ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 804585 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走伊豆・愛鷹

沼津アルプス※Connecting the root 2016 1st 多比から伊豆の国パノラマパーク

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー drunk
天候曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
香陵台へ駐車(6:00頃で2台、下山時も空きあり)

道路状況:全面夏道。

駐車場:香陵台に無料駐車場あり(約20台)。

トイレ:香陵台にあり。
    ※和式(使用可否未確認、昨年同時期はペーパーありました)

コンビニ:IC周辺及び一般道に多数

下山後の移動手段
今回は、「伊豆長岡」から
沼津登山東海バスを利用し「沼津駅」で下車(640円)しました。
沼津駅から香陵台まで徒歩約45分。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち31%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間48分
休憩
1時間8分
合計
6時間56分
S香陵台06:0206:16香貫山06:2006:41八重坂峠06:4306:53横山07:0307:14横山峠07:34徳倉山07:3908:07志下坂峠08:1008:16志下山08:22馬込峠08:31志下峠08:45小鷲頭山08:4908:59鷲頭山09:0409:37多比口峠09:3809:45大平山09:4609:51多比口峠09:5410:19多比バス停10:2011:13伊豆の国パノラマパーク山麓駅11:1411:22伊豆長岡温泉バスターミナル11:3912:16沼津駅12:2512:48黒瀬バス停12:52香貫山登山口(黒瀬口)12:5412:58香陵台G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総工程時間=6時間56分(標準時間=6間30※香陵台から多比まで)
歩行距離=30.42km
標高差=380m
平均速度=4.38km/H
※全てGPSログより
 GPSログは長めに表記されているので、参考程度として下さい。
 データの間引きは1,000P以下にしています。
 (NV-U37使用:NMEA形式で記録後、フリーソフトでGPX形式に変換)
コース状況/
危険箇所等
1.周辺は街中なのでコンビニ等は多数ある。
 ※沼津アルプスは、エスケープルートが多数あります。
2.香貫山から横山へのルートは桜台経由です。
 ※展望台などの案内があり紛らわしい。
3.雨天後の登山道はぬかるみとなりスリッピーです。
 ※本日の下りはかなり気を使いました。
4.香貫山以降、途中一般道歩きがあります。
5.横山峠から徳倉山への分岐は案内板等を良く確認する。
6.標高差はありませんが、急登&急坂下りの繰り返しになります。
 ※かなりハードな縦走と思って下さい。
7.伊豆の国パノラマパークから伊豆長岡温泉まで徒歩10分。
8.伊豆長岡バスターミナルからのバスは通常30分に1台程度だが、
 ホテルのチェックアウトの時間は多数あり(9時と11時台)
9.香陵台周辺は猫が多々います。かなり人間に慣れています。

沼津観光WEB(沼津アルプス地図あり)
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/asobu/hiking_walking/alps/

富士山ハイキング - 沼津アルプス | 富士山エリアの総合ガイド - フジヤマNAVI
http://www.fujiyama-navi.jp/yamaaruki/numazu-alps/

伊豆ハイキング
http://izu-hiking.com/west/numadu.html
その他周辺情報三津シーパラダイス
http://www.seapara.jp/

伊豆長岡温泉ナビ
http://izuspa.com/
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖シャツ ノマドジャケット ノマドパンツ 靴下 帽子(夏用+予備ニット帽) 手袋(夏用+予備フリース) 雨具(ストームクルーザー上下) 着替え ザック ザックカバー スパッツ 行動食(SOYJOY×1+ゼリー飲料×1+おにぎり×2) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×2+山専×500mL) 地図(地形図) ヘッドランプ(予備) 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト ストック 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

2016.1.31、香貫山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016.1.31、香貫山山頂
1
本日の写真だと暗くて判らないので、参考までに2014.2.16の香貫山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の写真だと暗くて判らないので、参考までに2014.2.16の香貫山山頂
1
2016.1.31、香貫山山頂からの夜景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016.1.31、香貫山山頂からの夜景
2
2016.1.31、徳倉山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016.1.31、徳倉山山頂
1
本日は曇天故、眺望乏しく、参考までに2014.2.16の徳倉山山頂からの富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は曇天故、眺望乏しく、参考までに2014.2.16の徳倉山山頂からの富士山
3
2014.2.16のそして海原
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2014.2.16のそして海原
1
2016.1.31、志下山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016.1.31、志下山山頂
1
2014.2.16、志下山山頂。晴れていればこんな景色となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2014.2.16、志下山山頂。晴れていればこんな景色となります。
2
これから向かう、鷲頭山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう、鷲頭山
1
2016.1.31、小鷲頭山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016.1.31、小鷲頭山山頂
1
2014.2.16の小鷲頭山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2014.2.16の小鷲頭山山頂
1
2016.1.31、鷲頭山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016.1.31、鷲頭山山頂
1
2014.2.16の鷲頭山山頂。この年はドカ雪でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2014.2.16の鷲頭山山頂。この年はドカ雪でした。
2
大平山に着くとようやく太陽の光が差し込みました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平山に着くとようやく太陽の光が差し込みました
1
2016.1.31、大平山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016.1.31、大平山山頂
1
ついでなので、2014.2.16の大平山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでなので、2014.2.16の大平山山頂
1
ちなみに、今まで「おおひらやま」と読んでいましたが「おおべらやま」なんですね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに、今まで「おおひらやま」と読んでいましたが「おおべらやま」なんですね!
1
多比から長岡に向かう途中のトンネル。車道専用トンネルの北側にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多比から長岡に向かう途中のトンネル。車道専用トンネルの北側にあります。
1
さっきまで歩いていた、沼津アルプスの面々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきまで歩いていた、沼津アルプスの面々
1
伊豆パノラマパークロプウェイ山麓駅。八端丈山(ほったんじょうやま)への入り口になります。八端丈山は、2015年1月25日に踏破していたので、今回はこれでルートを繋げる事が出来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆パノラマパークロプウェイ山麓駅。八端丈山(ほったんじょうやま)への入り口になります。八端丈山は、2015年1月25日に踏破していたので、今回はこれでルートを繋げる事が出来ました。
1
伊豆長岡バスターミナルの時刻表
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆長岡バスターミナルの時刻表
1
駅前にある看板、目指す方向を確認します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅前にある看板、目指す方向を確認します
1
更に詳細マップ……あまり参考にはなりません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に詳細マップ……あまり参考にはなりません
1
香貫山登山口、黒瀬バス停から少し先にあります。本当に民家の真横でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
香貫山登山口、黒瀬バス停から少し先にあります。本当に民家の真横でした。
1

感想/記録
by drunk

2016年1月31日(日)
週末の天気は雨天→曇天となり、またもや低山&近場の選択となる。
ただ2週続けて、過去のリプレースとなっているので、
新規開拓が欲しい所である。

今回は天気の影響がほぼ皆無な「沼津アルプス」を選択したものの、
昨年同様に奥沼津ルートまで進んでも、達成感は生まれない。
なので、昨年同時期に訪れた「八端丈山」とのルート繋ぎを画策した。
但し、逆ルートから再度「八端丈山」へ登っても
曇天の中では苦行に過ぎないので、一般道での繋ぎとした。(-。-)ボソッ
文句あるか!( ̄0 ̄)ノ口ウィ〜ッもう1杯!!
えっ、セコッ??(T^T)
ま、まあ、とにかく、多比から伊豆長丘温泉まで徒歩で移動し
ルートは繋ぎました。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

さて、今回の山行は、
沼津駅(有料だがバス移動後の登りが無い)に車を停めるか、
香陵台(無料だが登り返しがある)に車を停めるかで悩んだが、
結果、香陵台に車を停めた。
理由は、無料である事以外に、
過去訪れていない、
黒瀬からの「香貫山」登山口に辿り着く自信が無かった為だ。
このルートは明るくなってから間違いなく戻りたい、と言う訳である。

-中略-

香陵台の出発は、まだ暗い中だったが、
既に何度も訪れている山である事と、街中低山であれば
「熊」は居ない……はず。
多少獣が逃げ惑う音はしたものの、逃げてくれるなら問題ありません。

なお出来るだけ人には合いたくないので、暗い中スタートしましたが、
鷲頭山&大平山周辺では、何人かの登山者とすれ違いました。

気持ちの良い挨拶を交わす人、登山道の全面を集団で歩く人、
軽く抜いたと思ったら、ビッタリ付かれてしまった事、
人気の山間であるが故、色々な人がいるものです。

-中略-

なお本日は前面的に晴れ予報でしたが、
一部の報道だけ「曇りのち晴れ、早朝は雨が残る」としていました。
これが当たってしまい、早朝スタートの自分は悲しい山行となりました。
ま、最近は週末の天気が良くないので、諦めモードではありますが。

ちなみに、降雨後の登山道はかなりスリッピーで気を使いました。
とりあえず、「今日は転ばない」を設定していましたが、
結果、転ばずにすみました。
訪問者数:312人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/25
投稿数: 932
2016/2/1 17:50
 沼津アルプス(≧▽≦)
drunkさんは本当にあちこち歩かれていらっしゃいますね!!✨好奇心に駆られてdrunkさんの「マップ」を拝見しましたら、まるで血管のように網目状に見事につながっていて気持ちの良いマップになっていましたヾ(≧▽≦)ノ✨やぁ〜、chi-sukeもブツブツ細切れの状態からdrunkさんのようなマップになるように頑張りたいです!!♬
今回、お天気は残念だったようですが(あまり良くない予報に限って当たったり(ToT)💦)、沼津アルプス✨伊豆のお山は海が見えていいですね(*^^*)伊豆方面はまだまだあまり歩けていないのですが、温暖な感じが大好きです♬転ばなくって良かったです〜〜〜!!足の捻挫が長引いていらっしゃったので、転んじゃったりしたら心配ですものね💦そして!香陵台周辺はネコさんがたくさんいらっしゃるのですか✨✨✨山情報に加え、ネコさん情報ありがとうございます(´艸`*)
登録日: 2012/3/4
投稿数: 372
2016/2/1 19:27
 Re: 沼津アルプス(≧▽≦)
chi-sukeさん今晩は。
ルートについては、あの山この山と言う攻め方ではなく、
前回のルートの続き、と言う山行を繰り返していたので、繋がるのは当然でした。
ただそれだけだと百名山(日本&山梨)の踏破が遠のくので
ここ数年はあちこち移動した結果、かなりバラけました。

山梨百は完全に繋ぎたいとは思いますが、日本百名山踏破後に検討します。
日本百は車移動では繋ぎたいですね。
そんな事を考えつつ北海道の山選定などしています。(-。-)ボソッ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ