ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 804587 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

北八ヶ岳・三ッ岳 トレースのない難コースを行く

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー ranaporosa, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
私の自宅で朝8時に待ち合わせ。北八ヶ岳ロープウェイの山麓駅に駐車。割引券を使って,ロープウェイの往復で1700円也。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間46分
休憩
34分
合計
4時間20分
Sロープウェイ山頂駅09:3010:05北横岳・三ッ岳分岐10:0711:15三ッ岳景頂上11:2211:45三ッ岳曲頂上11:5012:40北横岳・三ッ岳分岐13:0013:50ロープウェイ山頂駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 北横岳への登山道から「三ッ岳分岐」経由で三ッ岳を目指しました。
 まったくの予想外のことでしたが,積雪は去年の同時期よりも遥かに多く(昨年の北横岳のヤマレコを参照してください),本格的な雪山になっていました。この積雪量は,私にとっては1979年2月の戸隠山と同レベルの自己ギネスタイです。
 分岐点から少しの区間はトレースがあって,喜んでたどっていたのですが,すぐにトレースがなくなってしまいました。どうやら余りの雪の深さに,先行者は撤退してしまったみたいです。そんな中,たまたま居合わせたスノーシューをはいた単独の男性(=iyossiiさん),同じくスノーシューをはいたご夫婦(当然,その3名とも12本爪のアイゼン持参でした),そして12本爪アイゼン(のみ)の私たち二人の計5人で「あっちでもない」「こっちでもない」などとルートを探して難儀しながらラッセルし,やっとの思いで三ッ岳景と曲まで進みました。去年の今頃は,大した積雪もなくて鎖も出ていたので,相棒でロートルのOh-gucchi君でさえ楽勝で曲まで行けたようですが,今回は鎖すら見えないほどの積雪で,まさにバリエーションルートそのものでした。
 こんなに苦労して曲までたどり着いたのですが,振り返ると大勢の軽装の登山者が次から次へとかなりのハイペースで追いかけて来ました。それを見たときには,これまでの私たちの苦労はいったい何だったの?と力が抜けましたが,よく考えると私たちだけが本来の雪山の厳しさと楽しさを堪能することができてラッキーだったのです。
 曲からは,さらに喫や雨池峠まで進みたかったのですが,さらに雪が深くなったこと,病み上がりの相棒が「引き返そうよ!!!!!!!」と弱腰になってしまったことから,前進を断念して,登ってきたルートを引き返しました。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

おなじみ,ロープウェー山頂駅のシンボル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみ,ロープウェー山頂駅のシンボル。
3
今日もすばらしい八ヶ岳ブルー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もすばらしい八ヶ岳ブルー。
3
御嶽山もよく見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山もよく見えました。
3
積雪は十分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪は十分。
2
目指す三ッ岳景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す三ッ岳景。
4
雪山はいいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪山はいいですね。
1
北横岳への登山道には,大勢の登山者が来ていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北横岳への登山道には,大勢の登山者が来ていました。
2
亀の体型&ペースで歩くOh-gucchi君。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀の体型&ペースで歩くOh-gucchi君。
1
縞枯山の向こうには南八ヶ岳も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縞枯山の向こうには南八ヶ岳も見えます。
3
だいぶ樹氷らしくなってきています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ樹氷らしくなってきています。
3
今日は北横岳には寄らず,直に三ッ岳に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は北横岳には寄らず,直に三ッ岳に向かいます。
2
このような看板を見ると,かえって行きたくなってしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような看板を見ると,かえって行きたくなってしまいます。
1
分岐点からの三ッ岳景。この時点では,この日はまだ誰も登頂していません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点からの三ッ岳景。この時点では,この日はまだ誰も登頂していません。
3
三ッ岳へのルートを進みます。初めのうちはトレースがあって助かりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ岳へのルートを進みます。初めのうちはトレースがあって助かりました。
2
この冬に登った雪山の中で,一番の積雪です。ここでトレースが消えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この冬に登った雪山の中で,一番の積雪です。ここでトレースが消えました。
5
核心部のトレースは,私たち5人でつけたものです(と言うか,先頭を歩いてくれた単独行の男性=iyossiiさんのおかげ)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部のトレースは,私たち5人でつけたものです(と言うか,先頭を歩いてくれた単独行の男性=iyossiiさんのおかげ)。
4
北横岳南峰の山頂には大勢の人が見えます。北横岳と三ッ岳とは,まったく別次元の山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北横岳南峰の山頂には大勢の人が見えます。北横岳と三ッ岳とは,まったく別次元の山です。
6
去年来たときから,写真の山が三ッ岳の喫だとばかり思っていましたが,全然別の山(大岳)でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年来たときから,写真の山が三ッ岳の喫だとばかり思っていましたが,全然別の山(大岳)でした。
5
夏道が全然分からず,手探りでルートを作っていきます。景頂上まであとちょっとですが,ここからが一番の難所でした。夏道では右の四角い岩の左側への鎖があるらしいのですが,今回は雪に埋もれて全くそれが見えませんでした。もちろん,ペンキのマークも赤テープも一切見えません。なので,右側から恐る恐る回り込むようにして登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道が全然分からず,手探りでルートを作っていきます。景頂上まであとちょっとですが,ここからが一番の難所でした。夏道では右の四角い岩の左側への鎖があるらしいのですが,今回は雪に埋もれて全くそれが見えませんでした。もちろん,ペンキのマークも赤テープも一切見えません。なので,右側から恐る恐る回り込むようにして登りました。
7
雪で隠れていますが,大きな岩の間の深い隙間に落ちたら,大変なことになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪で隠れていますが,大きな岩の間の深い隙間に落ちたら,大変なことになります。
4
岩の基部で一休み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の基部で一休み。
4
まさに綱渡りの連続で,ようやく景のてっぺんに到着しました。この冬に登った山の中で,一番苦労しました。きわめて短いながらも,今日の三ッ岳は,少なくとも天狗岳や木曽駒ヶ岳よりは遥かに技術的な難易度が高かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに綱渡りの連続で,ようやく景のてっぺんに到着しました。この冬に登った山の中で,一番苦労しました。きわめて短いながらも,今日の三ッ岳は,少なくとも天狗岳や木曽駒ヶ岳よりは遥かに技術的な難易度が高かったです。
5
あまりにも苦労したので,もう一枚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりにも苦労したので,もう一枚。
4
景頂上にはたくさんの大きな岩がありますが,岩と岩の間の深〜〜い隙間が雪で隠されているので,安易に近づくことができません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景頂上にはたくさんの大きな岩がありますが,岩と岩の間の深〜〜い隙間が雪で隠されているので,安易に近づくことができません。
3
ロートルのOh-gucchi君も遅れて登ってきました。向こうに見えるのが曲です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロートルのOh-gucchi君も遅れて登ってきました。向こうに見えるのが曲です。
3
曲を目指して進みます。どこが正規のルートなのか,全く分かりません。踏み抜いたらどんなことになるのでしょうか。想像しただけでもぞっとします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曲を目指して進みます。どこが正規のルートなのか,全く分かりません。踏み抜いたらどんなことになるのでしょうか。想像しただけでもぞっとします。
3
特徴的な大岩。1月中旬の他の方々のヤマレコと比べれば,どれだけの雪かが分かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特徴的な大岩。1月中旬の他の方々のヤマレコと比べれば,どれだけの雪かが分かります。
5
Oh-gucchi君は,景のピークに立てなかった(狭すぎて定員オーバー)ため,自動的に曲までは先頭を歩くことになりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Oh-gucchi君は,景のピークに立てなかった(狭すぎて定員オーバー)ため,自動的に曲までは先頭を歩くことになりました。
3
更なる綱渡りの連続で,無事曲に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更なる綱渡りの連続で,無事曲に到着。
4
一番高い景で記念写真を撮らなかった(怖くて写真どころではなかった)ので,ここで撮ってもらいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番高い景で記念写真を撮らなかった(怖くて写真どころではなかった)ので,ここで撮ってもらいました。
3
ここから北は,さらに雪が多くなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから北は,さらに雪が多くなります。
2
曲山頂部の巨岩。踏み抜きが怖くて,近寄ることができません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曲山頂部の巨岩。踏み抜きが怖くて,近寄ることができません。
3
振り返ると,な,な,なんとずいぶん大勢の軽装の登山者が次から次へとやって来ました。私たちの苦労は分からないんだろうな〜。うらやましいような・・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると,な,な,なんとずいぶん大勢の軽装の登山者が次から次へとやって来ました。私たちの苦労は分からないんだろうな〜。うらやましいような・・・・。
4
帰り道,危険地帯を過ぎたので,Oh-gucchi君の亀のペースに合わせてゆっくり歩こうと思いました。が・・・・・・。あまりにも遅くて,どんどん間が空いてしまいました。達磨のような体型は健康上良くないから,お互いにダイエットしようよ!と伝えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道,危険地帯を過ぎたので,Oh-gucchi君の亀のペースに合わせてゆっくり歩こうと思いました。が・・・・・・。あまりにも遅くて,どんどん間が空いてしまいました。達磨のような体型は健康上良くないから,お互いにダイエットしようよ!と伝えました。
3
北横岳との分岐点でOh-gucchi君を待ちます。20分待っても来ないし寒いので,もっと日当たりと眺めの良い場所まで下りて待つことにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北横岳との分岐点でOh-gucchi君を待ちます。20分待っても来ないし寒いので,もっと日当たりと眺めの良い場所まで下りて待つことにしました。
2
最後にもう一度だけアップで景を撮影。登っている人が何人もいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にもう一度だけアップで景を撮影。登っている人が何人もいます。
4
ちっとも来ないOh-gucchi君を待ちながら,しばらく写真やビデオを撮って待ちました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちっとも来ないOh-gucchi君を待ちながら,しばらく写真やビデオを撮って待ちました。
2
八ヶ岳ブルーと樹氷。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳ブルーと樹氷。
4
ここからでも景にいる人が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからでも景にいる人が見えます。
5
見れば見るほど,いい山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見れば見るほど,いい山です。
4
じっと待っているうちに,風がどんどん強くなり,ガスも出てきました。あっという間に景も隠れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
じっと待っているうちに,風がどんどん強くなり,ガスも出てきました。あっという間に景も隠れました。
1
景頂上から手を振っているみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景頂上から手を振っているみたいです。
3

感想/記録

 1990年代の前半,6月第1日曜日に行われる八ヶ岳開山祭に毎年のように家族4人で参加していました。2回目だったか3回目だったかに,開山祭会場の北横岳からの帰りに三ッ岳,雨池山,雨池峠,縞枯山への周回ルートを初めて歩きました。北横岳や蓼科山,硫黄岳と比べると,三ッ岳ははるかに難しい山であることを実感しましたが,小学生の長男も,保育園児の次男も,運動不足のカミサンもみんな平気な顔をして歩き通したこと(カミサン以外は私の真似をして,鎖さえ使わなかった)が実に意外でした。
 さて,あれから20年ほどたちました。私自身は,冬山登山を再開以来,だんだん体力も若かった頃に近づいてきたので,今回はそのとき歩いた周回ルートをアイゼンをつけて歩いてみようと考えました。同行は,病み上がりでロートルの相棒Oh-gucchi君(体型も歩く速さも,カメそのものだと自虐しています)です。二人とも昨冬に北横岳には登っているし,混雑する山は好きではないので,今回は北横岳には寄らずに三ッ岳へ直に向かいました。結果として,三ッ岳の景と曲までは登頂できましたが,そこから先はまたこれからの宿題として残ってしまいました。
 それでも,長い間忘れかけていた,冒険的な要素の非常に強い山歩きができたのはラッキーでした。
訪問者数:520人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/2
投稿数: 3
2016/2/3 11:20
 ありがとうございました。
私も三ツ岳の手前でトレースが無くなった段階で引き返そうかと迷いましたが、ranaporosaさん方とご一緒できてとても心強かったです。三ツ岳は初めてだったので途中から先行していただけて助かりました。
こちらこそ、またどこかでお会いできる事を楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ