるかなと期待したが、やっぱり天気は良くはなかった。

1日目。北ハツ岳ロープウエイで山頂駅まで上がる。ロープウエイ乗り場では雨だったが、山頂駅では雪が降っていた。朝早くまだトレースがなかったので、雪が深いところがあり、コースを外すと雪を踏み込んでしまう。コース案内のテープは貼ってあるので、それを頼りに歩いた。北横岳フュッテまで来るともう少しで山頂。フュッテは冬季休業中。標高差もなく、難しいコースではないが、雪と風には苦戦。特に、山頂付近の稜線まで登ると、風が強く、頬を風と雪が叩き、痛い。立っていられない程ではなかったが、早々に退散した。

2日目。夏沢鉱泉に宿泊し根石岳を目指す。朝起きるとしんしんと雪が降っていた。様子を見ながら行けるところまで行こうと朝7時30分頃スタートした。雪は強くても樹林帯の中は穏やかである。また、雪もオーレン小屋に着くころにはしだいに小降りになった。さて、ここからが問題である。オーレン小屋まではトレースがあると予測していたが、根石岳方面にトレースがあるかどうかである。
しかし、奇跡的?に1名の雪の踏み跡があり、トレースがあった。しかも、この踏み跡、深いところでは50僂發△蝓苦労して歩いたと思われる。このトレースがなければ、私たちの足ではラッセルしながら歩くのは無理だったと思う。
穏やかな樹林帯も箕冠山まで。ここから、根石岳には20分程度であるが、稜線に出た途端、トレースが突如なくなり、風が強く雪で前が見えないホワイトアウト状態。これ以上は危険と判断し、来た道を引き返した。箕冠山から夏沢峠へ向かう稜線も誰も歩いた後がなかった。
夏沢鉱泉へ戻ったあと、温泉に入り、食事をして、桜平から茅野駅まで送ってもらった。冬山登山に優しい宿です。感謝。
訪問者数:464人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ホワイトアウト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ