ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 804875 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走丹沢

凍てついた丹沢山塊(戸沢〜塔ノ岳〜大倉)

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー apfelsine
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
46分
合計
5時間56分
S大倉バス停07:0408:06作治小屋08:09戸沢山荘09:43政次郎ノ頭09:5010:09新大日茶屋10:1310:27木ノ又小屋10:53塔ノ岳11:2813:00大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
政次郎ノ頭直前はトレースが所々消えていました.雪も凍り付いてツルツル滑ります.6本爪以上のアイゼンで,しっかりアイゼンを効かせて歩く必要があります.
何度も落雪(?)の音を聞きました.登山道ではなかったようですが頭上にも注意
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

霧氷がわんさか見える!
2016年01月31日 07:27撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷がわんさか見える!
3
私が行くまで融けないで〜〜...なーんて心配は無用でした
2016年01月31日 07:28撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私が行くまで融けないで〜〜...なーんて心配は無用でした
7
ちょっと前まで青空だったのに,気がつくとガスの中 :(
2016年01月31日 08:41撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと前まで青空だったのに,気がつくとガスの中 :(
1
ここで軽アイゼン装着
2016年01月31日 08:51撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで軽アイゼン装着
1
木の根の雫がそのまま凍り付いて綺麗
2016年01月31日 08:56撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根の雫がそのまま凍り付いて綺麗
霧氷来たー!
2016年01月31日 09:05撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷来たー!
4
折れて落ちていた小枝.物凄い厚み!
2016年01月31日 09:11撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折れて落ちていた小枝.物凄い厚み!
3
蝋をかけたみたい
2016年01月31日 09:17撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝋をかけたみたい
1
こちらの枝も凄い厚みの氷をまとっています
2016年01月31日 09:22撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの枝も凄い厚みの氷をまとっています
この細い草にどうしてこんな厚みの氷が出来るんだろう?
2016年01月31日 09:30撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この細い草にどうしてこんな厚みの氷が出来るんだろう?
7
木が寒々しい...
2016年01月31日 09:31撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木が寒々しい...
3
シャンデリアのような木々.枝の重みで登山道に覆いかぶさっているので,凍りついた雪の上を腹ばいでくぐります.ザックにさしておいたトレッキングポールが何度も枝にひっかかりました
2016年01月31日 09:32撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャンデリアのような木々.枝の重みで登山道に覆いかぶさっているので,凍りついた雪の上を腹ばいでくぐります.ザックにさしておいたトレッキングポールが何度も枝にひっかかりました
4
氷のリング.本当にここは丹沢...??
2016年01月31日 09:44撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷のリング.本当にここは丹沢...??
これは!エビちゃん!?
2016年01月31日 09:46撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは!エビちゃん!?
3
シャキーンッ!氷のテーブルクロス,ツララのレース付き
2016年01月31日 09:55撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャキーンッ!氷のテーブルクロス,ツララのレース付き
4
霧氷を通り過ぎて樹氷.モノクロームの世界を見下ろして
2016年01月31日 10:01撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷を通り過ぎて樹氷.モノクロームの世界を見下ろして
7
ガスがはれるかな?と期待したけどダメでした...
2016年01月31日 10:03撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがはれるかな?と期待したけどダメでした...
木の幹も氷で覆われています.その表面にはプチエビちゃん
2016年01月31日 10:14撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の幹も氷で覆われています.その表面にはプチエビちゃん
3
裂け目がまだ新しい.枝の重みで裂けちゃった?
2016年01月31日 10:18撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裂け目がまだ新しい.枝の重みで裂けちゃった?
3
杭がほぼすっぽり雪の中
2016年01月31日 10:20撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杭がほぼすっぽり雪の中
塔ノ岳到着!ここも氷の世界
2016年01月31日 10:54撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳到着!ここも氷の世界
4
何もかも凍りついてる
2016年01月31日 10:57撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何もかも凍りついてる
2
カップラーメン率が高い中,私はカレー&ごはん
2016年01月31日 11:11撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カップラーメン率が高い中,私はカレー&ごはん
7
食後はTAZOチャイとブラウニー
2016年01月31日 11:15撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食後はTAZOチャイとブラウニー
3
大倉尾根も上のほうは雪の世界.でも花立より下は大したことありませんでした
2016年01月31日 11:34撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根も上のほうは雪の世界.でも花立より下は大したことありませんでした
2
撮影機材:

感想/記録

今日は久々の塔ノ岳を初めての戸沢から.総じて,霧氷・樹氷・雨氷・ツララ・エビの尻尾と,「ここは本当に丹沢なの!?」と見まがう景色でした.遠目には真っ白でフカフカしているように見える雪も,実際はカッチコチの氷の塊... 特に政次郎ノ頭手前はトレースが一部消えていて,いつ雪を踏み抜くか,いつ滑り落ちるかとドキドキの部分もあり,丹沢で初めて「滑落」の文字が頭をよぎりました.滑り落ちないように凍りついた雪の上を這って登り,稜線に辿り着いてトレースを見つけたときは文字通り安堵のため息でした.

その後は,山道に覆いかぶさる樹氷との戦い(?)でした.最初は「霧氷三昧だ〜」と喜んでいましたが,途中からもう「お腹いっぱいです」状態になったのは言うまでもありません(笑).塔ノ岳もまさに氷の世界!標柱まで凍っているとは!ガスガスで富士山どころの話ではなく,山頂でお昼を食べる人はみんな揃って富士山とは反対側の斜面(?)を陣取っていました(西から風が来たので.ほぼ無風でしたが).山頂の気温はー3℃@11時.

下りは大倉尾根で.こちらはたくさん人が通るからか,日当たりの良い斜面だからか,花立に着く前にアイゼンが不要になりました.同じ標高でも戸沢からのルートとは大違い!

特に登りは気疲れ(?)して大変でしたが,なかなか見られないものを一度にたくさん見られ,貴重な経験でした!無事に行って帰ってこれてよかった...!
訪問者数:455人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ