ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 804856 全員に公開 ハイキング大峰山脈

無双洞 相方がギャーギャー言うので撤退!で結果、ただの散歩に

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー chotobimechabi
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R169を南下して、右折でR309へ。
(この交差点を右折せずに直進すると、すぐ先にトイレあり)
そのまま直進で林道水太和佐又線を4km進んだ所が水太谷登山口です。
3台ぐらい駐車できます。

この林道は落石多数です。落石除去にだいぶ時間がかかりました。
釈迦ヶ岳の太尾登山口までの林道を思い出しました(笑)。

道中は積雪と凍結箇所は全くありませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間1分
休憩
1時間5分
合計
4時間6分
S水太谷登山口08:4909:25水簾滝09:3009:35無双洞09:4911:00撤退場所11:4012:24水簾滝12:3012:53水太谷登山口12:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
歩き出してすぐに渡渉箇所が2つあります。
赤テープがあるので迷うことはないと思いますが、
岩場、鎖場、細いトラバース道ありで結構な難コースです。

小普賢岳〜日本岳〜和佐又山側の斜面から落石の音が
7〜8回聞こえました。登山者、動物、あるいは自然に落ちたのかは
はっきりしませんでしたが、かなり怖かったです。

出会った人は0人。

写真

クルマで林道を走っている途中で、日本岳方面を見上げた。左側の稜線は白くなっている
2016年01月31日 07:54撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマで林道を走っている途中で、日本岳方面を見上げた。左側の稜線は白くなっている
11
尖った落石を除去しながら、景色を見ながら、なのでなかなか登山口まで辿り着かない
2016年01月31日 07:55撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尖った落石を除去しながら、景色を見ながら、なのでなかなか登山口まで辿り着かない
6
登山口に辿り着き、準備をして、ようやくスタート。3℃
2016年01月31日 08:48撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に辿り着き、準備をして、ようやくスタート。3℃
2
先ずは沢に沿って進んで行く
2016年01月31日 08:51撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ずは沢に沿って進んで行く
2
1回目の渡渉箇所。
ここは楽勝で渡れる
2016年01月31日 08:57撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1回目の渡渉箇所。
ここは楽勝で渡れる
5
2回目の渡渉箇所。
大きな岩もあるが、ここも難易度は低い
2016年01月31日 09:03撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2回目の渡渉箇所。
大きな岩もあるが、ここも難易度は低い
4
渡渉を終えると、九十九折で急坂を登っていく
2016年01月31日 09:10撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉を終えると、九十九折で急坂を登っていく
4
赤テープは多めで迷うことはなさそうだ
2016年01月31日 09:17撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープは多めで迷うことはなさそうだ
4
水簾の滝に到着。
水しぶきが漂っていた。ここまで思ったより時間がかかった。5℃
2016年01月31日 09:25撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水簾の滝に到着。
水しぶきが漂っていた。ここまで思ったより時間がかかった。5℃
12
ここで和佐又山ヒュッテからの周回コースと合流。すぐ上の無双洞へ向かう
2016年01月31日 09:27撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで和佐又山ヒュッテからの周回コースと合流。すぐ上の無双洞へ向かう
6
上から水簾の滝を見下ろす。無双洞に行くには渡渉する必要がある
2016年01月31日 09:31撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から水簾の滝を見下ろす。無双洞に行くには渡渉する必要がある
10
で、無双洞に到着。
これだけの水量が岩の中から湧いている。不思議だ
2016年01月31日 09:32撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、無双洞に到着。
これだけの水量が岩の中から湧いている。不思議だ
12
無双洞の上にお地蔵さんが
2016年01月31日 09:34撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無双洞の上にお地蔵さんが
5
無双洞の前に立つ私。
相方は体力温存の為にここまで登ってくるのを嫌がっていたが、やはり気になったのだろう、少し遅れて登ってきた
2016年01月31日 09:35撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無双洞の前に立つ私。
相方は体力温存の為にここまで登ってくるのを嫌がっていたが、やはり気になったのだろう、少し遅れて登ってきた
13
まじまじと無双洞の中を眺める相方
2016年01月31日 09:42撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まじまじと無双洞の中を眺める相方
12
休憩をとった後、分岐まで戻って、今日の目的地の和佐又山方面へ向かう
2016年01月31日 09:51撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩をとった後、分岐まで戻って、今日の目的地の和佐又山方面へ向かう
3
正面が和佐又山だな。
まだまだ遠い
2016年01月31日 10:03撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面が和佐又山だな。
まだまだ遠い
6
植林地帯に突入して、
2016年01月31日 10:06撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林地帯に突入して、
3
抜けると、
日本岳から小普賢岳への稜線?が木々の間から目に飛び込んできた
2016年01月31日 10:11撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けると、
日本岳から小普賢岳への稜線?が木々の間から目に飛び込んできた
7
アップで。
稜線にピントは合っていないが、ガードレールのように白く雪が積もって、木はおそらく霧氷状態だろう
2016年01月31日 10:19撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。
稜線にピントは合っていないが、ガードレールのように白く雪が積もって、木はおそらく霧氷状態だろう
13
ロープあり、倒木ありと徐々に道は険しくなっていく。この辺りから相方が何やらブツブツと…
2016年01月31日 10:20撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープあり、倒木ありと徐々に道は険しくなっていく。この辺りから相方が何やらブツブツと…
4
岩にペンキで矢印が書かれている。これを見ると本格的なルートに感じて、ちょっとテンションが上がってくる
2016年01月31日 10:26撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩にペンキで矢印が書かれている。これを見ると本格的なルートに感じて、ちょっとテンションが上がってくる
8
葉っぱが無いので、陽が差しとても明るくて気持ちが良い
2016年01月31日 10:35撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉っぱが無いので、陽が差しとても明るくて気持ちが良い
2
どでかい岩が現れる
2016年01月31日 10:40撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どでかい岩が現れる
8
今日は良い天気だ。
空が青い
2016年01月31日 10:43撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は良い天気だ。
空が青い
11
雪が出てきた。
その上に松ぼっくり
2016年01月31日 10:45撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が出てきた。
その上に松ぼっくり
5
分かりやすい絵の鎖場注意の看板。もうすぐこのコース一番の難所だ
2016年01月31日 10:46撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分かりやすい絵の鎖場注意の看板。もうすぐこのコース一番の難所だ
5
水太谷を横目に見ながら進んで行く
2016年01月31日 10:48撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水太谷を横目に見ながら進んで行く
5
ここを越えると、
2016年01月31日 10:48撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを越えると、
4
難所の鎖場だが、雪の量も増えている。斜面も急だ。さっきから落石の音も聞こえているし…
2016年01月31日 10:59撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難所の鎖場だが、雪の量も増えている。斜面も急だ。さっきから落石の音も聞こえているし…
10
以前から痛めている右手が万全でない相方も、ここで限界とギブアップ
2016年01月31日 11:00撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前から痛めている右手が万全でない相方も、ここで限界とギブアップ
9
少し戻った所で小休憩。和佐又山で飲むはずだった甘酒をここで頂く。9.7℃
2016年01月31日 11:14撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し戻った所で小休憩。和佐又山で飲むはずだった甘酒をここで頂く。9.7℃
7
甘酒を飲んでまったりしていると、撤退した鎖場の上からコロッカラッと落石が。少し離れた所にもパーンパーンと落石の大きな音が聞こえた
2016年01月31日 11:19撮影 by TG-3, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甘酒を飲んでまったりしていると、撤退した鎖場の上からコロッカラッと落石が。少し離れた所にもパーンパーンと落石の大きな音が聞こえた
8
あぶないあぶない。
上の登山道から落ちているかもしれないし、予測もつかないので、そそくさと撤退開始
2016年01月31日 11:39撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あぶないあぶない。
上の登山道から落ちているかもしれないし、予測もつかないので、そそくさと撤退開始
10
天気が良くて山頂からの展望も良さそうなのに、今日は見られないな
2016年01月31日 11:46撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良くて山頂からの展望も良さそうなのに、今日は見られないな
7
この谷底の岩場を越えれば、
2016年01月31日 11:57撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この谷底の岩場を越えれば、
8
対面の斜面に辿り着く。
フウ〜、これで落石に当たる危険性は無いだろう
2016年01月31日 11:59撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対面の斜面に辿り着く。
フウ〜、これで落石に当たる危険性は無いだろう
6
分岐に到着。
奥は水簾の滝
2016年01月31日 12:22撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に到着。
奥は水簾の滝
4
和佐又山も見納めだ。
まだ登ったことが無いのでいつか登らねば
2016年01月31日 12:37撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和佐又山も見納めだ。
まだ登ったことが無いのでいつか登らねば
9
登山口に到着。
お疲れ様でした。お腹ペコペコだ〜
2016年01月31日 12:54撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に到着。
お疲れ様でした。お腹ペコペコだ〜
7
今年初の馬酔木で焼肉定食。いつ食べても美味しい
2016年01月31日 14:32撮影 by PENTAX K-50, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年初の馬酔木で焼肉定食。いつ食べても美味しい
19

感想/記録

今回も直前に雨が降ったので、雪は期待できそうにないと判断して
普段ならこの時期歩かない大普賢岳の周回コースを選択。
と言っても、周回ではなく水太谷登山口から和佐又山までのピストンを
計画しました。
周回コースは昨年10月にDCTさん、ta_chanmさんと3人で歩きましたが
相方はまだ歩いたことがないので、良いところだと連れ出しました。

このコースは難コースですが、鎖場を乗り切れば大丈夫だろう
と思っていました。
ところが・・・、
2週間前の又剱山の時もそうでしたが、相方は右手の状態がよく
ありません。力が入らない、手首を少しひねるだけで痛い、という
状態らしいです。いつも大袈裟に言うので半分は聞き流していましたが(笑)
ロープ場や急坂で手を使う場面で顔を歪めていました。

鎖場の垂直に近い岩の下に立った時、あっ、これは無理だと判断。
右手に力が入らなければ登れそうにありません。
それに落石も頻繁にあったので撤退することに。
落石は怖いですね。ヘルメットは持っていないですし、持っていても
引き返していたでしょう。
鎖場での落石は野球のボールぐらいの大きさはあったと思います。

撤退となったら、お互い考えることは同じでした。
用意していたカップラーメンは食べないで、空腹は行動食で我慢して
昼食はいつものあの店へ。

結局、歩行時間3時間、歩行距離3kmとお散歩レベルの歩きと
なりました。散歩にしては、大普賢の直下を歩くというちょっと贅沢な
散歩ができましたが。
訪問者数:417人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/16
投稿数: 262
2016/2/1 21:48
 そんなところまで・・・・
こんばんは、仲良しお二方!!

この林道って、もちろん国道じゃないよね?
分岐路はいつも通るたびに「ここを直進することは絶対に無いんだろうな」と思える林道じゃないですか?
私はどんな道でも進んでみるタチですが、R309から分岐する林道なんてましてこの南端に近い林道なんて行こうとは思えません。
新しい四駆がなせる業でもあるのでしょう。
で、なんか食指が動く内容ですがchotobiさんには厳しかったようですね。
私も、あの周回時は興奮もしていたので辛いとは感じませんでしたが、今見てみると、「登るなんてしたくない」と同じ結果を招く気がしました。
でも、行ってみたいは消えませんので雪道の心配が無くなれば行きます。
鉄山も未踏だし、この遠くて深い山は非常に魅力的であり厳しさのある地ですね。
お二方が行っていることが信じられない気がします。
なんか、すごい処を目指すという意味で!!!
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2016/2/1 22:59
 Re: そんなところまで・・・・
たーさん、こんばんは。

まあ、この林道、落石の多いこと!
大物があればmechabiが降りて来ますがそれ以外は
私がせっせせっせと石に文句を言いながら蹴ってました。
登山口に着くまでに一汗かきました

mechabiには今日は軽めでとお願いしたのになぜかこのルート
何でやねん
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2016/2/1 23:51
 Re: そんなところまで・・・・
ta_chanmさん、こんばんは。

確かに普通なら直進してあの林道を通ろうとは思いませんね。
でも二駆でも十分走れますよ、一応は舗装路ですので。
凸凹はありますが。。。

当分は雪道の心配は無さそう?な感じですが、行かれる時は落石には
注意して下さい。転がっているのも、転がってくるのも両方に。

あのルートは難コースですが、また歩いてみたいと思いますよね。
10月とまた違って、いい雰囲気でしたよ。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/2/2 7:22
 無双洞は(底無し井戸と)奥駈の七つ池と繋がっているという大峰伝説、
chotobiさん、mechabiさん、こんにちは。
水簾の滝と無双洞でも、けっこう楽しめたと思います。渡渉は?水量多くはなかったでしょうか?微妙な腐れ雪の岩坂は歩きにくいでしょう・・、例年ならもっと深雪なのでしょうが。
〆は馬酔木さんで「肉!」先日はakirasファミリーもレコに上げられ、ブレイク中ですね。タレにニンニクを混ぜ混ぜ、焼いた肉をダイブ!ご飯と一緒に〜〜〜、ああ、モウ!!!
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2016/2/2 20:05
 Re: 無双洞は(底無し井戸と)奥駈の七つ池と繋がっていると...
DCTさん、こんばんは。

そうなんです。水簾の滝と無双洞だけでも行った甲斐がありました。
それに私はあの谷に沿って歩くトラバース、山に囲まれた中を歩くのが
気に入っています♪

水量は雨後なので多いかなと思っていましたが、そうでもなかったです。
まだ山に染み込んでいる最中ですかね。
そうそう、あの中途半端な雪は厄介でした。何回もズルっとなりました。
まあアイゼンは持って行ってましたが。

ご指摘通り、下山はタレとニンニクで頭がいっぱいでしたよ(笑)。
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2016/2/2 21:13
 Re: 無双洞は(底無し井戸と)奥駈の七つ池と繋がっていると...
DCTさん、こんばんは。

私は無双洞で引き返しても全然問題なかったのですが、
mechabiはいつでもがっつり歩きたいようで。
渋々和佐又山の方へ向かいましたが、あの雪の急登!
そびえ立つ壁を見上げて・・・、こりゃだめじゃ

撤退を決めたら元気になる
あとは下るだけ(ちょっとビビる箇所もあるけれど)
肉が待ってるぞ
登録日: 2014/9/12
投稿数: 1540
2016/2/4 15:37
 国士無双
ごきげんよう(=・ω・)ノ
あ、タイトルに意味はありません( 'ω' )ゴメンチョットナニイッテルカワカンナイ
こばやし○きら歩きで港港に寄ってたので遅くなってしまった(*≧m≦*)

カメラがいいのかなぁ(絶対ウデとはいわない(*`^´)
空気が澄んだかんじで
ここ、すっごいいいとこですなぁ。( ‐ω‐)b
雪がどんとあるかまったくない時がいい。

野坂、お気に入りにいれてくれましたよね?
いつ行くの?積雪情報とか
毎日登山の人が毎日詳しくUPされてるので
ぜひ参考になさってください。

チョトビの
”今日は軽めでお願いしたのになぜかこのルート”
”いつでもがっつり歩きたいようで”
・・・うちもおんなじだよ〜(>︿<。)
男にはたかが3キロだろうけど
女にはされど3キロなんだよ(ーー゛)
しかも街の3キロじゃないんだよ。
雪あり岩あり傾斜あり、って、
条件だけみたら
冬のツルギとおんなじじゃないか( *`ω´) プンスカ
もっとちゃんといたわったげないと
夕食のカレーの中に何かいれられちゃうよ(○゚д゚)ャバィカモ・・・

前回、バックダンサーとくりゃ、エグザイル(ブレイクダンス)
でしょ〜って普通に考えたけど
スクールメイツとヒゲダンスとは…( ゚д゚)
時にヤマレコは昭和語で盛り上がることがあるので
楽しいな〜(σ゚∀゚)σイイネ!!
だから今回はエアみやげに
モーラ、を持ってきたよ〜ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
捨てといてな〜( *^艸^)
登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2016/2/4 21:17
 Re: 国士無双
姐ごん、こんばんは。

国士無双?? 無双洞から思いついたのかっ!
ちょっと何言ってるかわかんない?? サンドウィッチマンかっ!

写真の腕が上がったでしょ♪
実はホワイトバランスを”オート”から”晴天”モードに変更したんです。
ちょっと雰囲気が変わったでしょ?
さすが姐ごん! よくぞ気付いてくれました。good

お気に入りにいれたのバレましたか? そらバレますよね。
毎日登山の方、ホダカさんでしたよね。情報ありがとうございます。
早速チェックしました。今度の日曜日の第一候補です。
フカフカの雪山は今シーズンまだ歩いてませんからね。

カレーもね、最近は作ってくれないんですよ。
もっと過酷なところに行かないと作ってくれないかも。。。

モーラって何じゃ?
音楽配信サイト? ナイフ? あっ、おもちゃのモーラ?
そういえば見たことがあるかな〜としか覚えてないですよ〜。
昭和でよくこれを思いつきますね

イーグルス! ギターがカッコイイ曲ですね。
あの曲、イェ〜って言ってました?
3回聞き返しましたけど、聞こえてこなかったですが。。。
登録日: 2013/11/13
投稿数: 301
2016/2/4 23:26
 Re: 国士無双
ちゃめさん、こんばんは。

mechabiには雪の急登の手前で「アホ、ボケ、カス!撤退じゃ!」
と言われましたが、なんと罵られようが構いません
でも、負けず嫌いのちゃめさんなら行ってたでしょ

最近、撤退グセがついてるので次行く山もヤバそう。
でも、虫のいない冬山、大好きです

エグザイル、今までエグザエルと言ってました

モーラのお返しでスライム送っときます

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ