ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 804638 全員に公開 ハイキング東海

高ドッキョウ、貫ヶ岳

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー Zenjin
天候曇り/晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
樽峠入口に駐車しました。(無料)
6台くらいは停めれそうです。
トイレはありません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

6:32 駐車場
7:14 樽峠
8:26 高ドッキョウ
9:27 樽峠
10:43 貫ヶ岳
11:57 樽峠
12:28 駐車場
コース状況/
危険箇所等
登山ポストはわかりませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

林道終点の駐車場です。
登山口は茶畑方向(写真左)に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点の駐車場です。
登山口は茶畑方向(写真左)に行きます。
4
茶畑を過ぎると登山道が始まります。
この橋がユラユラしてました。
2016年01月31日 12:26撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶畑を過ぎると登山道が始まります。
この橋がユラユラしてました。
2
朝はこの橋が凍って危なかったです。
2016年01月31日 12:24撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝はこの橋が凍って危なかったです。
倒木が登山道をふさいでました。
根の方(上側)を通りました。
2016年01月31日 12:24撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木が登山道をふさいでました。
根の方(上側)を通りました。
2
4回ほど簡単な渡渉をします。
ここは右に渡ってすぐに左に渡ります。
2016年01月31日 12:19撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4回ほど簡単な渡渉をします。
ここは右に渡ってすぐに左に渡ります。
1
これも倒木。
ここは下をくぐりました。
2016年01月31日 12:22撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも倒木。
ここは下をくぐりました。
1
山小屋があるんですかね?
見に行けばよかったです。
2016年01月31日 12:09撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋があるんですかね?
見に行けばよかったです。
2
樽峠に到着。
高ドッキョウに向かいます。
2016年01月31日 07:14撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樽峠に到着。
高ドッキョウに向かいます。
2
樽峠を過ぎてからの雪はこの程度でした。
アイゼンは使用しませんでした。
2016年01月31日 08:17撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樽峠を過ぎてからの雪はこの程度でした。
アイゼンは使用しませんでした。
2
高ドッキョウに到着。
少しガスってました。
2016年01月31日 08:26撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高ドッキョウに到着。
少しガスってました。
10
樽峠に戻ってきました。
貫ヶ岳に向かいます。
2016年01月31日 09:27撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樽峠に戻ってきました。
貫ヶ岳に向かいます。
貫ヶ岳登山口まできました。
階段の連続!
2016年01月31日 09:37撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貫ヶ岳登山口まできました。
階段の連続!
1
平治の段(937m)に到着。
2016年01月31日 10:00撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平治の段(937m)に到着。
2
貫ヶ岳に到着。
背後に富士山。
2016年01月31日 10:43撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貫ヶ岳に到着。
背後に富士山。
4
十国展望台から富士山。
少し前まで雲は無かったのですが(涙)
2016年01月31日 11:15撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十国展望台から富士山。
少し前まで雲は無かったのですが(涙)
8
また樽峠に戻ってきました。
駐車場まで下ります。
2016年01月31日 11:57撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また樽峠に戻ってきました。
駐車場まで下ります。
駐車場に戻ってきました。
マイクロバスが!
乗用車も5台くらいありました。
2016年01月31日 12:27撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってきました。
マイクロバスが!
乗用車も5台くらいありました。
3
撮影機材:

感想/記録
by Zenjin

今日は雨も大丈夫そうだったので山に登ることにしました。
安倍奥の大光山、真富士山とかを狙ってましたが先週の雪でヤバそうだったので様子見で高ドッキョウと貫ヶ岳に登ることにしました。
水曜日に高ドッキョウに登ったレコがありました。私でも登れるくらいの積雪でしたので少し安心しました。

駐車場には6:00前に着きましたが初めて登る山なので明るくなるまで待って登山開始しました。気温は0℃くらいで風もなくちょうど良いコンディションでした。
樽峠までは沢に沿って登って行き、途中から杉林となりました。
樽峠には45分くらいで着きました。ここまでは登山道には雪はありませんでした。
高ドッキョウに向かうと雪が出てきました。アイゼンを使うほどではなかったので気をつけて歩きました。
高ドッキョウの山頂ではまだガスが掛って眺望はありませんでした。
高ドッキョウまでは誰にも会いませんでした。
また樽峠に戻って貫ヶ岳に向かいました。登山口から階段が続きました。
階段の間隔がちょうど良く快適に登れました。階段を登りきると積雪があり貫ヶ岳までずっと積もっていました。
平治の段と貫ヶ岳の間には展望台もあり富士山も見えました。
貫ヶ岳は人気があるようで15名ほどの登山者と会いました。

今日の積雪はアイゼンを使うかどうか微妙な感じでした。使うとペースが落ちますが、使わないと微妙に滑って体力を消耗します。

高ドッキョウでこの程度の積雪なら、安倍奥の大光山、真富士山とかはもっと多いと予想されます。この辺の山は来春までお休みです。
しばらくは近所の里山でトレーニングします。
訪問者数:593人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/5/5
投稿数: 1764
2016/1/31 21:08
 二日続けて、お疲れ様!
Zenjinさん、こんばんは!
土曜日は雨の中三座、そして今日は二座と精力的に行かれましたね
それにしてもよくあの雨の中行かれましたね
風邪引かなかったですか?
高ドッキョウは雪でしたか 富士山 見れてよかったですね
登録日: 2014/2/5
投稿数: 707
2016/2/1 7:28
 Re: 二日続けて、お疲れ様!
daishohさん
おはようございます。コメントをいただきましてありがとうございます。
土曜日はほとんど歩いていませんから。雨はパラパラでした。ただのピークハントで恥ずかしいです。
安倍奥の様子見で高ドッキョウに行きました。積雪の上をを4時間くらい歩きましたが私には限界でした。ある意味良いトレーニングになるので今後も少し挑戦しようかと思っています。アイゼンを使う/使わないの判断も難しかったです。
登録日: 2013/7/20
投稿数: 696
2016/2/1 12:41
 高ドッキョウ!?
Zenjinさん

こんにちは〜♪
高ドッキョウ?とは面白い名前ですよね!?
どんな由来があるのか気になります♪

積雪を見つけると登るときは結構アイゼン装着しなくてもいいかな?と
思っちゃうのですが降りは悩みます
ピストンならどれくらい残りの雪道があるのかがわかるのですが
周回ルートだとせっかくつけたのにその先から雪がなかったりしてがっかりしたことも多々あります
ただ私は単独時とか帰宅距離が長いときは無理せずアイゼンを装着してしまいます
運転が長いのに足をけがしたら帰宅ができなくなる不安…

コメントを書いてみて意外と自分は慎重派なんだなあと思ってしまいます(笑)

お疲れ様でした!
登録日: 2014/2/5
投稿数: 707
2016/2/1 18:55
 Re: 高ドッキョウ!?
Ekkorinさん
こんばんは。コメントをいただきましてありがとうございます。
『高ドッキョウ』変な名前ですよね〜(笑)
一応、静岡百山ですが国土地理院の地図には名前が載ってないんですよ。
浜松の北部には大ヌタ山、ゼンモン山、ナダクマ山とか変な名前の山がたくさんあります。
呼び名はあっても書き方(漢字)が分からないのが理由だそうです。

雪山初心者の私はアイゼンの装着のタイミングが分からないんですよ。
道が凍結気味で滑りそうな時は短区間でも装着するようにしてます。
基本的にはなるべく装着しないようにしてます。
雪質にもよりますが滑らない時は使わないようにしてます。
装着するとズボンの裾に引っ掛けたり、木の根などに引っ掛けたりして転倒する可能性もあると聞いています。
私が雪山を避けるのは何かあって動けなくなった時に遭難する危険性が高くなるからです。
雪に限らず、山では冷静な状況判断が大切と思います。
慎重すぎるくらいで良いのではないでしょうか。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ