ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 804983 全員に公開 雪山ハイキング東北

懸の森山

日程 2016年01月31日(日) [日帰り]
メンバー yupandazappa223
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
南相馬icからは県道12号を原町市街へ向かい、県道34号との交差点を南に向かう。
そのまま34号線を進むと懸の森山の看板あり。 羽倉登山口には駐車場もある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間28分
休憩
55分
合計
4時間23分
S羽倉登山口10:3710:58大穴登山口12:00鉄塔展望所12:4013:30懸の森13:4515:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・羽倉登山口~大穴登山口:田んぼ道。取り付きはどこが登山道なのか不鮮明
・羽倉登山口~鉄塔展望所:登山道は明瞭だが、送電線巡視路以外は笹藪と倒木が多い。
・鉄塔展望所~山頂:山頂直下は膝下程度の積雪。登山道は確認できない。相変わらず送電線巡視路以外は笹藪と倒木
その他周辺情報コンビニは34号線沿にセブンイレブンがある。
温泉:新田川温泉原町ゆっさ 750円と東北にしてはお値段高め

装備

個人装備 市から借用したガイガーカウンター。
(3日間の期間限定での借用となる。)

写真

羽倉登山口。後ろに見える車がとまっているところが駐車場
線量は0.7μ
2016年01月31日 10:41撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽倉登山口。後ろに見える車がとまっているところが駐車場
線量は0.7μ
1
大穴登山口へと向かう。
2016年01月31日 10:47撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大穴登山口へと向かう。
多数の竹が倒れ込んでおり、くぐったり、跨いだり
2016年01月31日 10:54撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多数の竹が倒れ込んでおり、くぐったり、跨いだり
更に歩き杉林帯になると
2016年01月31日 10:57撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に歩き杉林帯になると
大穴登山口の鳥居が見えた
線量は1.3μ
2016年01月31日 10:58撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大穴登山口の鳥居が見えた
線量は1.3μ
出だしは少し荒れ気味
2016年01月31日 14:47撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出だしは少し荒れ気味
が、すぐに明瞭な登山道となり
2016年01月31日 11:03撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、すぐに明瞭な登山道となり
標高250mからは笹藪帯と倒木が出てくる
2016年01月31日 11:27撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高250mからは笹藪帯と倒木が出てくる
ずっと、このような笹藪帯。
漕ぐのはたやすいが線量が気になる。
この辺は2μ強といったところ
2016年01月31日 11:32撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと、このような笹藪帯。
漕ぐのはたやすいが線量が気になる。
この辺は2μ強といったところ
2
一本杉との分岐で
東北電力の送電線巡視路と合流。
藪がなくなる。
2016年01月31日 11:49撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本杉との分岐で
東北電力の送電線巡視路と合流。
藪がなくなる。
送電線が見えてきた。
2016年01月31日 11:55撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線が見えてきた。
1
展望台へあがる
2016年01月31日 12:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台へあがる
未だ住むことが出来ない小高の街並み
2016年01月31日 12:32撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
未だ住むことが出来ない小高の街並み
3
見えにくいが原町方面も
2016年01月31日 12:32撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えにくいが原町方面も
1
送電線巡視路は藪がなく、日だまりハイクが気持ち良い
2016年01月31日 12:35撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線巡視路は藪がなく、日だまりハイクが気持ち良い
3
が、しばらく歩くと嫌な看板が、、、
山頂まで20分のところで送電線巡視路と登山道が分かれてしまうようだ
2016年01月31日 12:59撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、しばらく歩くと嫌な看板が、、、
山頂まで20分のところで送電線巡視路と登山道が分かれてしまうようだ
で、また笹藪帯
2016年01月31日 13:00撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、また笹藪帯
山頂直下。
積雪が増え、膝下のラッセルとなる
2016年01月31日 13:07撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下。
積雪が増え、膝下のラッセルとなる
最後の登り
2016年01月31日 13:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り
1
山頂着
2016年01月31日 13:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂着
4
雪景色の原町市街が美しい。
2016年01月31日 13:30撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪景色の原町市街が美しい。
5
山頂標識の文字は消えていた。
2016年01月31日 13:33撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識の文字は消えていた。
登頂証明として案内看板撮影
2016年01月31日 13:33撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂証明として案内看板撮影
2
ビシャメキ方面は、、、
藪なので、ここで引き返す。
2016年01月31日 13:34撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビシャメキ方面は、、、
藪なので、ここで引き返す。
山頂の線量は1.6μ
2016年01月31日 13:37撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の線量は1.6μ
3
祠にも立ち寄る
2016年01月31日 13:41撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠にも立ち寄る
1
下山途中から懸の森山を振り返る
2016年01月31日 13:55撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中から懸の森山を振り返る
下山。
人が住まない抜け殻となった民家が見えてきた。
2016年01月31日 14:56撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山。
人が住まない抜け殻となった民家が見えてきた。

感想/記録

先週の国見山、前日の本陣山に続き、南相馬の山3つめは旧小高町の最高峰:懸の森山へ。
羽倉登山口から大穴登山口までは平坦な田んぼ道を行く。
大穴登山口からは明瞭な登山道があるが、送電線巡視路以外は笹藪が五月蠅く、ザックや身体はびっしょりとぬれた。笹なので漕ぐのは容易だが線量が気になった。
積雪は山頂手前で膝下程度。 
展望所から見る小高の街並み、山頂から見る原町の街並みは雪を纏い美しかった。
訪問者数:232人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ザック 一本立てる 倒木
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ